WAN : フレーム リレー

フレームリレー用語集

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2004 年 2 月 5 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、一般的なフレームリレーの用語を定義します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

用語集

アクセス回線—フレームリレースイッチ(DCE)にフレームリレー対応デバイス(DTE)を相互接続する通信回線(たとえば、回線)。 トランク回線も参照。

Access Rate (AR) —ユーザアクセスチャネルのデータ レート。 アクセス チャネルの速度は、エンド ユーザがフレームリレー ネットワークにどれくらいの速度でデータを注入できるか(最大レート)によって決まります。

米国規格協会(ANSI) —国際通信規格に関する推奨事項を案出し、提案することによって一致アセスメント システムおよび米国自発的な標準化を管理し、調整する私用、非営利組織。 国際電気通信連合電気通信標準化部門(ITU-T)(旧称 CCITT)も参照。

逆方向明示的輻輳通知 (BECN) —少しデータフローに逆の方向で送信 されて。 送信側デバイスが輻輳回避手順を開始する必要があることをインターフェイス デバイス(DTE)に通知するために、フレームリレー ネットワークによって設定されます。

bandwidth — フレームリレーネットワーク内の所定のデータ転送チャンネルを渡ることができるキロビット/秒(キロビット/秒)に表現される周波数レンジ。 帯域幅は情報がチャネルによって送信 することができる比率を判別します: 帯域幅が大きいほど、一定時間内により多くの情報を送信できます。

bridge — LAN-to-LANコミュニケーションをサポートする A デバイス。 ブリッジを装備すれば、サービス対象範囲内にある LAN デバイスに対してフレームリレーのサポートを提供できます。 フレームリレー対応ブリッジは、フレームリレー フレームに LAN フレームをカプセル化して、それらのフレームリレー フレームをフレームリレー スイッチに供給することにより、ネットワークを越えた伝送を可能にします。 また、フレームリレー対応ブリッジは、ネットワークからフレームリレー フレームを受信し、フレームリレー フレームから個々の LAN フレームを取り出してエンドデバイスに渡します。 ブリッジは一般に、LAN セグメントを別の LAN セグメントまたは WAN に接続するために使用されます。 ブリッジは、LAN OSI データリンク層の下位のサブ レイヤに位置するレベル 2 LAN プロトコル(メディア アクセス制御アドレスなど)上でトラフィックをルーティングします。 ルータも参照。

バースト性—帯域幅を散発的だけ使うフレームリレーネットワークという点において、データ; すなわち、情報 100%回線の全帯域幅を時間の使わない。 一時停止中、チャネルはアイドル状態になり、チャネルのどちらの方向にもトラフィックは流れません。 対話型の LAN 間データは間欠的に送信されるため、本質的にバースト性があります。 データ伝送の間、チャネルは伝送されたデータ ユーザの入力に対する DTE からの応答を待ち、またユーザからの追加のデータ送信を待つため、アイドル時間が生じます。

チャネル—通常、チャネルはフレームリレーデータが移動するユーザアクセスチャネルを示します。 任意の T1 または E1 物理回線内では、回線の設定方法に応じて、チャネルは次のいずれかになります。

  • 非チャネライズド—全体の T1 または E1 行は以下が本当であるところで、チャネルとみなされます:

    • T1 回線は 1.536 Mbps の速度で動作し、24 の T1 タイムスロットから構成される 1 つのチャネルになります。

    • E1 回線は 1.984 Mbps の速度で動作し、使用方法に応じて 30 または 31 の E1 タイムスロットから構成される 1 つのチャネルになります。

  • チャネル化される—チャネルは以下が本当の所定の回線内の n タイム・スロットのどれでもです、:

    • T1 回線は 1 つまたは複数のチャネルから構成されます。 各チャネルは 24 のタイムスロットのいずれか 1 つです。 各チャネルの速度が 1.536 Mbps を超えない範囲で集約されるため、T1 回線の動作速度は 1.536 Mbps を上限とする 56/64 Kbps の倍数になります。

