ブロードバンド ケーブル : ケーブル モデム終端システム(CMTS)

MC28C または MC16x カード搭載 uBR7200 の N+1 ソリューション

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、シスコで推奨する設計に従って、N+1 ソリューションを設定、配線、および構成する方法について説明します。 配線方法の他に設定する必要のあるコンポーネントは次のとおりです。

  • 簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP) モジュール(HD4008)または非 SNMP アップコンバータが付いている VCom HD4040 アップコンバータ

  • uBRRFSW Radio Frequency (RF) スイッチ

  • uBR7200VXR

uBR7200 は 4 他のシャーシを保護する 4 枚のカードの 1 シャーシとして設定することができます。 これは経済学と 4+1 アベイラビリティを提供する、助けまた PacketCable のための必要な必要条件を渡しますので。 厳密には、これは 2x8 カードを使用するとき 1x6 カードを使用するとき、または 8 つの別々のインターフェイス レベルの 4 つの別々の 4+1 のシナリオ シナリオです。

全体の uBR がダウン状態になれば uBR を渡るグループを広げることを推奨します。 目標はこれが起こる場合保護される uBR の各カードを持つことです。 Cisco IOS によって開始する uBR7200 か。 Data-over-Cable Service Interface Specifications (DOCSIS) 1.0 および 1.0+ の 1+1 冗長性のための 12.1EC。 DOCSIS 1.0 および 1.1 の uBR7200 のための N+1 は 12.2(11)BC およびそれ以降にあります。

ヒント: ケーブル接続側は uBR7200 の正面図、他の機器の背面図とみなされます。 参照設計は RF Switch を除く先頭へすべてのユニットを同じ高さに取り付けることです。 アップコンバータに先頭の取付金具がありますただ、uBR7200 および RF Switch は先頭か後部から同じ高さにマウントすることができます。 詳細についてはこの資料の MC28C または MC16x カード セクションの uBR7200 を参照して下さい。

前提条件

要件

この ドキュメント を 読む人は Cisco IOS コマンド・ラインおよびハイ アベイラビリティの DOCSIS プロトコルの基本的な知識が、RF 用語および概念および習熟度ある必要があります。

使用するコンポーネント

この資料は Cisco IOS の特定の使用に制限 されますか。 12.1EC か 12.2(11)BC およびあとで uBR7246VXR。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

RF スイッチ

参照設計はヘッダの一方の 1 つの MACドメイン、および同じヘッダの反対側の 2x8 カードの他の MACドメインと配線されます。 カラー コードはケーブル キットが uBR7200 2x8 カード、RF Switch および HD4040 の Cisco の参照設計のためにあらかじめセットされして いるので非常に重要です。 uBR7200 で水平の 2x8 カード インストールは配線のための特定の長さに従ってケーブル切られます。 順序でカラー コードはレッド、白い、ブルー、グリーン、黄色い、オレンジ紫色で、黒くし、グレーになり、茶色になります。

2x8 をこのカラー スキームによって配線する場合、最初の MAC ドメインに対する US 0、1、2、3 は、赤、白、青、緑になり、これに関連付けられている DS は灰色になります。 2 番目の MAC ドメインの US 0、1、2、3 は黄、紫、オレンジ、黒となり、これに関連する DS は茶色になります。 左の 4 USs の RF Switch ヘッダ、および右の 4 を配線することを忘れないでいて下さい。 3x10 RF Switch のための下部のからの第 2 ホールに左に灰色ネットワークを置いて下さい。 茶色のワイヤは、灰色の隣のヘッダーの右側に装着します。

ピクチャは下記のアップコンバータおよび RF Switch がモードを保護することを示します。

/image/gif/paws/47163/n1_config_cards-A.gif

一番右側にある 2 つのアップコンバータ モジュールが無効になっていて、モジュール 9 と 10 が有効になっています。 RF Switch LED すべては左の第 5 モジュールの、および右の第 5 および第 7 モジュールです、ビットマップで使用しなかったモジュールを除いて琥珀色/黄色。

RF Switch は 8+1 RF Switch または 2 つの 4+1 の RF スイッチとして 2 つの別々のモードで、操作することができます。 uBR7200 の場合には、4+1 オペレーションモードは使用されます。 将来、RF Switch は 8+1 モードで 1 つをシャーシ カバー 8 はたらくシャーシを保護してもらうために動作するかもしれません。

どのポートが特定のグループに属するか示す対応したビットマップとの IP アドレスおよびいくつかのグループ名を除く RF Switch 自体で、プログラムするべき多くがありません。 デフォルト RF Switch モードは 8+1 であり、4+1 モードに変更される必要があります。

