コラボレーション : Cisco ICM CTI Desktop

CTIOS サイレント モニタリングが機能しない - イーサネット カード ドライバ

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Computer Telephony Integration Object Server(CTIOS)スーパーバイザ デスクトップが CTIOS エージェント デスクトップとのセッション確立に失敗する原因の 1 つについて説明します。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • CTIOS 無声モニタ

  • マイクロソフト ネットワーク

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • CTIOS 無声モニタ

  • Microsoft Windows NT 4.0、Windows 2000 および Windows XP

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

CTIOS クライアント ログファイル

このレジストリキーの下でクライアント プロセスのためのトレース ログ名前およびロケーションを見つけることができます:

HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Cisco Systems\CTI OS\Logging\TraceFileName

デフォルト ファイル名は CTI OSClientLog です。 標準の <TraceFileName>.mmdd.hhmmss.log がログファイルを作成するのに使用されています。 ファイルはたとえばディレクトリが AgentDesktop をインストールした実行プログラムのワーキング ディレクトリで作成されます。 別の位置でファイルを保存したいと思う場合 TraceFileName に完全修飾パスを与えることができます。 たとえば、CTI OSClientLog.mmdd.hhmmss.log の命名規則とのディレクトリ「c:\temp」にログファイルを置くために「c:\temp\CTI OSClientLogに値を設定 して下さい。 クライアント トレースファイルは簡単な ASCII テキストであり、Notepad のような慣習的なテキストエディタとそれらを開くことができます。

問題 1

CTIOS スーパバイザ デスクトップは UDP ポート 8500 を通して CTIOS エージェントデスクトップとのセッションを設定しません。 CTIOS スーパバイザ デスクトップ ログから、CTIOS エージェントデスクトップは要求に応答し、このログに示すようにセッションで、実行するために受け入れます:

05/18/04 11:09:47.652  3444  SupervisorSoftphone  CCtiOsSession::OnEvent,
(UniqueObjectID:SilentMonitorManagerObject
       MessageID:eSilentMonitorStatusReportEvent
       MonitoredUniqueObjectID:agent.5000.65436 DriverID:2
       OriginatingClientID:LT-MARY-S-776-660 OriginatingServerID:ammvicpg01:42028
       SMSessionKey:101 StatusCode:3 TargetCILClientID:KADEMADAPS2-3444-500)

ただし、CTIOS スーパバイザ デスクトップと CTIOS エージェントデスクトップ間に確立されたセッションがありません。 セッションを設定するスーパバイザ デスクトップ試みはしかし接続することができません。

05/18/04 11:10:03.143  3444  SupervisorSoftphone CUDPPort(03DAACD0)::SendData,
 WARNING No default destination
05/18/04 11:10:03.143  3444  SupervisorSoftphone 
CSMDecoderHeartbeatTimer::SendHeartbeat() WARNING Unable to send all bytes inpacket

対応する CTIOS クライアント ログを検査して下さい。 ここに示されているように壊れるシーケンスを記録して下さい:

  1. CTIOS エージェントデスクトップは招待を受け取ります:

    05/19/04 16:32:08.372  2120  CTIOSSoftphone 
    CSilentMonitorManager::OnSilentMonitorStartRequestedEvent, (PeripheralID:5000
          AgentID:65436 UniqueObjectID:SilentMonitorManagerObject
          MessageID:eSilentMonitorStartRequestedEvent HeartBeatInterval:5
          MonitoringHostName:(null) HeartbeatTimeout:15
          MonitoringIPAddress:10.82.32.242 MonitoringIPPort:8500
          OriginatingClientID:KADEMADAPS2-3980-900 SMSessionKey:101)
  2. CTIOS エージェントデスクトップは無声モニタ セッションを受け入れ、開始します:

    05/19/04 16:32:08.382  2120  CTIOSSoftphone 
    CSilentMonitorManager::AcceptSilentMonitoring, (PeripheralID:5000
          AgentID:65436 UniqueObjectID:SilentMonitorManagerObject
          MessageID:eSilentMonitorStartRequestedEvent HeartBeatInterval:5
          MonitoringHostName:(null) HeartbeatTimeout:15
          MonitoringIPAddress:10.82.32.242 MonitoringIPPort:8500
          OriginatingClientID:KADEMADAPS2-3980-900 SMSessionKey:101)
  3. CTIOS エージェントデスクトップは UDP ポート 8500 上の CTIOS スーパバイザ デスクトップにオーディオを送信 します:

