コラボレーション : Cisco Agent Desktop

Cisco Agent Desktop モニタ用イーサネット カードの認定

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、イーサネット カードを Cisco Agent Desktop 環境で使用できるかどうか確認する方法について説明します。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco Agent Desktop

  • Cisco Unified Contact Center Enterprise

  • Cisco Unified Contact Center Express

  • Sniffer Pro、か同じようなソフトウェア

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco Agent Desktop

  • Cisco Unified Contact Center Enterprise バージョン 4.6(0)

  • Cisco Unified Contact Center Express バージョン 6.1(1)

  • Sniffer Pro、か同じようなソフトウェア

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

説明

IP テレフォニーを展開するサイトで(または将来展開することを計画して下さい)、Cisco Unified CallManager および IP 電話は一般的に論理的にデータから音声を分けるのに Virtual Local Area Network (VLAN; バーチャル LAN)を使用します。 トラフィックタイプが両方とも同じ物理チャネルで運ばれるが、2 つの異なる VLAN、1 およびデータのための音声のための 1 で送信されます。 この設定は音声がデータより高優先順位と送信されるようにします。

無声モニタを使用するコンタクトセンターでは、エージェントデスクトップ システムが IP Phone の背部の PCポートに接続されるようにして下さい。 これは電話に収集し到着する、スーパバイザ ワークステーションに音声パケットを可能にします音声パケットを転送することを無声モニタ サブシステムが。 エージェントデスクトップ システムは 2 つの異なる VLAN と相互に作用しているのに 1 つの単一 物理チャネルを使用します。

エージェントデスクトップはイーサネット ネットワーク インターフェイス コントローラ(NIC)の助けによって物理チャネルをアクセス しました。 NIC はチャネルを視聴し、エージェント コンピューターに当たる イーサネットフレームを集めます。 それからそれは IP パケットをイーサネットフレームから得、TCP/IPスタックに提供するために前処理ステップを実行します。

広範な内部テストの間に Cisco は利用可能 ないくつかのイーサネットNIC カード ドライバが VLAN フレームでカプセル化される IPパケットがある前処理イーサネットフレームが可能ではないこと識別しました。 NIC カード ドライバは IPパケットが 802.1Q フレームでカプセル化される場合イーサネットフレームを全体で廃棄します。 何人かのベンダーは NIC カード ドライバが TCP/IPスタックに VLANトラフィックを転送することを可能にするコンフィギュレーションの設定を提供できます。 表 1.を参照して下さい

エージェントデスクトップ NIC カード ドライバが VLANトラフィックを廃棄する場合、そのデスクトップの無声モニタ サブシステムは集まれないし、スーパバイザ ワークステーションおよび無声モニタへ音声パケットを転送することは適切に機能しません。 Cisco は特定 の イーサネット NIC カード ドライバが CTI OS 無声モニタを使用するかどうか判別するためにプロシージャを開発しました。 プロシージャはテスト手順 セクションに説明があります。

テスト手順

このテストでは、テストターゲット NIC カードにサンプル VLAN パケットを送信し、前処理ステップがパケットを廃棄しないがしましたり、オペレーティング システムの TCP/IPスタックに NIC カードをホストするコンピュータにパケットをように渡します。 図 1 このテスト用に必要とするセットアップを表します。

図 1 –テスト セットアップ

enetcard-cadmon-1.gif

テストターゲット NIC は簡単なハブの 1 つのポートに接続されます。 ワールド・トゥデイはネットワークバックボーンかサブネットに接続されます。 イーサネットトラフィックを生成する機能があるまたパケット 生成機能 ホストを必要とします。 パケット 生成機能 ホストはハブの別のポートに接続されます。

パケット 生成機能 ホスト機器は a の専用パケットアナライザ、またはコンピュータのどれである場合もありますか。イーサネットトラフィックを生成する機能のソフトウェアベースのパケットアナライザ。

利用可能 なこのために使用できるソフトウェア パケットアナライザのよい数があります。 信頼できるアナライザの一覧に関してはインターネット データ 解析 Webサイトのための協同 組合をleavingcisco.com 参照して下さい。

テストターゲットを準備して下さい

環境が設定されるとき、テストターゲットおよびパケット 生成機能 ホストでソフトウエアツールをロードして下さい。 次の手順を実行します。

  1. WinPcap をダウンロードして下さいleavingcisco.com

  2. WinPcap のためのインストール プログラムを実行して下さい。

  3. テストターゲット ターゲット・コンピュータのディレクトリを作成し、それを「VLANTest」と指名して下さい。

  4. WinDump.exe をダウンロードして下さいleavingcisco.com

  5. ステップ 3.で作成したディレクトリにファイルをコピーして下さい。

  6. コンソール ウィンドウを開いて下さい、WinDump.exe をコピーしたディレクトリに行って下さい。

  7. テストターゲット NIC の MAC アドレスを判別して下さい。 これを行うために、コマンド プロンプトで ipconfig /all を実行して下さい。

  8. 図 2 に示すように物理アドレスのために現われる数を書いて下さい:か。

    図 2 – ipconfig /all コマンド 出力

    /image/gif/paws/46301/enetcard-cadmon-2.gif

    たとえば、Intel Pro/100 NIC カードに、MAC アドレスです 00D059d8f7d9 注意して下さい。

  9. テストターゲット NIC のデバイス インターフェイス番号を判別して下さい。 windump D を実行して下さい

  10. テスト NIC の数を書いて下さい(図を 3)参照して下さい。

    図 3 –テスト NIC 数

    enetcard-cadmon-3.gif

    図 3.の Intel Pro/100 NIC カードに対応するインターフェイス番号 1 に注意して下さい

    注: 確実ではない場合選ぶために番号が付いているテストが 1 つのために(十分なパス)成功するまたはすべてのカードのために失敗するまで各カードのためのテストを繰り返して下さい。

