アプリケーション ネットワーキング サービス : Cisco LocalDirector 400 シリーズ

サーバのアベイラビリティをチェックしながら LocalDirector の HTTP リダイレクションを設定する

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2003 年 7 月 1 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


Cisco は Cisco LocalDirector のための終りの販売をアナウンスしました。 詳細については、LocalDirector 400 シリーズ 廃止および終りの販売注意および製品速報参照して下さい。


目次


概要

この文書では、Cisco LocalDirector で、サーバのアベイラビリティをチェックできる Hypertext Transfer Protocol(HTTP; ハイパーテキスト転送プロトコル)のリダイレクションの設定方法について説明します。 HTTP リダイレクションでは、直接の呼び出しやブラウズ行うために、direct IP(DIP; 直接 IP)アドレスに対する別のアドレスが必要です。

この設定の作成とテストは、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンで行われています。

  • ラボ環境にあり、設定項目に変更のない(デフォルト設定の)LocalDirector 416
  • LocalDirector ソフトウェア リリース 4.2.1
  • Microsoft Internet Explorer 5.5
  • Netscape Communicator 4.7

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 実稼動中のネットワークで作業する場合は、コマンドの実行によって生じる影響について、事前に理解しておいてください。

ネットワーク図

サーバのアベイラビリティをチェックする HTTP リダイレクションの設定方法

LocalDirector を設定するには、次の手順を使用します。

  1. 次のものに対して、「A」レコードを作成します。
    test.testdomain.com <-> 172.18.124.209 VIP
    ns-ms1-dip.testdomain.com <-> 172.18.124.212 DIP 
    ns-ms2-dip.testdomain.com <-> 172.18.124.211 DIP
    ns-ms1.cisco.com <-> 172.18.124.207 REAL 
    ns-ms2.cisco.com <-> 172.18.124.206 REAL
    172.18.124.211 DIP virtual for 172.18.124.206 REAL (aka s2)
    172.18.124.212 DIP virtual for 172.18.124.207 REAL (aka s1)
    

    注: ポートバインド型の Virtual IP(VIP; 仮想 IP)、DIP、および実アドレスが必要ですが、実サーバへの発信接続が許可されるようにするために、実アドレスごとに 2 つの IP アドレスも必要です。 これによって、 リセット(RST)が設定された安全なVIP アドレスを不良ポートへ送信することができます。 また、DIP の仮想アドレスに代替 IP アドレスを使用して、DIP アドレスへ向かう他のコールが実アドレスを直接通過するようにすることも可能です。

  2. (ポートバインド型)VIP アドレスを作成します。 Domain Name System(DNS; ドメイン ネーム システム)に「A」レコード エントリがある必要があります。
    virtual 172.18.124.209:80:0:tcp is 
    
  3. VIP アドレスへの呼び出しを受け入れる各「実サーバ」に対して、DIP を作成します。 この文の最初の部分には、「追加の IP 番号」を使用します。
    direct-ip 172.18.124.211:80:0:tcp 172.18.124.206:80:0:tcp is
    direct-ip 172.18.124.212:80:0:tcp 172.18.124.207:80:0:tcp is
    
    このシステムは次のように作成されます。
    real 172.18.124.207:80:0:tcp is
    real 172.18.124.206:80:0:tcp is
    bind 172.18.124.211:80:0:tcp 172.18.124.206:80:0:tcp
    bind 172.18.124.212:80:0:tcp 172.18.124.207:80:0:tcp
    
  4. それぞれの実サーバに対して、Uniform Resource Locator(URL)リダイレクションを作成します。 これは、VIP がヒットされたときに、クライアントがリダイレクトされる場所です。
    url s2 http://ns-ms2-dip.testdomain.com/%p 302
    url s1 http://ns-ms1-dip.testdomain.com/%p 302
    

    注: 「%p」はページを表しています。

  5. 各 DIP に対して共通の VIP を指定する backup コマンドを作成します。 これによってブックマークの問題が解決します。 クライアントがこの DIP の URL をブックマークしているとき、DIP(実サーバ)が使用不能(FAILED として起動)であると、backup コマンドによってクライアントから VIP が再度呼び出されます。
    backup 172.18.124.211:80:0:tcp 172.18.124.209:80:0:tcp
    backup 172.18.124.212:80:0:tcp 172.18.124.209:80:0:tcp
    

    注: HTTPS リダイレクションでは、別の方法で backup を使用します。

  6. VIP を各 URL コマンドにバインドします。

    bind 172.18.124.209:80:0:tcp s2
    bind 172.18.124.209:80:0:tcp s1
    
  7. 各 URL から DIP の最初の部分への link コマンドを作成します。 これにより、DIP とニックネームに関連付けられている URL との間の関係が構築されます(s1 など)。 link コマンドは、DIP が使用不可の場合に、その DIP を呼び出す URL へ LocalDirector からクライアントがリダイレクトされないようにします(DIP は実 IP アドレスによって 1 対 1 でマップされています)。
    link s2 172.18.124.211:80:0:tcp
    link s1 172.18.124.212:80:0:tcp
    