    • E1 回線は 1 つまたは複数のチャネルから構成されます。 各チャネルは 30 または 31 のタイムスロットのいずれか 1 つです。 各チャネルの速度が 1.984 Mbps を超えない範囲で集約されるため、E1 回線の動作速度は、1.984 Mbps を上限とする 64 Kbps の倍数になります。

  • フラクショナル— T1 または E1 チャネルは連続的にの次のグループか非連続割り当てられたタイム・スロットの 1 つです:

    • n T1 タイム・スロット(n か。 n が T1 チャネルごとの T1 1 つから 23 のタイム・スロットと等しいところ)、56 または 64Kbps。

    • n E1 タイム・スロット(n か。 n が E1 チャネル毎に 1 つから 30 のタイム・スロットと等しいところ)、64Kbps。

チャネル サービス ユニット (CSU) —フレームリレースイッチの T1 (か E1)インターフェイスにフレームリレーDTE の V.35 インターフェイスを適応させるのに必要とされる補助的なデバイス。 フレームリレースイッチの T1 (か E1)信号フォーマットは DTE の V.35 インターフェイスと互換性がありません; そのため、CSU またはそれと同等のデバイスを DTE とフレームリレー スイッチの間に設置して、必要な変換を実行する必要があります。

認定バーストサイズ (Bc) —ネットワークがタイムインターバルTc の間に、通常の状態で、転送することに同意するデータの最大量(ビットで)。 超過バースト サイズ(Be)も参照。

国際電信電話諮問委員会(CCITT) — 「国際電気通信連合電気通信 標準化セクタ (ITU-T)」を下記に参照して下さい。

認定情報レート (CIR) —フレームリレーネットワークが情報を通常の状態で転送することに同意する比率一定時間にわたり平均されたインターバルTc。 ビット/秒(ビット/秒)で測定される CIR はキーによってネゴシエートされる関税メトリックの 1 つです。

コミットされた速度測定間隔(Tc) —ユーザが送信できるタイムインターバルはデータの量およびデータのあ過剰量だけを BC 託しました。 一般に、Tc の長さはトラフィックの「バースト性」に比例します。 Tc (CIR および BC のサブスクリプション パラメータから) Tc = BC は数式と計算されますか。 CIR. Tc は定期的なタイムインターバルではないです。 その代り、スライディング ウインドウのように機能する着信 データしか測定しないことを使用します。 着信データが到達すると Tc 間隔が始まり、上記の式によって算出された時間が経過するまで続きます。 認定情報レート(CIR)、認定バースト サイズ(Bc)も参照。

巡回冗長検査(CRC) —フレームリレーネットワークのデバイスの間で送信される帯の正確さを確認する計算手段(方法)。 フレームが伝送される前に、発信側デバイスで数学関数が計算されます。 その数値はフレームの内容に基づいて計算されます。 宛先デバイスで同じ関数を使用して再計算された値とこの値が比較されます。 CRC が適用しますフレームのサイズへの制限がありません; フレーム長がしかしそう増加するとき探知されていないエラーが発生するかもしれないこと確率をします。 フレーム リレーは CRC-16 を、帯のためのビットエラーのすべての型を長さが 4096 バイト以下検出する 16 ビット フレーム チェック シーケンス (FCS)使用します。 帯がより大きくなると同時に、まれな erroroneous ビット 構成は CRC-16 が検出すること行われる場合があります。 フレーム チェック シーケンス(FCS)も参照。

データ通信機器(DCE) —フレーム リレーおよび X.25 委員会両方によって定義されて、DCE は切り替え装置に適用し、ネットワーク(DTE)に接続するデバイスから顕著です。 DTE も参照。

Data Link Connection Identifier (DLCI) —フレームリレーネットワークの相手先固定接続(PVC) エンドポイントに割り当てられる固有の番号。 フレームリレー ネットワークのユーザ アクセス チャネル内にある特定の PVC エンドポイントを識別します。これは、そのチャネルだけにローカルとして有効です。

