音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity Express

Cisco Unity Express の CallManager の設定例

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Cisco Unity Express との統合に必要な基本的な Cisco CallManager 設定、およびリモート オフィスで Cisco Unity Express を正常に展開するために必要なその他の考慮事項について説明します。

Cisco Unity Express に関する詳細については Cisco Unity Express の文書を参照して下さい。

前提条件

要件

この設定を行う前に、次の要件が満たされていることを確認します。

  • Web 管理インターフェイスを通して Cisco Unified CallManager を設定し使用する方法の基本的な知識

  • Cisco Unified CallManager コール アドミッション制御(CAC)を詳し

  • デバイス プールを詳し

  • 領域および場所を詳し

  • コーダ/デコーダ(コーデック)を詳し

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco Unity Express 1.1 およびそれ以降

  • Cisco Unified CallManager 3.3(3) およびそれ以降(Cisco Unified CallManager 4.0 およびそれ以降を除いて)

すべての設定 例および画面 出力は Cisco Unity Express 1.1.1、Cisco Unified CallManager 3.3(3)、および Cisco Unified CallManager 5.0.1 から奪取 されます。 Cisco Unity Express は Cisco Unified CallManager のためにない Cisco Unified CallManager Express 認可する必要があります。 両方を同時にすることができません。

注: Cisco Unity Express とまたは逆に統合 Cisco Unified CallManager にまたは Cisco Unity Express と統合 Cisco Unified CallManager Express からバックアップと復元が変換するべき方式ありません。 カードはイメージ変更する必要があります。 これは音声メールメッセージが含まれているソフトウェアおよびライセンスを再適用する必要があるすべての設定およびデータは失われますことを意味し。

注: Cisco Unity Express 1.1.1 および 1.1.2 は Cisco Unified CallManager 3.3(3) およびソフトウェア リリースとしか Cisco Unified CallManager 4.0 より先に統合。 これらのソフトウェア リリースは Cisco Unified CallManager 4.0 およびそれ以降と統合。 Cisco Unity Express 2.0 か 3.3 は Cisco Unified CallManager 4.0 と統合。 Cisco Unity Express 2.1、4.0、か 3.3 は Cisco Unified CallManager 4.1 と統合。 統合の方式は同じです。 これらの機能を設定するために使用するステップは Cisco Unified CallManager 5.0 までのすべてのソフトウェア リリースのため事実上同じです。 このリリース およびそれ以降から JTAPI ユーザを設定するために、いくつかの追加手順が必要となります。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

コンフィギュレーションタスク

Cisco Unified CallManager は音声メールおよび Automated Attendant (AA) 機能性のための Java Telephony Application Programming Interface (JTAPI)プロトコルによって Cisco Unity Express と統合。 エンドユーザは Directory Number (DN)を Cisco Unity Express が制御するコンピュータ テレフォニー インテグレーション (CTI) ルート ポイントで設定されて呼出します。 音声メールのような Cisco Unity Express アプリケーションは引き起こされ、コールは利用可能 な CTI ポートへの JTAPI によってリダイレクトされます。 オーディオ メッセージ演劇およびユーザはメッセージを残すか、またはシステムと Dual Tone Multifrequency (DTMF)トーンによって相互に作用することができます。

CAC および限られた帯域幅がリモートサイトにファクタである場合新しい Cisco Unity Express リモートサイトのための新しい Cisco Unified CallManager 領域を作成して下さい。 これはリモートサイトでトランスコーダと共に Cisco Unity Express に WAN を渡る G.729 および G.711 を実行することを可能にします。 領域は新しいデバイス プールにそれから適用されます。 このデバイス プールは Cisco survivable remote site telephony (SRST)がリモートサイトで使用中であるかどうか他の事柄を、のような定義します。 さらに、新しい場所はこのリモートサイトが Cisco Unified CallManager で CAC 機能を使用することができるように作成される必要があるかもしれません。 Cisco IOS のトランスコーダを設定できますか。 登録されていることを先立って確かめれば。 これはこの資料のより詳しく記述されていた以降です。

Cisco Unity Express の統合にこれらのコンフィギュレーション タスクが必要となります:

  • Cisco Unified CallManager の各 Cisco Unity Express ポートのための 1 つの CTI ポートを作成して下さい。 たとえば Cisco Unity Express システムが 8 つのポートのために認可される場合、8 つの CTI ポートを作成して下さい。 これをするために提示ソフトウェア ライセンス コマンドを発行して下さい。 各ポートのための DN を設定して下さい。 しかし、DN にユーザ ダイヤルするか外部発信者が必要がある実際の数との相関がありません。

  • Cisco Unity Express システムの各エントリポイントのための CTI ルートポイントを追加して下さい。 たとえば、AA の音声メールパイロット数のための 1 つのルート ポイント、1つ以上、およびメッセージ管理 システム(GMS)のための 1 を追加できます。 これらのデバイスはどうにかポートの数を反映しません。 たとえば音声メールパイロット数に拡張 2500 でほしければそしてその DN はルート ポイントで設定する必要があります。

  • Cisco CallManagerバージョン 5.0 および それ以降に関しては Cisco Unity Express 使用 Cisco Unified CallManager にログイン し、ルート ポイントおよび CTI ポート デバイスを管理するため JTAPI ユーザを作成して下さい。 ユーザはアプリケーションのユーザーとして作成する必要があります。 次に、標準 CTI によって有効に されるグループ ポリシーは適用し、すべてのルート ポイントおよび CTI ポートはユーザと関連付ける必要があります。

    5.0 以前の CallManagerのバージョンに関しては— Cisco Unity Express 使用 Cisco Unified CallManager にログイン し、ルート ポイントおよび CTI ポート デバイスを管理するため JTAPI ユーザを作成して下さい。 イネーブル CTI Application チェックボックスをマークして下さい。 ルート ポイントおよび CTI ポートはこの JTAPI ユーザと関連付ける必要があります。

  • (オプションの)音声メールのために Cisco Unity Express を使用したいと思う場合音声メール プロファイルを設定して下さい。 このプロファイルを使用するために Call Forward Busy (CFB)または Call Forward No Answer (CFNA)設定を設定して下さい。 音声メール プロファイル作成は音声メールパイロット数の作成を含みます。 この数は音声メール 設定および音声メール プロファイルのためにルート ポイントで使用されます。

  • (オプションの)作成し、Cisco Unified CallManager のユーザを電話をそれらと必要ならば対応づけて下さい。 これらのユーザは Cisco Unity Express 初期化 ウィザードが動作するときインポートされた遅れである場合もあります。 このステップは作成される Cisco Unity Express の Cisco Unified CallManager ですべてのユーザを再入力する必要を保存します。 アカウントは Cisco Unified CallManager で一度作成され、次に Cisco Unity Express にインポートされます。

  • (オプションの)トランスコードすることは Cisco Unity Express モジュールがリモートブランチにある場合必要である場合もあります。 Cisco Unity Express が G.711 U-law コーデックだけを可能にするので通常リモートブランチ(圧縮無しの 80 キロビット/秒)のために適しているより Unity Express はより多くの帯域幅を必要とします。 この制限を回避するトランスコードすることを設定できます。 これは適切なハードウェア ドメイン特定部分(DSP)リソースが利用できると仮定します。 これは Cisco Unity Express がおよび WAN を渡るゲートウェイからの G.729 ゲートウェイに G.711 でオーディオを流すようにします。

  • (オプションの) Cisco Unity Express AIM に達するために音声 ストリームが IP WAN を渡って渡る場合 A QoS 設定が必要となるかもしれません。

  • (オプションの) WAN接続 障害の間に電話、音声メールおよび AA 機能性のための Cisco SRST がほしいと思うかもしれません。 これは Cisco SRST ルータのライセンスおよび設定を必要とします。 Cisco SRST ルータで物理的に Cisco Unity Express AIM をインストールして下さい。

    注: Cisco Unity Express バージョン 2.3 前に、メッセージ待機インディケーター (MWI)はフォールバック モードの間にはたらきませんでした。

  • 実行して下さい Cisco Unity Express 初期化 ウィザード—これは Cisco Unity Express 側の統合を設定し、インポートされたユーザ向けのメールボックスを作成する簡単な方法です。 初期化 ウィザードなしで Cisco Unity Express システムを設定できます。 GUI が管理に使用するべきなら初期化 ウィザードを実行して下さい。