フェールオーバー 時間は失敗の種類に関連して、モデムの量あり、しかしモデムの種類 3-8 秒の順序にありました。 RF Switch 中継はミリ秒です、しかし失敗を引き起こすことは 3-5 秒である可能性があります。 リフレッシュされる必要があるまたは uBR 間のルーティングの再収束かかります MACテーブルが理由でモデムのデータ転送を再起動するのにより多くの時間。 最新のコードは Voice over IP (VoIP) トラフィックをするモデムを優先しました。

ケーブル

部品および部品番号のための下記の表を参照して下さい。

部品 部品番号
Cisco Black header for N+1 スイッチ PN# MCXHEADERBK
フィールド終端用 MCX 固定ピン PN# MCXFP
フィールド終端用 F コネクタ PN# ASFP
MCXFP 用圧着工具、 .213 十六進ひだ PN# C47-10120
ASFP F コネクタ用圧着工具、 .270 六角圧着工具 PN# ACT-270 | $35
MCXFP 用ストリッパー、 .230 X .125 2 ステージ ストリップ PN# CPT-7538-125
ASFP 用ストリッパー、 .250 X .250 2 ステージ ストリップ PN# CPT-7538 | $35
F ジャッキ アダプタ用 MCX ジャッキ PN# 531-40137
2x8 カード ケーブル キット用スイッチ、 MCX から FP 47.5" PN# 74-2765-02
プラント側ケーブル キット用スイッチ、MCXP から FP 10 m PN# 74-2961-01
スイッチからプラント CAB-RFSW520TPMF、3 m PN# 74-2984-01 または PN-78-147111-01

CablePrep(1-800-394-4046)にお問い合わせいただくか、Web サイト(http://www.cableprep.com/)を参照してください。leavingcisco.com

入力用、保護用、出力用の全ケーブル キットを、WhiteSands から入手することを推奨します。 WhiteSands Engineering には、http://www.whitesandsengineering.com からアクセスできます。leavingcisco.com 5 の F、3 メートル バンドル、および 25 の余分 F コネクタのバッグに 10、MCX の 2 つの 3 メートル ケーブルバンドルが含まれていること新しい出力ケーブル キット(74-2984-01)があります。 このケーブルは、メス型の F コネクタと一緒に WhiteSands に発注できます。

ヒント: コネクタを圧着する前に、コネクタと配線の導通をテストしてください。 アダプタ(531-40137)が使用されていない場合は、RF スイッチを使用してテストを実行する必要があります。 アップコンバータの出力から RF スイッチの出力について DS ポートをテストし、CMTS から RF スイッチの出力について US ポートをテストするようにしてください。 テストの場合はケーブルをヘッダーに取り付ける必要はありません。 US ポートには 5 ~ 70 MHz フル RF スペクトラム スイープ、DS ポートには 50 ~ 870 MHz を使用することができます。

F コネクタが自身のピンを備えているので、Belden ケーブル センター コンダクターは特定の長さ(1/4 インチ センター コンダクターおよび取除かれる 1/4 インチ ジャケット)に特別な F コネクタの中で正しく接続するために切る必要があります。 束ねたコードを折り込み、接合ホイル誘電体を F コネクタの主軸に差し込みます。 センター コンダクターは固体銅で、従って潜在的故障の恐れのためにそれを曲げません。 ケーブル準備から必要であれば開始して下さい。

MAC ドメインは別々の外観にすることを推奨しますが、必須ではありません。 ヘッダの一方の 1 つの MACドメインが付いているヘッダ、および同じヘッダの反対側の 2x8 カードの他の MACドメインを配線できます。 MAC ドメインの配線は、同じグループに属していて、互いに関連するすべての入力、出力、および保護の間で同一である必要があります。 1x6 ラインカード配線に関しては、上記の同じ方式を使用して下さい、しかしヘッダの右側に最後の 2 つの米国ポートを置いて下さい。 これはもっと簡単にしま 2x8 カードに将来アップグレードします。

uBR で結合する米国稠密モードをしている場合 Cable Modem Termination System (CMTS) インターフェイスでそれをすることができ RF Switch でいくつかの米国ポートを保存します。 Cisco は 3x10 および 2x12 DS-to-US 設定だけをサポートします、RF Switch は異なるシナリオのために設定可能なユーザであるかもしれません。 スロット 14 に余分 DS モジュールをインストールすることは可能性のあるで米国モジュールとしてスロット 11 及び 12 で可能性のある DS モジュールを使用します。 その場合、適切なモジュールをインストールしなければなりません。 これは 1 RF Switch だけの uBR7200s の 1x6 ラインカードを使用して 4+1 に冗長性を与えます。

MC28C または MC16x カードの uBR7200

リストは下記のフェールオーバー 開始のためにトラッキングされる状況を示します。 これらは、モデムがオフラインになってしまう場合の最も一般的な原因と考えられています。

  • アクティブなケーブル インターフェイスのシャットダウン(機能するがサポートはなし)

