コラボレーション : Cisco Unified Contact Center Express

Cisco Agent Desktop にログインできない - エラー: サーバでセッションを作成できない

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このエラー メッセージは、エージェントがログオンを試みると、Cisco Agent Desktop に表示されます。

Unable to Create Session with Server!

この資料にエラーを解決する方法を説明されています。

特定のエージェント ログインでは Cisco IP Contact Center Express (IPCC)版 環境は、このエラーメッセージ現われます:

JVM (-1). Return: (18:error in invoking the JVM)

この資料はまた Log エラーを説明し、可能性のある対応策を提供したものです

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco Customer Response Application (CRA)管理

  • Cisco Agent Desktop 設定

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco IPCC Express 3.03a およびそれ以降

  • Ciscoカスタマー 応答ソリューション(CRS)

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

問題

CRS バージョン 3.02 にログインに最初にできるエージェントはバージョン 3.03 にアップグレードの後でログインにないです。 エラーはエージェント ログに PC の Java Virtual Machine (JVM; Java バーチャルマシン)の始動においての問題を示すようです。 エラーメッセージを表示するために、これらのステップを完了します:

  1. c:\Program Files\Cisco\Desktop\config\fastcalllocal.ini のトレース Level=204 を設定 して下さい

  2. agent.log を開いて下さい c:\Program Files\Cisco\Desktop\log フォルダに常駐する。 これらのエラーは現われます:

agent.log

INFO??FChooker?VERSION:[Release 4.3.2.9] PLATFORM:[2000 Service Pack 4]
INFO??PhoneDev?VERSION:[Release 4.3.2.9] PLATFORM:[2000 Service Pack 4]
INFO??FastCall?VERSION:[Release 4.3.2.9] PLATFORM:[2000 Service Pack 4]
INFO??FastCall?FC0162?FastCall Starting Up
INFO??DAClient?Could not get value for app CTI Manager List key CTI Manager Host B
INFO??FastCall?FC0348?License verified
MAJOR?FCCTI_1000 Error invoking the JVM (-1).Return:(18:error in invoking the JVM)

解決策

問題を解決するために、これらのステップを完了して下さい:

  1. 追加/除去 プログラム ユーティリティによって Cisco Agent Desktop ソフトウェアをアンインストールして下さい。

  2. デスクトップ基礎ソフトウェアを追加/除去 プログラム ユーティリティによってアンインストールし、PC を再起動して下さい。

  3. Java 2 ランタイム環境を追加/除去 プログラム ユーティリティによってアンインストールし、PC を再起動して下さい。

  4. エージェントは CRS サーバに接続する必要があり PC に Cisco Agent Desktop ソフトウェアをダウンロードします。 デスクトップ基礎ソフトウェアのインストールの後で、PC は自動的に再起動します。

  5. PC が起動するとき、インストールはエージェントソフトウェアが再起動した後始まります。

  6. Java 1.3.1 ファイルのインストール時に、c:\program files\javasoft\jre\1.3 .1 から \131 にフォルダの最後のインストール位置部分を変更して下さい。 手動でそれを再インストールするためにこのパスに Java 1.3.1 ファイルをコピーして下さい。

    : path コマンドは期間を受け入れません。

  7. PC を再起動します。

  8. PC の jvm.dll を捜して下さい。 これら二つのディレクトリのこのファイルを見つけることができます:

    • C:\winnt\system32

    • C:\program files\javasoft\jre\1.3 .1 \ビン\ホットスポット

    jvm.dll.old に winnt\system32directory の jvm.dll の名前を変更して下さい

  9. jvm.dll ファイルは C:\program files\javasoft\jre\1.3 .1 \ビン\ホットスポットに常駐すると仮定すればC:\program files\javasoft\jre\1.3 .1 \ビン\ hostspot が PC のパス 環境変数にあるようにして下さい。 これをチェックし、SystemProperties ウィンドウの Advancedtab をクリックし、EnvironmentVariables > SystemVariables を選択し「パス」変数のコンテンツを確認するため。 変数はステップ 8.の検索を実行されたときに jvm.dllfile を見つけたディレクトリを含む必要があります。 ディレクトリがない場合、パスの終わりにディレクトリを追加して下さい。

  10. パスが正しいことを確認するために PC を再起動して下さい。

    この場合エージェントはログインできます。


関連情報


Document ID: 47620