アプリケーション ネットワーキング サービス : Cisco CSS 11500 シリーズ コンテンツ サービス スイッチ

serverAddress に PING を送信するためのキープアライブ スクリプトの例

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このスクリプトは serverAddress に PING を送信します。 アドレスが応答しない場合、スクリプトは終了し、サービスに停止状態/ダウンのフラグを付けます。 サーバが稼働中でもすべてのポートがダウンしている場合、サーバは、停止状態/ダウンとしてマーキングされます。 サーバの仮想ポートのそれぞれがテストされます。 いずれかのテストが失敗した場合、メッセージがログに記録されますが、サービスがダウンしているとマーキングされません。 またこのドキュメントでは、スクリプト キープアライブの実装についても説明します。 このスクリプティング方法は、リモート アクセス サーバ(RAS)のダイヤルアップ クライアント、ターミナル プログラム、および一般的なスクリプト ユーティリティに存在する機能と密接に関連しています。 この機能は、WebNS の豊富なスクリプト言語を使用します。

簡単なソケット Application Program Interface (API)と(接続して下さい/接続解除/送信/受信)、スクリプト キープアライブ与えるかユーザに自身のプロトコルを合わせる機能をまたはサービスの信頼できる ALIVE または DOWN 状態を提供するために書きますステップの自身のシーケンスを完了して下さい。 スクリプト キープアライブ 機能性なしで、FTP、HTTP、ICMP および TCP に現在制限されます。 ただし、スクリプト キープアライブとあなた自身のスクリプトを書くとき現在のプロトコルの上に残ることができます。 たとえば、WebNS が KeepAlive型 POP3 を構築するように要求しないで POP3 サーバに接続するためにとりわけある調子を与えられるスクリプトを開発できます。 この機能は顧客が特定の必要条件に適するために自身のカスタム キープアライブを作成することを可能にします。 これが Content Services Switch (CSS)のコンポーネントであるが、カスタムスクリプトはテクニカル サポートによってサポートされません。

この資料のスクリプト キープアライブはテクニカル サポートによって公式のサポートを提供されないし、テストされ、あなた自身の思慮分別で利用可能です。

前提条件

要件

WebNS リッチ スクリプト言語の習熟度。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • WebNS バージョン 3.x 以上

  • CSS 11x00 シリーズ

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

サンプル スクリプト

このスクリプトが serverAddress を ping するのに使用することができます。



!--- No echo.
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! 
!--- Filename: ap-kal-virtual 
!--- Parameters: serverAddress serverPort1 [serverPort2...] 
! 
!--- Description: 
!--- This script pings the serverAddress.  If the address 
!--- does not respond, the script exits and flags the 
!--- service as dying/down. 
!--- If the server is up but all the ports are down, the 
!--- server is marked as dying/down. 
!--- Each of the server's virtual ports are tested.  If any 
!--- fail, a message is logged, but the service is not 
!--- marked as down. 
! 
!--- 1.0 - 03/20/02 KGS:  Initial version (Tested) 
!--- 1.1 - 03/27/02 KGS:  Added check for out of sockets condition 
!--- Added die on all ports down (tested).
! 
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! 

!--- Make sure there are enough arguments.

if ${ARGS}[#] "LT" "2" 
 echo "Usage: ap-kal-virtual \'servAddress1 servPort1 [servPort2 servPort3...]\'" 
 exit script 1 
endbranch 


!--- Defines. 

set NO_SOCKETS "785" 
set NO_CONNECT "774" 


!--- Set up variables. 

set serverAddress "${ARGS}[1]" 
var-shift ARGS 
set portList "${ARGS}" 
  


!--- Test the server. 

set EXIT_MSG "Ping failure of ${serverAddress}" 
ping ${serverAddress} 
no set EXIT_MSG 

set anyPortUp "0" 
while ${portList}[#] "GT" "0" 
  
!--- Test the ports that the virtual servers are on.

  set CONTINUE_ON_ERROR "1" 
  socket connect host ${serverAddress} port ${portList}[1] tcp 
  set Result "${STATUS}" 
  socket disconnect ${SOCKET} 
  set CONTINUE_ON_ERROR "0" 

  
!--- If out of sockets, warn the operator.
 
  if Result "==" "${NO_SOCKETS}" 
    cliLogMessage subsystem netman "KAL Scripts:  Out of sockets.  Try increasing KAL 
       frequency." level warning-4 
  endbranch 


  !--- If a port does not open, log it.

  if Result "==" "${NO_CONNECT}" 
    cliLogMessage subsystem netman "Virtual server on ${serverAddress}:${portList}[1] 
       did not respond." level critical-2 
  endbranch 


  !--- Check to make sure at least one port is up.

  if Result "==" "0" 
    set anyPortUp "1" 
  endbranch 

  var-shift portList 
endbranch 


!--- If no ports are up, the service should die.

if anyPortUp "==" "0" 
  set EXIT_MSG "Virtual server on ${serverAddress} was up, but no ports were alive." 
  exit script 1 
endbranch 

exit script 0

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 47381