IBM テクノロジー : データリンク スイッチング(DLSw)および データリンク スイッチング プラス(DLSw+)

SDLC 間の DLSw 設定例

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、同期データ リンク制御(SDLC)/SDLC 接続の DLSw のピアのいずれかの端のシリアル インターフェイス上でデータ リンク スイッチング(DLSw)を設定する場合の設定例を紹介します。

はじめに

要件

この設定を開始する前に、次の要件が満たされていることを確認してください。

  • ルータが IBM 機能セットを実行していること。

  • DLSw ピアが設定されていること。

  • 接続の両端が SDLC をサポートするシリアル インターフェイスであること。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のハードウェアやソフトウェアのバージョンに限定されるものではありません。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

設定

この項では、このドキュメントで説明する機能の設定に必要な情報を提供します。

ネットワーク図

このドキュメントでは、次のネットワーク構成を使用しています。

/image/gif/paws/51929/51929.gif

設定

このドキュメントでは、次の設定を使用します。

  • PU 2.0 接続

  • PU 2.1 接続

PU 2.0 接続
Router A

dlsw local-peer peer-id 1.1.1.1
dlsw remote-peer 0 tcp 1.1.1.2

int s 0
interface Serial2/0
 no ip address
 encapsulation sdlc
 no keepalive
 serial restart-delay 0
 sdlc role secondary
 sdlc vmac 4000.1000.0000
 sdlc address C1
 sdlc partner 4000.2000.00c1 C1
 sdlc dlsw default

Router B

dlsw local-peer peer-id 1.1.1.2
dlsw remote-peer 0 tcp 1.1.1.1

interface Serial2/0
 no ip address
 encapsulation sdlc
 no keepalive
 serial restart-delay 0
 sdlc role primary
 sdlc vmac 4000.2000.0000
 sdlc address C1
 sdlc partner 4000.1000.00c1 C1
 sdlc dlsw default

PU 2.1 接続
Router A

dlsw local-peer peer-id 1.1.1.1
dlsw remote-peer 0 tcp 1.1.1.2

int s 0
interface Serial2/0
 no ip address
 encapsulation sdlc
 no keepalive
 serial restart-delay 0
 sdlc role secondary
 sdlc vmac 4000.1000.0000
 sdlc address C1 xid-passthru
 sdlc partner 4000.2000.00c1 C1
 sdlc dlsw default

Router B

dlsw local-peer peer-id 1.1.1.2
dlsw remote-peer 0 tcp 1.1.1.1

interface Serial2/0
 no ip address
 encapsulation sdlc
 no keepalive
 serial restart-delay 0
 sdlc role none
 sdlc vmac 4000.2000.0000
 sdlc address C1
 sdlc partner 4000.1000.00c1 C1
 sdlc dlsw default

確認

このセクションでは、設定が正常に動作しているかどうかを確認する際に役立つ情報を提供しています。

  • show dlsw peer:ピアの状態を表示します。

  • show dlsw reachability:ローカルおよびリモート MAC アドレスの状態を表示します。

  • show dlsw circuit:回路の状態を表示します。

  • show int serial x/x:インターフェイスの状態を表示します。

トラブルシューティング

ここでは、設定のトラブルシューティングに役立つ情報について説明します。


関連情報


Document ID: 51929