音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco PGW 2200 ソフトスイッチ

テクニカル サポート サービス リクエストのための HSI データ収集

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

Cisco テクニカル サポートでサービス要求をオープンする場合は、問題を識別し、限定するために、いくつかの予備情報が必要です。 この情報の一部は常に必要です。 その他の情報要件は、問題の性質によって異なります。 サービス要求をオープンし、エンジニアがサービス要求について質問するまで、この情報を収集するのを待った場合、解決に遅延が生じるのは避けられません。

従って、この資料の第一の目標はそれがエンジニアにすぐに提供することができるように問題の種類に基づいて必須予備情報を、識別することです。 この資料の第2の目標は Cisco テクニカル サポートのための情報を収集するとき続くように、同一 の データの反復的なテストおよび記憶を避けるために一般指標を与えることです。

この資料は Cisco H.323 シグナル インターフェイス(彼の)システムにおよび Cisco PGW 2200 サポートする Ciscoカスタマー向けに意図されています(以前 SC 2200 および VSC 3000、または Cisco テレフォニー コントローラ、または Media Gateway Controller と呼ばれる)基づいて音声シグナリング ソリューションを。

前提条件

要件

このドキュメントの読者は次のトピックについて理解している必要があります。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は H.323 シグナル インターフェイス(バージョン 2.x または それ 以上)および PGW Media Gateway Controller (9)バージョンに基づいています。

表記法

この資料で示されているコマンドはコマンドが実行する必要があるアプリケーション 環境の示す値を与えるこれらのプロンプトの 1 つによって前に付けられてようであるかもしれません:

プロンプト 環境
% UNIX csh シェル プロンプト。 これはログオンの後に mgcusr UNIX アカウントのためのデフォルト Command Line Interface (CLI)プロンプトです。
# UNIX ルート レベル シェル プロンプト。 これはルート ユーザ向けのデフォルト CLI プロンプトです。 そこに着く su unix コマンドを発行して下さい。
mml> マン-マシン言語 (MML) アプリケーション プロンプト。 そこに着く csh シェル プロンプトからの MML コマンドを発行して下さい。

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

標準的な必要情報

すべての彼の関連の問題に関しては、この標準情報は Cisco テクニカル サポートに常にすぐに提供する必要があります:

  1. 問題の説明
  2. 概要
  3. 彼のシステム情報
  4. 彼の現在のコンフィギュレーション

問題仕様情報

問題の性質によっては、その他の情報は必要であるかもしれません。 この資料はこれらの問題のタイプを考慮します:

コール関係問題

この情報は問題がによってコールを彼の含む場合提供する必要があります:

  1. 標準的な必要情報
  2. 彼の UNIX スヌープ トレース
  3. 彼のアプリケーション トレース

彼の PGW と密接に相互に作用するので、この情報は PGW で同様に収集する必要があります:

  1. PGW Cisco スヌーパ(PTC-MT)トレース
  2. PGW システム情報
  3. PGW 現在のコンフィギュレーション
  4. PGW (MDL)呼トレース

彼の Cisco IOS に話せばか。 ソフトウェア H.323 エンドポイントは、この情報集める必要があります:

  1. H.323 エンドポイント システム情報
  2. H.323 エンドポイント debug コマンド ouput

注: 要求されたトレースおよびデバッグは同時におよび同じコールのために収集する必要があります! これは異なるコンポーネント間のイベントの相関を簡素化します。 そうする失敗はテクニカルサポート エンジニアに新しい、重複した情報要求という結果に終るかもしれないし、当然ために解決の遅延に導いて下さい。

彼のアプリケーション コアダンプ

この情報は彼のアプリケーションがコアダンプに苦しむ場合提供する必要があります:

  1. 標準的な必要情報
  2. 彼のコア ファイル
  3. pstack および pmap コマンド 出力

ファイルの添付の準備

ファイルをサービス リクエストまたはテクニカルサポート エンジニアに入るために準備するとき(およびバンドル)あらかじめファイルを圧縮することを試みる必要があります。

