ブロードバンド ケーブル : ケーブル モデム終端システム(CMTS)

MC5x20S および MC28U ラインカードでの仮想インターフェイスと周波数スタッキングの設定

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

仮想インターフェイス(VI)と周波数スタッキング(FS)は、1 つの物理コネクタ上で MAC ドメインおよび複数の周波数をユーザ設定可能にする 2 種類の新しい機能です。 仮想インターフェイスにより、ダウンストリーム(DS)ごとに最大 8 つのアップストリーム(US)を設定できます。 これにより、US ポートが物理コネクタに接続されます。 もう 1 つの機能である周波数スタッキングは、1 つの物理コネクタで 2 つの周波数を設定できます。

MC5x20S カードは既存のカードの DS および米国設定を一致するために最初に設定しそれからケーブル取扱者は必要に従ってコンフィギュレーションを修正できます。 これは異なる DSxUS ポート 比率を、ように比率を結合する展開しますサポートします(1x6 か。 1x4 か。 1x1)。 ラインカードは一般顧客向けに 1x1 と 1x7 としてビジネス ユーザ向けに使用することができます。

FS はチャネルごとにケーブル接続することを減り、Cable Modem Termination System (CMTS) 接続を修正しないでサービスエリアを育てる機能を与えます。

図 1 希薄モード 設定で配線される MC5x20S ラインカードからの 1 つの MACドメインを描写します。 希薄モードは 1 つの米国ポートを入れる 1つ以上の光ファイバ ノードを示します。

図 1 –希薄モード結合

virtual_int_freq_stack_1.gif

上記の結合方式では、1 つのノードは米国ポートごとに配線されます。 MC5x20S カードにラインカード毎に 20 のノードに匹敵する 5 つの MACドメインあります、およびカード毎に MACドメインごとに 4 USs が。 3.2 MHz の QPSK を使用するチャネル幅はノード(使用可能な ~4.4 Mbps)ごとの 5.12 Mbps を与えます。

図 2 稠密モード 設定で配線される MC5x20S ラインカードからの 1 つの MACドメインを描写します。 稠密モードは複数の米国ポートを入れる 1つ以上の光ファイバ ノードを示します。

図 2 –稠密モード結合

virtual_int_freq_stack_2.gif

図 2 1 つのノード分割を 1 MACドメインの 4 つの米国ポートを入れるために示します。 MC5x20S にカード毎に 5 つの MACドメインがあるので、配線サーブ ラインカード毎に 5 つのノードこの。 1 物理的 な エリア(ノード)が複数の米国ポートを入れるので、各米国ポートはオーバーラップしていない周波数のために設定する必要があります。 たとえば、U0 は 20.0 MHz に、U1 匹敵します 23.2 MHz、U2 等号 26.4 MHz、および U3 等号に 3.2 MHz チャネル幅で各ポートが設定されていると 29.6 MHz 匹敵します。 各ポートのための 3.2 MHz チャネル幅の QPSK を使用する 1 つのノード(使用可能な ~17.5 Mbps)のための 20.48 Mbps をもたらします。

図 3 MC5x20S ラインカードによってスタックする周波数の 1 つの例を示します。

図 3 –周波数スタッキング

virtual_int_freq_stack_3.gif

割り当てをスタックする周波数より少ないスプリッタ損失およびより容易な管理を割り当てる 1 つのコネクタで設定されるべき 2 つの周波数。

利点

仮想インターフェイスの使用の利点は多数です。 それは適用範囲が広く、ダイナミック方法の必要に応じて米国キャパシティの増加を可能にします。 特定のサービスの分類 (CoS)に従う DS および米国のグループ化は—商業顧客向けの 1x1 および一般顧客向けの 1x7 のような—より多くの理にかなうかもしれません。 この機能はまた 1x6 MACドメインを使用する既存のラインカードを交換するとき MC5x20S カードのインストールを簡素化します。 気力はまたそれらがバランスをとられるべきケーブルモデム(CM)のための大きい LB グループを作成するのに使用することができるのでロード バランシング(LB)と組み合わせて使用されたときアベイラビリティを高めます。 ロード バランシング 情報に関しては、Cisco CMTS のためのロード バランシングの設定を参照して下さい。

周波数スタッキングは双方向 スプリッタ損失を除去し、複雑な状況をケーブル接続することの利点を提供します。 これは減衰のおよそ 4 dB を保存する可能性があります。 FS はまた、容易に同じ物理ポートに別の周波数を割り当てることによって気力および LB と組み合わせて使用されたとき操作性を高めます。

制約事項

次のような制限は仮想インターフェイスに課されます:

  • DS 気力無し。

  • ドメインの 1 DS および 8 まで USs のどれあるただ場合もあります。 MACドメインは 1 DS および関連する USs です。

  • ラインカードを渡るラインカード気力だけ、ない。

  • CSCeb10426登録ユーザのみ) —気力のための簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP) サポートはまだ利用できません。

