コラボレーション : Cisco Unified Contact Center Express

スーパーバイザがエージェントのコールを録音できない - RASCAL サービスが使用できない

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

この資料は Cisco Unified Contact Center Express 版 3.0 環境のエージェント コールを記録しスーパバイザがなぜ損うか 1 つの原因を記述したものです。 UCCX 7.x を参照して下さい: Cisco Unified Contact Center Express 7.x に同じような関する問題の情報のためのエージェント モニタリングおよび記録問題を解決して下さい

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco Customer Response Solutions(CRS)

  • コンピュータ テレフォニー インテグレーション (CTI) エージェントデスクトップ

  • Ciscoスイッチおよび LAN スイッチング

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Ciscoカスタマー 応答ソリューション バージョン 3.0

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

Voice over IP (VoIP)監視サーバーは Cisco Agent Desktop の無音モニタリングおよび記録機能を有効に します。 これを達成するために、それはネットワークトラフィックをに出入して選択します IP 電話、音声ゲートウェイおよび Cisco Unified CallManager をスニッフィングします。 スーパバイザがコールを監視する場合、レシーバは VoIP クライアントアプリケーションが音声 ストリームをデコードし、スーパバイザのコンピュータ サウンドカードに出力を送るスーパバイザのデスクトップです。

事件が起こるネットワーク トポロジは図 1.示されています

図 1: ネットワーク トポロジ

rascalserv-notavail-1.gif

問題

スーパバイザがエージェント コールを監視することを試みるときスーパバイザおよびエージェントデスクトップは両方このエラーメッセージを受け取ります:

The RASCAL service is not available.

解決策

これはファイル アクセス 権限問題です。 スーパバイザおよびエージェントデスクトップが両方ドメインに属するが、VoIP モニタサーバが別途のワークグループに属するので、スーパバイザはおよびエージェントデスクトップに音声ファイルが VoIP モニタサーバに常駐する共有 ディレクトリに十分なアクセス 権がありません。

問題を解決するためにスーパバイザおよびエージェントデスクトップが住む同じドメインに VoIP モニタサーバを移動して下さい。

RASCAL にエージェントの状態 の 変更を書くことがエージェントおよび不可能のの呼び出しを記録することができなければ: サーバエラーへの接続を回復 して いる GID=1168529382 Error=Client はログに、それ示しますこれらのどちらかを現われます:

  • ネットワーク 待ち時間かネットワーク上の問題はあります。

  • または、RASCAL サービスは Cisco Agent Desktop からの要求に対応されるのに長い 時間をかけます。

この場合、問題を解決するためにオフピーク の 時間の間に CRS サーバをリブートして下さい。


関連情報


Document ID: 46504