  • アクティブな回線カードの Online Insertion Removal (OIR)。

  • ソフトウェア CLI BASE コマンド(m) hccp g スイッチ

  • アクティブなラインカードでのソフトウェアのクラッシュ

  • キープアライブ機能が関連する DS の配線の障害

  • ラインカード(リセットされる hw-module slot X)のリセット。

  • トラッキングまたはキープアライブ機能が関係する出力の障害

  • 作動しているラインカード(x)電源遮断のケーブルの停電。

将来、Cisco は入力される中間周波(IF)またはモジュール障害がないとき示すために VCom アップコンバータからの管理情報ベース(MIB)をトラッキングするかもしれません。 現時点で、Cisco はキープアライブ機能によって DS 失敗をトラッキングします。 Cisco は容易さケーブル接続および外部アップコンバータ信頼を助けるために内部 アップコンバータが付いている 2x8 および 1x6 ラインカード、およびスペクトル管理を提供します。

DS 失敗はアップコンバータおよび uBR7200 または RF Switch 間の悪いアップコンバータかケーブル不良からある可能性があります。 キープアライブ機能では、特定の MAC ドメインにあるすべての US ポート上のすべての通信を追跡します。 通信がない場合は、一部のユーザ設定可能なしきい値とタイマーに基づいて、フェールオーバーが開始されます。 2x8 カードは実際には 2 つの 1x4 MAC ドメインであるため、MAC ドメインをベースとしてスイッチ グループを作成できます。 1 つの MAC ドメインは、1 つの DS と、関連付けられた US で構成されています。

DS 場合をシャットダウンする場合、まだ IF 出力を生成しますが、プロトコルはコンフィギュレーション ファイルでフェールオーバーを始めます。 フェールオーバーは締まっている米国インターフェイスによって始められません。 ラインカードのポートからアップストリーム ケーブルを引き抜いても、N+1 ラインカードのフェールオーバーを引き起こす有効なイベントであると、通常は認識されません。 これは、ファイバ ノードやアンプから減衰器(運用上のメンテナンスに使用)が取り外されたこととの区別が大変に難しいためです。 シャーシからカードを引き抜くこと、ラインカードとアップコンバータとの間のダウンストリーム ケーブルを取り外すこと、アップコンバータを取り外すこと、RF スイッチへのアップコンバータの出力を取り外すこと、あるいはそれ以外のカードでのソフトウェアやハードウェアに関係する障害の一部は、すべて有効な N+1 フェールオーバー イベントと見なされます。

ヒント: インターフェイスのシャットダウンによってフェールオーバーを強制することを推奨しません。 failover cli コマンド hccp {group -} スイッチ {member id}を発行することが最善です。 またラインカードに電力を切る、line card power down コマンドを使用できこうして障害を引き起こします。 コマンドはスロットが [3-6] のケーブル電源遮断にスロットです。

1 uBR は保護 uBR として指定され、それに関連しているグループおよびアップコンバータのすべての作業メンバーをバックアップするためにすべてのコマンドはことシャーシ設定されます。 ラインカードが取り外される場合、1つ以上の MACドメインは取除かれ、保護カードはにバックアップしますそれを始められます。 保護 uBR の設定はまた関連するアップコンバータ 有効に なり、ディセーブルにするために適切な RF Switch 中継スイッチオーバをし。

ヒント: IOS を最新のコードにアップデートした場合設定を常に検討することを忘れないでいて下さい。 また、保護インターフェイスの設定の前に運用インターフェイスを設定するようにしてください。

警告 警告: N+1 冗長性をするとき uBR 設定の DS 周波数に影響があります。 外部アップコンバータはフェールオーバーが発生するとき SNMP によって uBR 設定からの DS 周波数を知る必要があります。 それを空のままにし、スイッチ オーバーが発生すれば、保護アップコンバータ モジュールは不正確かもしれない周波数に周波数を変更します。 これは、複数の DS 周波数が同じプラントにある場合の参考情報か、あるいはケーブルのダウンストリーム上書き機能としての目的に限られます。

ピクチャは下記の F コネクタおよび色分けされたケーブルとの Belden ケーブルと配線される uBR7200 を示します。

n1_config_cards-B.gif

このサンプル レイアウトは MC28C ラインカード、2 つの RF スイッチおよび正面図から示されている 3 HD4040 UPxs の Cisco 参照設計です。 デバイスの間でギャップが必要となりませんが、ケーブル ルーティングは 2 つの RF スイッチと最初の RF Switch と uBR 間のラック スペースの 1 Rack Unit (RU)とより容易です。

8 のケーブルバンドルは UPx 入力へのラインカード IF のためのコネクタ F にF によって VXR ごとの DS のために使用されます。 8 のケーブルバンドルは RF Switch に UPx のために F にMCX と出力しました使用されます。 10 のケーブルバンドルは MC28U アップグレードに将来使用する余分な物と USs のために使用されます。 保護およびすべての DS ケーブルは左に切られる USs をはたらかせることを用いる権限に切られます。