このタスクを簡約化するために、関連したファイルをコピーするため一時サブディレクトリを作成して下さい。 たとえば、ciscotac と呼ばれる一時サブディレクトリを作るために mkdir /var/tmp/ciscotac コマンドを発行して下さい。 それから、ファイルを圧縮するのにこれらのメソッドの 1 つを使用して下さい:

  • 一緒に圧縮されるすべてのファイル:

    % cd /var/tmp/ciscotac
    
    % tar cf - . | compress > ../files4tac.tar.Z
    
    !--- This method creates one archive file in the parent directory
    !--- (so that tar fdoes not archive its own archive) that contains
    !--- all of the files from /var/tmp/ciscotac.
    !--- If you have gzip installed, you may replace compress with gzip.
    
    
  • それぞれ圧縮される各ファイル:

    % cd /var/tmp/ciscotac
    
    % compress *
    
    !--- If you issue compress (or gzip) by itself, it compresses and
    !--- replace each file individually, instead of creating a single
    !--- archive file. This is useful if the previous method would result
    !--- in an archive file that is too large to upload.
    !--- For core dump files, always use this method.
    
    

公文書ファイルかファイルがテクニカルサポート エンジニアに提供されたら、ファイル システムからそれら(およびテンポラリディレクトリを)取除いて下さい。

情報 詳細

このセクションは収集されるべき情報についての仕様および詳細な手順を提供します。

問題の説明

それのステップバイステップ詳細を問題が発生するときユーザが行う操作提供します。 詳細な情報はまたこれらの項目を含む必要があります:

  • 予期された動作

  • 詳しい観測 された 挙動

  • 問題がコールを含めば:

    • 呼出すことおよび着番号およびコール シナリオに関連するかもしれない他の数

    • コールの方向(起き、終端コール通知プロトコルを確認して下さい。 次に、例を示します。 H.323 への SS7。)

  • 見られるエラーメッセージのコピー アンド ペーストされたコンテンツ

  • 問題は再生可能ですか。

  • 問題の周波数とは何か。

  • コールの方向、使用するソフトウェア リリース、コンポーネントまたは何か他のものに基づく動作変更はか。 すなわち、変数の異なるセットを使用するとき正しくはたらくと知られている同じ機能性はありますか。

一般情報

この概要を提供します:

  • 含まれるすべてのコンポーネントの製品ハードウェア および ソフトウェア リリース 識別。

  • トポロジー。 これはグラフィカルまたは書かれていて、少なくともコール パスおよび IP アドレスに関連するコンポーネントを含む必要があります。

  • ネットワーク配置ステータス:

    • これは新しいインストールありますか。

    • これはラボ(テスト)環境ありますか。

    • これは実稼働 ネットワークありますか。 そう:

      • 最初の発生はいつ問題のありましたか。

      • どんな最近の変更をコンポーネントに作られて含みましたか。

彼のシステム情報

これらの MML コマンドから出力を集めて下さい:

mml> rtrv-ne

mml> rtrv-ne-health

彼のパッチ レベルを見るこの Unix コマンドを発行して下さい:

% ls /opt/GoldWing/currentPM/bin/*main*

彼の現在のコンフィギュレーション

このテキストファイルは彼の現在のコンフィギュレーション含まれています:

/opt/GoldWing/currentPM/var/prov/active_config/session.dat

また、現在のコンフィギュレーションをキャプチャ する rtrv 構成 MML コマンドを発行できます。

彼の UNIX スヌープ トレース

スヌープはパケット スニッファー ツールです規格 Solaris によって組み込まれる来る。

ルートとして、テスト コールをする前にこのコマンドを発行して下さい:

snoop -d interface -o fail.snoop

!--- interface is the relevant interface name and fail.snoop is
!--- the file name of the trace file that you want to write.

