音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

インストール先 PC 上での VT Advantage システムのクラッシュ

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Cisco VT Advantage の使用またはインストール時に、ブルー スクリーン クラッシュが発生した場合の対処方法について説明します。 これらのクラッシュの一部は、Cisco VT Advantage ドライバのソフトウェア バグが原因の場合と、その他のソフトウェア製品の欠陥による場合があります。 このドキュメントは、クラッシュの根本原因の分析に役立つトレース情報の収集に便利です。

前提条件

要件

この ドキュメント を 読む人は PC 関連の問題を解決する方法について詳しく知っている必要があります。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

システム クラッシュをキャプチャ するために PC を設定して下さい

きちんと死(BSOD)のブルー スクリーンをつかまえるために、完全な記憶 ダンプを発行するように PC を設定して下さい。 Cisco Unified Video Advantage インストール プログラムは現在これを自動的にします。 インストールされる Cisco Unified Video Advantage がある場合これらの手順にスキップできます。

  1. My Computer アイコンを右クリックし、Windows XP か 2000 年に記憶 ダンプを設定するために『Properties』 を選択 して下さい。

  2. 現われるウィンドウの Advanced タブをクリックして下さい。

  3. 設定(Windows XP のために)または始動およびリカバリ セクションの始動およびリカバリ(Windows 2000 のために)クリックして下さい。

    始動およびリカバリ ダイアログボックスは現われます。

  4. 書デバッグ情報 ドロップダウン リストのその制御に完全な記憶 ダンプ オプションを選択して下さい(下部のの方に)。

    作成された見つけ、Cisco Unified Video Advantage エラー レポート ツールとそれを表示して下さいコンピュータがクラッシュしたら、memory.dmp ファイルを。 このあなた自身する場合、Windowsディレクトリにナビゲート して下さい(通常 C にある: ドライブは) memory.dmp を見つけ。

    エンドユーザがこの操作を行う場合、Cisco はそれらが Cisco Unified Video Advantage エラー レポート ツールを使用することを推奨します。 これはファイルを大いにより速く見つけることをします。 エラー レポート ツールはファイルを ZIP にし、.zip ファイルでユーザのデスクトップで結果を保存します。

Microsoft デバッガーを使用して下さい

memory.dmp ファイルはクラッシュによってが発生した正確な時点にコンピュータ・メモリの未加工イメージです。 エディタか他のどの慣習的なリソースにもこのファイルをロードできません。 その代り、Microsoft から得ることができる Microsoft の WinDbg デバッガーのコピーを必要とします leavingcisco.com NT 互換性があるツール セットのほとんどの最近のバージョンをダウンロードして下さい。

Windows Me/98 シリーズ ツールを間違えて得ないで下さい。

プログラムをダウンロードした後、コンピュータでプログラムをインストールすることをウィザードを通過して下さい。 それがインストールされていた後のプログラムが「Windows のためのデバッグツール」としてメニューを開始するのを表示できます。

cvta-trblsht-sys-crash-1.gif

デバッガーを設定して下さい

デバッガーを使用できる前に Microsoft のオンライン シンボル サーバーを使用するためにそれをleavingcisco.com 設定する必要があります。 これは非常に単純なプロセスです。 これはステップバイステップ コンフィギュレーション手順です。

  1. > デバッガーを呼び出す Windows > WinDbg のためのデバッグツール 『Start』 を選択 して下さい。

  2. ブランク テキスト フィールドが含まれているダイアログを始動する File メニュー 項目から、『Symbol File Path』 を選択 して下さい。

  3. シンボル ファイルのために記憶域として使用するために計画するディレクトリに参照して下さい。

    この例では、シンボル ファイルはアプリケーションと同じところに「シンボル」と呼ばれる新しいフォルダー自体に置かれます。 新しいフォルダーはまたブラウザー ダイアログから作成されます。 フォルダを作成した、選択する後、ダイアログボックスはこのイメージに類似したのようです。

    cvta-trblsht-sys-crash-2.gif

  4. 同じシンボル検索パス テキストボックスでは、ストリングをわずかに変更する必要があります。

    Microsoft の不可解な用語によって、それの後でパスの前のストリング SRV*、およびストリングを* http://msdl.microsoft.com/download/symbols 入力して下さい。 終了後、テキストボックスはこれに類似したのようです。

    cvta-trblsht-sys-crash-3.gif

  5. これが適切なにあった後、File メニューから『Save Workspace』 を選択 して下さい。

    デバッギングセッションの後でちょうど作成したフォルダで現在のシンボル データのディレクトリを見ることをインストールおよび設定が正常であることを確認するために、確認して下さい。