ピクチャは下記の RF スイッチが 3x10 RF スイッチで設定されるので MC16x カードと使用される 2 つの RF スイッチを表示します。 このサンプル レイアウトは 5 uBR7200s、2 つの RF スイッチおよび 2 HD4040 VCom アップコンバータを使用します。 これは MC28U カードに容易な移行を将来可能にします。

ケーブル カラー コードは設計のために関連しないかもしれません。

/image/gif/paws/47163/n1_config_cards-C.gif

ピクチャは下記の 1x6 カードを 2 つの RF スイッチによって使用するときアップコンバータおよび RF Switch のための色コーディングの爆発概観です。

/image/gif/paws/47163/n1_config_cards-D.gif

ピクチャは下記の 1 RF Switch を使用して参照設計です。

/image/gif/paws/47163/n1_config_cards-E.gif

ヒント: 高密度モードの組み合わせのシナリオ用に組み合わされている US ポートがある場合、これらを CMTS で組み合わせ、RF スイッチの US ポートの一部を解放することができます。 これは 1 反転を奪取 するかわりにそれを意味し、RF Switch の前に 2 つの米国ポートを入れるために分割して RF Switch の後でおよび CMTS の前にそれをして下さい。

インターネット トラフィックのために使用されるバックホール ポート以外 Hot Standby Connection-to-Connection Protocol (HCCP)の SNMP トラフィックのために別途のイーサネットポートを使用するために推奨します。

警告 警告: 組み込まれたインターフェイスはバンドルおよびグローバルコマンドが保護 uBR で前もって構成される必要があるようにフェールオーバーします。 また、非同期化された cable interface コマンドは前もって構成される必要があります。 これらのコマンドは、HCCP グループの全メンバ間で同一である必要があります。 詳細についてはこの資料の Non-Synchronized Commands セクションを参照して下さい。

タイマー

cable interface コマンド hccp {group -} タイマー hellotime holdtime は内部シャーシ コミュニケーションのためです。 hellotime は定期的なハートビート メッセージのタイマー値です。このメッセージは、N+1 冗長性のためにシャーシ間で HCCP によって交換されます。 保護シャーシはミリ秒にはたらくシャーシの正気をチェックするために hellotime 間隔で HELLO メッセージを送信 し続けます。 holdtime と等しい時間より多くのための helloAck がない場合作業が失敗し、スイッチオーバを初期化することが宣言されます。 holdtime は少なくとも hellotime の 3 倍の長さにする必要があります。 デフォルト値は、hello が 2000 ミリ秒、hold が 6000 ミリ秒です。 最大は 25,000 ミリ秒です。

トラッキング

HCCP インターフェイスはデフォルトで自分自身を追跡しています。 キープアライブは有効に なり、着信アップストリーム パケットを検出する場合、フェールオーバーします。 アップリンク インターフェイスの追跡には、track コマンドも使用できます。 たとえば、はたらくことに専用アップリンクがある場合(たとえば、Gigabit Ethernet (GE)) パスは持っています専有物を、これらのアップリンク インターフェイス トラッキングすることができます保護し。 1 つが失敗する場合、ケーブルインターフェイスはスタンバイにフェールオーバーします。

1 つのラインカードに取り付けられているヘッダー全体を交換するには、2x8 カードを使用している場合は 2 つの MAC ドメインを切り替える必要があります。 各インターフェイスが互いに指すようにトラック コマンドを発行して下さい。 インターフェイス C3/1 の hccp {group -}トラック c3/0 コマンド、およびインターフェイス C3/0 の hccp {group -}トラック c3/1 を発行して下さい。 もう一つの方法はインターフェイス バンドリングを使用することです。 組み込まれるインターフェイスはグループとして、ない uBR10K でフェールオーバー。

ヒント: 各作動しているラインカードはまたフェールオーバー インターネット 出力ポート、従って何かがバックホール アダプタか接続に起これば、全シャーシをトラッキングできます。 組み込むインターフェイスをすべての 4 つのラインカードのために使用している、場合マスターだけ出力ポートをトラッキングする必要があります。 出力ポートの 1秒にキープアライブを設定 して下さい。

キープアライブ

この機能の目的は RF Switch と CMTS 間のアップコンバータかケーブル接続から出力される悪い RF をカバーすることです。 光ファイバ/同軸ハイブリッド(HFC)障害を検出する方法は、全アップストリームに着信するパケットの数を数えることです。

3 キープアライブ 期間以内の upstreams すべてに着信パケット(範囲 要求/応答、ステーションメンテナンス、データ、等)がない場合、行プロトコルはダウンし、何かがそのチャネルで間違って、スイッチオーバことを HCCP は仮定します。 同じ悪い HFC プラントにまだあるので実質 HFC 問題があったら、スイッチオーバ発生しましたり、しかししませんよいよをを覚えていて下さい。 この機能はアップコンバータおよびある特定のケーブル接続のような保護とワーキング インターフェイス間でよくないコンポーネントの失敗をカバーするために意味されます。