Discard Eligibility (DE) —輻輳が発生する場合フレームが他の帯へのプリファレンスで廃棄されるかもしれないネットワーク内の託された Quality of Service を維持するためにことを示す宅内装置 ビット。 ネットワーク側でも DE ビットを設定し、輻輳発生時に DE ビットが設定されたフレームを最初に廃棄できます。 DE ビットが設定されたフレームは、「Be」超過データと見なされます。 超過バースト サイズ(Be)も参照。

E1 — E1 コミュニケーション・ラインの 2.048 Mbps の伝送速度。 E1 ファシリティ キャリア 2.048 Mbps デジタル信号。 下記の T1 をまた参照し、上でチャネリングして下さい。

デスティネーションデバイスの方にフレームリレーネットワーク見出しを残す出力フレーム リレーフレーム。 入力と対比。

エンド デバイス—フレームリレーネットワークをフローする時々データ端末装置(DTE)と言われるデータの最終的な原因か宛先。 発信元デバイスの場合は、フレームリレー フレームでカプセル化するためにインターフェイス デバイスにデータを送信します。 宛先デバイスの場合は、インターフェイス デバイスからカプセル化解除済みデータ(つまり、ユーザ データのみを残してフレームリレー フレームが取り除かれたもの)を受信します。 エンドデバイスは、アプリケーション プログラムやなんらかのオペレータ制御デバイス(ワークステーションなど)である場合があります。 LAN 環境では、エンドデバイスはファイル サーバやホストにすることができます。 DCE も参照。

encapsulation — インターフェイスデバイスがフレームリレーフレームの中のエンド デバイスのプロトコル対応フレームを置く A プロセス。 ネットワークはフレーム リレーのためにとりわけフォーマットされているそれらの帯だけ受け入れます; それ故に、フレームリレーネットワークにインターフェイスとして機能するデバイスはカプセル化を行う必要があります。 インターフェイス デバイス、フレームリレー対応インターフェイス デバイスも参照。

過剰 バーストサイズ (Be) —試みるフレームリレーネットワークがタイムインターバルTc の間に渡すようにことができる BC 以上のコミットされていないデータの最大量(ビットで)。 一般に、このデータ(Be)が送信される確率は Bc よりも低くなります。ネットワークは Be データを廃棄適性として取り扱います。 認定バースト サイズ(Bc)も参照。

ファイルサーバ—フレームリレーネットワーク サポート LAN-to-LANコミュニケーションという点において、ある特定の LAN 内の一連のワークステーションを接続するデバイス。 ファイル サーバはエラー回復やフロー制御機能を実行するほか、データ転送時にエンドツーエンドのデータの確認応答を行うため、フレームリレー ネットワーク内部のオーバーヘッドが大幅に減少します。

順方向明示的輻輳通知 (FECN) —少しデータフローと同じ方向で送信 されて。 受信側デバイスが輻輳回避手順を開始する必要があることをインターフェイス デバイス(DTE)に通知するために、フレームリレー ネットワークによって設定されます。 BECN も参照。

フレーム チェック シーケンス (FCS) —ハイレベル データ リンク コントロール(HDLC)およびフレームリレーフレームで使用される CRC のための 16 ビット フィールド。 FCS は、フレームの開始フラグから FCS までのビットで発生するビット エラーを検出します。 4096 オクテット以下のサイズのフレームでエラーを検出する場合のみ有効です。 巡回冗長チェック(CRC)も参照。

フレームリレー可能インターフェイスデバイス—カプセル化を行う通信装置。 フレームリレー対応ルータおよびブリッジは、お客様の機器とフレームリレー ネットワークのインターフェイスとして使用するインターフェイス デバイスの例です。 インターフェイス デバイス、カプセル化も参照。

フレームリレーフレーム—可変長データユニット、ピュアデータとしてフレームリレーネットワークを通して送信されるフレームリレーのフォーマットで。 パケットと対比。 Q.922A も参照。