Cisco Unity Express および Cisco CallManager統合は今はたらく必要があります。 Cisco Unity Express のその他の機能を設定できます。

この項では、このドキュメントで説明する機能の設定に必要な情報を提供します。

注: このセクションで使用されているコマンドの詳細を調べるには、Command Lookup Tool登録ユーザ専用)を使用してください。

CTI ポートを作成して下さい

CTI ポートはレシーブ オーディオ送信できるが、で、Cisco Unity Express によって JTAPI プロトコルによって制御されています仮想 な行。 CTI ポートは認可される各 Cisco Unity Express ポートのために定義する必要があります。 各ポートが受け取る名前は関係がないです。

注: より多くのポートが Cisco Unified CallManager でより定義されれば深刻な副次的影響がです Cisco Unity Express で利用可能ありません。 より低いどれが) Cisco Unity Express の認可されたポートの最大数か Cisco Unified CallManager で定義される CTI ポートの総数は使用されます(によって決まります。 Cisco Unity Express 初期化 ウィザードが認可されたポートをチェックすることに留意して下さい。 より多くのポートが準よりなら警告メッセージ ディスプレイは Cisco Unity Express で認可されます。 これらのポートは Cisco Unity Express GUI か CLI によって以降再び対応づけることができます。

  1. Cisco CallManager Administration ページから Device > Phone の順に選択 して下さい。

  2. 『Add a New Phone』 をクリック して下さい。

  3. 電話のタイプのために『CTI Port』 を選択 し、名前を割り当てて下さい。

    デバイス プールは Cisco Unity Express がインストールされているサイトのすべてのデバイスとしてデバイス プールを一致する必要があります。 この場合、デバイス プールは RemoteSite1 です。 デバイス プールが領域設定とコーデックを制御するのでこれらの概念について詳しく知っている重大です。 Cisco Unity Express は G.711 だけである必要があります。 従ってトランスコードするデバイスがまたこのデバイス プールに WAN を渡る G.729 を可能にするために必要となることは、可能性のあるです。 Calling Search Space はシステムがあらゆる望ましい 番号に転送するようにする必要があります。 Cisco Unity Express は呼出すことができる数で制限を設定しません。 これはダイヤルによ拡張 コールが AA から中送信されるとき予想外である場合もあります。 従って、この Calling Search Space によってコール制限を適用することは重要です。 これが WAN を渡る CAC のために使用されるように Location フィールドを設定 する必要があるかもしれません。 遠隔地はこの例の RemoteSite1 です。

  4. デバイスが設定されたら CTI ポートに DN を割り当てて下さい。

    1 つの数だけ割り当てて下さい。 オプションは通常 Directory Number ウィンドウで割り当てられる必要があるパーティションの可能性以外ありません。 これは Calling Search Space のような事柄がデバイスで既に割り当てる必要があるという理由によります。 このポートのフォワーディングをか他の設定を行わないで下さい。 役立ちます唯一の事柄は「Cisco Unity Express ポート 1" のようなディスプレイ パラメータを設定することです。

  5. CTI ルートポイントの Calling Search Space がこの例の Site1CUE であるパーティションが含まれているように、CTI ポートの DN 追加されるして下さい。

    このように完成品な:

    ccm-cue-config-1.gif

  6. すべてのポートが設定されるまでこれらのステップのそれぞれを手動で繰り返して下さい。

    注: CTI ポートのどれも直接呼出すことができません。 呼び出しがこれらのポートに行きつかせる唯一の方法はありますユーザが CTI ルートポイントをダイヤルするとき。 Cisco Unity Express はこれを制御し、次に Cisco Unity Express がまた制御するこれらのポートの 1 つにリダイレクトします。

CTI ルートポイントを追加して下さい

CTI ルートポイントは Cisco Unity Express によって制御される仮想デバイスです。 CTI ルートポイントは複数の同時コールを受信し、先に設定される CTI ポートにリダイレクトできます。 オーディオおよびレコード メッセージをここに再生できます。

少なくともこの 3 つの CTI ルートポイントは普通追加されます:

