音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity Express

Unity Express グリーティング管理システムと緊急オプション グリーティングの設定例

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Greeting Management System(GMS)および Emergency Alternate Greeting(EAG)を使用して、Cisco Unity Express のプロンプトを管理するための概要を示しています。

GMS は Cisco Unity Express 管理者が PC を使用するか、またはソフトウェアを音編集しないで新しいまたは削除既存のカスタム オーディオプロンプトを記録することを可能にするテレフォニー ベース インターフェイスです。 これらのプロンプトはデフォルト AA の歓迎プロンプトのようなさまざまな Cisco Unity Express Automated Attendant (AA)スクリプトでそれから、使用することができます。 EAG はユーザが一時イベントまたはメッセージの発信者を知らせる規則的なメッセージ前に遊ばれるべき特別なメッセージを記録し、修正し、有効に するか、またはディセーブルにすることを可能にする GMS 内のオプションです。

前提条件

要件

GMS および EAG 機能は Cisco Unity Express バージョン 1.1.1 またはそれ以降を必要とします。 統合 方式は(Cisco Unified CallManager か CallManager Express)重要ではないです。 すべての設定 例および画面 出力は Cisco Unity Express バージョン 1.1.1 から奪取 されます。

読者は Cisco Unity Express を管理し、使用することの基本的な習熟度があるはずです。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

管理をプロンプト表示して下さい

Cisco Unity Express に AA スクリプトからのモジュールで保存される再生音声ファイルに能力があります。 これらの音声ファイルは PC からアップロードされるか、または呼出すことによって Cisco Unity Express に GMS 電話番号を使用して保存することができます。 PC からアップロードしている場合、音声ファイルは G.711 u-law に 8 ビット、モノラル形式、8 つの kHz ある、必要があります。

GUI からのプロンプトを管理するために、管理者は Voice Mail > Prompts の順に選択 する必要があります。

GMS_01.gif

ファイルをダウンロードするため、それから Download ボタンUpload ボタンをクリックするために最初にファイルを、チェックし、ローカルPC のファイルをアップ ロードされるために選択するために。 ファイルは直接名前を変更することができません。 その代り、それらは新しい名前とダウンロードされ、次に再アップロードする必要があります(およびそれから元ファイルは取除くことができます)。

注: 各グリーティングか敏速なファイルは 1 MB より多くである場合もありません。 これはオーディオ自体が期間約 2 分以上である場合もないことを意味します。

注: 記録することができるカスタム プロンプトの数への制限があります。 この制限は現在 Cisco Unity Express によって進められる統合 システム(AIM-CUE)のための 25 および Unity Express ネットワークモジュール(NM-CUE)のための 50 です。

注: この同じ情報に Command Line Interface (CLI)からアクセスするために、提示 ccn プロンプト コマンドはここに示されているように、使用することができます:

cue-3660-41a> show ccn prompts
Name:                         AAWelcome.wav
Last Modified Date:           Fri Feb 20 06:11:37 EST 2004
Length in Bytes:              15860
Name:                         UserPrompt_06172004102117.wav
Last Modified Date:           Thu Jun 17 10:21:17 EDT 2004
Length in Bytes:              20218
Name:                         AltGreeting.wav
Last Modified Date:           Thu Jun 17 12:42:58 EDT 2004
Length in Bytes:              18298

AAWelcome.wav は Cisco Unity Express と AA によって使用するデフォルト プロンプトです。

プロンプトはここに示されているように ccn CLI コマンドの使用によって、処理することができます:

cue-3660-41a> ccn copy prompt UserPrompt_06172004102117.wav url ftp://10.1.1.10/MyPrompt.wav username me password pw
cue-3660-41a> ccn copy url ftp://10.1.1.10/MyPrompt.wav prompt MyNewPrompt.wav username me password pw
cue-3660-41a> ccn delete prompt UserPrompt_06172004102117.wav
Are you sure you want to delete this prompt? (y/n) y

第一刷この例 FTP サーバへのファイル(UserPrompt_06172004102117.wav) (MyPrompt.wav として)。 それから、それは MyNewPrompt.wav とこと同じファイル コピーします。 最後に、UserPrompt_06172004102117.wav ファイルは削除されます。 そう効果的に、UserPrompt_06172004102117.wav ファイルは MyNewPrompt.wav に名前を変更されました。 利用可能 な他の rename コマンドがありません従ってこれはファイル名を変更する唯一の方法です。

注: FTP サーバからの単なるファイルが、そのサーバ パッシブFTP (PASV)をサポートし、ファイルをロードするためにカールする必要がある時。 それがカールをサポートしない場合、敏速なファイルサイズを得ることが不可能のようなメッセージは返されるかもしれません。