  • 割り当てない割り当てられないまたは他のドメインからのデフォルト設定をことができますコネクタしか割り当てる—デフォルトで、すべての米国ポートにそれらに割り当てられるコネクタがあります。 気力が設定されるとき、MACドメインの新しい米国ポートは割り当てられないし、他のポート デフォルト コネクタ 割り当てが割り当てることができないコネクタを割り当てることができます。

  • N+1 制限—グループのすべての HCCP メンバーは気力(MACドメイン サイズ)の点では同じ 設定である必要があります。 コネクタがデフォルト アサインメントではないポートに割り当てられれば、全ラインカードはエラーが発生するときフェールオーバー。

  • ハイ アベイラビリティ— MC28U で使用不可能。

次のような制限は周波数スタッキングに課されます:

  • 2 つの隣接したポートだけ 2 つ以下の周波数—米国コネクタ 0 および 1 共有 内部 半導体素子等スタックし。

  • FS は 2 つの周波数を別の物理ポートに与えるために 1 つの物理ポートを無効にします。

  • ハイ アベイラビリティ、ロード バランシング、VI、および FS Cisco IOS との MC28U で利用可能ではないですか。 ソフトウェア リリース 12.2(15)BC2x および それ 以前。

設定

仮想インターフェイス セットアップは比較的基本的です。 これらの cable interface コマンドは使用されます:

ubr(config-if)# cable upstream max-ports ?

<1-8>  Number of upstreams

ubr(config-if)# cable upstream max-ports 6

ubr(config-if)# cable upstream 4 connector ?

<0-19>  Physical port number

ubr(config-if)# cable upstream 4 connector 16

ubr(config-if)# cable upstream 4 frequency 15000000

ubr(config-if)# no cable upstream 4 shut

DS インターフェイス米国ポートの総数は割り当てられ、各米国ポート コネクタは割り当てられます。 各米国ポート 周波数、他の設定、およびアクティブになるために締まっている…割り当てられません。

セットアップをスタックする周波数は容易ように均等にあります。 これらの cable interface コマンドは使用されます:

ubr(config-if)# cable upstream 4 connector 16 shared

ubr(config-if)# no cable upstream 5 connector 17

ubr(config-if)# cable upstream 5 connector 16 shared

米国ポート コマンドの終わりに共用キーワードによってコネクタ コマンドは割り当てられます。 アップストリームポートは同じコネクタを割り当て、共有されるスタックされた周波数でであって下さい。 ポート既に使用しているコネクタは割り当てることができる前に、自身のコネクタから未指定であり、共用キーワードは両方のポートでアクティブである必要があります。

確認

仮想インターフェイスおよび周波数スタッキングを確認することは show controller および show run コマンドの発行によってすることができます:

新しい表示コマンド

show controller cable_interface upstream mapping

show controller

Cable6/0/0 Upstream 4 is up
Frequency 15.008 MHz, Channel Width 1.600 MHz, QPSK Symbol Rate 1.280 Msps
This US is mapped to physical port 16
Spectrum Group is overridden
SNR - Unknown - no modems online.
Nominal Input Power Level 0 dBmV, Tx Timing Offset 0

!--- Output suppressed.

show run

interface Cable6/0/0
 no ip address
 cable bundle 1
 cable downstream annex B
 cable downstream modulation 64qam
 cable downstream interleave-depth 32
 cable downstream frequency 453000000
 cable downstream channel-id 0
 no cable downstream rf-shutdown
 cable upstream max-ports 6
 cable upstream 0 connector 0
 cable upstream 0 frequency 16000000
 cable upstream 0 power-level 0
 cable upstream 0 channel-width 1600000
 cable upstream 0 minislot-size 4
 cable upstream 0 modulation-profile 21
 cable upstream 0 s160-atp-workaround
 no cable upstream 0 shutdown

!--- Output suppressed.

 cable upstream 4 connector 16 shared
 cable upstream 4 frequency 15008000
 cable upstream 4 power-level 0
 cable upstream 4 channel-width 3200000
 cable upstream 4 minislot-size 4
 cable upstream 4 modulation-profile 21
 cable upstream 4 s160-atp-workaround
 no cable upstream 4 shutdown
 cable upstream 5 connector 16 shared
 cable upstream 5 frequency 18208000
 cable upstream 5 power-level 0
 cable upstream 5 channel-width 3200000
 cable upstream 5 minislot-size 4
 cable upstream 5 modulation-profile 21
 cable upstream 5 s160-atp-workaround
 no cable upstream 5 shutdown