  • 音声メールのための 1 つ

  • 各 AA のための 1 つ

  • システムの記録されたプロンプトを管理する GMS のための 1 つ

各 CTI ルートポイントを設定するためにこれらのステップを完了して下さい:

注: 各ルート ポイントのためのこれらのステップを繰り返して下さい。

  1. Cisco CallManager Administration ページから Device > CTI Route Point の順に選択 して下さい。

  2. 『Add a New CTI Route Point』 をクリック して下さい。

  3. デバイス、たとえば、CUE_Voicemail、CUE_AA1、または CUE_GMS を挙げて下さい。

  4. デバイス プールおよび位置を設定して下さい。

    CTI ポートとこれらの項目を同じ方法設定して下さい。

  5. Calling Search Space を設定し、これには CTI ポートの DN が含まれているパーティションが含まれているようにして下さい。

  6. 各ルート ポイントのための DN を追加して下さい。

    同じ Calling Search Space を使用して下さいラインコンフィギュレーションのデバイスに選択される。 これは Calling Search Space がいくつかの早い Cisco Unified CallManager 4.0 ソフトウェア リリースのラインコンフィギュレーションに適用されない場合 MWI がはたらかないので非常に重要です。 Cisco バグ ID CSCef80217登録ユーザのみ)を参照して下さい。 これは Cisco Unity Express が Cisco Unified CallManager 4.0 と統合ただの問題です。 そのような問題を回避するためにシステムを設定して下さい。 その他のオプションはパーティションを除いて可能性のある必要、ではないです。

    注: このパーティションはこの Cisco Unity Express システムに達するように意図するすべてのデバイスの Calling Search Space にある必要があります。

    注: 各ルート ポイントのための 1 DN だけ設定して下さい。

    次に、例を示します。

    ccm-cue-config-2.gif

Cisco CallManagerバージョン 5.0 および それ以降: JTAPI ユーザ、アクセス許可 CTI 権限および共用デバイスを作成して下さい

呼び出しに応答し、Cisco Unified CallManager 環境で適切に機能できます Cisco Unity Express のためにそれが使用するはずであるデバイスを制御することができるアプリケーションのユーザーは作成する必要があります(CTI ポートおよびルート ポイント)。 複数の Cisco Unity Express モジュールを使用するとき、これは同じユーザ、または複数のユーザのどれである場合もありアカウントによって制御する必要があるすべてのデバイスがそれと関連付けられることを確かめます。 ルート ポイントは本質的に Cisco Unity Express の音声メール、自動転送、またはカスタムスクリプトに達するためにユーザが呼出す数です。 ダイヤル番号および一致の Cisco Unity Express 外観設定の数にどのアプリケーションを、たとえば、音声メールが、自動転送、等呼び出される必要があるか判別するため。

  1. Cisco CallManager Administration ページから > アプリケーション ユーザ 『User Management』 を選択 して下さい。

    ccm-cue-config-4.gif

  2. 新規 ユーザを作成するために『Add New』 をクリック して下さい。

  3. ユーザ ID を規定 して下さい。

  4. [Save] をクリックします。

    ccm-cue-config-5.gif

  5. デバイス情報 フィールドでは、ID と関連付けられる利用可能 な デバイスの下で、ルート ポイントをおよび CTI ポートを、そして制御装置ボックスにそれらを移動するために押します下 矢印を選択して下さい。

    また、検索をより多くのルート ポイント使用し、デバイスを取付けるためにより多くの電話(CTI ポートのために)ボタンを見つけて下さい。 開くウィンドウから、デバイスは検索され、選択することができます。 完全、追加指定ボタンは制御装置ボックスに選択を移動する押された順序です。

    /image/gif/paws/60002/ccm-cue-config-6.gif

  6. [Save] をクリックします。

  7. 権限インフォメーション セクションで、ユーザグループに『Add』 をクリック して下さい。 Open ウィンドウでは、有効に なる標準 CTI を捜して下さい。 標準 CTI によって有効に される グループの隣でチェックボックスを選択して下さい。 Select 『Add』 をクリック して下さい。

    ccm-cue-config-7.gif

  8. [Save] をクリックします。 権限インフォメーション セクションのボックス ロールは今有効に なる標準 CTI、また前のグループ ボックスが含まれています。

