音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

VT Advantage: IP Phone 接続問題のトラブルシューティング

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、次の問題のトラブルシューティング方法について説明します。

  • システムトレイアイコンの黄色い疑問符があります。

  • Cisco ビデオ テレフォニー(VT)長所メイン ウィンドウのグラフィックは PC と電話間の接続のレッド X を示します。

  • ローカル ビデオがあります。

この資料は Cisco IP Phone と Cisco Unified CallManager 間の潜在的な問題で情報を提供したものです。

前提条件

要件

次の要件を満たすことを確認してください。

  • Cisco CallManager リリース 4.0(1) サービス リリースの有無(SR) 1a またはそれ以降

  • Cisco IP Phone 7940G ファームウェア 6.0.2(1) またはそれ以降を実行する

  • Cisco IP Phone 7960G ファームウェア 6.0.2(1) またはそれ以降を実行する

  • Cisco Unified IP Phone 7970G ファームウェア TERM70.6-0-1-0.sbn01 またはそれ以降を実行する

  • 1GHZ またはより高い Pentium III がある PC、または互換性のあるプロセッサ

  • Microsoft Windows 2000 専門家(サービスパック [SP]3 またはそれ以降)または Windows XP 専門家(SP1 またはそれ以降)

  • 256 MB RAM 最小値

  • 40 MB 空きディスク容量

  • 800x600x16 ビット またはそれ以降のビデオ可能なグラフィックス カード

  • 1 自由なユニバーサル シリアル バス (USB) 1.1 か 2.0 接続

  • 1 つの自由に 10/100 の Base-T イーサネットインターフェイス

  • 256 の kpbs 最小帯域幅 接続

注: 

  • Cisco Unified Video Advantage、32ビット(x86)プロセッサとの Windows Vista のリリース 2.1 サポート 32ビット バージョン。

  • Cisco IP Communicator または Cisco Unified IP Phone と、Cisco Unified Communications Manager バージョン 4.1(3)、サービス リリース 2 またはそれ以降動作する Cisco Unified Video Advantage に関しては必要とされます。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Windows 2000 かウィンドウ XP でインストールされる Cisco Unified Video Advantage に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

リモート ビデオ損失の考えられる 原因

このセクションはリモート ビデオ損失の考えられる 原因を提供し、これらの問題を解決する方法を説明します。

このピクチャでは、ローカル ビデオは正しくはたらきますが、遠隔はアプリケーションの接続ダイアグラムを通してレッド X と黒いです。

/image/gif/paws/50344/ip_phone_1.gif

への PCイーサネット ケーブル 接続応答は電話をかけますか。

VT アドバンテージは PC が 10/100 PC と分類される電話の背部の交換出力ポートからイーサネット供給を直接—もの受け取ることを必要とします。 PC が IP Phone の背部にきちんと接続されるようにするためにイーサネットケーブルを手でトレースして下さい。

TCP/IP が使用されるとき電話は到達可能ですか。 ファイアウォールがありますか。

通常、電話はコンピュータからの別々のVLAN で設定されます。 これら二つの VLAN にその間のファイアウォールがある場合、電話はから PC に話すこと防ぐことができます。 VT アドバンテージと IP Phone の間で動作するのにキャスト プロトコルが使用されています。 PC は TCP/IP 上の IP Phone に達できます必要があります。 ブラウザの電話にこれがケースだったかどうか確認するために達することを試みて下さい。 URL の秘密一部が電話の IP アドレスである http://xxx.yyy.zzz を入力して下さい。 ネットワーク管理者が電話に参照をディセーブルにしなかったら、電話の Webページに参照する必要があります。

ネットワーク管理者はを PC が TCPポート番号 4224 上の IP Phone にキャスト メッセージを送ることができるように可能にするためにアクセス リストおよびファイアウォールの設定によってプロトコルを投げることを考慮に入れる必要があります。 PC は TCPポート 4224 の TCP 接続を開始し、IP Phone は同じ ポート数の PC に確認応答 メッセージを送り返します。 従って、このポート番号の双方向 通信が必要となります。

注: ビデオ カメラはカメラが接続される PC が二重 IP アドレス 割り当てと二重 NIC を使用するか、または異なるサブネットの 2 IP アドレスが単一 NIC カードに binded IP Phone の接続をすることができません。

電話ビデオは有効に なりますか。

VT アドバンテージは Cisco Unified CallManager によって有効に なるビデオ可能なファームウェア ロードおよびビデオが両方ある Cisco 7940、7960、または 7970 IP 電話にをだけ使用します。 IP Phone 画面の右下隅のカメラ アイコンの存在によってこれを確認できます。 カメラ アイコンがない場合、ビデオを受け取りません。

