コラボレーション : Cisco Unified Contact Center Express

コールをエーネントにルーティングできない - CTIERR_MAXCALL_LIMIT_REACHED

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、エージェントが Cisco Agent Desktop から送信されたコールに応答できない原因について説明し、Cisco IP Contact Center(IPCC)Express 環境での解決策を説明します。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることを推奨しています。

  • Cisco CallManager

  • Cisco Customer Response Solutions(CRS)

  • Cisco Agent Desktop

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco CallManagerバージョン 4.0 および それ以降

  • Cisco CRS

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

先の Cisco CallManagerバージョンによってより 4.0 は Directory Number (DN)ごとに、最大 2 つの呼び出しサポートされます。 Cisco Unified CallManager 4.0 はそれにデータベースを設定可能にする DN ごとの呼び出しの数を拡張します。 この構成可能パラメータは図 1.に示すようにディレクトリ番号 の 設定 ウィンドウの複数のコール/コール ウェイティング設定セクションの下のコールの最大数と、呼ばれます

図 1: 呼び出しの設定可能な最大数

/image/gif/paws/59661/max-calls-reached-1.gif

問題

この問題は異なる現象と発生する場合があります:

  • キューでスタックしている呼び出し

  • キューのドロップ呼び出し

  • 準備銀行代理店はしかしコールを渡しませんまたはエージェントは予約済みの状態のままになっています

  • エージェントが利用できるのにエージェントに呼び出しを提供しません

キューからコールが対応可能なエージェントに発信されるとき、目標とされたエージェントは READY 状態から予約済みの状態に行き、この状態に発信者がコールを廃棄するまでとどまります。 コールはエージェントの電話に決して示されません。

この問題が発生するとき、CiscoMIVRxx.log にこのエラーメッセージが現れます:

注: このログはスペース制限による複数の回線に表示する。

Jun 24 17:23:45.402 MDT %MIVR-SS_TEL-3-CONSULT_FAILED:Consult failed: All 
  Call ids=CallID:12 MediaId:238779/1 Task:23000000057,Extension=35081,
  Exception=com.cisco.jtapi.PlatformExceptionImpl: CCNException not handled: 
  com.cisco.cti.client.CCNException: ,Failure reason=consult gets error 
  0x8ccc00c4=CTIERR_MAXCALL_LIMIT_REACHED

これらの要求は maxcall 制限が達するとき、エラーコードを、CTIERR_MAXCALL_LIMIT_REACHED 戻します:

  • LineCallInitiateRequest

  • LineCallTransferSetupRequest

  • LineCallConferenceSetupRequest

  • LineCallUnParkRequest

注: CiscoMIVRxx.log にアクセスするために、Customer Response Application 管理 ウィンドウから > トレースファイル System > Engine の順に選択 して下さい。

解決策

Cisco CallManager 3.x では、DN ごとに許可されるコールの最大数は 2 つに制限されています。 Cisco Unified CallManager 4.0 の新しい 機能はこの数データベースを設定可能にします。

CallManager に DN 設定で 1 にこの値が設定が、図 1 あれば、CRS の問題を引き起こします。 この問題は CRS 問題がコンサルト転送 Request To Send CTI ポートからの ICD デバイスへのコール、それ 2 セッションを必要とすると発生します。 1 セッションはキュー コールを開くのためであり、他のセッションは ICD デバイスを鳴らすのためです。 呼び出しの最大数が 1 で設定されれば、コール転送は失敗します。 これらは CTI ルートポイントのためのサポートされておよび要求されたコンフィギュレーション、CTI ポートおよび ICD 拡張です:

  • CTI ルートポイント— CTI ルートポイントの DN のための呼び出しおよび Call Forward Busy トリガー フィールドの最大数を修正しないで下さい。

  • CTI ポート— CTI ポートの DN のためのコールおよび Call Forward Busy トリガー フィールドの最大数のデフォルト値を修正しないで下さい。 修正された場合、CTI ポートのための呼び出しフィールドの最大数が Cisco Unified Contact Center Express に使用するべきそれらのためにのために非常により 2 設定 されることを確かめて下さい。

  • ICD 拡張—エージェントに使用する DN のための呼び出しおよび Call Forward Busy トリガー フィールドの最大数の修正する デフォルト値はログインします。 ICD エージェント拡張は呼び出しおよび使用中トリガー フィールドの最大数のための 2 および 1 でそれぞれ設定する必要があります。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 59661