2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、エージェントが Cisco IP Contact Center(IPCC)環境で Cisco Agent Desktop へのログインに失敗する原因について説明します。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

Cisco CRS はローカルマシンのためのだけライセンスの数を維持します。 3 種類の Cisco Unified Contact Center Express サーバがあります。 それらは次のとおりです。

  1. 標準—標準サーバと標準シートを使用できます。

  2. 拡張—拡張 な サーバと拡張 なシートを使用できます。

  3. 事項—優れたサーバと優れたシートを使用できます。

すべてのライセンス 情報を見つけることができ、図 1:示されているディレクトリのエージェントのような異なるコンポーネントのための現在使用中をつけます

図 1 –現在使用中のライセンス 情報のためのディレクトリおよびシート

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/customer-collaboration/unified-contact-center-express/46882-license-error-1.gif

認可エラーは発生しました- 5 分にもう一度試して下さい

問題

Cisco Agent Desktop にログインに試みるとき、Interactive Call Distribution (ICD)エージェントはランダム認可エラーを受け取ります。 エラーメッセージはここにあります:

Licensing error has occurred - please try again in 5 minutes

注: この問題はまた、ときエージェント ログイン Ciscoカスタマー 応答ソリューション(CRS)のデスクトップが Cisco CallManager サーバにある夏時間(DST)が原因で 3.1 発生する場合があります。 エージェントデスクトップに CRS サーバまたは Cisco CallManagerパブリッシャの Desktop_cfg 共有に読み書きアクセスがあることを確かめて下さい。 そうでなかったら、ユーザに読み書きアクセスを可能にして下さい。 読み書きアクセスが可能になった後、

解決策 1

この問題は、C:\Program Files\Cisco\Desktop _Config \ライセンス\エージェント ディレクトリの Lic20.netLic40.net および Lic53.net のような、Lic*.net ファイルの存在が原因で発生します(図を 2)参照して下さい:

図 2 –認可エラーメッセージを引き起こす Lic*.net ファイル

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/customer-collaboration/unified-contact-center-express/46882-license-error-2.gif

ふつうの状況では、システムは関連するエージェントが Cisco Agent Desktop アプリケーションからログオフし、終了する直後に licXXX.net ファイルを取除きます。 この場合、これらのファイルはディレクトリに残り続けます。 これらのファイルはログインに Cisco Agent Desktop に許可されるエージェントの数を減らします。 考えられる原因は下記のものを含んでいます:

CRS がすべてのエージェント ライセンス(購入されたエージェント シートの短い 3)を使い果たす時、Cisco Agent Desktop へのログインへの試みが認可エラーメッセージを受け取る次のエージェント。

失われたシートを回復 するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. ログアウトすべてのエージェント。

  2. C:\Program Files\Cisco\Desktop _Config \ライセンス\エージェントにディレクトリを変更して下さい。

  3. Lic*.net を削除して下さい。

    Lic*.net ファイルを削除した後、Cisco Agent Desktop へのログインが購入されるエージェント シートの数に会う必要があるエージェントの数。

    注: Lic*.net ファイルを削除することができない場合 ICD サーバを非実稼働時間の間にリブートし、もう一度試して下さい。

解決策 2

このエラーはまたエージェント PC が IPCC サーバのライセンス ファイル ファイル ホルダーにマップされたドライバを備えないか、またはエージェント PC からの IPCC サーバのライセンス フォルダへのマップされたドライバが壊れていれば発生する場合があります。 設定および認可ファイルは IPCC サーバでインストールされています。 それらは Cisco Agent Desktop およびスーパバイザ デスクトップ ユーザにとってアクセス可能な読み書きである必要があります。 できます:

これらのメカニズムの 3 つはすべて Cisco デスクトップ パッケージ製品 インストレーションガイド 4.5.5 (ICD)プレインストール Considerations セクションで説明されます

デスクトップ管理者エラー: システムを設定する前に製品のライセンスを供与して下さい。

問題

Cisco Agent Desktop にアクセスすることができこのエラーメッセージを受け取ります:

デスクトップ管理者エラー: システムを設定する前に製品のライセンスを供与して下さい。

解決策

ライセンス及びリソースマネージャ(LRM)が CRS エンジンに再接続できるように Node Manager を再起動して下さい。

ライセンス ファイルを表示することが不可能

問題

ライセンス ファイルを開くことができません。

解決策

この問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. Windows Start メニューから『Run』 を選択 して下さい。

  2. cet を入力し、『Enter』 を押して下さい

  3. ポップアップ ウィンドウが現われるとき、続くために『No』 をクリック して下さい。

  4. com.cisco.crs.cluster.config.LicenseConfig に行って下さい

  5. アップロードされるライセンス ファイルを表示する行ではキー値 カラムをチェックして下さい。 このカラムはアップロードされるライセンス ファイル名が含まれています。

ライセンスおよびリソースマネージャはそうかもしれません

問題

エージェントは Cisco Agent Desktop にログインにできないし、このエラーメッセージが現れます: が原因です。

License and resource manager may be down

この問題は Cisco バグ ID CSCsv40724登録ユーザのみ)によって文書化されています。

解決策 1: ディレクトリ サービス データベース(1) 方式を復旧して下さい

この問題は LDAP モニタ サービスが slapd.exe を開始しないとき発生する場合があります この問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. データベースをホストする PC で LDAP モニタ サービスを停止して下さい。

  2. コマンド ウィンドウを開いて下さい。

  3. … Cisco \デスクトップ\ビンにディレクトリを変更して下さい。 サービスがどこにによってインストールされたかこのディレクトリのドライブおよび正確な位置は決まります。

  4. … Cisco \デスクトップ\ビンディレクトリでは、コマンド db_recover を- h ../database - v 入力し、『Enter』 を押して下さい。

  5. exit とタイプし、DOSウィンドウを閉じるために『Enter』 を押して下さい。

  6. LDAP モニタ サービスを再開して下さい。

解決策 2: ディレクトリ サービス データベース(2) 方式を復旧して下さい

方式 1 のプロシージャがはたらかない場合、これらのステップを完了して下さい:

  1. データベースをホストする PC で LDAP モニタ サービスを停止して下さい。

  2. コマンド ウィンドウを開いて下さい。

  3. … Cisco \デスクトップ\ビンにディレクトリを変更して下さい。 サービスがどこにによってインストールされたかこのディレクトリのドライブおよび正確な位置は決まります。

  4. … Cisco \デスクトップ\ビンディレクトリでは、コマンド slapcat を- f slapd.conf - l backup.ldif - c 入力し、『Enter』 を押して下さい。

  5. … Cisco \デスクトップ\ old_database に既存のフォルダー… Cisco \デスクトップ\データベースの名前を変更して下さい。

  6. Cisco \デスクトップ\データベースと呼ばれる新しいフォルダーを作成して下さい。

  7. old_database フォルダからデータベース フォルダー.dat 拡張を用いる DB_CONFIG およびすべてのファイルをコピーして下さい。

  8. データベース フォルダーでは、rep.log と呼ばれる空 ファイルを作成して下さい。

  9. コマンド ウィンドウを開いて下さい。

  10. … Cisco \デスクトップ\ビンにディレクトリを変更して下さい。 サービスがどこにによってインストールされたかこのディレクトリのドライブおよび正確な位置は決まります。

  11. … Cisco \デスクトップ\ビンディレクトリでは、コマンド slapadd を- f slapd.conf - l backup.ldif - c 入力し、『Enter』 を押して下さい。

  12. exit とタイプし、DOSウィンドウを閉じるために『Enter』 を押して下さい。

  13. LDAP モニタ サービスを再開して下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 46882