デフォルトでは、キープアライブ機能は古い IOS のケーブル インターフェイスでオフになっていますが、新しいコードでは 10 秒に設定されています。 低い 1秒であるが、後やっとインターフェイスが安定したキープアライブをできるだけ設定 して下さい。

すべてのモデムがオフラインになる場合それがワーキング インターフェイスに戻って失敗しないように保護インターフェイスの no keepalive を発行することは有利かもしれません。

ヒント: ロックアウト作業が行われるまで定期整備がケーブル設備(バランスをとる増幅器で、等)起こって、MACドメインのすべての米国ポートに影響を与えること信号損失は著名です、インターフェイスする。 もし使用するなら IP ケーブル インターフェイス構築と共に、それからバンドルのすべての関連するインターフェイスは同様にロックアウトする必要があります。

フェールオーバー時間

DOCSIS 1.0 では、DS 同期損失を 600 ミリ秒と指定していますが、同期損失の後にケーブル モデムで何を行うかは指定されていません。 ほとんどのケーブルモデムは同期化損失の直後に再登録しません。

モデムに対するステーション メンテナンスは、モデムの数が 20 台まではモデム 20 台あたり 1 秒かかり、MAC ドメインにあるモデムが 20 台以上の場合は、20 秒ごとに行われます。 15BC1 の前に、これは 25 秒でした。 HCCP が設定されている場合、フェールオーバーが成功する見込みが最も高いのは 15 秒です。 これは、モデムの T4 タイマーが 30 秒に設定されているためです。 予定されている 20 秒のステーション メンテナンスの直前にモデムがフェールオーバーした場合は、T4 タイマーの残りが 10 秒となります。 フェールオーバーはこれよりわずかに時間がかかる可能性がありモデムはオフラインになります。 ステーションメンテナンスに 15 秒毎にすることによって、最悪 の 場合は T4 タイムアウトの前に実行されるためにフェールオーバーのための 15 秒を与えます。

復帰時間

復帰時間は運用インターフェイスで設定されるもので、保護インターフェイスが自動的に元に戻るための時間です。したがって、ユーザが手作業で元に戻すことを忘れていた場合でも、他の障害に対応できます。 デフォルトは 30 分です。 30 分のデフォルトを設定する no reverttime コマンドを発行して下さい。 戻らないために、コマンドを保護インターフェイスの hccp {group -} リバーティブ発行しないで下さい。

ワーキング インターフェイス 設定の 1 分への設定 された 回復時間、それそれでも蹴るべきはたらくことのための 3 分かかれば。 復帰時間の前に 2 分の停止時間があります。 この停止時間は、単一障害を定義するために使用されます。 停止時間の間に 2 つのスイッチオーバーが発生した場合は、二重障害と見なされます。 HCCP は二重失敗で推奨され、非破壊的なサービスは保証されません。 回復時間がサード パーティ問題を解決できるには余りにも短い場合、ユーザはかもしれなくないし現用カードが正しくオペレーティングである場合保護はスイッチバックするかもしれないです。 キープアライブ エラーが理由で行われる失敗は自動的に戻りません。

停止時間が終われば、回復時間があるかどうかワーキング インターフェイスが正しくオペレーティングなら保護インターフェイスのどの失敗でもスイッチバックする、関係。 しかし OIR 保護カード、停止時間バイパスされた挿入ならカードはリブートするために 2 分かかります。 から失敗する別の方法はすぐにはたらくことに戻って cable power off slot コマンドを発行することそしてケーブル接続します保護インターフェイスのスロットの電力を保護します。

どの位時間がカウンターに残っているか見る show hccp brief コマンドを発行できます。 保護およびはたらく uBR のこのコマンドを発行して下さい。

uBR # sh hccp brief 
Interface	Config    Grp Mbr Status          WaitToResync    WaitToRestore
C3/0   	Working   1   1   active                          00:01:45.792
C4/0   	Working   2   1   active          00:00:45.788    00:01:45.788

1 分以降に、静的な同期化は起こり、スタンバイはアクティブまで同期します。 shut/no-shut を、OIR 使用するか、またはフェールオーバーを引き起こす hw-module reset コマンドを発行すれば静的な同期化が完了する直後にそうすることができます。

現用カードから DS を取り外すと、キープアライブ 3 期分が経過した後、保護カードが正常に起動します。 DS 失敗はキープアライブが消えている場合トラッキングされません。 回復時間および 2 分停止時間が稼働していれば、間違って何も現用カードとない場合はたらくことに戻ります。 保護インターフェイスの hccp {group -} リバーティブ コマンドの発行なによってはたらくことに戻らないことを選択することができます。 それでも保護が戻るようにする場合スイッチバックするにほしいとき戻しワーキング インターフェイスの時間を(65k 分まで)、手動で発行します hccp {group -} スイッチ{メンバー#}コマンドをより大きいの設定することができます。

