スイッチ : Cisco BPX 8600 シリーズ スイッチ

IGX/BPX/MGX プラットフォームの RMA 要件

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

効率的で、完全な RMA プロセスを確認する IGX、BPX、または MGX 製品に関して Return Materials Authorization (RMA)を要求するとき Cisco テクニカルサポート エンジニアに必要情報を提供することは重要です。 連絡するためにテクニカルサポート エンジニアを待つ必要はありません。 適切な情報のテクニカルサポートケースをアップデートできます。

すべてのプラットフォームのための概要

このセクションは効率的に RMA を完了するために提供する必要がある必須プラットフォーム独立 情報を記述します。

出荷先情報

この情報のケースかテクニカルサポート エンジニアをアップデートして下さい:

  • 出荷先アドレス

  • サイト コンタクトネーム

  • サイト連絡先電話番号

ソフトウェアおよびファームウェア必要条件

もし必要なら特定のファームウェアやソフトウェアを示すことができます; ただし、これらの考慮事項を理解しておいて下さい:

  • ソフトウェアをダウンロード、ファームウェアは Cisco Webサイトで Cisco Webサイトおよび部品アップグレードされる/ダウングレードできます。

  • 出荷は特定のソフトウェアのバージョンかファームウェアを要求する場合遅れるかもしれません。

  • 2 があればまたは 4 時間引渡契約を要求し、特定のソフトウェアかファームウェアのバージョンをことができます次の平日の配達ダウングレード必要とする。

RMA を要求するための原因

RMA 要求のための原因を示して下さい; 例は次のとおりです:

  • LED 無しの操作不可能なカード

  • ハードウェアエラー

  • 欠陥のあるポート

実行されるトラブルシューティング の 手順

問題はハードウェア上の問題であることを判別した問題を解決するために実行したステップを示して下さい。

アクセス情報

ほとんどの場合、テクニカルサポート エンジニアは RMA が必要となることを確認するためにノード/ネットワークにアクセスする必要があります。 このステップは時間問題がハードウェアと関連していない場合保存します。

IGX/BPX プラットフォームからのコマンド 出力例

このセクションは問題が IGX または BPX プラットフォームによって関連付けられる場合得る必要があるコマンド 出力を識別します。

dspcderrs および dspcderrs slot-num コマンドのための出力例

この例に示すように dspcderrs および dspcderrs slot-num コマンド出力を、提供します。

lv-8620a  TN  Cisco  BPX 8620  9.3.45   Nov. 11 2003 21:19 GMT

  Slot   Failure      Slot   Failure
Number   Records    Number   Records
------  --------    ------  --------
     0      None        12      None
     1      None        13      None
     2      None        14      None
     3      None        15      None
     4      None
     5      None
     6      None
     7      None
     8      None
     9      None
    10      None
    11      None

Last Command: dspcderrs


Next Command:

                                                 MAJOR ALARM


lv-8620a   TN   Cisco    BPX 8620  9.3.45    Nov. 11 2003 21:22 GMT

BXM in Slot 3  : 823106 Rev FHR     Failures Cleared: Date/Time Not Set
----------------------------------- Records Cleared:  Date/Time Not Set
Self Test          Threshold Counter: 0          Threshold Limit: 300
Total Pass: 57            Total Fail: 0              Total Abort: 1
First Pass: Date/Time Not Set          Last Pass: Date/Time Not Set
First Fail:                            Last Fail:

Background Test    Threshold Counter: 0          Threshold Limit: 300
Total Pass: 0             Total Fail: 0              Total Abort: 0
First Pass:                            Last Pass:
First Fail:                            Last Fail:

Hardware Error     Total Events: 0     Threshold Counter: 0
First Event:                           Last Event:


Last Command: dspcderrs 3


Next Command:

                                                     MAJOR ALARM

dspalms コマンドのための出力例

この例に示すように dspalms コマンド出力を、提供します。

lv-8620a   TN   Cisco   BPX 8620  9.3.45    Nov. 11 2003 21:23 GMT

Alarm summary   (Configured alarm slots: None)
Connections Failed:     None
TRK Alarms:             3 Majors
Line Alarms:            None
Port Alarms:            None
Cards Failed:           1
Slots Alarmed:          None
Missing Cards:          2
Remote Node Alarms:     2 Unreachables
APS Alarms:             None

Interface Shelf Alarms: 1 Unreachable
ASM Alarms:             None



Last Command: dspalms


Next Command:

                                                        MAJOR ALARM

dspswlog および dspswlog slot-num コマンドのための出力例

この例に示すように dspswlog および dspswlog slot-num コマンド 出力を、提供します。

lv-8620a    TN    Cisco  BPX 8620  9.3.45    Nov. 11 2003 21:26 GMT

Active CC's Software Log
No.  Type    Number      Data(Hex)  PC(Hex)    PROC   SwRev   Date     Time
 1.  Error   1015        DEADBEEF   302E6F96   TN_1   9.3.45  11/11/03 21:25:56

Last Command: dspswlog


Next Command:

                   SW                                             MAJOR ALARM

lv-8620a    TN    Cisco  BPX 8620  9.3.45    Nov. 11 2003 21:26 GMT

Active CC's Software Log
No.  Type    Number      Data(Hex)  PC(Hex)    PROC   SwRev   Date     Time
 1.  Error   1015        DEADBEEF   302E6F96   TN_1   9.3.45  11/11/03 21:25:56

US 30698E9C  30 2E 6F 96 00 00 03 F7  DE AD BE EF 30 69 8F 40  0.o.........0i.@
US 30698EAC  30 4B 48 4A 00 00 00 01  31 83 59 B8 00 00 00 00  0KHJ....1.Y.....
US 30698EBC  00 00 00 00 00 00 00 00  00 00 00 00 00 00 00 00  ................
US 30698ECC  00 00 00 00 00 00 00 00  00 00 00 00 00 00 00 00  ................
US 30698EDC  00 00 00 00 00 00 00 00  00 00 00 00 00 0C 00 00  ................
US 30698EEC  00 00 00 00 31 83 40 50  00 00 00 01 00 00 00 01  ....1.@P........
US 30698EFC  00 00 00 00 00 00 00 00  00 00 00 6D 00 00 00 00  ...........m....
US 30698F0C  31 83 99 DC 31 83 31 CC  31 83 58 08 00 00 00 00  1...1.1.1.X.....
US 30698F1C  31 83 64 5F 00 00 00 27  00 00 00 00 00 00 00 00  1.d_...'........
US 30698F2C  00 00 01 B0 00 00 00 91  31 83 58 08 00 00 00 01  ........1.X.....
                                                                        page 1

This Command: dspswlog 1


Use cursor keys to move up or down.  DEL to quit

                   SW                                      MAJOR ALARM

dsplog コマンドを使用して下さい

障害の時のまわりに dsplog コマンドを使用し、出力を記録する必要があります。

dspcd slot-num コマンドのための出力例

この例に示すように dspcd slot-num コマンド出力を、提供します。

注: この例に示すように全体の画面をソフトウェア バージョンはする上で表示するように、キャプチャ して下さい。

lv-8620a  TN    Cisco  BPX 8620  9.3.45    Nov. 11 2003 21:13 GMT

Detailed Card Display for BXM-155 in slot 3
Status:          Active
Revision:        FHR              Backcard Installed
Serial Number:   823106             Type:          LM-BXM
Top Asm Number:  28215802           Revision:      BB
Queue Size:      228300             Serial Number: 836411
Supp:4 Pts,OC3,FST,VcShp            Top Asm Number:
Supp:VT,ChStLv 2,VSI(Lv 3,ITSM)     Supp: 4 Pts,OC3,SMF,RedSlot:NO
Supp:APS(FW), F4F5
Supp:LMIv1,ILMIv1,NbrDsc,XL
Supp:TrkVcShp,OAM-E
#Ch:8128,PG[1]:8160,PG[2]:8160
PG[1]:1,2,PG[2]:3,4,
#Sched_Ch:16384 #Total_Ch:8128


