音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

CallManager を使った IP Phone のホットダイヤルの設定例

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Cisco CallManager で Private Line Automatic Ring-down(PLAR)またはホットダイヤル用に Cisco IP Phone を設定する方法について説明します。 PLAR 設定によって、電話はオフフックに行くとすぐ前もって構成された数にダイヤルします。 これは Calling Search Spaces (CSS)、パーティションおよび変換パターンの利用によって実行されます。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco Unified CallManager 4.x/5.x/6.x

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

Cisco CallManager の設定

このセクションでは Cisco Unified CallManager 4.x およびそれ以降のための PLAR を、設定するための情報が表示されます。

CallManager 4.x の PLAR を設定するためのステップ

ユーザがオフフックに行くとき電話が自動的に前もって構成された電話番号にダイヤルするようにするために、CSS はブランク変換パターン ストリングが付いている変換パターンが含まれているパーティションで設定されます。 これはすぐにこのパターンと一致する Cisco Unified CallManager という結果に終ります。 変換パターンは宛先番号(Hotdial)にそれから発信されるコールがほしいと思うところ呼出 し 番号を(すなわちどれも)トランスフォームします。

注: オフフックに行くとき PLAR のために設定される電話が前もって構成された数にダイヤルするので、他のどの数にもダイヤルするのに PLAR 電話を使用できません。 たとえばこれはホテル ロビーの典型的なコンフィギュレーションです。

  1. 区画を作成します。

    Route Plan メニュー オプションから新しい配分を『Partition』 をクリック し、次に追加して下さい。 必須詳細を記入し、次に『Insert』 をクリック して下さい。

    /image/gif/paws/47601/config_hotdial_1.gif

  2. CSS を作成して下さい。

    Route Plan メニュー オプションから、『Calling Search Space』 をクリック し、次に『Add a New Calling Search Space』 をクリック して下さい。 必須詳細を記入し、ステップ 1 で利用可能 なパーティション フィールドからの矢印の使用によって作成したパーティションを選択し、そして『Insert』 をクリック して下さい。

    /image/gif/paws/47601/config_hotdial_2.gif

  3. 変換パターンを作成して下さい。

    Route Plan メニュー オプションから、『Translation Pattern』 をクリック し、次に『Add a New Translation Pattern』 をクリック して下さい。 ステップ 1 およびステップ 2.で以前に作成された CSS および望ましいパーティション名を選択して下さい。 最終的にはオフフックに行くとき電話にダイヤルしてほしいこと、着呼側変換 マスクの下で、Hotdial 数を入力して下さい。 [Insert] をクリックします。

    注: Translation Pattern フィールドが空のままになるようにして下さい。

    /image/gif/paws/47601/config_hotdial_3.gif

  4. 最終的には、PLAR 電話の CSS のためのステップ 2 で設定した CSS を選択する必要があります。

    これは Cisco Unified CallManager の Device メニュー オプションの下の『Phone』 をクリック し、PLAR 電話を選択することによって実行されます。

    /image/gif/paws/47601/config_hotdial_4.gif

CallManager 5.x/6.x の PLAR を設定するためのステップ

これは CallManager 5.x および 6.x の PLAR を設定するプロシージャです:

  1. 区画を作成します。

    > コントロール > パーティションのクラス 『Call Routing』 を選択 して下さい。 検索およびリスト Partition ウィンドウは現われます。

    /image/gif/paws/47601/config_hotdial_5.gif

  2. 新しいパーティションを追加して下さい。

    新しいパーティションを追加するために『Add New』 をクリック して下さい。 Name フィールドでパーティションの名前を入力して下さい。 変更を保存するために『SAVE』 をクリック して下さい。

    /image/gif/paws/47601/config_hotdial_6.gif

  3. CSS を作成して下さい。

    • > コントロール > Calling Search Space のクラス 『Call Routing』 を選択 して下さい。

    • 検索およびリスト Calling Search Space ウィンドウは現われます。 [Add New] をクリックします。 Name フィールドで Calling Search Space の名前を入力して下さい。

    • 利用可能 なパーティション リスト ボックスから選択したパーティション リスト ボックスに必須パーティションを移動するのに下 矢印を使用して下さい。

    • 変更を保存するために『SAVE』 をクリック して下さい。

    config_hotdial_7.gif

  4. 変換パターンを作成して下さい。

    • > 変換パターン 『Call Routing』 を選択 して下さい。

    • 検索およびリスト 変換パターン ウィンドウは現われます。 [Add New] をクリックします。

    • ドロップダウン リストから望ましいパーティション名を選択して下さい。

    • Calling Search Space ドロップダウン リストから望ましい Calling Search Space を選択して下さい。

    注: Translation Pattern フィールドが空のままになるようにして下さい。

    /image/gif/paws/47601/config_hotdial_8.gif

  5. 着呼側変換 マスクの下で、Hotdial 数を入力して下さい。

    • 着呼側変換 Mask フィールドでは、オフフックに行くときダイヤルするために電話の Hotdial 拡張番号を入力して下さい。

    • [Save] をクリックします。

    config_hotdial_9.gif

  6. 最終的には、PLAR 電話に望ましい Calling Search Space を割り当てる必要があります。

    • Device > Phone の順に選択 して下さい。

    • [Find and List Phones] ウィンドウが表示されます。

    • Cisco Unified Communications Manager ですべての登録済みの IP 電話を見つけるために『Find』 をクリック して下さい。

    • PLAR 電話を選択し、Calling Search Space ドロップダウン リストから HotdialCSS を選択して下さい。

    config_hotdial_10.gif

確認

このセクションでは、設定が正常に動作しているかどうかを確認する際に役立つ情報を提供しています。

上の設定が正しく行われたことを確認するためにフックを離れて電話を奪取 して下さい。 電話は自動的に第 2006 にダイヤルする必要があります。

注: Hotdial 数が PLAR 電話の CSS にあるパーティションに、HotdialCSS 属するようにして下さい。

トラブルシューティング

現在のところ、この設定に関する特定のトラブルシューティング情報はありません。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 47601