コラボレーション : Cisco ICM Web View Web Tools Feature

外部 WebView データベースに Jaguar が認証できない

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

複数の WebView サーバは、Cisco Intelligent Contact Management(ICM)環境において 1 つの WebView データベースを共有できます。 このドキュメントでは、外部の WebView データベース(WVDB)への Jaguar の認証が失敗する理由の 1 つについて説明します。

はじめに

表記法

ドキュメントの表記法の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

前提条件

このドキュメントの読者は次の項目に関する知識が必要です。

  • Cisco ICM

  • Cisco WebView

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco ICM バージョン 5.0

  • Microsoft Internet Information Server (IIS)バージョン 5.0

  • NewAtlanta ServletExec ISAPI 4.1.1、パッチ 15

  • Sybase EA サーバ 4.1.1

  • JDK 1.3.1

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 対象のネットワークが実稼働中である場合には、どのような作業についても、その潜在的な影響について確実に理解しておく必要があります。

背景説明

WebView データベースにアクセスする WebView ユーザ向けにユーザはユーザ有効な Windows ドメインおよび Cisco ICM である必要があります。 ジャガー サーバが WebView ソフトウェアの統合部分であるので、WebView データベースにアクセスするときジャガー認証を取得することは必要です。

WebView ユーザを認識し、許可するコンフィギュレーションマネージャ ユーザー一覧 ツールのそのユーザを追加することを ICM ソフトウェアに関しては必要とします。 ICM ユーザだけ WebView へのログインに許可されます。 Windows ドメイン管理者はデフォルトで WebView サーバにログインにできません。 WebView サーバへのログインに、管理者は ICM ユーザである必要があります。 ICM ユーザはだれが ICM コンフィギュレーションデータにアクセスできるか 1 才です。 ICM コンフィギュレーションデータにアクセスできる各ユーザは有効な Windows ユーザネームおよびパスワードを持たなければなりません。

Cisco ICM WebView バージョン 5 はジャガー 3.6.1 ソフトウェアを取り替える Sybase Enterprise アプリケ− ションサーバ 4.1.1 (EAServer)のインストールを必要とします。 EAServer はジャガー コンポーネント トランザクションサーバ(ジャガー サーバ)が含まれているパッケージ製品です。 ジャガー Admin がジャガー サーバにアクセスを許可するのに使用されています。 ユーザ名は jagadmin です。

トポロジ

ICM ネットワークに 2 Historical Data Servers (HDS)があります。 1 つはドメイン A および他にドメイン B.に属します。 彼らはまた WebView サーバとして動作します。 ただし、WebView サーバは両方とも図 1.に示すように WebView サーバ A に常駐する WebView 単一 データベースを共有します

図 1: トポロジ

jaguarauth-webview-1.gif

問題

サーバ A の WebView データベースを共有する WebView サーバ B にログオンされたとき、WebView クライアントは以前に WebView サーバ A.から作成される View レポートできません。 また、WebView クライアントは次 の メッセージが付いている Create レポートに失敗します:

Favorites - Error getting the list of favorite reports. Please contact 
  your administrator.
java.util.NoSuchElementException: Database Error

注: 上記の値は、スペースの制限上 2 行で表示されています。

このメッセージに対応するジャガー ログファイルを確認して下さい:

Aug 18 10:40:42 2003: WV Message: Bean = wvreportfns, method = getsavedreportlist, 
  user = 5000,
instance = instance_name
Aug 18 10:40:42 2003: WV Message: *** ODBC connection to =>ConnectString='DSN= 
  instance_name
WDB_wv;UID=sa;PWD=;AppName='WebView''
Aug 18 10:40:42 2003: WV Message: query:select CustomerDefinitionID, UserGroupName
  from User_Group
Where User_Group.UserGroupID = '5000' 
Aug 18 10:40:42 2003: cm__odbc_error: SQLError: 18456, SQLState: 28000, 
  [Microsoft][ODBC SQL Server
Driver][SQL Server]Login failed for user 'DOMAIN_NAME\servername'.. 
Aug 18 10:40:42 2003: WV Message: issued connect statement 
Aug 18 10:40:42 2003: WV Message: ODBC Connection failed, trying direct 
  connection.  DSN tried was:
instance_nameWVDB_wv 
Aug 18 10:40:42 2003: !WV Error: Database connection failed for 
  instance 'instance_name' Error code
= -1 - Login incorrect.

注: 上記の値はスペース制限による複数の回線に表示する。

解決策

この問題はドメイン問題です。 Microsoft ドメインを渡る外部 ODBC 接続はサポートされる構成ではないです。 WebView サーバ B のジャガー Admin が異なるドメインに属するのでそれによりジャガー許可障害を引き起こします。 解決は同じドメインに両方の WebView サーバを置くことです。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 46401