この場合、テスト コールをして下さい。 パケットカウントが上がるのを見るはずです。 コールを終了した後 Ctrl+C を押して下さい。

サービス リクエストまたはテクニカルサポート エンジニアに fail.snoop ファイルを入れて下さい(PreparingFile 添付ファイルを参照して下さい)。

ヒント: /sbin/ifconfig を-インターフェイス名について不確実である場合コマンド発行して下さい。

彼のアプリケーション トレース

ファイルにアプリケーション トレースをキャプチャ するためにこのプロシージャに従って下さい。

  1. MML によってロギングを有効に して下さい:

    mml> set-log:eisup:level=0xffff
    
    mml> set-log:callcontrol:level=0xffff
    
    mml> set-log:h323:level=0xffff
    
    mml> radlog::start
    
    mml> quit
    
  2. テスト前に platform.log ファイルを空にして下さい:

    % cd /opt/GoldWing/currentPM/var/log
    
    % log_erase
    
    !--- This command purges the platform.log file. Source the
    !--- /opt/GoldWing/currentPM/local/setup.gw.csh file, if this
    !--- command is not recognized.
    
    
  3. テスト コールをして下さい。

  4. 終了したら、platform.log ファイルのコピーを保存し、ロギングをディセーブルにして下さい:

    % cp platform.log fail.log
    
    mml> set-log:all:level=0x0000
    
    mml> radlog::stop
    
    mml> quit
    
  5. サービス リクエストまたはテクニカルサポート エンジニアに fail.log ファイルを入れて下さい(ファイルの添付を準備することを参照して下さい)。

PGW Cisco スヌーパ(PTC-MT)トレース

Cisco スヌーパは Cisco 内部 パケット スニッファー ツールです。 PTC-MT は盗聴者の商業化されたバージョンです。

ASCII 形式のトレースを得るために、PGW のこれらのコマンドを発行して下さい:

# cd snooper_directory


# ./snooper int interface_x ss7 nosnts mgcp noauep eisup detail hex >
  fail_interface_x.snooper &

!--- This command must be issued on one line.
!--- Issue this command for every redundant interface (interface_x)
!--- in the PGW. fail_interface_x.snooper is the file name of the
!--- ASCII trace file that you want to write.

また、バイナリ形式のトレースを得るために、これらのコマンドを発行して下さい:

# cd snooper_directory


# ./snooper int interface_x file fail_interface_x.snooper & 

!--- Issue this command for every redundant interface (interface_x)
!--- in the PGW. fail_interface_x.snooper is the file name of the
!--- binary trace file that you want to write.

テスト コールをキャプチャ したら、盗聴者プロセスを強制終了することを忘れないで下さい。

サービス リクエストまたはテクニカルサポート エンジニアに fail_interface_x.snooper ファイルかファイルを入れて下さい(PreparingFile 添付ファイルを参照して下さい)。

注:

  • seedfile.txt ファイルが正しく設定されることを確かめて下さい!

  • バイナリ トレースを収集することを選択する場合 seedfile.txt ファイルを同様に転送することを忘れないで下さい。

  • 盗聴者の代りに PTC-MT を使用している場合、前のコマンドの盗聴者を ptcmt と取り替え、nomtmnosnts を取り替えて下さい。

  • インストールされる盗聴者か PTC-MT がない場合 UNIX スヌープ ツールを代りに使用して下さい。

Cisco PGW システム情報

これらの MML コマンドから出力を集めて下さい:

mml> rtrv-ne

mml> rtrv-ne-health

この Unix shell コマンドはインストール済み MGC パッチを表示する:

% pkginfo -i | grep CSC

PGW 現在のコンフィギュレーション

この MML コマンドは PGW の現在のコンフィギュレーションをエクスポートします:

mml> prov-exp:all:dirname="directory-name"