/image/gif/paws/50344/ip_phone_2.gif

電話がビデオ カメラ アイコンを備えない場合、ネットワーク管理者に Cisco CallManager Administration ページの IP Phone に関してはデバイスコンフィギュレーション ページで適切な電話ロードおよびそのビデオを有効に してもらうためにチェックされることを確かめるように頼んで下さい。 電話ロードを確認するためにこれらのステップを完了して下さい:

  • Cisco 7970 IP 電話のためのこれらのステップを完了して下さい:

    1. Settings を押します。

    2. モデル 情報のために『5』 を押して下さい。

    3. Option 3 に特定のロード ファイルがあります。

  • Cisco 7940/7960 IP 電話のためのこれらのステップを完了して下さい:

    1. Settings を押します。

    2. ステータスのために『5』 を押して下さい。

    3. ファームウェアのバージョンのために『3』 を押して下さい。

    4. Line 1 アプリケーション ロードです。 これは確認する必要があるロードID です。 それは少なくとも P00306000300 であるはずです。

Cisco CallManagerバージョンは 4.0(1)SR1 またはそれ以降ですか。

VT アドバンテージは Cisco Unified CallManager のこのおよびそれ以降 バージョンによってだけサポートされます。 残念ながら、Cisco Unified CallManager の以前のバージョンのために利用可能 なパッチがありません。

IP Phone は VT アドバンテージからの送信されたパケットを拒否しますか。

メイン ウィンドウ 始動の品質バーのどちらかで VT アドバンテージ Diagnostics ウィンドウを二度右クリックして下さい。

/image/gif/paws/50344/ip_phone_3.gif

TCP リンク統計と分類されるウィンドウの真中にセクションがあります。

/image/gif/paws/50344/ip_phone_4.gif

拒否されたフィールドに数大きいがより 1 か 2 ある、および特に増分し続ければ場合電話は VT アドバンテージの送信されたパケットを拒否します。 時々電話の循環電源は特にすべてが正しく設定され、以前はたらいたら、この問題を訂正します。 VT アドバンテージが電話を認識することを確認するために右下 ツール トレイの Cisco Unified Video Advantage アイコンを強調表示して下さい。

/image/gif/paws/50344/ip_phone_5.gif

リモート エンドは有効に なる ビデオですしかし多分コーデックの設定 される互換機がありませんか。

VT アドバンテージはビデオを送受信するためにこれらの圧縮 フォーマット(コーデック)のどちらかを使用します。 コールのビットレートは使用するコーデックによって決まります。

  • International Telecommunications Union (ITU) H.263: 2 Mbps への 128 キロビット/秒。

  • ワイドバンド コーデック: 7 Mbps。

コールのために使用するコーデックおよびビットレートは Cisco CallManager Administration の領域の使用によって制御されています。 VT アドバンテージはコールのコーデックかビットレートを選択するオプションのユーザを示しません。 それは Cisco Unified CallManager によって完全に制御されます。 Cisco Unified CallManager は call-by-call 基礎のエンドポイント間のよくあるコーデックおよび速度をネゴシエートし、ビデオ チャネルを使用可能にするようにエンドポイントに指示します。

VT アドバンテージ クライアントが符号化できるまたはデコード ビデオは CPU の速度および利用可能なメモリの量にまた依存しています速度。

リモート エンドは有効に なる ビデオですしかし多分利用可能 な 会議 の リソースを持っていませんか。

3つ以上のビデオ呼び出しメディア制御 装置(MCU)テレビ会議を設定する必要があります。

次に、管理者はユーザが IP Phone の CONF ソフトキーを押すときどんな MCU が複数政党制会議をホストするのに使用されているか定義できます。 これは Cisco CallManager Administration のメディア リソース グループ(MRGs) /Media リソース グループ リスト(MRGLs)の設定によって実行されます。

MCU は MRG に最初に追加されます。 MRG は MRGL にそれから追加され、それから MRGL はエンドポイントに割り当てられます。 ユーザが CONF ソフトキーを押すとき、Cisco Unified CallManager はその IP Phone MRGL 内の利用可能 な MCU リソースを探します。 スクリーン ショットはこれがマルチステップ コンフィギュレーションプロセスであるので提供されません。

注: Cisco Unified CallManager は電話 MRGL で検出される最初の MCU リソースを常に使用します。 オーディオ専用 コンファレンスブリッジがリストの上に置かれる場合、コールがビデオを必要としても、最初に常の Cisco Unified CallManager 使用会議 の リソース。 従って、管理者は MRG の最初の会議 の リソースで IP/VC MCU を設定する必要があり MRG が MRGL でリストされている MCU が最初に含まれていることを確かめます。

まだ問題を持っていることか。

それでも問題がある場合、更に問題を解決する必要があります。 理解し、メディア リソース グループをグループ化します詳細についてはリストを参照して下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 50344