警告 警告: リバーティブが保護で設定されなかったのに、壊れる出力ポートによるフェールオーバーを強制するか、またははたらくシャーシを離れてはたらく出力ポートに一度動力を与えることおよび/またはシャーシをはたらかせることが再度機能であることがはたらくことに戻って、保護切り替えます観察されました。 初めのフェールオーバーのためのまれな原因とみなされ問題を引き起こす理解され、説明する必要があります。

同期コマンド

HCCP グループの一部である保護インターフェイスとすべての運用インターフェイス間で同期される、全インターフェイス コマンドのリストを次に示します。


[no] ip address <ip address> <subnet mask> [secondary]
[no] ip helper-address <address>
[no] ip vrf forwarding <vrf name>
[no] mac-address <mac address>
[no] interface <type><optional-whitespace><unit>
[no] cable arp
[no] cable proxy-arp
[no] cable ip-multicast-echo
[no] cable ip-broadcast-echo
[no] cable source-verify ["dhcp"]
[no] cable dhcp-giaddr [ policy | primary ]
[no] cable resolve-sid
[no] cable reset
cable dci-response 
   [ ignore | reject-permanent | reject-temporary | success ]
   [no] cable intercept {mac-addr} {dst-ip} {dst-port}
[no] cable downstream frequency <f>
[no] cable downstream channel-id <id>
[no] cable downstream rf-power <dbmv>
[no] cable downstream rf-shut
[no] cable insertion-interval <interval>
[no] cable insertion-interval automatic <min-interval> <max-interval>
[no] cable helper-address <ip-address> ["cable-modem" | "host"]
[no] bundle <n> [ master ]
[no] upstream <n> shutdown
[no] upstream <n> frequency <f>
[no] upstream <n> power-level <dbmv>
[no] upstream <n> concatenation
[no] upstream <n> minislot-size <2-128>
[no] upstream <n> fragmentation
[no] upstream <n> modulation-profile <1st-choice> [<2nd-choice>]
[no] upstream <n> channel-width <hz> <hz-opt2>
[no] ip access-group [<n>| <WORD>] [“in” | “out”]	
[no] cable spectrum-group <grp num>
[no] cable upstream <n> spectrum-group <grp num>
[no] cable upstream <n> hopping blind
[no] cab up<#> threshold cnr-profile1 <5-35> 
   cnr-profile2 <5-35> Corr-Fec <0-30> Uncorr-Fec <0-30>
[no] cable upstream <#> hop-priority 
   [frequency | modulation] [frequency | modulation | channel-width]
[no] ip pim sparse-dense-mode

非同期コマンド

すべてのグローバルコマンドに加えて、これらのコマンドは保護インターフェイスで前もって構成する必要があります:


cable map-advance dynamic/static
cable downstream modulation [256qam | 64qam]
cable downstream interleave-depth [128|64|32|16|8]
[no] keepalive <0-32767>
power-adjust threshold, power-adjust continue, & power-adjust noise
tftp enforce (mark only)
shared secret
arp timeout
cable source-verify lease timer
ip policy route-map
load balance configs
no shut

すべてのコンフィギュレーションは 15BC2 コードで以上に同期されますが、DS 変調、別館モードおよびインターリーブは依然として HCCP グループのすべてのメンバーに同じである必要があります。

より新しい IOSコードは(後 12.10 EC1 及び 4BC コード)ユーザがダイナミックおよびスタティック マップ アドバンスのためのハード設定数に置くことを可能にします。 このコマンドの詳細な説明については、『ケーブル マップ アドバンス(ダイナミックまたはスタティック)』を参照してください。 これを念頭に置いて、各インターフェイスには異なるマップ アドバンス設定を行うことができます。 現用側から異なる設定の保護側にフェールオーバーが行われる場合には、モデムからマップに同期することが難しくなることがあります。 各モデムの最初のメンテナンス タイム オフセットは IOSコード 12.2(8)BC2 およびそれ以降で同期されます。 保護のデフォルト設定を使用するために推奨します。 Cable Map-Advance Dynamic をデフォルト設定のための 1000 1800 発行して下さい。

警告 警告: 動作中の現用ラインカードの設定を追加または削除する場合は、保護カードに静的同期されるまで、N+1 アーキテクチャで新しい設定を保護できません。 静的同期前にスイッチオーバーが発生した場合は、新しい設定で起動されるアプリケーションが、予期しない動作をする場合があります。

これ、ロックアウトを作動しているラインカード hccp {group -} ロックアウト{メンバー#}コマンドの発行によって防ぎ、新しいコマンドを設定するため。 終了したら、hccp {group -} unlockout {メンバー#}コマンドの発行によって現用カードをロック解除して下さい。 これにより、静的同期がただちに強制実行されます。 Resyncs は 12.2(11)BC1 IOS リリース およびそれ以降とのケーブルインターフェイス コンフィギュレーションモードを離れた後自動的に起こります。