  11. 着信 VLAN パケットのためのテストターゲット NIC を監視し WinDump を始めて下さい。 windump I <device_number > VLAN を実行して下さい。 図 4 に示すように、device_number は 1.です

    図 4 –デバイス番号は 1 です

    enetcard-cadmon-4.gif

パケット 生成機能 ホストを準備して下さい

パケット 生成機能 ホストを準備するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. パケットアナライザを、たとえば Sniffer Pro 得て下さい。

  2. パケット 生成機能 ホストにパケットアナライザ ソフトウェアをロードして下さい。 図 5 Sniffer Pro を示します。

    図 5 – Sniffer Pro

    enetcard-cadmon-5.gif

  3. サンプル キャプチャ ファイル VLANSamplePackets.cap をアクセス可能なディレクトリにファイルを保存して下さい。

  4. Sniffer Pro のようなパケットアナライザにサンプル キャプチャ ファイルを、ロードして下さい。 VLANSamplePackets.cap は専用およびソフトウェア パケットアナライザの大半がロードできる形式で生成されます。 図 6 Sniffer Pro の開かれたファイルを表示する

    図 6 – Sniffer Pro で開くファイル

    /image/gif/paws/46301/enetcard-cadmon-6.gif

テストを実行して下さい

このテストでは、テストターゲット NIC カードにサンプル VLAN パケットを送信し、前処理ステップがパケットを廃棄しないがしましたり、NIC カードをホストするコンピュータの TCP/IPスタックにパケットをように渡します。

テストターゲット NIC が CTI OS Cisco 無声モニタおよびエージェントを使用するために修飾されるかどうか判別するテストケースはここにありますか。デスクトップ モニタリング:

  • PA - パケットアナライザ

  • WD - WinDump

表 1 –テストターゲット NIC カードにサンプル VLAN パケットを送信するステップ

SMNIC - 1 つのテストターゲット NIC カードへの送信サンプル VLAN パケット
目標 テストターゲット NIC が VLAN パケットを調査分析およびそれらテストターゲット ホストの TCP/IPスタックに前方できるかどうか確かめるため。
ステップ パーティ アクション
1 PA ロードされたサンプル VLAN パケットの 1 つを選択して下さい。
2 PA オプションを、「送信 します現在のフレーム」を選択して下さい。
3 PA テストターゲット NIC の MAC アドレスを使用するために宛先MAC アドレスを修正して下さい(図を 7)参照して下さい。
4 PA テストターゲット NIC に新しいフレームを 5 倍の送って下さい。
5 WD テストターゲット NIC で報告されるアクティビティがあることを確認して下さい。
期待された結果 テストターゲット ターゲット・コンピュータ「windump」は VLAN ID=85 のための 5 つのパケットを表示する(図を 8)参照して下さい。 テストが失敗した場合、パケットは表示する。

図 7 –宛先MAC アドレスを修正して下さい

/image/gif/paws/46301/enetcard-cadmon-7.gif

図 8 – VLAN ID=85 のために表示する 5 つのパケット

/image/gif/paws/46301/enetcard-cadmon-8.gif

このテストの結果が正常である場合、テストターゲット NIC は CTI OS 無声モニタおよび Cisco Agent Desktop モニタリングを使用します。 テストが正常ではない場合、NIC カード プロバイダに連絡し、NIC カード ドライバをコンピュータの TCP/IPスタックに VLAN パケットを含むすべてのパケットを転送することを許可するのに必要な設定を頼んで下さいそうすればパケットアナライザ ツールはそれらをキャプチャ し、表示することができます。

適切な調整を加え、このテスト手順を再実行して下さい。

表 2 –さまざまなカードのためにテストされるドライババージョン

製造業者 カード テストされるドライババージョン テストされる OS 結果
Intel 8255x ベースの PCI イーサネットアダプタ 5.067.0 (8/5/2000) Windows 2000 はたらきません
5.40.17.0(4/12/2001) Windows 2000 はたらきません
Intel Intel Pro/1000 現在 Intel に従ってでサポートされて無ししかし 2004 年の道路地図 はたらきません
Intel Pro/100 VE (下記参照) 7.0.26.0 (3/4/2003) 6.1.3.0 (2/25/2002) Windows 2000 および Windows XP 回避策を使用します

Intel Pro/100 VE カードの注

テストされた Intel Pro/100 カードがデフォルト 設定ではたらかない間、CTIOS 無声モニタを使用するために Intel Pro/100 カードをイネーブルに設定するコンフィギュレーションの設定(レジストリキー)があります。 詳細については Intel Webサイトをleavingcisco.com 参照して下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 46301