フレームリレーネットワーク—フレームリレーテクノロジーに基づく通信ネットワーク。 データは多重化されます。 パケット交換ネットワークと対比。

ハイレベル データ リンク コントロール(HDLC) —一般的 な リンク レベル通信プロトコルは国際標準化機構 (ISO)によって成長しました。 HDLC は、リンク接続を通じて、同期式で、コードに透過的なシリアル情報転送を管理します。 同期データリンク制御(SDLC)も参照。

ホップ—フレームリレーネットワークの 2 つのスイッチ間の単一 幹線。 確立された PVC は、ネットワーク内の入力アクセス インターフェイスから出力アクセス インターフェイスまでの距離にわたる、一定数のホップから構成されます。

アプリケーションを実行することをデータベースにテキスト編集のような機能を、プログラムの実行、アクセス行うためにユーザが可能にするコンピューター A 通信装置を等ホストして下さい

フレームリレーネットワークの方にアクセスデバイスから先頭に立つ入力フレーム リレーフレーム。 出力と対比。

インターフェイスデバイス—フレームリレーフレームのユーザのネイティブプロトコルをカプセル化することおよびフレームリレーバックボーンを渡る帯を送信 することによってエンド デバイス(またはデバイス)およびフレームリレーネットワーク間のインターフェイスを提供するデバイス。 カプセル化、フレームリレー対応インターフェイス デバイスも参照。

国際電気通信連合電気通信 標準化セクタ (ITU-T) —国際通信に関する推奨事項を案出し、提案する標準構成。 以前は、Comite Consultatif International Telegraphique et Telephonique(CCITT; 国際電信電話諮問委員会)と呼ばれていました。 米国規格協会(ANSI)も参照。

平衡型リンク アクセス手順 (LAPB) —平衡モード、X.25 パケット 交換網で使用される HDLC の拡張バージョン。 LAPD と対比。

OSI アーキテクチャのデータリンク層(L2)で動作する D チャネル(LAPD)のリンク アクセス手順—プロトコル。 LAPD は、フレームリレー ネットワークを通じてレイヤ 3 エンティティ間で情報を伝送するために使用されます。 D チャネルは回線交換用の信号情報を搬送します。 LAPB と対比。

ローカル エリア ネットワーク (LAN) —その私設 ネットワークは限られた地理上の区域の情報処理機器を接続するために高速 通信チャネルを提供します。

LAN プロトコル— Transmission Control Protocol/Internet Protocol (TCP/IP)、Apple Talk、Xerox Network System (XNS)、Internetwork Packet Exchange (IPX)および DOS ベース PC によって使用されるよくあるオペレーティング システムを含むフレームリレーネットワークによって、サポートされる LAN プロトコルの範囲。

LAN セグメント—フレームリレーネットワーク サポート LAN-to-LANコミュニケーションという点において、LAN はブリッジによって別の LAN にリンクしました。 ブリッジを使用して一方の LAN セグメントから他方の LAN セグメントにデータを転送すれば、2 つの LAN が 1 つの大きな LAN のように機能します。 ブリッジされた LAN セグメント同士が通信するには、両方の LAN セグメントで同じネイティブ プロトコルを使用する必要があります。 ブリッジも参照。

ローカル管理インターフェイス (LMI) —一組の基本的 な フレームリレー 仕様への機能拡張。 LMI には、データが流れているかどうかを検査するキープアライブ メカニズムや、スイッチが認識している DLCI について継続的なステータス レポートを提供するステータス メカニズムなどがあります。 LMI は、ANSI 用語では LMT と呼ばれます。 フレームリレーフォーラムの LMI、ANSI T1.617 (Annex D)、および CCITT Q922 (ANNEX A)。

パケット—固定長2進数の集まり—コール制御シグナルおよびデータを含んで X.25 パケット 交換網を通って全複合として送信されること。 データ、コール制御信号、および起こりうるエラーの制御情報が、事前に規定されたフォーマットに従って配列されます。 パケットは常に同じ経路移動しません; むしろ、それらは受信者へのメッセージ全体を転送する前の宛先側の適切な順序で配列されます。 フレームリレー フレームと対比。