そのコマンドに起因するファイルすべては /opt/CiscoMGC/etc/cust_specific/ ディレクトリ 名 ディレクトリで保存されます。

サービス リクエストまたはテクニカルサポート エンジニアにファイルを入れて下さい(ファイルの添付を準備することを参照して下さい)。

PGW (MDL)呼トレース

MDL 呼トレースはできるだけ簡潔に実行する必要があります。 これはシステムパフォーマンスの可能性のある影響をできるだけ低い保存します; そしてそれはまた関連したコールだけにトレースの呼び出しの数を、できるだけ、制限します。 トレースの複数のコールは関連したコールを見つけるためにより複雑になるそれを作るので、好ましくないです。

  1. 呼トレースを開始して下さい:

    mml> sta-sc-trc:sig-path:confirm
    
    !--- sig-path is the call’s incoming signaling path.
    
    

    注: rtrv dest: SIG パスを判別するすべてのコマンド。

  2. テスト コールをして下さい。

  3. 呼トレースを停止して下さい:

    mml> stp-sc-trc:all
    
    !--- Note the BTR file name that is displayed at this point.
    
    mml> quit
    
  4. get_trc.sh スクリプトを開始して下さい:

    % cd /opt/CiscoMGC/var/trace
    
    % get_trc.sh filename.btr
    
    !--- filename.btr is the file name that was displayed when you
    !--- stopped the trace.
    
    
  5. 、または id コマンド 複数のコールが N のP 発行によって関連した呼び出しID にに最初にトレース、ナビゲートあれば。

  6. TRC ファイルにこのコールのトレースを、ASCII 形式で、全部書く C コマンドを発行して下さい。

  7. サービス リクエストまたはテクニカルサポート エンジニアに TRC ファイルを入れて下さい(ファイルの添付を準備することを参照して下さい)。

詳細についてはこのプロシージャについて、PGW ドキュメントの Tracing セクションを参照して下さい。

H.323 エンドポイント システム情報

イネーブル モード内から、これらのコマンドの出力を集めて下さい:

show version

show running-config

デバイスがシスコ以外の IOS である場合、同じような情報を得ることを試みて下さい。

H.323 エンドポイント debug コマンド の 出力

システム 負荷がそれを可能にする場合、不良なコールのための debug コマンドの次のリストの出力を集めて下さい。

注: これらの debug コマンドを発行する前に、設定でミリ秒タイムスタンプおよびシーケンス数を有効に してもらうことを確かめて下さい:

service timestamps debug datetime msec

service timestamps log datetime msec

service sequence-numbers
debug cch323 session

debug cch323 h225

debug cch323 h245

debug h225 asn1

debug h225 asn1 errors

debug h225 events

debug h225 q931

debug h245 asn1

debug h245 asn1 errors

debug h245 events

デバイスがシスコ以外の IOS である場合、同じようなデバッグ情報を得ることを試みて下さい。

彼のコア ファイル

彼のアプリケーションがクラッシュする場合、コアダンプはこのファイル名 形式のファイルに書かれています:

/opt/GoldWing/currentPM/bin/core_timestamp

!--- timestamp is in the form YYYYMMDDhhmmss.

サービス リクエストまたはテクニカルサポート エンジニアにそれらを入れる前にコア ファイルかファイルは別々に圧縮する必要があります(ファイルの添付の準備を参照して下さい)。

pstack および pmap コマンド 出力

彼のコア ファイルのためのこれらの Unix コマンドを発行して下さい:

# cd /opt/GoldWing/currentPM/bin

# ls -l core_*

# pstack core_file > core_file.proc

# pmap core_file >> core_file.proc

!--- core_file is the core dump file name that you retrieved
!--- with the ls -l core_* command.

サービス リクエストまたはテクニカルサポート エンジニアに core_file.proc ファイルを入れて下さい(PreparingFile 添付ファイルを参照して下さい)。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 50921