音声 : デジタル CAS

E1 R2 シグナリングの国別オプションの設定

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

R2 シグナリングは、1960 年代に開発され、現在でも欧州、南米、オーストラリア、アジアで使用中の個別線信号方式(CAS)システムです。 R2 シグナリングには、複数の国別バージョンまたはバリアント、国際電信電話諮問委員会(CCITT-R2)と呼ばれる国際バージョンがあります。 R2 シグナリングの仕様は、ITU-T 勧告の Q.400 から Q.490 に記述されています。

E1 R2 シグナリングは、チャネル化 E1 ネットワークに共通の国際シグナリング規格です。 E1 R2 信号を送ることは Cisco AS5200、5300、および 5800 シリーズ アクセスルータでサポートされました。 E1 R2 信号を送ることは Cisco IOS の Cisco 2600/3600 シリーズ ルータにもたらされましたか。 ソフトウェア リリース 12.1.2XH および 12.1(3)T。 E1 R2 はまた IAD2430s の WICスロットに挿入することができる E1 音声 WAN インターフェイス カード(VWIC)でサポートされます。 なお、Cisco AS5350、5400、および 5850 はまたこのアプリケーションをサポートします。

注: Cisco MC3810 ルータでは、R2 シグナリングはサポートされていません。

この資料の目的は顧客が R2 相互接続を設定するのを助ける重要なガイドラインおよびいくつかの設定例を提供することです。 トラブルシューティングはこの資料の一部としてカバーされません。 トラブルシューティング E1 R2 の情報に関しては、E1 R2 シグナリングの設定 と トラブルシューティングを参照して下さい。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

この資料は特定のハードウェアバージョンに制限 されません; ただし、いくつかのソフトウェア推奨は伝えられます。 これらの推奨事項はこのテクノロジーと関連している主要なソフトの欠陥がそれぞれバージョンによって識別され、当たったというファクトに基づいています。 それにもかかわらず実稼働環境でソフトウェアを使用する前に、広汎なテストが必要となります。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

E1 R2 設定例

このセクションはテストされた機能設定例のリストを提供します。 これらの例は参照としてデフォルト設定が適用されない国の E1 R2 を提供するとき使用する必要があります。

注: cas-custom の下のコマンドだけ示されています。 Voiceコンフィギュレーション ポートおよびダイヤル ピアはカバーされません。 Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.3(9)がこれらのコンフィギュレーションをテストするのに使用されました。

メキシコ Telmex は修正しました

controller E1 0/0
 framing NO-CRC4
 ds0-group 1 timeslots 1-15,17-30 type r2-digital r2-compelled ani
 cas-custom 1
  country telmex
  category 2
  answer-signal group-b 1

注: 自動番号識別(ANI)収集のために A 場合を使用するグループ化するいくつかの実装では、Telmex は必要となります。 これが必要である場合、cas-custom の下でコマンド groupa-callerid-end を追加して下さい。 このコマンドが設定されない場合、ルータはカントリーデフォルト(グループ C 場合)を使用します。

アルゼンチン電気通信

controller E1 0/0
ds0-group 0 timeslots 1-15,17-31 type r2-digital r2-compelled ani
framing NO-CRC4
 cas-custom 0
  country argentina
  dnis-complete

注: ほとんどのコンフィギュレーションに関しては、Telecom Argentina は最後の DNIS ディジットがダイヤルされた後 I-15 場合が送信 されることを必要とします。 これが事実である場合、dnis-complete を設定して下さい。 デフォルトで、I-12 場合は使用されます。

ベネズエラ CANTV

着信コールに関しては:

controller E1 0/0
 framing NO-CRC4
 ds0-group 0 timeslots 1-15,17-31 type r2-digital r2-compelled ani
 cas-custom 0
  country venezuela
  answer-signal group-a 6
  dnis-complete

注: CANTV ベネズエラは応答信号のために A6 を使用します。

送信コールに関しては:

controller E1 0/2/0
 framing NO-CRC4
 ds0-group 1 timeslots 1-15 type r2-digital dtmf dnis

ブラジル

controller E1 0/0
 framing NO-CRC4
 ds0-group 0 timeslots 1-15,17-31 type r2-digital r2-compelled ani
 cas-custom 0
  country brazil
  category 2
  answer-signal group-b 1

注: Telefonica いくつかの回線はメータリングが有効に なるように要求します。 もし必要なら、cas-custom の下でメータリング コマンドを追加して下さい。

中国

controller E1 0/0
 framing NO-CRC4
 ds0-group 0 timeslots 1-15,17-31 type r2-digital r2-compelled ani
 cas-custom 0
  country china
  answer-signal group-b 1

E1 R2 警告

以下は E1 R2 に関するソフトウェア 警告のリストです。 これらのバグ ID リンクに従い、詳細なバグ情報を見るために、登録ユーザであり、ログオンする必要があります。

Cisco Bug ID 説明
CSCed55231 MRP はないクリア R2 コールきれいに
CSCed22834 ICS7700 は受信 閉鎖状態を認識しません
CSCec77853 SIP および E1 R2 が付いている 1 つの方法オーディオ
CSCec64185 E1 R2: アルゼンチンのための A-2 場合の悪い実装
CSCec58903 E1 R2: AS は閉鎖状態を検出する
CSCea55028 コール セットアップ時間が 15s より多くを奪取 する場合スタックしている音声コール
CSCea17341 設定される応答信号 グループ A および DID 無しの呼び出し失敗
CSCdz69604 5400 の E1 R2 は応答信号をグループ化します A を送信 して いません
CSCeb36413 E1 R2 コールは 5400 および 5850 で失敗します
CSCdy36274 E1 R2 は同じ宛先にコールを時リダイアル ハングさせました
CSCea64554 E1 R2 から ISDN に hairpining 場合 3600 でスタックした呼出して下さい
CSCea61403 R2 呼び出しの無防備 buginf
CSCed44156 2600 のための E1 R2 必要設定可能な DNIS タイムアウト
CSCdy22974 OGW の tsp_voice_call_check のにせ の メモリアクセス
CSCdx66463 R2 音声ポートは R2_Q421_IC_CLR_BWD 状態で使用できなくなります
CSCea81777 ヘアピン コールは E1 R2 から CAS E&M に接続解除を得ます
CSCeb52314 AS5850 は POTSダイヤルピアで定義されない DS0-group を選択します
CSCdz66927 ハングする脈打たない Voice-ports およびディジット
CSCeb65150 7200 シリーズ用の E1 R2 必要性設定可能な DNIS タイムアウト

E1 R2 最近のコマンド

Cisco は最近 E1 R2 実装のための新しいコマンドを、このアプリケーションの柔軟性を改善し、顧客 需要に応じる追加してしまいました。 これらは最も重要なコマンドです:

  • アラート待機時間—アラート示す値を待つ着信 R2 呼び出しの時間。 デフォルトは 15 秒です。

  • RADIUSサーバが事前認証 要求に応答しなければ call guard-timer — ガード タイマーをコールを受け入れるか、または拒否するために設定 するため。

  • 原因輻輳— ISDN原因値に R2 輻輳場合を、発生音声ゲートウェイにこの値を戻すために変換します。

  • 接続解除音—コーリングパーティにトーンを後終了グループ B レジスタ シグナル提供しました。

  • 場合終りに終り—エンドツーエンド転送 R2 カテゴリおよび応答信号。

  • トランクグループ ラベル—トランクグループにあるためにインターフェイスを設定して下さい。

    注: いくつかのそれらのコマンドはプラットフォーム別です。 各オプションについての詳細については Command Lookup Tool を参照して下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 53049