    05/19/04 16:32:08.382  2120  CTIOSSoftphone
      CSMSniffer::StartAudioSending
    (10.82.32.242,8500,101,5,15)
  4. UDP セッションは、ハートビート 開始開始します:

    05/19/04 16:32:08.382  2120  CTIOSSoftphone
      CSMSnifferHeartbeatTimer::StartSession
    (101,5,15)
  5. CTIOS エージェントデスクトップは CTIOS スーパバイザ デスクトップに確認応答を送信します:

    05/19/04 16:32:08.412  2120  CTIOSSoftphone 
    CSilentMonitorManager::ReportSilentMonitorStatus, Session Key(101), 
    Silent monitor started
    05/19/04 16:32:08.412  2120  CTIOSSoftphone 
    CCtiOsSession::MakeRequest(eReportSilentMonitorStatusRequest)
    05/19/04 16:32:08.412  2120  CTIOSSoftphone  CCtiOsSession::MakeRequest:
    (UniqueObjectID:agent.5000.65436 SMSessionKey:101 StatusCode:3)
  6. CTIOS エージェントデスクトップは IP Phone がまだ VOIPトラフィックを受信するかどうか確認します:

    05/19/04 16:32:14.181  2120  CTIOSSoftphone
      CSMSniffer::CheckForRTPStreamTimeout(101)
    05/19/04 16:32:20.209  2120  CTIOSSoftphone
      CSMSniffer::CheckForRTPStreamTimeout(101)
  7. セッションは UDP セッション上のスーパバイザ デコーダ オブジェクトのために確立される接続がないので終わります:

    05/19/04 16:32:24.235  2120  CTIOSSoftphone
      CSMSnifferHeartbeatTimer::NotifySessionDisconnected (5)
    05/19/04 16:32:24.235  2120  CTIOSSoftphone
      CSMSniffer::OnSessionDisconnected(101,5)
    05/19/04 16:32:24.235  2120  CTIOSSoftphone
      CSMSniffer::StopAudioSending (101)
    05/19/04 16:32:24.235  2120  CTIOSSoftphone
      CSMSnifferHeartbeatTimer::StopSession (101)

CTIOS スーパバイザ デスクトップとエージェントデスクトップ間のトラフィックをトレースするのにパケットアナライザを使用して下さい。 この場合、CTIOS スーパバイザとエージェントデスクトップ間にトラフィックは UDP ポート 8500 を通ってありません。

解決策 1

この問題のためのいくつかの考えられる原因はここにあります:

  • ルータまたはスイッチのアクセス リストは UDP ポート 8500 をブロックします。

  • ファイアウォールは UDP ポート 8500 をフィルタリングします。

  • イーサネット(NIC)カードは不完全です。

  • イーサネット(NIC)ドライバに問題があります。

無音モニタリングをサポートする Intel ネットワークドライバのための既知 ドライバ問題があります。 デフォルトで、Intel アダプタは VLAN タグを除去し、次にスタックの上のタグを渡します。 タグを見る必要がある場合これらのドライババージョン(またはそれ以降)の 1 つを使用して下さい:

  • PRO/100 6.x か 7.x ベース ドライバ

  • PRO/1000 7.2.17.803 (明白な 7.2.17 にこの機能がありません)

問題 2

このアプリケーションエラーは v6.0 から v7.0(0) へ Siebel (CTIOS クライアント)のための Cisco ドライバをアップグレードすることを試みるとき現われます。

ctios-silent-monitor-01.gif

解決策 2

この問題はインストール ディレクトリ の 位置をディフォルトすること当然を間違っています上げます。

これがデフォルト インストール ディレクトリであることを確認して下さい: C:\Program Files\Cisco システム\ CTIOS クライアント\ Siebel ドライバ


関連情報


Document ID: 52558