show コマンドとその出力例

show version コマンド

show version コマンドは、LocalDirector で実行されているソフトウェアのバージョンを表示します。

localdirector# show version
LocalDirector 416 Version 4.2.1

show configuration コマンド

show configuration コマンドは、LocalDirector の現在の設定を表示します。

localdirector# show configuration
: Saved
: LocalDirector 416 Version 4.2.1
syslog output 20.7
no syslog console
enable password 000000000000000000000000000000 encrypted
hostname localdirector
no shutdown ethernet 0
no shutdown ethernet 1
no shutdown ethernet 2
interface ethernet 0 auto
interface ethernet 1 auto
interface ethernet 2 auto
mtu 0 1500
mtu 1 1500
mtu 2 1500
multiring all
no secure  0
no secure  1
no secure  2
ping-allow 0
ping-allow 1
no ping-allow 2
ip address 172.18.124.210 255.255.255.0
route 0.0.0.0 0.0.0.0 172.18.124.1 1
arp timeout 30
no rip passive
rip version 1
failover ip address 0.0.0.0
no failover
failover hellotime 30
password dfeaf10390e560aea745ccba53e044ed encrypted
telnet 172.18.124.0 255.255.255.0
telnet 64.105.0.0 255.255.0.0
snmp-server enable traps
snmp-server community public
no snmp-server contact
no snmp-server location
virtual 172.18.124.209:80:0:tcp is
predictor 172.18.124.209:80:0:tcp roundrobin
real 172.18.124.207:80:0:tcp is
real 172.18.124.206:80:0:tcp is
direct-ip 172.18.124.211:80:0:tcp   172.18.124.206:80:0:tcp is
direct-ip 172.18.124.212:80:0:tcp   172.18.124.207:80:0:tcp is
url s2 http://ns-ms2-dip.testdomain.com/%p 302
url s1 http://ns-ms1-dip.testdomain.com/%p 302
backup 172.18.124.211:80:0:tcp 172.18.124.209:80:0:tcp
backup 172.18.124.212:80:0:tcp 172.18.124.209:80:0:tcp
bind 172.18.124.211:80:0:tcp 172.18.124.206:80:0:tcp
bind 172.18.124.212:80:0:tcp 172.18.124.207:80:0:tcp
bind 172.18.124.209:80:0:tcp s2
bind 172.18.124.209:80:0:tcp s1
link s2 172.18.124.211:80:0:tcp
link s1 172.18.124.212:80:0:tcp

show statistics コマンド

show statistics コマンドは、実サーバと仮想サーバの統計情報を表示します。

localdirector(config)# show statistics
          Real Machine(s)              Bytes      Packets   Connections
(DIP) 172.18.124.207:80:0:tcp           1092            8             2
(DIP) 172.18.124.206:80:0:tcp            960            7             1


       Virtual Machine(s)              Bytes      Packets   Connections
(DIP) 172.18.124.211:80:0:tcp            960            7             1
(DIP) 172.18.124.212:80:0:tcp           1092            8             1
  172.18.124.209:80:0:tcp               3296           26             2
localdirector(config)#

show url コマンド

show url コマンドは、URL に関する接続情報を表示します。

localdirector(config)# show url
Urls:

             Id  Connect    Rcode   State                     Url
             s2        1      302     IS http://ns-ms2-dip.testdomain.com/%p
             s1        0      302     IS http://ns-ms1-dip.testdomain.com/%p
localdirector(config)#

show syslog コマンド

show syslog コマンドは、ロギング情報(日付、時刻、レベル、出力など)を表示します。

<165> May 30 11:35:14 LD-NOTICE Virtual machine '172.18.124.209:80:0:tcp': 
Edited from In Service to Out Of Service.
<165> May 30 11:35:24 LD-NOTICE Real machine '172.18.124.207:80:0:tcp': 
Edited from In Service to Out Of Service.
<165> May 30 11:35:24 LD-NOTICE Real machine '172.18.124.206:80:0:tcp': 
Edited from In Service to Out Of Service.
<165> May 30 11:35:28 LD-NOTICE Real machine '172.18.124.207:80:0:tcp': 
Edited from Out Of Service to In Service.
<162> May 30 11:35:28 LD-CRIT Switching '172.18.124.212:80:0:tcp' 
from 'leastconns' to 'slowstart'
<165> May 30 11:35:28 LD-NOTICE Real machine '172.18.124.206:80:0:tcp': 
Edited from Out Of Service to In Service.
<162> May 30 11:35:28 LD-CRIT Switching '172.18.124.211:80:0:tcp' 
from 'leastconns' to 'slowstart'
<165> May 30 11:35:34 LD-NOTICE Virtual machine '172.18.124.209:80:0:tcp': 
Edited from Out Of Service to In Service.
<162> May 30 11:36:23 LD-CRIT Switching '172.18.124.212:80:0:tcp' 
from 'slowstart' to 'leastconns'
<162> May 30 11:41:24 LD-CRIT Switching '172.18.124.211:80:0:tcp' 
from 'slowstart' to 'leastconns'
  

設定の確認

設定を確認するには、次のコマンドを使用します。

  • show real - 実サーバの統計情報と状態を表示します。

  • show virtual - 仮想サーバのリスト、その状態、接続の数、およびロード バランシングのアルゴリズムを表示します。

  • show statistics:上記を参照してください。

設定のトラブルシューティング

syslog コマンド

syslog [ホストIPアドレス | console | output facility.level] コマンドは、デバッグまたはトラブルシューティングの目的で使用できます。

この例では、http://test.testdomain.com が http://ns-ms2-dip.testdomain.com/ にリダイレクトされています。

次の例は syslog console および syslog output 20.7 から出力されたものです。

localdirector(config)# syslog console
localdirector(config)# <162> May 30 11:36:23 LD-CRIT Switching '172.18.124.212:80:0:tcp'
 from 'slowstart' to 'leastconns'
localdirector(config)# <162> May 30 11:41:24 LD-CRIT Switching '172.18.124.211:80:0:tcp'
 from 'slowstart' to 'leastconns'


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報



Document ID: 46222