挨拶します管理 システム(GMS)に

他の所で生成された音声ファイルをアップロードするか、またはダウンロードするのに GUI か CLI を使用するかわりに、GMS は音声ファイルを記録するか、または削除するのに電話を使用することを可能にします。 GMS は数を呼出すことによって Cisco Unity Express 初期化 ウィザードが CLI でまたは動作している間設定したどちらかを始められるシステムスクリプトです。

注: EAG を用いることを除いて、プロンプトは修正することができません。 変更される必要がある既存のプロンプトがあれば新しい敏速の記録し、新しいプロンプトを参照するために AA スクリプトを変更して下さい。 明示的がないので機能の、その他のオプション既存のプロンプトを取除くことダウンロードします新しいものおよび最終的に再アップロードをオリジナル プロンプトの名前の新しいプロンプト名前を変更して下さい。

EAG を除いて、GMS はこれらの音声ファイルがどのように使用される、またはかどうか特定のプロンプト遊ばれる影響を与えませんかところでまたは。 それはスクリプトの責任です。 GMS はただ割り当てにいろいろなプロンプトの Cisco Unity Express を読み込み、PC によってネットワークにアクセスできないでこれらのプロンプトを変更するために与えます。 それはまた方法を心配を正しい形式のファイルを生成する除去します。

このダイアグラムは音声メール > 通話処理選択からの GUI で設定される GMS 数を説明します:

/image/gif/paws/53205/GMS_02.gif

同じ情報はまた提示 CNN トリガー…コマンドの出力にあります:

cue-3660-41a> show ccn trigger ...
Name:                         11002
Type:                         SIP
Application:                  promptmgmt
Locale:                       en_US
Idle Timeout:                	10000
Enabled:                      yes
Maximum number of sessions:   1

GMS は promptmgmt アプリケーションによって識別されます。 上記の Name フィールドはこのスクリプトを引き起こすために呼出す必要がある数を 11002 この場合示します。

注: GMS は最大 1 セッションだけにデフォルトで設定されます。

コールが 11002 に送信されるとき、promptmgmt.aef スクリプトは動作し、ユーザは「入力しますポンド(#)キーに」先行しているエクステンションをプロンプト表示されます。 これが入った後、ユーザはポンド(#)キーに先行しているピンナンバーを入力するためにプロンプト表示されます。 ピンナンバーに、拡張、またはログインに試みていればユーザに管理権限がなければ、発信者は「認証が」。失敗したこと知識のあります 3 つの不成功な試みが、コール切断されていた後。

cue-3660-41a> show group detail groupname Administrators
Full Name:          Administrators
Description:        
Phone:              
Phone(E.164):       
Language:           en_USOwners:             
Members:            administrator gpburdell

cue-3660-41a> show user detail username gpburdell
Full Name:          gpburdell
First Name:         
Last Name:          gpburdell
Nickname:           gpburdell
Phone:              11040
Phone(E.164):       
Language:           en_US

cue-3660-41a> show user detail username administrator
Full Name:          administrator
First Name:         
Last Name:          administrator
Nickname:           administrator
Phone:              
Phone(E.164):       
Language:           en_US

上の例では、あります管理者グループの 2 人のメンバーが、「管理者」および「gpburdell」。 「gpburdell」ユーザを検査した上で数が 11040 であることが、わかります。 「管理者」ユーザがログインにできるあるで、GMS を使用しますメールボックスを(Phone フィールドはブランクです)持っていないので、「gpburdell」アカウントは唯一のアカウント。

注: Cisco Unity Express の CLI が大文字/小文字の区別がないが、ユーザおよびグループ名はあります。 「管理者」グループは「管理者」がグループ化する同じではないです。

ユーザ向けの PIN をリセットするために、ユーザ オペレータ ピン CLI コマンドはここに示されているように、使用することができます:

cue-3660-41a> user operator pin 32912

ログイン されて GMS は、メッセージ(「メッセージ管理 システムへの歓迎」)され、ユーザはこれらのオプションと示されます:

  • 「交替 AA メッセージ」を管理するために『1』 を押して下さい(これは別名 EAG です)。

  • 「カスタム プロンプトを管理するために『2』 を押して下さい」。

  • 「終了するために『*』 を押して下さい」。

敏速な管理、かオプション 2 は、このメニューを持つユーザを示します:

  • 「新しいプロンプトを記録するために『1』 を押して下さい」。

    敏速な制限が達する場合、ユーザは「残念聞きます、既に記録してしまいました(AIM のための 25 か NM のための 50)プロンプトを」。

    制限が達しない場合、ユーザは聞きます「レコード発信音の新しいプロンプト」。を 新しいプロンプトが記録されたら、ユーザはエントリを完了するためにポンド(#)キーを押す必要があります。

    新しいプロンプトが記録されれば、ユーザはこれらのオプションと示されます:

    • 「プロンプトを保存するために『1』 を押して下さい」。

    • 「プロンプトを廃棄するために『2』 を押して下さい」。

  • 「以前に記録されたプロンプトをするか、または管理するために『2』 を押して下さい」。

    2 つを『Option』 を選択 するとき、ユーザが「聞く x はプロンプトの総数を表しますところで x によって記録されるプロンプトがあります」。

    以前に記録されたプロンプトは(たとえば、「敏速な第 1...")アナウンスされ、年代順にされます。 それぞれがプロンプトされた後、ユーザはこれらのオプションと示されます:

    • 「このプロンプトを削除するために『3』 を押して下さい」。

      スクリプトで参照されるプロンプトを削除して、自然にこのファイルをするスクリプトの機能をディセーブルにします。 各削除操作は確認のための要求に確実である場合先行しています(「『1』 を押して下さい。」)を再生します。

    • 「次のプロンプトに行くために押して下さいポンドを(#)」。

    • 「プロンプトの読み取りをスキップするために『*』 を押して下さい」。

新しいプロンプトが GMS を使用して記録されるとき、ファイルは UserPrompt_06172004102117.wav (06/17/2004 10:21:17)のような形式 UserPrompt_DateTime.wav で、作成されます。 (先に示されている)これらのファイルは GMS から名前を変更することができませんでしたり新しいファイル名と GUI か CLI を使用してむしろダウンロードされ、再度アップロードする必要があります。 スクリプトで新しく作成されたファイルを使用したいと思う場合これがまた GMS から可能性のあるではないように GUI か CLI を使用して割り当てる必要があります。 GMS が新しく敏速なファイルしか追加しないか、または物を存在 することを削除できることを覚えていて下さい。 新しく作成されたプロンプトがスクリプトで使用されるべきなら場合スクリプトのプロンプトを一致するために名前を変更するスクリプトはこの新しいプロンプトを指すために変更する必要があります。

緊急代替グリーティング

GMS の特別な部分は、緊急代替グリーティング(EAG)、Cisco Unity Express 管理者が休日または snow 日のような緊急事態か他の短期イベントの場合には、使用されるために挨拶している交替 AA を記録することを可能にします。

EAG は AltGreeting.wav ファイルのプロシージャに基づいています。 Cisco Unity Express と含まれている AA はこのファイルのプロシージャがあるように確認します。 Cisco Unity Express の中で存在 する ファイルがプロンプト表示する場合、EAG は有効に なります。 それがない場合、EAG は無効です。 敏速なリポジトリからこのファイルを削除することによって、EAG は無効になります。 すなわち、ファイルが AltGreeting.wav とアップロードされ、名付けられれば、EAG は有効に なります。

注: 挨拶する交替 AA は決して既存の AA メッセージを取り替えません; それは規則的なメッセージがされる前に単にされます。

カスタム Cisco Unity Express AA スクリプトでは、checkaltgreet.aef subflow へのコールは AltGreeting.wav ファイルがあるように確認し、もしあればファイルをします。

注: checkaltgreet.aef subflow は他のファイルの存在があるように確認できません。 このように、複数の代替グリーティング ファイルを持つことはできません(各 AA のための別の代替グリーティングのような)。

ユーザはこの EAG メニューと示されます:

  • 「交替 AA メッセージを管理するために『1』 を押して下さい」。

    交替 AA メッセージが現在アクティブである場合、ユーザはこれらのオプションがあります:

    • 「交替 AA メッセージを聞くために『1』 を押して下さい」。

    • 「『2』 を押して下さい再レコードを交替 AA メッセージ」。

      オプション 2 が選択される場合、ユーザ レコードはポンド(#)キーを押すことによって発信音の交替 AA メッセージ エントリを完了し。

      このステップが完了すれば、ユーザはこれらのオプションと示されます:

      • 「交替 AA メッセージを保存し、アクティブにするために『1』 を押して下さい」。

      • 「交替 AA メッセージを聞くために『2』 を押して下さい」。

      • 「『3』 を押して下さい再レコードを交替 AA メッセージ」。

    • 「交替 AA メッセージを無効にするために『3』 を押して下さい」。

      交替 AA メッセージを無効にすることはシステムからそれを削除します。

    交替 AA メッセージが以前に記録されない場合、ユーザはこれらのオプションがあります:

    • 「交替 AA メッセージを記録するために『1』 を押して下さい」。

      ユーザは発信音にそして交替 AA メッセージを記録し、ポンド(#)キーを押すことによってエントリを完了します。 終えられたとき、ユーザは利用可能 なこれらのオプションがあります:

      • 「交替 AA メッセージを保存し、アクティブにするために『1』 を押して下さい」。

      • 「交替 AA メッセージを聞くために『2』 を押して下さい」。

      • 「『3』 を押して下さい再レコードを交替 AA メッセージ」。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 53205