音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco SIP ???????

SIP プロキシ サーバの「IpAddrInPathHeaders」の設定

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Cisco Session Initiation Protocol Proxy Server(Cisco SPS)上で Via および Record-Route のパス ヘッダーで使用する IP アドレスを設定する方法について説明します。

この情報は Cisco SPS バージョン 2.1 および それ 以降のためにだけ検証されました。

前提条件

要件

このドキュメントの読者は次のトピックについて理解している必要があります。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco SPS バージョン 2.1

  • Sun Solaris 8 オペレーティング システム

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

Cisco SPS アプリケーションが開始するとき、全体の SPS アプリケーションを完了するいくつかの異なるプロセスは次々に開始します。 アプリケーションを、sipd.conf と呼ばれるプライマリ コンフィギュレーション ファイルは開始した後作成されます。 この作成は Cisco SPS の MySQL データベースから来る情報に基づいて起こります。 このデータベースは Cisco SPS のインストール時に別々にインストールされています。 Cisco SPS が再起動するとき MySQL データベースにないすべてのパラメータは失われます。

IpAddrInPathHeaders 変数の使用方法

ソース IP アドレスがおよびレコード ルート パス ヘッダー フィールドに Cisco ProxyAddressResolutionType 変数が IP に設定 されるとき、SPS、マルチホーム サーバで挿入する IpAddrInPathHeaders 変数の第一の目的は制御することです。 設定されなくて、それから gethostbyname コマンドの発行から戻る最初の値は使用されます。

変数へのパーマネント変更

この変数を設定することは困難ではないですが正しい方法で提供される必要があります。 これは変数が GUI を使用して入らなければ、MySQL データベースで保存されないことを意味します。 sipd.conf ファイルを変更する各試みは手動で Cisco SPS が再起動するとき保存されません。

GUI で IpAddrInPathHeader 変数 フィールドを見つけることはそれを見つけると期待するかもしれない GUI の Cisco SIP Proxy Server コアに論理的に置かれないので厄介かもしれません。

GUI の変数を見つけ、変えて下さい

IpAddrInPathHeader 変数 フィールドへの変更を見つけ、行なうためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. Cisco SPS を GUI を提供させ始めて下さい。

  2. ファーム/プロキシに > 進みま > 行きま耕作します

  3. ファーム メンバーの下で『Show Additional Fields』 を選択 して下さい。

  4. IpAddrInPathHeaders 変数 フィールドにソース IP アドレスを挿入して下さい。

  5. 変更を保存するために『SUBMIT』 をクリック して下さい。

Cisco SPS: プロセスのシーケンス

このセクションは Cisco SPS のプロセスが開始するおよび始動の後で動作する必須プロセスのアプリケーション 構造を示します順序。

  • これは Cisco SPS アプリケーションの始動の間に実行されているプロセスのシーケンスです:

    ./opt/sip/bin/sip start
    # ./sip start
    Starting pserver...
    /opt/sip/bin/pserverctl start: pserver started
    Starting license manager...
    /opt/sip/bin/lmctl start: licenseMgr started
    Starting spa...
    
    /opt/sip/bin/spactl start: spa started
    /opt/sip/bin/spactl start: Waiting for sipd.conf from spa....
    /opt/sip/bin/spactl start: sipd.conf written
    Starting sipd...
    Version of CSPS        : 2.1.1.1 - Official Release
    Version in Config file : 2.1.1.1 - Official Release
    
    Software release version of CSPS validated successfully with your license
    
    License validated successfully
    
    This is Permanent license, with Infrastructure functionality
  • これらは Cisco SPS アプリケーションが開始した後実行されているプロセスです:

    ps -ef | grep -i sip
    csps 13413     1  0 10:59:09 pts/3    0:00 /opt/sip/bin/Sip_Services -z -y 52931
    csps 13460     1  0 10:59:20 pts/3    0:02 /opt/sip/bin/sipd
    csps 13433     1  0 10:59:12 ?        0:01 /opt/sip/bin/spa /opt/sip/conf/spa.conf
    csps 13467 13460  0 10:59:22 pts/3    0:00 /opt/sip/bin/sipd
    csps 13465 13460  0 10:59:22 pts/3    0:00 /opt/sip/bin/sipd
    csps 13415     1  0 10:59:10 ?        0:02 /opt/sip/bin/pserver -c /opt/sip/conf/ps.conf
    csps 13466 13460  0 10:59:22 pts/3    0:00 /opt/sip/bin/sipd
    csps 13468 13460  0 10:59:22 pts/3    0:00 /opt/sip/bin/sipd
    csps 13463 13460  0 10:59:22 pts/3    0:00 /opt/sip/bin/sipd
    csps 13464 13460  0 10:59:22 pts/3    0:00 /opt/sip/bin/sipd
    csps 13423     1  0 10:59:11 ?        0:00 /opt/sip/bin/licenseMgr /opt/sip/conf/lm.conf

MySQL データベースをチェックする方法

MySQL データベースのコンテンツを IpAddrInPathHeaders 変数を設定するために検査するために、MySQL データベースに可変コンテンツをチェックするために接続するのにこのプロシージャを使用して下さい。

  1. プロンプトで ./mysql を- p 一口コマンド入力して下さい。

    #./mysql -p sip
    Enter password: 
    Reading table information for completion of table and column names
    You can turn off this feature to get a quicker startup with -A
    
    Welcome to the MySQL monitor.  Commands end with ; or \g.
    Your MySQL connection id is 1164 to server version: 3.23.54-classic-log
    
    Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the buffer.
  2. mysql> プロンプトで、提示表を発行して下さい; コマンドを発行します。

    mysql> show tables;
    +-----------------------+
    | Tables_in_sip         |
    +-----------------------+
    | CSPS                  |
    | ControlCSPS           |
    | DBAuthenticationTable |
    | DBSubscriberTable     |
    | License               |
    | PersistentTCP         |
    | TempLicense           |
    | subscriber            |
    +-----------------------+
    8 rows in set (0.00 sec)
    
  3. mysql> プロンプトで、CSPS からの選定されたファームを発行して下さい; コマンドを発行します。

    mysql> select Farm from CSPS;
    +----------------------------------------------------------------------+
    | Farm                                                                 |                                                            |
    +----------------------------------------------------------------------+
    | <table><row><Host>10.48.80.149</Host><Port>5060</Port>
      <IpInPathHeaders />
    		<InRegFarm>On</InRegFarm><InRouteFarm>On</InRouteFarm></>
     |
    +----------------------------------------------------------------------+
    1 row in set (0.00 sec)
    

関連情報


Document ID: 50260