ヒント: Resyncs は 12.2(11) BC1 IOS リリース およびそれ以降とのケーブルインターフェイス コンフィギュレーションモードを離れた後自動的に起こります。 作動しているラインカードのあらゆるコンフィギュレーション変更の後で、hccp {グループ}再同期{メンバー}コマンドはコンフィギュレーションモードからのその現用カード、か終了で発行する必要があります従って自動的に行われます。

設定が完了するまで保護インターフェイスを使用不能にすることもまた可能性のあるが、そして発行します no shut コマンドをです、再同期が起こる 1 分前に、待って下さい。 保護インターフェイスを使用不能にすることに関する問題は締まっている間、そこにです保護するかもしれない他のすべてのインターフェイスのための保護ありません。 ロックアウトの問題は、すべてのインターフェイスに対して、ロックアウトを開始する必要があることです。

フェールオーバー機能のためのモデムのテスト

モデムがオンラインに残るダウンストリーム同期化損失期間をテストするために次の手順に従って下さい。

  1. test cable synch delay msec コマンドを実行します。 これはミリ秒の同期化損失期間を規定 します。

  2. uBR7200 execモードから、test cable atp mac 16 コマンドを発行して下さい。

test cable atp mac 16 コマンドはモデムを最初に ping し、そして指定 期間のための同期化メッセージを停止し、10 ms 期間に同期化を送信 することを再起動します。 モデムへ ping が再度送信され、接続性がチェックされます。 この ping が成功すると、テストが成功したと見なされます。

ping が失敗した場合は、モデムが回復した後、この ATP テストが継続されることに注意してください。 最終的な出力 ATP テスト成功は必要があるものをの示す値確認するではないです。 テストは同期化の再始動の後の PING セッションが失敗した場合失敗します。

モデムがオンライン状態のままになるダウンストリーム側の搬送波消失の継続時間をテストするには、次の手順に従ってください。

  1. ある特定のモデムがオンラインであるかどうか確認する show cable modem コマンドを発行して下さい。

  2. コンソール接続を行われている間、uBR7200 からケーブルモデムに PING セッションを設定して下さい。

  3. uBR7200 の Telnetセッションから、テスト hccp {グループ} {メンバー発行して下さい}搬送波消失 time コマンドのミリ秒のモデム 期間の upx MAC アドレスのモデムテスト DS 場合ネームストリング

テストが完了した後、ping セッションが継続していることをチェックします(成功)。 ping セッションが終了していたら、テストは失敗したことになります。 このテストは UPx に特定量の時間の間シャットダウンするように指示します。

ヒント: PING を必要ならば停止するために Control+Alt か Shift+6 を入力して下さい。 ケーブルモデムをテストするもう一つの簡単な方法は長く DS 損失を処理できるかどうか見るために ~6 秒のモデムへケーブルを外すことです。

HCCP コマンド

HCCP Exec コマンド

hccp 1 ?
  -bypass	Enter bypass operation
  -check      	Exit bypass operation
  -lockout    	Lockout switchover on teaching worker
  -resync     	Re-sync member's database
  -switch     	Switchover
  -unlockout  	Release lockout on teaching worker

HCCP インターフェイス コマンド

(config-if)#hccp 1 ?
–authentication	Authentication
–channel-switch	Specify channel switch
–protect         	Specify Protect interface
–revertive       	Specify revert operation on Protect interface
–reverttime      	Wait before revert switching takes place
–timers          	Specify “hello” & “hold” timers on Protect interface
–track           	Enable failover based on interface state
–working         	Specify Working interface

HCCP のデバッグ

debug hccp ?
authentication          Authentication
channel-switch          Channel switch
events                  Events
inter-db                inter database
plane                   inter-plane communication
sync                    SYNC/LOG message
timing                  Timing Measurement

