コラボレーション : Cisco Unified Contact Center Express

Cisco IP ICD が、コールを Agent Phone にルーティングできない - コーリング サーチ スペースの問題

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Cisco IP Interactive Call Distribution(ICD)が Cisco IP Contact Center(IPCC)Express 環境のエージェント電話へのコールのルーティングに失敗する原因について説明します。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco CallManager

  • Cisco Customer Response Solutions(CRS)

  • Cisco Agent Desktop

  • Cisco IP Phone エージェント

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco CallManagerバージョン 3.x

  • Cisco CRS バージョン 3.x

  • Cisco Agent Desktop バージョン 4.x

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

パーティションはディレクトリ番号(DN)および同じような特性のルートパターンで論理 グループを構成します。 一般的にパーティションで配置されるデバイスは DN およびルートパターンが含まれています。 これらはユーザがダイヤルする DN と関連付けられるエンティティです。 DN かルートパターンがある特定のパーティションに置かれるとき、これはどのデバイスがデバイスか Route リストを呼出すことができるか規定 するルールを作成します。

コール 探索空間はパーティションでコールを送信することができる前にユーザが検知できる規則正しく並べられたリストを構成します。 コール 探索空間はコールを完了するように試みるとき呼び出し側のデバイスが検索、IP 電話のような、ソフトフォンおよびゲートウェイ、できるパーティションを判別します。

問題

Cisco IP ICD アプリケーションはエージェント電話に呼び出しをルーティングすることができません。 それが起こるとき、エージェントの状態はに IP ICD 設定の The Contact Service Queues Configuration 領域の自動作業設定によって、用意すること、または準備ができたから予約済み用意しないこと準備ができた予約済みに行きます。 他の現象はエージェント電話でコール決して鳴りませんではないです。

解決策

これは設定 に関する 問題です。 アプリケーションと対応づけられるコンピュータ テレフォニー インテグレーション (CTI) ポートに CTI ポートがエージェントにコールを転送するようにする Cisco CallManager設定で加えられるコール 探索空間がありません。 すなわち、エージェント ICD DN に加えられるパーティションは CTI ポートに加えられるコール 探索空間にある必要があります。 同じようなメモで、CTI ポートに加えられるコール 探索空間がなければ転送はまた失敗します。 CTI ポートは設定される Calling Search Space がなければなりません。

この問題を解決するために、エージェントの ICD DN に割り当てられるパーティションが含まれているすべての CTI ポートにコール 探索空間を加えて下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 48863