出力 ファイルをデバッグして下さい

説明されるプロセスを使用してデバッガーを設定しますデバッガーを呼び出して下さい。 メイン ウィンドウに今 memory.dmp ファイルを直接ドラッグできますまたは File メニューからの開いたクラッシュ ダンプ エントリの使用とそれを開いて下さい。 いずれにしても、WinDbg はファイルを開くとき、おそらく Microsoft サーバからシンボル ファイルをダウンロードする必要があります。 15 か 30 第 2 一時停止を経験するかもしれません。 最終的に、これと同じような画面は現われます:

cvta-trblsht-sys-crash-4.gif

この時点で、デバッガーはクラッシュについてのかなりの量の情報があります。 ただし、詳細を収集するために 1 つの追加手順を実行できます。 アセンブル ウィンドウを閉じて下さい。 コマンド ペインでは、これを告げる行があります:

Use !analyze -v to get detailed debugging information.

画面の非常に一番下で敏速な行にこの短いコマンドをカット アンド ペーストして下さい:

cvta-trblsht-sys-crash-5.gif

デバッガーはコマンドを処理し、コマンド ウィンドウのクラッシュの分析を生成 します:

cvta-trblsht-sys-crash-6.gif

データ分析

この時点で、クラッシュがどこに発生したか判別し始めることができます。 デバッガーはエラーがどこに発生した、起こったコンテキスト示すかスタック トレースを印刷し。

コマンド ウィンドウで、実生活テキストはこの分析を問題のもとに与えます:

NO_MORE_IRP_STACK_LOCATIONS (35)
A higher level driver has attempted to call a lower level driver through
the IoCallDriver() interface, but there are no more stack locations in the
packet, hence, the lower level driver would not be able to access its
parameters, as there are no parameters for it

調べて下さいドライバが問題に引き起こした。 この情報はスタック トレースにあります:

STACK_TEXT:  
80473940 b001c5f9 8142c200 000005b2 81eec968 nt!IopfCallDriver+0x1d
WARNING: Stack unwind information not available. Following frames may be wrong.
80473958 b001baf1 81eec968 00000000 00000000 Cpmt+0x345f9
804739a4 b0015683 81e3a328 81e3a0e0 80473b40 Cpmt+0x33af1
804739c0 b0015485 81e3b6a4 81e3a0e0 80000205 Cpmt+0x2d683
804739f0 b0015408 00000000 80473a50 00000000 Cpmt+0x2d485
80473a14 b000b4d9 81e3a0e0 3f2943c8 01c41dd5 Cpmt+0x2d408
80473b24 80431f81 8046f930 8046fbc0 ffdff000 Cpmt+0x234d9
80473b50 80464bd4 80482840 00000000 0014741e nt!KiTimerExpiration+0xb4
80473b64 80464b6f 0000000e 00000000 00000000 nt!KiRetireDpcList+0x30
80473b6c 00000000 00000000 00000000 00000000 nt!KiIdleLoop+0x26

これはエラーがコードによって CPMT ドライバで深い少なくとも 5 機能呼出された NT 内部ルーチンで発生したことを示します。 CPMT ドライバは Cisco ドライバです。 この時点でこのダンプするがより多くの分析のための Cisco テクニカル サポートに行く必要があることは可能性のあるです。

このリストは Cisco Unified Video Advantage と出荷するドライバの名前を表記します:

