アプリケーション ネットワーキング サービス : Cisco CSS 11500 ???? Content Services Switches

ユーザがコマンドラインで指定するインターフェイスのリストをチェックするためのキープアライブ スクリプトの例

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このスクリプトは、ユーザがコマンドラインで指定するインターフェイスのリストを確認するように設計されています。 これらのリンクの 1 つに障害が発生した場合、サービスはダウン状態として宣言されます。 これを VIP/インターフェイスの冗長性を備えた重大なサービスとして使用して、物理リンクのモニタリング機能を提供することもできます。 このドキュメントでは、スクリプト キープアライブの実装についても説明します。 このスクリプティング方法は、リモート アクセス サーバ(RAS)のダイヤルアップ クライアント、ターミナル プログラム、および一般的なスクリプト ユーティリティに存在する機能と密接に関連しています。 この機能は、WebNS の豊富なスクリプト言語を使用します。

簡単なソケット Application Program Interface (API)と(接続して下さい/接続解除/送信/受信)、スクリプト キープアライブ与えますユーザに自身のプロトコルを合わせる機能を完了して下さいまたはサービスの信頼できる ALIVE または DOWN 状態を提供するためにステップの自身のシーケンスを書いて下さい。 スクリプト キープアライブ 機能性なしで、FTP、HTTP、ICMP および TCP に現在制限されます。 しかしスクリプト キープアライブを使うと現在のプロトコルの上にあなた自身のスクリプトを書くことによって残ることができます。 たとえば、WebNS が KeepAlive型 POP3 を構築するように要求しないで POP3 サーバに接続するためにとりわけある調子を与えられるスクリプトを開発できます。 この機能は顧客が特定の必要条件に適するために自身のカスタム キープアライブを作成することを可能にします。 これが Content Services Switch (CSS)のコンポーネントであるが、カスタムスクリプトは Cisco Technical Assistance Center (Cisco TAC)によってサポートされません。

スクリプト キープアライブは下記の TAC によって公式のサポートを提供されないし、テストされ、あなた自身の思慮分別で利用可能です。

前提条件

要件

WebNS リッチ スクリプト言語の習熟度。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • WebNS バージョン 3.x 以上

  • CSS 11x00 シリーズ

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

サンプル スクリプト

下記のスクリプトがユーザがコマンド・ラインに渡すインターフェイスのリストをチェックするのに使用することができます。



!--- No echo. 
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! 
!--- Filename: ap-kal-phy-check 
!--- Parameters: Phy1, Phy2, Phy3, and so on. For CSS 11x50, use e1, e2, e3,  
!--- and so on for the syntax. For CSS 11800, use slot/port 1/1, 1/2, 1/3,
!--- and so on for the syntax.

!--- Description: 
!--- This script is designed to check a list of interfaces that the user 
!--- passes on the command line. If any one of these links fails, the 
!--- service will be declared down. This can be used as a critical service 
!--- with VIP/interface redundancy to provide physical link monitoring capability. 
! 
!--- Failure Upon: 
!--- 1. Any interface in the down state.
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! 


if ${ARGS}[#] "LT" "1" 
echo "Usage: ap-kal-phy-check \?phy1 phy2 phy3 ...\?" 
  exit script 1 
endbranch 

while ${ARGS}[#] "GT" "0" 
  set Host "${ARGS}[1]" 
  var-shift ARGS 
  function Phycheck call "${Host}" 
endbranch 

no set EXIT_MSG 
exit script 0 

function Phycheck begin 

!--- Check the first physical.

show phy ${ARGS}[1] | grep -u Down 
if STATUS "NEQ" "0" 
exit script 1 

endbranch 

function Phycheck end 

関連情報


Document ID: 47385