5.0 以前の Cisco CallManagerバージョン: JTAPI ユーザおよび共用デバイスを作成して下さい

有効に なる CTI アプリケーション 使用でユーザを作成し、作成される CTI ポートおよびルート ポイントを選択するときこれは先に設定される CTI ポート および ルートポイント数に送信される呼び出しのゲイン制御に Cisco Unity Express を可能にします。

  1. Cisco CallManager Administration ページから User > Add a New User の順に選択 して下さい。

  2. ユーザ ID およびユーザ名を作成して下さい。

    名前が任意であるのに論理的な何か、site1cue、または類似した何かをたとえば使用できます。

  3. Cisco Unity Express が設定されるときこのユーザ ID がおよびパスワード 組み合せが必要となるので注意深くパスワードに注意して下さい。

    これは Cisco Unified CallManager に適切なログオンを確認します。 PIN が使用されないのにユーザを作成して下さい。

  4. 『Enable CTI Application Use』 を選択 し、ユーザを作成するために『Insert』 を押して下さい。

  5. デバイス アソシエーション ハイパーリンクをクリックし、先に作成されるすべての CTI ポートおよび CTI ルートポイント デバイスを選択して下さい。

    ccm-cue-config-3.gif

    プライマリ 拡張は必要ではないです。 『Update Selected』 を選択 して下さい。 初期化 ウィザードを実行して下さい。 それがされれば、数をルート ポイントおよび Cisco Unity Express 返事で設定されて呼出すことができます。 音声メール プロファイルのようなその他のオプションがおよびトランスコードすることは必要とすることができます。

設定して下さい音声メール プロファイル(オプションの)を

音声メール プロファイルは複数の音声メールシステムを管理する簡単な方法を提供します。 音声メール プロファイルは電話の Messages ボタンを押すとき使用されます。 また音声メールに呼び出しを転送するとき、CFB および CFNA 数を手動で設定する必要を避けることができます。

音声メールパイロット数は音声メールのために設定される CTI ルートポイントの DN で設定されます。

Cisco CallManager Administration ガイドは音声メール プロファイルを設定する方法を詳しく説明します。 しかし、パイロット番号を追加するためにだけ必要があり、一般に次に音声メール プロファイルは通常選択されてパイロット番号が、リモートサイトを識別する名前選択されます。 プロファイルは個々の電話 DN にそれから適用されます。 これは CFB、CFNA、また更に Call forward all (CFwdAll)があるように音声メール選択を確認することを可能にします。

注: Cisco Unity Express が Cisco Unified CallManager とインターフェイス接続するのに JTAPI を使用するので MWI 不規則な数は設定される必要がありません。

設定して下さいユーザ(オプションの)を

Cisco Unity Express はユーザおよび Cisco Unified CallManager で作成されるユーザ 拡張をインポートできます。 Cisco Unity Express はまたそれらのサブスクライバのための音声 メールボックスをオンザフライ式で作成する機能があります。 この情報は AVVID XML レイヤ(AXL)によって Cisco Unity Express 初期化 ウィザードが Cisco Unity Express 管理上の Webインターフェイスを通してまたはそれ以降を実行する間、どちらかインポートされます。 ユーザをインポートするために、Cisco Unified CallManager で最初にそれらを作成して下さい。

管理者 アカウントがおよびパスワードは認証に Cisco Unified CallManager でユーザをインポートするために必要となります。 Cisco CallManager Administration ページにアクセスし、ユーザをインポートするために User > Add a New User の順に選択 して下さい。 ここから、ユーザは作成され、ユーザが追加された後電話はデバイス アソシエーション ハイパーリンクと対応づけることができます。

Cisco Unity Express への実際のインポートは既に Cisco Unity Express を実行している初期化 ウィザードがシステムでまたは動作するときすることができます。 Cisco Unity Express Webページに管理権限のユーザとしてログオンし、Configure > Users の順に選択 して下さい。 それから『Import』 をクリック して下さい。 検索ハイパーリンクをクリックし、各ケースで完全なユーザ ID を入力して下さい。 カンマでまたは復帰改行文字で分かれる複数のユーザー ID を入力することができます。 Cisco Unity Express は再度『Find』 をクリック するとき Cisco Unified CallManager にログイン し、ユーザ名および拡張を取得します。 すべての望ましいユーザを選択した後、規定できます:

  • 各ユーザのプライマリ 電話番号

  • ユーザは Cisco Unity Express システムの音声 メールボックスを持つ場合があるかどうか

  • 彼らはシステムに管理権限がある場合があるかどうか

それから『Import』 をクリック して下さい。

注: 完全なユーザー ID だけ規定 することができます。 ユーザを捜すときワイルドカードか部分一致が割り当てられません。

トランスコードすることを設定して下さい(オプションの)

Cisco Unity Express は現在 G.711 U-law 形式にある音声 ストリームしかサポートしません。 G.711 (圧縮解除されるコール毎に 80 キロビット/秒)に必要な帯域幅が Cisco Unity Express AIM に達する音声 ストリームが WAN から起きる環境で禁則である場合もあります。 従って、WAN を渡る G.729 を使用し、ルータで機能の Cisco Unity Express AIM のための G.711 に変換するためにトランスコードを使用して下さい。 この設定、またハードウェア および ソフトウェア要件に関する詳細については Cisco Unified CallManager および Cisco IOS インターオペラビリティ ガイドを参照して下さい。

これはトランスコードすることのために設定される高密度音声ネットワーク モジュール(NM-HDV)が付いている IOSルータの例です:

voice-card 1 
dsp services dspfarm
...

sccp local FastEthernet0/0
sccp
sccp ccm 14.80.227.127 priority 1
sccp ip precedence 3
sccp mtp sessions 4
!
dspfarm transcoder maximum sessions 4
dspfarm
!

トランスコーダは MTPxxxxxxxxxxxx 形式の Cisco Unified CallManager に追加されます。 xxxx は Cisco Unified CallManager へのそのインターフェイスの MAC アドレス登録です。 この場合、FastEthernet 0/0 を見つけるために Cisco IOS の show interface FastEthernet 0/0 コマンドを発行して下さい。

設定して下さい QoS (オプションの)を

現在の制限の 1 つは Cisco Unity Express AIM がそれらを送信するとき JTAPI (CTI 速いバッファ符号化する[QBE])シグナリング パケットが無標であることです(TOS = 0)。 これを訂正するために、トラフィックをマークし、優先順位をつけるためにインストールされる Cisco Unity Express AIM があるルータの Access Control List (ACL)を使用して下さい。

Cisco Unified CallManager からの JTAPI シグナリングは AF31 (TOS 0x68)の Differentiated Services Code Point (DSCP)値で正しくマークされます。

JTAPI シグナリング プロトコルは TCPポート 2748 を使用します。 このトラフィックの各 Cisco Unity Express サイトのための 20 キロビット/秒を捧げて下さい。

Cisco Unity Express AIM または IP Phone からのすべてのリアルタイム プロトコル(RTP) 音声トラフィックは 0xEF の DSCP 値で正しくマークされます。

この例は a.b.c.d が Cisco Unity Express AIM の IP アドレスであるルータのこれのための設定 例を示したものです:

access-list 101 permit tcp host a.b.c.d any eq 2748
!
class-map match-all cti-qbe
 match access-group 101
!
policy-map cti-qbe
 class cti-qbe
 set dscp af31
 bandwidth 20
!
interface Serial0/1
 service-policy output cti-qbe

Cisco SRSTの設定(オプション)

Cisco SRST は緊急電話および音声メール サービスのために Cisco Unified CallManager にリモートサイトを接続する WAN がダウンしているとき使用されます。 Cisco Unity Express Cisco IOSコンフィギュレーションでこの基本設定を使用できます:

dial-peer voice 1 voip
 description Local NM-CUE (CME) Voicemail
 destination-pattern 28000
 session protocol sipv2
 session target ipv4:172.18.106.107
 dtmf-relay sip-notify
 codec g711ulaw
 no vad
!
dial-peer voice 2 voip
 description Local NM-CUE (CME) Auto Attendant
 destination-pattern 28100
 session protocol sipv2
 session target ipv4:172.18.106.107
 dtmf-relay sip-notify
 codec g711ulaw
 no vad
!         
dial-peer voice 3 voip
 description Local NM-CUE (CME) Greeting Management System
 destination-pattern 28111
 session protocol sipv2
 session target ipv4:172.18.106.107
 dtmf-relay sip-notify
 codec g711ulaw
 no vad
!                  
!
call-manager-fallback
 ip source-address 172.18.106.105 port 2000
 max-ephones 52
 max-dn 208
 voicemail 28000
 call-forward busy 28000
 call-forward noan 28000 timeout 12
!