  • Cpmt — Ciscoメディア終了 ドライバ。

  • CamDrC21.sys — Windows XP のための USB カメラ ドライバ。

  • CamDrC20.sys — Windows 2000 のための USB カメラ ドライバ。

  • CamUsC20.sys — Windows 2000 のための USB カメラ ドライバ。

  • CdpPacketWdmCvl.sys — CDPパケット ドライバ。

の BSOD からのスタック トレースのこれらの名前表示される場合、Cisco Unified Video Advantage がクラッシュに関連する可能性が高いといえます。 Cisco ドライバのうちのどれも見ない場合、考えられる 原因として他のドライバを検知 し始めることができます。

Cisco Unified Video Advantage が PC クラッシュのために間違っていないトレースの例

多くの場合 Cisco Unified Video Advantage を使用する間、PC がクラッシュするとき、Cisco製品はクラッシュに対する責任の解除されます。 これは Cisco Unified Video Advantage が PC でインストールされたクラッシュの後で BSOD 記憶 ダンプから引き出されたスタック トレースの例です:

STACK_TEXT:  
WARNING: Stack unwind information not available. Following frames may be wrong.
804739f0 bfd7539b 80473a74 00000000 8204e0d8 SynTP+0x630c
80473a98 bfd74d9c 00000001 8204ee50 00000002 SynTP+0x539b
80473ab8 bfd84a42 00000001 0000003d 81fdb000 SynTP+0x4d9c
80473ad8 bfd85755 846db868 846db880 80473b48 SynTP+0x14a42
80473aec eb49715c 81fdb000 846db868 846db880 SynTP+0x15755
80473b50 80464bd4 8204e210 8204e001 00000000 i8042prt!I8xMouseQueryWmiDataBlock+0x80
80473b64 80464b6f 0000000e 00000000 00000000 nt!KiRetireDpcList+0x30
80473b6c 00000000 00000000 00000000 00000000 nt!KiIdleLoop+0x26

CPU が(ドライバに深く複数の関数呼出し呼ばれるタッチパッド ドライバである) SynTP であることがわかります。 コマンド ウィンドウの追加ラインのほんの僅か分析と結合されて、結論はこのドライバが不具合が可能性がある問題を引き起こされたものであるあることであり。

どのようにこれを確認しますか。

このリストは Cisco Unified Video Advantage と出荷するドライバの名前を表記します:

  • Cpmt — Ciscoメディア終了 ドライバ。

  • CamDrC21.sys — Windows XP のための USB カメラ ドライバ。

  • CamDrC20.sys — Windows 2000 のための USB カメラ ドライバ。

  • CamUsC20.sys — Windows 2000 のための USB カメラ ドライバ。

  • CdpPacketWdmCvl.sys — CDPパケット ドライバ。

の BSOD からのスタック トレースのこれらの名前表示される場合、Cisco ドライバがクラッシュに関連した可能性が高いといえます。 Cisco ドライバのうちのどれも見ない場合、その他のソフトウェア プログラムを検知 し始めることができます。

クラッシュを解決するのにデータを使用して下さい

1 つの例では、ユーザは Cisco Unified Video Advantage が動作する間、それらがつなぐ度に BSOD クラッシュを受け取ります。 クラッシュ出力を調べた後、ファイルを検知 し、クラッシュが PC のネットワーク カードのためのドライバで起こることを指摘できます。 Cisco ドライバが使用中インストールされ、なら、ランタイム環境は変更します。 また Cisco ドライバはメモリを割り当てま、リソースの CPUタイム スライスおよび他の多くの型を奪取 します。 他のドライバはイベントに応答するとき希望する、または遅延がありますと突然同様に多くのメモリを割り当てることができないことが分ることができます。 これはシステム クラッシュという結果に終る場合があります。 ほとんどのドライバはリソースのこの再配分を処理するには十分に強いはずです。

失敗が他の開発元 製品のドライバである判別される場合ベンダーの Webサイトに行き、最新のドライバをダウンロードして下さい。 多くの場合これのように固定されますベンダー Webサイトで利用可能であるパッチと発行します。


関連情報


Document ID: 50842