コラボレーション : Cisco ICM Peripheral ゲートウェイ

Avaya Definity G3 - ASAI リンク エラーとリンクのテスト

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Avaya Definity G3 Enterprise Communications Server の Peripheral Interface Manager(ECSPIM)がいつオフラインになったか、またそれが Adjunct Switch Application Interface(ASAI)のリンク障害により引き起こされたかどうかを判別する方法を説明します。 このドキュメントでは、テストする必要のある ASAI リンクを判別する方法、および Cisco Intelligent Contact Management(ICM)環境のペリフェラル ゲートウェイ(PG)のセットアップでリンクを適切に設定する方法を説明します。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることを推奨しています。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco ICM に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

問題

PIM ログを検査するために Dumplog ユーティリティを使用するときエラーメッセージ 赤で表示は PIM ログに現われます。 このエラーメッセージは mapd6a のホスト名が付いている CVLAN/MAPD インターフェイスへの ASAIリンク 0 (設定される ICM のリンク 1)が初期化しないことを示します。

/image/gif/paws/49541/asai-link-error-1.gif

注: CVLAN および MAPD は Definity (MAPD)の Call Visor LAN およびマルチアプリケーションプラットフォームをそれぞれ表します。

解決策

これは設定 に関する 問題です。 ASAIリンクをテストするのにログで情報を使用して下さい。 PIM ログの ASAIリンク数は設定されるものが ICM で設定するためにです。 しかし PG に物理的に接続するそれはリンクではないかもしれません。 コマンド ウィンドウから、壊れる ASAIリンク 1 (PIM ログのリンク 0)に対して ASAI_TESTユーティリティを実行して下さい:

asai_test -m mapd6a 1

コマンドはこの結果と失敗します:

Setting of ASAI environment for ASAI node signal01 failed.
: Error messages not available
Heartbeat test with switch for ASAI node signal01 failed.

PG のこの側のための正しいリンク番号が第 2 リンクであることが、ない最初のリンク判別されます。 第 2 ASAIリンクに対して ASAI_TESTユーティリティを実行して下さい:

asai_test -m mapd6a 2

コマンドはこの結果と成功します:

Heartbeat with switch for ASAI node signal02 was successful.

このウィンドウが表示すると同時に、設定される ICM を実行し、第 2 リンクの下で最初のリンクの代りに問題を解決するために対応したチェックボックスを選択して下さい。

/image/gif/paws/49541/asai-link-error-2.gif

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 49541