コラボレーション : Cisco Unified Contact Center Express

UCCX 7.x/8.x: Cisco IP Phone Agent にログインできない

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

この資料は方法でコンタクトセンター(IPCC) Express Cisco Unified 環境の Cisco IP Phone エージェントにログインするために情報をエージェント失敗の問題を解決する提供したものです。

また、詳細についてはこれらの文書を参照して下さい:

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco Unified Contact Center Express

  • Cisco IP Phone エージェント

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco Unified Contact Center Express 7.0(2)/8.x

  • Cisco IP Phone エージェント

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

HTTP 404 エラー

Cisco Unified Contact Center Express 7.0(2) によって、HTTP 404 エラーは Cisco IP Phone エージェントにログインすることを試みるとき受け取られます。 また、IPAgentInitial.class ファイルは抜けています。

解決策

この問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. Node Manager サービスを停止して下さい。

  2. (または名前を変更して下さい) C:\Program Files\wfavvid\tomcat _appadmin \ webapps \ ipphone フォルダを削除して下さい。

  3. Node Manager サービスを開始して下さい。

エラー: 名前は別の拡張にログイン しました

Cisco Unified Contact Center Express 8.0 によって、名前はエージェントが Cisco IP 電話にログインするように試みるとき別の拡張 エラーメッセージに受け取られますログイン しました

解決策

この問題は IPPA エージェントが原因で発生する場合があります。 問題を解決するために、ブラウザ及び IP Phone エージェント(BIPPA)サービスを再開して下さい。 この問題はまたユーザ ID が資本ケースの統一されたコンタクトセンター Express で設定され、ログインすればのに使用されるユーザ ID が小文字にあれば場合発生する場合があります。 統一されたコンタクトセンター Express で設定される問題を解決するために、同じケースを用いて下さい。

エラー: 見つけられない AXL サーバ

Cisco Unified Contact Center Express サーバへのログインはエラーと時間を計られると同時に失敗します: 見つけられない AXL サーバ。 統一された CM エラーメッセージの Cisco AXL Web サービスをチェックして下さい

解決策 1

この問題のためのソリューションは 8.5(1)SU1 へアップグレードすることです。 SU1 パッチのアップグレードを行ったらのに SFTP の代りにメディアを使用する場合焼き付ける SU1 パッチ DVD に確かめ、サーバにそれを置いて下さい。 これはイメージ(約 3 GB)が SFTP 転送の間に破損するようになることができるという理由によります。 アップグレード インストールは約 30 から 45 分(ノードごとに)かかり、バージョンを切り替えて約 10 の to15 分かかります。 営業時間後にこれらのタスクを行うことがまた推奨されます。

実装の間に最後のオクテット(すなわち、XXX.XXX.XXX.XX)の 100 つより小さい 8.5(1) へのアップグレードがシステムに、IP アドレスを割り当てた後 IPPA サービスが接続しなければ。 これは Cisco バグ ID CSCtn23610 で文書化されています)。

解決策 2

この問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. 一定 uccx プロバイダ IP axl アドレス <The 新しい IP アドレス > CLI コマンドを使用して Cisco Unified Contact Center Express の AXL プロバイダを変更して下さい。

  2. UCCX サービサビリティでは、ツール > コントロール センター ネットワーク サービスに行き、Cisco デスクトップ同期化サービスを再開して下さい。

エラー: IP Phone エージェント サービスに接続できません

フェールオーバーか統一されたコンタクトセンター Express エンジン 再始動の後で、スレーブ サーバは引き継ぎます。 セカンダリサーバのサービス全員はマスターとしてアップします。 また、IP Phone エージェント(IPPA)クライアントにコンタクトセンター Express 統一されたフェールオーバーの後でログオンする問題があります。 エージェントはこのエラーメッセージを受け取ります:

Cannot connect to the IP Phone Agent service

解決策

この問題は Cisco バグ ID CSCtt11421登録ユーザのみ)によって文書化されています。 問題を解決するために、Cisco ブラウザおよび IP Phone エージェント サービスを再開して下さい。

IPPA ログインは長い時間を奪取 します

IPPA ログオンは長い時間を、たとえば、10-15 分奪取 します。 GUI によるトレース 設定のための変更の保存が、このエラー受け取られる時:

Error occurred while saving trace configuration. Unable to save config data to
PropertiesConfig

トレース レベルは CLI から設定 されるとき、問題なしではたらきます。

解決策

この問題は Cisco バグ ID CSCtz14497登録ユーザのみ)によって文書化されています。 回避策は両方のノードの Cisco デスクトップ VoIP Monitor サービスを停止することです。

IP Phone エージェント サービスにログインすることが不可能な UCCX 8.5

問題

コンタクトセンター Express 統一されたサーバで、IPPA エージェントは後サーバ 再度ブートするログインできませんでした。 ただし、ログインするために IPPA を再起動して割り当てエージェントを保守して下さい。 CAD サービスが IVR/IPCCX サーバで実行されているとき BIPPA サービスにより IPPASvr メモリリークを引き起こします。 これはまた UCCX サーバでログインすることが不可能な IPPA エージェントに導きます。

解決策

問題に CTI メッセージを処理するはずである IPPA スレッドが実行していないファクトに接続されていなかったでした。 従って、着信メッセージはキューで造り上げます、メモリリークを引き起こす。 この問題を解決するために、BIPPA (IPPASvr プロセス)サービスを再開して下さい。

これは Cisco バグ ID CSCtn87921登録ユーザのみ)によって文書化されています。

UCCX 8.x IP Phone エージェント ログイン問題

問題

IPPA エージェントは IPPA をログインできないし、エラーメッセージを得ています: 「名前ログイン しました別の拡張」に

解決策

この問題は UCCX の大文字で設定されている間小文字で入るユーザ ID が原因で発生するかもしれません。

一致させますすべてのレター ケースを訂正の後で問題は解決されます。


関連情報


Document ID: 48208