コラボレーション : Cisco Unified Contact Center Express

Cisco CRS スクリプト作成時の現在の日付の取得

2013 年 8 月 21 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2005 年 4 月 6 日) | フィードバック


質問


概要

このドキュメントでは、Cisco IP Contact Center(IPCC)Express Edition の環境で Cisco Customer Response Solutions(CRS)アプリケーション エディタを使用してスクリプトを作成する際に現在の日時を取得する方法について説明します。

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

注: Cisco は CRS スクリプトを書くことの基本的な知識があることを推奨します。

Q. CRS スクリプトを書く現在の日付を得る方法か。

A. Java オブジェクトは日付比較に使用することができます。 ただし、これをするために、現在の日付を得ることは必要です。 現在の日付を得るステップバイステップ手順はここにあります:

  1. 作成 Java オブジェクト ステップを追加して下さい(のステップ 1 を 1)参照して下さい。 変数名は dateObject であり、データタイプは日付です。 コンストラクターは java.util.Date です()。

  2. 今年を得るために実行 Java 方式ステップを追加して下さい(のステップ 2 を 1)参照して下さい。 方式は getYear() です。 結果は整数 変数である currentYear に割り当てられます。

    注: getYear(0) メソッドの戻り 1900 暦年以内にである値。 正しい暦年に関連するために、1900 は返 される 値に追加する必要があります。 このステップはサンプルスクリプトで説明されません。

  3. 現在の月を得るために実行 Java 方式ステップを追加して下さい(のステップ 3 を 1)参照して下さい。 方式は getMonth() です。 結果は整数 変数である currentMonth に割り当てられます。

    注: getMonth(0) メソッドの戻り月の値のための 0-11。 1-12 暦月値に関連するために、currentMonth は 1.高められます。

  4. 現在の日付を得るために実行 Java 方式ステップを追加して下さい(のステップ 4 を 1)参照して下さい。 方式は getdate() です。 結果は整数 変数である currentDate に割り当てられます。

図 1 –サンプルスクリプト

qa-currentdate-1.gif

注: このサンプルスクリプトの目的は現在の日付を得る方法を示すことです。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 48141