3 つの設定されたデスティネーションパターン(28000、28100 はルート ポイントに割り当てられる 3 DN に、および 2111)対応します。 CTI ポートはどこでも参照されません。

Cisco Unity Express は初期化 ウィザードを使用するとき自動的に設定されます。 この部分は CLI から確認するべき configurationin 順序である必要があります:

ccn subsystem sip
 gateway address "172.18.106.105"
 end subsystem

...
ccn trigger sip phonenumber 28000
 application "voicemail"
 enabled
 locale "en_US"
 maxsessions 4
 end trigger

ccn trigger sip phonenumber 28100
 application "autoattendant"
 enabled
 locale "en_US"
 maxsessions 4
 end trigger

ccn trigger sip phonenumber 28111
 application "promptmgmt"
 enabled
 locale "en_US"
 maxsessions 1
 end trigger

ゲートウェイアドレスは Cisco SRST ルータです。 電話番号 パラメータはルート ポイント DN と同じである必要があります。

Cisco Unity Express 初期化 ウィザードを実行して下さい

初期化 ウィザードは統合 パラメータでシステムを設定し、ユーザをインポートし、メールボックスを作成できます。 これらの項目が冗長性のための Cisco Unified CallManager を設定することを必要とします:

  • Cisco Unified CallManager で設定される CTI ポートおよびルート ポイント

  • ユーザー定義 JTAPI およびユーザと関連付けられるデバイス

  • Cisco Unified CallManager Web アクセスのためのユーザ名 および パスワード

  • クラスタの他の Cisco Unified CallManager と共に Cisco Unified CallManager IP アドレス

注: Web ユーザ Name フィールドは Multilevel Administration Access (MLA)が Cisco Unified CallManager でインストールされている場合 Cisco Unified CallManager 管理者 アカウントではないです。 その代り、パスワードと共に「管理者」のようなローカルシステム 管理者 アカウントを使用して下さい。

注: 初期化 ウィザードは JTAPI および Web ユーザ ユーザー アカウントおよびパスワードが正しいことを確認します。 初期化 ウィザードはまた互換性のある Cisco Unified CallManager レベルがインストールされているようにするためにチェックします。 初期化 ウィザードはこれらの値がすべて正しくなければ続けることを可能にしません。

初期化 ウィザードのその他の情報に関してはシステムのはじめて設定を参照して下さい。

インストールの間にまたは再インストールかアップグレードの後でしか初期化 ウィザードを一度実行できません。 Cisco Unity Express に GUIアクセスがほしいと思う場合それが必要となります。

サンプル Cisco Unity Express 設定

Cisco Unity Express のためのサンプル全体設定はこれと同じような Cisco Unified CallManager 外観と統合:

注: 決してライブ システムにこの設定をコピーしましたり、または貼り付けないで下さい。 同じアプリケーションを指し、それらに割り当てられる同じ電話番号を備えている Switched Multimegabit Data Service (SMDS) インターフェイス プロトコル(SIP)トリガーおよび JTAPI があるというファクトに注目して下さい。 CCN サブシステム SIP ゲートウェイアドレスは Cisco SRST ルータを指し、CCN サブシステム JTAPI は Cisco Unified CallManager を指します。 MWI パラメータはデフォルト物であり、これらは使用されません。 設定される Cisco SRST モードではたらくために MWI を得ることができません。