HCCP show コマンド

sh hccp ?
|                       Output modifiers
<1-255>                 Group number
brief                   Brief output
channel-switch          Channel switch summary
detail                  Detail output
interface               Per interface summary
show hccp channel-switch
     Grp 1 Mbr 1 Working channel-switch:
             "uc" - enabled, frequency 453000000 Hz 
             “rfswitch" – 
             module 2, normal   
             module 6, normal    
             module 10, normal   
             module 14, normal
             module 18, normal
             module 22, normal
             module 26, normal
      Grp 1 Mbr 2 Working channel-switch: 
             "uc" - enabled, frequency 453000000 Hz 
             “rfswitch" – 
             module 4, normal 
             module 8, normal   
             module 12, normal
             module 16, normal 
             module 20, normal   
             module 24, normal
             module 28, normal
     uBR7246P#sh hccp channel-switch
     Grp 1 Mbr 1 Protect channel-switch: 
             "uc" - disabled, frequency 453000000 Hz 
             “rfswitch" – 
             module 2, normal   
             module 6, normal    
             module 10, normal   
             module 14, normal
             module 18, normal
             module 22, normal
             module 26, normal
      Grp 1 Mbr 2 Protect channel-switch:
             "uc" - disabled, frequency 453000000 Hz
             “rfswitch" – 
             module 4, normal 
             module 8, normal   
             module 12, normal
             module 16, normal 
             module 20, normal   
             module 24, normal
             module 28, normal
show hccp brief
     Interface Config  Grp Mbr Status          WaitToResync    WaitToRestore
     Ca3/0   Working   1   1   active                          00:01:45.792
     Ca4/0   Working   2   1   active
     Each module should have a set of objectives.
show hccp detail
     HCCP software version 3.0
     Cable3/0 - Group 1 Working, enabled, forwarding
       authentication none
       hello time 2000 msec, hold time 6000 msec, revert time 120 min
       track interfaces: Cable3/0
       sync time 1000 msec, suspend time 120000 msec
       switch time 240000 msec retries 5
       local state is Teach, tran 80
       in sync, out staticsync, start static sync in never
       last switch reason is internal
       data plane directly sends sync packets
       statistics:
         standby_to_active 5, active_to_standby 4
         active_to_active 0, standby_to_standby 0
       Member 1 active
         target ip address: protect 192.168.1.7, working 192.168.1.5
         channel-switch "uc" (wavecom-hd, 192.168.1.2/1, 192.168.1.2/16) enabled
         channel-switch "rfswitch" (rfswitch-group, 192.168.1.4/0xAA880800/1) enabled
         tran #: SYNC 72, last SYNC_ACK 4, last HELLO_ACK 5790
         hold timer expires in 00:00:11.532
         interface config:
             mac-address 0005.00e1.9908
         cmts config:
             bundle 1 master, resolve sid, dci-response success,
             downstream - frequency 453000000, channel id 0
             downstream - insertion_invl auto min = 25, max = 500
             upstream 0 - frequency 24000000, power level 0
             upstream 0 - modulation-profile 2, channel-width 3200000 

     
!--- Minislot does not show up, but it is synchronized.

             upstream 0 - cnr-profile1 25, cnr-profile2 15
                          corr-fec 1, uncorr-fec 1
             upstream 0 - hop-priority frequency modulation channel-width
         sub-interface master config:
             ip address 192.168.2.5 255.255.255.0
             ip address 24.51.24.1 255.255.255.0 secondary
             ip pim sparse-dense-mode
             cable helper-address 192.168.2.165
             cable arp, proxy-arp,
             cable ip-multicast-echo,
             cable dhcp-giaddr policy,
uBR7246P#sh hccp 1 1 ?
H.H.H                 MAC address
channel-switch        Channel switch summary
host                  Host information
modem                 Cable Modem information
qosparam              Qos Parameter information
service-flow          Service Flow information
sid                   SID information
uBR7246P#sh hccp 1 1 modem 

!--- This is used to see the modem inter-database on the protect uBR.

Cable3/0:
MAC Address    IP Address      MAC      Prim   Timing Num  BPI   Prio
                               State    Sid    Offset CPEs Enbld
0090.837c.0acb 192.168.3.1     online      6    1243   0    no    4
0090.837c.0ac9 192.168.3.2     online      7    1243   0    no    2
0000.39d7.004a 192.168.3.3     online      9    1667   0    no    0
0090.8336.030d 192.168.3.6     online      11   1242   0    no    1

テストおよびトラブルシューティング用のコマンドの一覧

uBR7200 のために下記のコマンドを使用して下さい。

test hccp {Group #}{Worker's member id} channel-switch {name} snmp/front-panel
test hccp {Group #}{Worker's member id}{working/protect }fault 1 (simulates an Iron bus fault)
test hccp {Group #}{Worker's member id}{working/protect} failover
test hccp {Group #}{Worker's member id} modem-test ds-signal{name}{mac-addr}{msec}
test cable synch delay {msec delay}
test cable atp {CMTS interface}{mac-addr} mac {test_id}
show hccp; show hccp (brief ; detail; channel-switch)
show ip interface brief; show hccp{Group #}{Worker's member id} modem
hccp {Group #} switch; lockout; resync {Worker's member id}
hw-module {slot}/{subslot} reset
debug hccp authentication; channel-switch; events; plane; sync; timing          

RF Switch のために下記のコマンドを使用して下さい。


test module
config card count{1-14} 

!--- Removed in 3.3 RF Switch firmware.


sh conf or sh cf
sh mod all
sh dhcp
sh ip
sh switch status {mod #} or sh sw st {mod #}
switch {mod #}{slot #}
switch {group name}{slot #}
switch {group name} 0

関連情報


Document ID: 47163