ビデオ : Cisco Unified MeetingPlace Web 会議

MeetingPlace Web MPWEB SQL データベースのバックアップ

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、MPWEB 構造化照会言語(SQL)データベースをバックアップする手順を説明します。

注: この資料では、「SQL サーバ」は Components Used セクションで述べられる Microsoft SQL Server または Microsoft デスクトップ エンジン(MSDE)のバージョンを示します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco Unified MeetingPlace Web バージョン 4.2.5 および それ 以降

  • MSDE バージョン 1.0 および 2000

  • Microsoft SQL Server バージョン 7.0 および 2000

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

データベースのバックアップをとる

次の手順を実行します。

  1. バックアップコピーを作成するために(たとえば、毎日バックアップ手順の一部として) MPWEB データベースをエクスポートしたいと思えば、Cisco Unified MeetingPlace Web を停止する必要がありません。 Cisco Unified MeetingPlace Web が動作している間データベースの「熱い」エクスポートをすることができます。 この場合、ステップ 3.に直接進んで下さい。 目標が MPWEB データベースをエクスポートすること従ってこの Cisco Unified MeetingPlace Webサーバのためのオペレーションを継続するために別の SQL サーバでインポートすることができたらステップ 2.に進んで下さい。

  2. Cisco Unified MeetingPlace Webサーバの管理者としてログイン。 Cisco Unified MeetingPlace Web バージョン 4.2.5 および 4.2.7 に関しては、すべての Cisco Unified MeetingPlace Web サービスおよび WWW 配信 サービスを停止して下さい。 Cisco Unified MeetingPlace Web バージョン 4.3.0.x に関しては、停止するために MeetingPlace Web サービスおよび WWW 配信 サービス全員のための MeetingPlace Web 会議サービスおよび待ち時間を停止して下さい。

  3. MPWEB データベースをホストする SQL サーバが Cisco Unified MeetingPlace Webサーバで動作する場合、次 の ステップに進んで下さい。 MPWEB データベースをホストする SQL サーバが別途の(リモート) Windows サーバで動作する場合、それにその Windows サーバおよびログインを見つけて下さい。 その Windows サーバにログインできない場合、あらゆる Windowsベース の ワークステーションにログインか SQL サーバ クライアント ツールの有効なインストールが、osql コマンドを含んである、従って SQL サーバにリモートで接続できますネットワークのサーバを必要とします。

  4. cmd コマンドを Start > Run の順に進み、コマンド プロンプトにアクセスするために発行して下さい。

  5. ここに示されているように sa アカウントおよび適切なパスワードで osql コマンドの発行によって SQL サーバに、接続して下さい:

    C:> osql -U sa -S server_name
    
    Password: password
    1>
    

    注: SQL サーバがローカルで動作する場合、- S server_name オプションを省略できます。 引数 server_name は Windows サーバ名前を意味します。

    注: データベースをバックアップするのに必要な特権がある sa としてこの SQL サーバに接続したらことができない場合アカウントを使用して接続して下さい。

  6. データベースをにエクスポートするために完全修飾パスおよびファイル名を選択して下さい(例で、C:\temp\mpweb.dat は使用されます)。 SQL サーバにリモートワークステーションまたはサーバの osql の実行によって接続される場合、このパスが SQL サーバをホストするローカル ワークステーションの Windows サーバで有効、ないである必要があることを覚えて下さい。 これらのコマンドの発行によってデータベースをエクスポートして下さい:

    1> backup database MPWEB to disk = 'C:\temp\mpweb.dat'
    2> go
    
    Review informational messages to confirm that the operation was successful:
    
    Processed 616 pages for database 'MPWEB', file 'MPWEBData' on file 1.
    Processed 3 pages for database 'MPWEB', file 'MPWEBLog' on file 1.
    BACKUP DATABASE successfully processed 619 pages in 1.709 seconds (2.962 MB/sec)
  7. Cisco Unified MeetingPlace Web 4.3.0.x がインストールされている場合、バックアップする必要がある秒スレーブ MPWEB データベースがあります。 1 つのインストールから別のものに変わるその名前は一連のディジットが含まれています。 SQL サーバのスレーブ データベース名を判別するためにこのコマンドを発行して下さい:

    1> select name from sysdatabases where name like 'MPWEB%'
    2> go
    ---------------------------------------------------
    name                
    [char              ]
    --------------------
    MPWEB               
    MPWEB-Slave-37102728
    

    この例では、スレーブ データベースの名前は MPWEB-Slave-37102728 です。 上記のステップ 6 の手順に従がってこのコマンドの発行によってそれをバックアップして下さい(システムのデータベース名によって使用されるディジットと xxxxxxxx を取り替えて下さい):

    1> backup database [MPWEB-Slave-xxxxxxxx] to disk = 'C:\temp\mpweb-slave-xxxxxxxx.dat'
    2> go
    
  8. osql を終了する exit コマンドを発行して下さい。

  9. エクスポート ファイル mpweb.dat (および別のサーバまたはテープのような安全な位置の mpweb スレーブ xxxxxxxx を必要ならば)、保存して下さい。

    注: このバックアップ ファイルは SQL サーバの以前のバージョンに復元することができません。 たとえば、MSDE 2000 のこのバックアップ ファイルを作成したら、SQL サーバ 7 か MSDE 1.0 サーバでそれをインポートできません Sql server 2000 でそれまたはインストールされる同等かより高いサービスパックとの MSDE 2000 サーバを復元することができます。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 50982