VNT-AIM-CUE1#show run
Generating configuration:


clock timezone America/New_York

hostname VNT-AIM-CUE1

ip domain-name cisco.com

ntp server 172.18.106.15

groupname Administrators create

username administrator create
username marschne create
username jdoe create
username marschne phonenumber "2104"
username jdoe phonenumber "2103"

groupname Administrators member administrator
groupname Administrators member marschne
groupname Administrators privilege superuser
groupname Administrators privilege ManagePrompts

backup server url "ftp://127.0.0.1/ftp" credentials hidden 
"EWlTygcMhYmjazXhE/VNXHCkplVV4KjescbDaLa4fl4WLSPFvv1rWUnfGWTYHfmPSd8ZZNgd+
Y9J3xlk2B35jwAAAAA="

ccn application autoattendant
 description "autoattendant"
 enabled
 maxsessions 4
 script "aa.aef"
 parameter "MaxRetry" "3"
 parameter "operExtn" "0"
 parameter "welcomePrompt" "AAWelcome.wav"
 end application

ccn application ciscomwiapplication
 description "ciscomwiapplication"
 enabled
 maxsessions 4
 script "setmwi.aef"
 parameter "strMWI_OFF_DN" "8001"
 parameter "strMWI_ON_DN" "8000"
 parameter "CallControlGroupID" "0"
 end application

ccn application promptmgmt
 description "promptmgmt"
 enabled
 maxsessions 1
 script "promptmgmt.aef"
 end application

ccn application voicemail
 description "voicemail"
 enabled
 maxsessions 4
 script "voicebrowser.aef"
 parameter "logoutUri" "http://localhost/voicemail/vxmlscripts/mbxLogout.jsp"
 parameter "uri" "http://localhost/voicemail/vxmlscripts/login.vxml"
 end application

ccn engine
 end engine

ccn subsystem jtapi
 ctiport 28001 28002 28003 28004 
 ccm-manager address 14.80.227.127 14.80.227.128
 ccm-manager credentials hidden "+DuGhIBvqsghj6p6aBUoRQ4E0vzCD5YHSd8ZZNgd+
 Y9J3xlk2B35j0nfGWTYHfmPSd8ZZNgd+Y9J3xlk2B35jwAAAAA="
 end subsystem

ccn subsystem sip
 gateway address "172.18.106.105"
 end subsystem

ccn trigger jtapi phonenumber 28000
 application "voicemail"
 enabled
 locale "en_US"
 maxsessions 4
 end trigger

ccn trigger jtapi phonenumber 28100
 application "autoattendant"
 enabled
 locale "en_US"
 maxsessions 4
 end trigger

ccn trigger jtapi phonenumber 28111
 application "promptmgmt"
 enabled
 locale "en_US"
 maxsessions 1
 end trigger

ccn trigger sip phonenumber 28000
 application "voicemail"
 enabled
 locale "en_US"
 maxsessions 4
 end trigger

ccn trigger sip phonenumber 28100
 application "autoattendant"
 enabled
 locale "en_US"
 maxsessions 4
 end trigger

ccn trigger sip phonenumber 28111
 application "promptmgmt"
 enabled
 locale "en_US"
 maxsessions 1
 end trigger

voicemail default expiration time 30
voicemail default language en_US
voicemail default mailboxsize 420
voicemail recording time 900
voicemail default messagesize 60
voicemail operator telephone 0
voicemail capacity time 480
voicemail mailbox owner "jdoe" size 420
 description "jdoe mailbox"
 end mailbox

voicemail mailbox owner "marschne" size 420
 description "marschne mailbox"
 end mailbox

end

確認

このセクションでは、設定が正常に機能していることを確認します。

Output Interpreter Tool(OIT)(登録ユーザ専用)では、特定の show コマンドがサポートされています。 OIT を使用して、show コマンド出力の解析を表示できます。

各ルート ポイントのために設定される DN にコールを送信して下さい。 Cisco CallManager Administration ページから Device > Phone の順に選択 し、CTI ポートが登録されていることを確認するためにポートを検出して下さい。 Status カラムはポートが登録されている Cisco Unified CallManager IP アドレスを示します。 IP Address カラムは Cisco Unity Express IP アドレスを示します。 ポートはこのフィールドが見つけられなくて表示する場合登録されていません。

Cisco Unity Express モジュールから、提示 ccn ステータス ccm-manager コマンドを発行して下さい。

br2011-cue>show ccn status ccm-manager
JTAPI Subsystem is currently registered with Call Manager: 14.86.11.11
JTAPI Version: 3.0(2.3) Release

トラブルシューティング

現在のところ、この設定に関する特定のトラブルシューティング情報はありません。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 60002