音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

VT Advantage: トレースを使用したビデオ問題のトラブルシューティング

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

最初のトラブルシューティングの試みが失敗した場合、トレースを使用する必要があります。 これで、Cisco VT Advantage で障害が発生したコンポーネントを分析することができます。 このドキュメントでは、Cisco VT Advantage のトレース ツールの使用方法、およびトレースの内容について説明します。

前提条件

要件

このドキュメントの読者は次のトピックについて理解している必要があります。

  • Cisco Unified CallManager および Cisco Unified Video Advantage からのトレース出力を理解し理解する方法の快適な知識

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Microsoft Windows 2000 および Windows XP と使用される Cisco Unified Video Advantage

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

キャスト トレースを表示し理解する方法

これらのセクションはキャスト トレースを表示し、解読するのを助けるように情報を提供します。

キャスト トレースを表示して下さい

Start メニューから、Cisco Unified Video Advantage Diagnostics ウィンドウを開いて下さい。 図 1 に示すように、このダイアログボックスの大体 6:00 でアップデートステータス、CDP ビューアおよびキャスト ビューア、分類される 3 つのボタンがあります:

図 1 – Diagnostics ウィンドウ

/image/gif/paws/50345/diagnostics.gif

キャスト ビューア ダイアログボックス

ビューア ボタンを投げるために押す場合ダイアログボックスは現われます。 Cisco Unified CallManager が送信 するものを表示するためにこのボックスを使用できます。 見るキャスト ビューア ダイアログボックスの例は図 2 あります。

図 2 –キャスト ビューア ダイアログボックス

/image/gif/paws/50345/castviewer.gif

このダイアログボックスに大量の情報があります。 ただし、ビデオ コールをトラッキングするために、トレース メッセージを検査するためにだけ必要があります実際に。 キャスト ビューア ダイアログボックスでビデオ問題を解決するのを助ける情報はここにあります:

  • ダイアログボックスの右側で、Cisco Unified Video Advantage と Cisco Unified CallManager の間で交換されるメッセージのリストを見ます。 メッセージの 1 つを選択するためにマウスを使用する場合メッセージ内訳ウィンドウの詳細は右側で同様に拡張します(図を 3)参照して下さい。

    一連のメッセージが、すべてにおよそ 12:52 あります。 コールが設定される間、送信 される長い一連のコールステータス メッセージがあります。 これらは Cisco Unified Video Advantage にどんな状態電話がいつでもにであるか知らせます。

    これらのメッセージがその他の情報を提供するが、本当に検査する必要があるのは図 2.強調表示されるメッセージだけです。 OpenMultiMediaReceiveChannel メッセージは Cisco Unified CallManager によってビデオ ストリームが PC に送信される筈であることを示すために送信 されます。

  • OpenMultiMediaReceiveChannel メッセージが表示される場合、Cisco Unified Video Advantage によって送信される対応した 確認応答は目に見えます。 このメッセージが表示されない場合、ビデオは送信 されなかったし、どれも期待されません。

  • Cisco Unified Video Advantage をビデオを送信 するように告げる Cisco Unified CallManager はまたコマンドを送信 します。 これは Cisco Unified Video Advantage をビデオ 伝送を始めるように告げる StartMultimediaTransmission メッセージの形になります。 このメッセージなしで、ビデオは送信 されません。

  • 始動キャスト ビューア ダイアログボックスいつでもでき、このダイアログボックスはコールの間に送信 された メッセージのトレースを示します。 また後 の 分析のためのファイルにまたはビデオ問題を解決することにために Cisco テクニカル サポートを役立つためにメッセージ バッファのコンテンツを保存することができます。

キャスト メッセージを理解して下さい

ビデオがコールと有効に ならなかった場合、キャスト ビューアを最初に検知 して下さい。 この例にステーション情報 メッセージのシーケンス、マルチメディア データを送信 するか、または受け取るコマンドがありません。 メッセージ バッファはもののような、図 3、どういうことを意味しますか。

図 3 –キャスト メッセージ

castviewernovideo.gif

ステーション情報 メッセージ マルチメディア データを送信 するか、または受け取るコマンドのシーケンスを見ないが、場合どういうわけか Cisco Unified CallManager はこれがビデオ コールではなかったことを決定しました。 これのためのいくつかの考えられる原因があります:

  • リモート エンドはコールが有効に なる ビデオであることを報告しませんでした。

  • リモート エンドは有効に なる ビデオですしかしコーダ/デコーダ(コーデック)の設定 される互換機がありません。

  • リモート エンドは有効に なる ビデオですが必要とされた会議 の リソースは利用できないです。

これらすべては可能性です。 メッセージを投げるために見、ビデオ 伝送を始めることを頼むメッセージを表示されなければ少なからず間違って何もありません。 たぶん、コールのビデオを使用しない正当な理由で決定される Cisco Unified CallManager。


関連情報


Document ID: 50345