パケット 交換網—転送チャンネルがパケットの伝達の間にだけ占められるかパケット 交換 技術に基づく通信ネットワーク。 フレームリレー ネットワークと対比。

パラメータ—ターミナルまたはネットワークオペレーションの側面を制御する数値的なコード、ページサイズのような側面、データ転送速度およびタイミング オプション。

相手先固定接続(PVC) —エンドポイントおよびサービス クラスがネットワーク管理によって定義されるフレームリレーロジカルリンク。 X.25 の相手先固定接続と同様に、PVC も、発信側フレームリレー ネットワーク要素アドレス、発信側データリンク接続識別子、着信側フレームリレー ネットワーク要素アドレス、および着信側データリンク接続識別子から構成されます。 発信側とは、PVC が開始される側のアクセス インターフェイスを指します。 着信側とは、PVC が終了する側のアクセス インターフェイスを指します。 データ ネットワークのカスタマーは、多くの場合、2 地点間の PVC を必要とします。 継続的な通信を必要とするデータ着信側機器は複数の PVC を使用します。 データリンク接続識別子(DLCI)も参照。

Q.922 ANNEX A (Q.992A) —フレームリレーフレームの構造を定義する ITU-T によって開発される Q.922A フレーム形式に基づいて国際的なドラフト 標準。 フレームリレー ネットワーク内を流れるフレームリレー フレームはすべて、自動的にこの構造に準拠します。 LAPB と対比。

Q.922A フレーム—ピュアデータ(すなわち、としてフレームリレーネットワークを通してそれ送信されるフレーム リレー(Q.922A)形式でフォーマットされている可変長データユニットはフロー制御なし 情報が含まれています)。 パケットと対比。 フレームリレー フレームも参照。

LAN-to-LANコミュニケーションをサポートするルータA デバイス。 ルータを装備すれば、サービス対象範囲内にある LAN デバイスに対してフレームリレーのサポートを提供できます。 フレームリレー対応ルータは、フレームリレー フレームに LAN フレームをカプセル化して、それらのフレームリレー フレームをフレームリレー スイッチに供給することにより、ネットワークを越えた伝送を可能にします。 また、フレームリレー対応ルータは、ネットワークからフレームリレー フレームを受信し、フレームリレー フレームから各フレームを取り出してオリジナルの LAN フレームを生成し、その LAN フレームをエンドデバイスに渡します。 ルータは複数の LAN セグメント同士の接続、または複数の LAN セグメントと WAN の接続を行います。 ルータはレベル 3 LAN プロトコル(IP アドレスなど)上でトラフィックをルーティングします。 ブリッジも参照。

統計多重—フレームリレーネットワークを通した伝達のための単一 チャネルまたはアクセス回線の 2つ以上のデバイスのデータ 入力を入れ込むことの方式。 データのインターリーブは DLCI を使用して行われます。

相手先選択接続 (SVC) —伝達が完了する場合の動的にオンデマンド式で接続され、中断 される バーチャル サーキット。 SVC は、データ伝送が散発的に発生する状況で使用されます。 ATM 用語では、Switched Virtual Connection と呼ばれます。

同期データ リンク制御(SDLC) —同期を、コード透過型管理する International Business Machines (IBM) システム ネットワーク アーキテクチャ (SNA) ネットワークで使用されるリンク レベル通信プロトコル、リンク接続上のシリアル情報転送。 SDLC は、International Organization for Standardization(ISO; 国際標準化機構)によって策定された汎用的な高レベル データリンク制御(HDLC)のサブセットです。

t1 — T1 コミュニケーション・ラインの 1.544 Mbps の伝送速度。 T1 ファシリティは 1.544 Mbps のデジタル信号を搬送します。 デジタル信号レベル 1(DS-1)とも呼ばれます。 E1、チャネルも参照。

幹線— 2 つのフレームリレースイッチを互いに接続する通信回線。


関連情報


Document ID: 47202