Last Command: dspcd 3


Next Command:

                                                      MAJOR ALARM

MGX プラットフォームからのコマンド 出力例

このセクションは問題が MGX プラットフォームによって関連付けられる場合得る必要があるコマンド 出力を識別します。

dspcds および dspcd コマンドのための出力例

この例に示すようにコントローラからの dspcds コマンド出力、および影響を受けたカードからの dspcd コマンド出力を、提供します。

lv-8250d.1.7.PXM.a > dspcds

    Slot  CardState    CardType     CardAlarm  Redundancy
    ----  -----------  --------     ---------  -----------
    1.1   Empty                     Clear
    1.2   Empty                     Clear
    1.3   Empty                     Clear
    1.4   Empty                     Clear
    1.5   Empty                     Clear
    1.6   Empty                     Clear
    1.7   Active       PXM1-T3E3    Major
    1.8   Empty                     Clear
    1.9   Empty                     Clear
    1.10  Empty                     Clear
    1.11  Empty                     Clear
    1.12  Empty                     Clear
    1.13  Empty                     Clear
    1.14  Empty                     Clear
    1.15  Empty                     Clear
    1.16  Empty                     Clear
    1.17  Active       FRSM-8T1     Major
    1.18  Empty                     Clear
    1.19  Active       AUSM-8T1/B   Major

Type <CR> to continue, Q<CR> to stop:

    Slot  CardState    CardType     CardAlarm  Redundancy
    ----  -----------  --------     ---------  -----------
    1.20  Active       CESM-8T1     Clear
    1.21  Empty                     Clear
    1.22  Empty                     Clear
    1.25  Empty                     Clear
    1.26  Empty                     Clear
    1.27  Empty                     Clear
    1.28  Empty                     Clear
    1.29  Active       VISM-8T1     Clear
    1.30  Empty                     Clear
    1.31  Active       SRM-3T3      Major
    1.32  Empty                     Clear

    NumOfValidEntries:    32
    NodeName:             lv-8250d
    Date:                 11/12/2003
    Time:                 08:34:41
    TimeZone:             PST
    TimeZoneGMTOff:       -8
    StatsMasterIpAddress: 0.0.0.0

Type <CR> to continue, Q<CR> to stop:

    shelfIntegratedAlarm: Major
    BkplnSerialNum:       SCA044000QS
    BkplnType:            0
    BkplnFabNumber:       28-2681-03
    BkplnHwRev:           E0
    ChassisType:          MGX8250
    Power Supply Wattage: 1200



lv-8250d.1.7.PXM.a > cc 19

(session redirected)

lv-8250d.1.19.AUSMB8.a > dspcd


Initialized the function Pointer
  ModuleSlotNumber:          19
  FunctionModuleState:       Active
  FunctionModuleType:        AUSM-8T1/B
  FunctionModuleSerialNum:   927584

  FunctionModuleHWRev:       aa
  FunctionModuleFWRev:       10.2.21
  FunctionModuleResetReason: Reset by PXM
  LineModuleType:            LM-RJ48-8T1
  LineModuleState:           Present
  mibVersionNumber:          34
  configChangeTypeBitMap:    CardCnfChng, LineCnfChng
  cardIntegratedAlarm:       Major
  cardMajorAlarmBitMap:      Line Alarm
                             IMA PORT ALARM
  cardMinorAlarmBitMap:      Port LMI Failure

Type <CR> to continue, Q<CR> to stop:

       Front Card Info
  Hardware Revision      :   AA
  Card Type              :   52
  Serial Number          :   927584
  Fab Number             :   28-2979-01

