Cisco インターフェイスとモジュール : Cisco コンテンツ スイッチング モジュール

コンテント スイッチング モジュールでの透過キャッシングの設定例

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Cisco Cache Engine およびコンテンツ スイッチング モジュール(CSM)を使用する透過キャッシングの設定例を紹介します。 透過キャッシングとは、Web ブラウザからのトラフィックを透過的にインターセプトし、以前キャッシュされていた内容を取得するためにキャッシュ デバイスにリダイレクトするために使用される技術です。

トランスペアレント キャッシングをするもう一つの方式は Web キャッシュ通信プロトコル(WCCP)です。 WCCP 上のトランスペアレント キャッシングの長所はことクライアントが要求する URL の CSM 外観、トラフィックがキャッシュに送信 されるかどうか決定します。 gif または jpeg イメージのような静的ファイルのための要求はキャッシュから動的ページ(スクリプトの結果)はへからキャッシュ行かないで直接サーバ取得されるが、取得されます。

はじめに

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のハードウェアとソフトウェアのバージョンに基づくものです。

  • CSM バージョン 3.x

  • アプリケーション Content Networking Software (ACNS)バージョン 5.1

表記法

ドキュメントの表記法の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

設定

この項では、このドキュメントで説明する機能の設定に必要な情報を提供します。

ネットワーク構成図

このドキュメントでは次の図に示すネットワーク構成を使用しています。

/image/gif/paws/50381/csm_transparent_caching.jpg

設定

このドキュメントでは次の設定を使用しています。


module ContentSwitchingModule 4 
 vlan 501 server
  ip address 192.168.30.97 255.255.254.0
!
 vlan 499 client
  ip address 192.168.10.97 255.255.254.0
  gateway 192.168.10.1
!
 vlan 500 server
  ip address 192.168.20.97 255.255.254.0
!
 serverfarm CACHES
  no nat server 


!--- This is a transparent redirect; do not change the destination IP address.

  
no nat client
  predictor hash url


!--- Use URL hashing to make sure the request for a specific URL always goes to the same server.

  
real 192.168.30.200
   inservice
  real 192.168.30.201
   inservice
!
 
serverfarm FORWARD
  no nat server 
  no nat client
  predictor forward


!--- This serverfarm tells the CSM not to load balance.
!--- The CSM instead uses its routing table to forward the traffic.

!

map CACHEABLE url


!--- In this example, you want to only redirect requests for certain  file types.
!--- This is not mandatory.
!--- You can also adjust this to something more realistic.

  
match protocol http url *.html
  match protocol http url *.gif
  match protocol http url *.jpg
  match protocol http url *.exe
  match protocol http url *.zip
!   
 
policy CACHEABLE


!--- The policy is the way to link the map with a serverfarm.

  
url-map CACHEABLE
  serverfarm CACHES
!
 
vserver FROMCACHE


!--- This rule is for traffic originating from the caches (when they have 
!--- to retrieve content from the origin server).

  
virtual 0.0.0.0 0.0.0.0 any
  vlan 501


!--- The VLAN command guarantees that you limit this vserver to the cache VLAN.

  
serverfarm FORWARD


!--- Use the serverfarm FORWARD command to disable load balancing for this traffic.
!--- In this example, you need forward requests from the caches to the origin server.
!--- You could, however, load balance this traffic to a series of Web servers, that is,
!--- when doing reverse proxy caching.

  
persistent rebalance
  inservice
!
 
vserver INTERCEPT


!---- This is the rule to transparently redirect requests from the client to the caches.

  
virtual 0.0.0.0 0.0.0.0 tcp www
  vlan 499
  serverfarm FORWARD


!--- The default action is forward; no load balancing.
!--- This is for requests that do not match the policy.

  
persistent rebalance
  slb-policy CACHEABLE


!--- Traffic matching the policy is load balanced to the caches.

  
inservice
!
 
vserver NONHTTP


!--- Non-HTTP traffic from the clients is forwarded.

  
virtual 0.0.0.0 0.0.0.0 any
  vlan 499
  serverfarm FORWARD
  persistent rebalance
  inservice
!

確認

このセクションでは、設定が正常に動作しているかどうかを確認する際に役立つ情報を提供しています。

  • show mod csm X vserver ネーム ネーム詳細

  • show mod csm X conns 詳細

EOMER#show mod csm 4 vser name intercept det
INTERCEPT, type = SLB, state = OPERATIONAL, v_index = 22
  virtual = 0.0.0.0/0:80 bidir, TCP, service = NONE, advertise = FALSE
  idle = 3600, replicate csrp = none, vlan = 499, pending = 30, layer 4
  max parse len = 2000, persist rebalance = TRUE
  ssl sticky offset = 0, length = 32
  conns = 0, total conns = 3
  Default policy:
    server farm = FORWARD, backup = <not assigned>
    sticky: timer = 0, subnet = 0.0.0.0, group id = 0
  Policy          Tot matches  Client pkts  Server pkts
  -----------------------------------------------------
  CACHEABLE       2            410          926          
  (default)       5            20           17          

トラフィックがポリシー(キャッシュにリダイレクトされるトラフィック)と一致したこと、またはトラフィックが転送されたら確認して下さい(デフォルトポリシーの一致)。

EOMER#show mod csm 4 conn det

    prot vlan source                destination           state       
----------------------------------------------------------------------
In  ICMP 499  192.168.11.41         192.168.21.4          ESTAB       
Out ICMP 500  192.168.21.4          192.168.11.41         ESTAB       
    vs = NONHTTP, ftp = No, csrp = False

In  ICMP 501  192.168.10.107        10.48.66.102          ESTAB       
Out ICMP 499  10.48.66.102          192.168.10.107        ESTAB       
    vs = FROMCACHE, ftp = No, csrp = False

In  TCP  499  192.168.11.41:4402    192.168.21.4:80       REQ_WAIT    
Out TCP  501  192.168.21.4:80       192.168.11.41:4402    REQ_WAIT    
    vs = INTERCEPT, ftp = No, csrp = False

In  TCP  501  192.168.11.41:32784   192.168.21.4:80       ESTAB       
Out TCP  500  192.168.21.4:80       192.168.11.41:32784   ESTAB       
    vs = FROMCACHE, ftp = No, csrp = False

キャッシュは IPスプーフィングのために設定されました。 そこにそれの上の出力でですクライアント 192.168.11.41 からの VLAN 499 で見られるサーバ 192.168.21.4 への接続および VLAN 501 で見られる同じような接続見ることができます。 最初の 1 つはキャッシュにリダイレクトされたクライアントからの実際の接続です(出口 VLAN は 501)あり、第 2 1 は起源 サーバへのキャッシュ(スプーフィング クライアントIPアドレス)からの接続です。

トラブルシューティング

ここでは、設定のトラブルシューティングに役立つ情報について説明します。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 50381