キー ポイント

仮想インターフェイスを設定するとき留意するべきいくつかの事柄があります。

注意 注意: N+1 冗長性をするとき、保護ラインカードはデフォルトで設定 される コネクタを備えていません。 Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.2(15)BC2 ははたらくことから保護にすべてのインターフェイスコンフィギュレーションを同期します。 ユーザが BC2 から以前の Cisco IOS ソフトウェア リリースに uBR をダウングレード起こる場合保護ラインカードは Cisco IOSソフトウェアの以前のリリースが保護するべきはたらくことからのそれらのコマンドを同期しないのでコネクタ コマンドのために前もって構成されなければなりません。

これらは別の可能性のあるマッピング コンフィギュレーションです:

  • 3 つの 1x6 MACドメインを作るために最初の 3 に最後の 2 つの MACドメインをマッピング して下さい。 これはもたらします:

    • コネクタ 0 に 3 との DS0

      cable upstream 4 connector 14
      cable upstream 5 connector 15
      
    • コネクタ 4 に 7 が付いている DS1

      cable upstream 4 connector 16
      cable upstream 5 connector 17
      
    • コネクタ 8 に 11 との DS2

      cable upstream 4 connector 18
      cable upstream 5 connector 19
      
    • DS 3 および 4 はコネクタを 12 または 13 または両方割り当てることができます。

  • 連番を使用する場合、これはもたらします:

    • コネクタ 0 に 5 との DS0

    • コネクタ 6 に 11 が付いている DS1

    • コネクタ 12 に 17 との DS2

    • DS 3 および 4 はコネクタを 18 または 19 または両方割り当てることができます。

  • 密なコネクタ バンドルおよび「よりきれいな」フェールオーバー バンドルに基づいて N+1 にコネクタを割り当てて下さい。 DS2 に普通 2 つの密なコネクタを渡って 4 USs があるので、予備 MACドメインとしてそれを使用して下さい。 1x6 および 1x4 MACドメインを仮定して、これはもたらします:

    • コネクタ 0 に 3 との DS0

      cable upstream 4 connector 8
      cable upstream 5 connector 9
      
    • コネクタ 4 に 7 が付いている DS1

    • コネクタ 12 に 15 が付いている DS3

      cable upstream 4 connector 10
      cable upstream 5 connector 11
      
    • コネクタ 16 に 19 との DS4

    • DS2 は DS 0 および 3.から割当て直されたコネクタとのアクティブにされた以降である可能性があります。

注意 注意: わかっている場合インターフェイスコンフィギュレーションを 1 つのインターフェイスから別のものにコピーしているユーザエラーのための可能性である別のキーポイント。 多くのユーザは不注意になり、別のインターフェイスに逐語的なインターフェイスコンフィギュレーションをコピーします。 コネクタ コマンドは 1 つのインターフェイスから別のものへの任意にコピーすることができません。 細心の注意を払って下さい。

注: また別のドメインからのデフォルト コネクタ 割り当てを使用することがそのドメインから自動的にそれを削除することわかっていてであって下さい。 オリジナル ドメインに unconfigure それ、それ自動的に戻らなければ。

これらは問題をスタックする周波数です:

  • 組み込みます物理的 な コネクタを使用して下さい(0 1)、(2 3)、(4 5)、(6 7)、等— MC5x20S ラインカードは 20 の米国コネクタ、10 の米国チップだけ内部で備えています。

  • もし設定するなら不正確に、このメッセージが表示されます:

    %Invalid config. Please check existing config on physical connector 19 and/or 18
  • 両方の周波数のための 1 つのフロント・エンドだけ、プリアンプ、等—離れて広がる 2 つの周波数が選択される場合、各周波数は異なるプリアンプまたはイコライゼーション設定を必要とするかもしれません。

  • モデムは気力または FS への変更を—仮想インターフェイスのために行うコンフィギュレーション変更を行ったか、または周波数はスタッキング ケーブルモデムが CMTS と再登録するように要求する後再取得する必要があります。

要約

仮想インターフェイスおよび周波数スタッキングは互いにおよびロード バランシングと無料、advanced time division multiplex access (ATDMA)を述べないためにです。 これは Cisco 自体が既存のアーキテクチャおよびサービスを拡張するのに使用できる機能を持つ競争相手から離れて、設定 するもう一つの方法です。

ファイバ ノードの物理的 な セグメンテーションのコストは別のアップストリーム 周波数の単純な追加のコストより多くの順序に 10 倍である場合もあります。 同じ MACドメインにより多くの米国ポートを追加する柔軟性を—またはいくつかの米国パス 減衰を除去するため—顧客がデマンドが高いより多くのスループットを開始するとき、この雑用をより少なく圧倒されるようにさせます持っていることは。

この資料で述べられて機能がさらにもっと N+1 ラインカード フェールオーバーおよびインテリジェント なアップストリーム スペクトル管理増加アベイラビリティ。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 49779