       Back Card Info
  Hardware Revision      :   AA
  Card Type              :   22
  Serial Number          :   652727
  Fab Number             :   28-2011-01

lv-8250d.1.19.AUSMB8.a >

version コマンドのための出力例

この例に示すように影響を受けたサービスモジュールとコントローラからの version コマンド出力を、提供します。

注: いくつかのシステムは version コマンドの代りに dspversion コマンドを使用します。

lv-8250d.1.19.AUSMB8.a > version

***** Cisco Systems Inc. AXIS AUSM-8T1/E1 Card *****
    Firmware Version    = 10.2.21
    Backup Boot version = AU8_BT_1.0.02
    AUSM8p Xilinx file = ausm8pXilinx.h
VxWorks (for CISCO) version 5.1.1-R3000.
Kernel: WIND version 2.4.
Made on Thu Jul 24 21:29:44 PDT 2003.
Boot line:


lv-8250d.1.19.AUSMB8.a > cc 7

(session redirected)

lv-8250d.1.7.PXM.a > version
VxWorks (for POPEYE) version 5.3.1.
Kernel: WIND version 2.5.
Made on Jul 30 2003, 16:40:11.
Boot line:
lnPci(0,0)C: e=172.21.57.62:ffffff00 g=172.21.57.1 u=autoprog pw=cisco tn=pxm-8
PXM firmware version : 1.2.21
Boot Image Version   : 1.2.21

lv-8250d.1.7.PXM.a >

dsplog のための出力例- sl slot-num コマンド

この例に示すように失敗の時のまわりにからの dsplog を- sl slot-num コマンド 出力、提供します。

lv-8250d.1.7.PXM.a > dsplog -sl 19
11/12/2003-08:25:06 19 talarm     AUSM-6-7059
 Line Statistical Alarm : minor, line: 4

11/12/2003-08:25:06 19 talarm     AUSM-6-7059
 Line Statistical Alarm : minor, line: 3

11/12/2003-08:25:06 19 talarm     AUSM-6-7059
 Line Statistical Alarm : minor, line: 2

11/12/2003-08:25:06 19 talarm     AUSM-6-7059
 Line Statistical Alarm : minor, line: 1

11/12/2003-08:24:56 19 talarm     AUSM-6-7055
 Line Rx LOS alarm on : line: 4

11/12/2003-08:24:56 19 talarm     AUSM-6-7055
 Line Rx LOS alarm on : line: 3

11/12/2003-08:24:56 19 talarm     AUSM-6-7055
 Line Rx LOS alarm on : line: 2

11/12/2003-08:24:56 19 talarm     AUSM-6-7055

dsperr コマンドのための出力例

この例に示すように失敗の時のまわりにからの dsperr コマンド 出力を、提供します。

lv-8250d.1.7.PXM.a > dsperr

Error Log for Slot 07: Error Num 915
    Firmware version: 1.2.21 Product Id: 8250
    Timestamp: 11/11/2003-05:45:18 Node name: lv-8250d
Section Number 0:
Event Logged:
 11/11/2003-05:45:18 07 PAR:Netw    SSI-4-NOTOWNER        00915
 A process 0x1003b that is not the owner 0x1003c is attempting to free block 0x8
4720e88


Section Number 1:
Stack Trace:
0x804308c4 vxTaskEntry              +00c: sysTaskSetup+0()
0x8004bf50 sysTaskSetup             +090: nw_hdlr+0()
0x803515d4 nw_hdlr                  +0d4: nw_gt_letters+0()
0x80350014 nw_gt_letters            +7c4: process_vsi_rsp+0()
0x803436d4 process_vsi_rsp          +1d0: nw_vsi_conn_cmd_rsp+0()
0x80342d74 nw_vsi_conn_cmd_rsp      +5a4: upd_chksumblk_conchain+0()
0x803265d8 upd_chksumblk_conchain   +110: deassign_block+0()
0x80314da0 deassign_block           +3b8: remove_block+0()
0x80314e70 remove_block             +098: Free_mem+0()
0x80322a20 Free_mem                 +03c: ssiFree+0()
0x8003dd84 ssiFree                  +0d0: ssiEvent+0()
0x8003ad9c ssiEvent                 +22c: ssiEventMsgReport+0()
0x8003b02c ssiEventMsgReport        +248: ssiStackTrace+0()

--------------

Type <CR> to continue, Q<CR> to stop:

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 48675