ストレージ ネットワーキング : Cisco MDS 9000 シリーズ マルチレイヤ スイッチ

2 つの MD スイッチに別があるときゾーン マージ動作は Zoneset アクティブな名前接続されます

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料はそれぞれは既にゾーニング 情報があって、拡張 Inter-Switch Link Protocol (EISL)リンクがそのの間で設定される後 2 つの Cisco MDS スイッチがゾーン 情報をマージするようにするとき起こることができる状況を検査します。

Miga Pandika によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco MDS 9000 シリーズ スイッチのゾーニング 設定

  • Cisco MDS 9000 スイッチ間の(E) ISLトランクのケーブル接続および設定

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 対象のネットワークが実稼働中である場合には、どのような作業についても、その潜在的な影響について確実に理解しておく必要があります。

ゾーニング

概念

アクティブなゾーンセットがすでに設定されてまだ接続されていない 2 台のファイバ チャネル(FC)スイッチを EISL リンクで接続すると、ゾーンセットがマージされます。 しかしステップは新しいゾーンを設定し、アクティブにする前にゾーン 一貫性を確認するために踏む必要があります。

ベスト プラクティス

ゾーンがマージされる際は、競合する情報がない限り、スイッチは互いのゾーンを学習します。 これにより、各スイッチには 3 つのコンフィギュレーション エンティティが設定されます。 スイッチに設定されるコンフィギュレーション エンティティは次のとおりです。

  • NVRAM に保存されているコンフィギュレーション。 これは、前回 copy running-configuration startup-configuration コマンドが実行されたときに保存されたコンフィギュレーションです。

  • 実行コンフィギュレーション。 これは、前回 MDS が起動された時点でメモリに取り込まれたコンフィギュレーションと、そのコンフィギュレーションに加えられた変更です。 ゾーン情報のコンテキストでは、実行コンフィギュレーションは設定可能データベースを意味します。これは、フル データベースと呼ばれます。

  • 実行コンフィギュレーションに含まれる設定済みゾーン情報とゾーン マージから学習されたゾーン情報。 この設定済みゾーン情報と学習されたゾーン情報の組み合わせが、アクティブなゾーンセットです。

MD があるとき、それアップします以前に NVRAM で保存された設定と起動しました。 設定が NVRAM から後スイッチを設定したらロードされたり、実行コンフィギュレーションがスタートアップ コンフィギュレーションに保存されるまでブートアップと実行コンフィギュレーションの違いがあります。 これは、PC のローカル ハード ドライブ上にあるファイルに例えられます。 保存中のファイルは静的ですが、そのファイルを開いて編集すると、変更後のファイルと保存されたストレージ上の既存のファイルの間に相違点が生じます。 変更を保存するときだけ、保存されたエンティティを表します行うファイルへの変更をします。

ゾーンのマージによってゾーン情報が学習されたときは、学習されたその情報は、実行コンフィギュレーションに統合されません。 ゾーン コピー アクティブzoneset 全zoneset vsan X コマンドが発行されるときだけ学習される情報をなります実行コンフィギュレーションに組み込まれるようにします。 これはゾーン マージが zoneset の新しい EISL リンクかアクティベーションによって始められるとき、zoneset 部品が他のスイッチによって無視され、メンバー ゾーン 情報が項目と考慮されるのでキーです。

注意ゾーン copy コマンドはすべての fcalias 設定を削除します。

たとえば、 2 台のスタンドアロン MDS スイッチがすでに配置されていて、それぞれのスイッチに固有のゾーンおよびゾーンセット情報が設定されているものとします。 スイッチ 1 にはセット A というアクティブなゾーンセットがあり、スイッチ 2 にはセット B というアクティブなゾーンセットがあります。 スイッチ 1 のセット A にはゾーン 1 が含まれ、スイッチ 2 のセット B にはメンバ ゾーン 2 が含まれています。 ISL リンクがこれら二つのスイッチの間で作成されるとき、それぞれは他のスイッチにゾーン 情報を含む zoneset を送信 します。 マージで、スイッチはより高い ASCII 値の zoneset 名前を選択し、次にゾーン メンバーをマージします。 マージの後で、スイッチに両方とも zoneset 名前がゾーン メンバー ゾーン 1 およびゾーン 2.との設定 された B あります。

すべてはまだゾーン 1 およびゾーン 2.のデバイスすべてのために新しいゾーンを追加するためにはたらく必要があります、新しいゾーンを作成しなければなり zoneset に新しいゾーンを追加し、次に zoneset をアクティブにします。 「ゾーン データベース」をマージするか、または「に関する詳細についてはゾーン」を設定・管理することは、ゾーンを設定・管理すること示します。

ステップバイステップでスイッチはブートアップし、ゾーン情報がない状態になります。 したがって、スイッチにゾーンを作成し、それらのゾーンをゾーンセットに追加する必要があります。 このサンプルコマンド出力を参照して下さい。

ゾーンおよびゾーン セットを作成します。 スイッチ 1 でアクティブ化します。

Switch#1# config t 
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
Switch#1(config)# vsan database
Switch#1(config-vsan-db)# vsan 100
Switch#1(config-vsan-db)# exit
Switch#1(config)# zone name zone1 vsan 100
Switch#1(config-zone)# member pwwn 11:11:11:11:11:11:11:1a
Switch#1(config-zone)# member pwwn 11:11:11:11:11:11:11:1b
Switch#1(config-zone)# exit
Switch#1(config)# zoneset name setA vsan 100
Switch#1(config-zoneset)# member zone1
Switch#1(config-zoneset)# exit

Switch#1(config)# zoneset activate name setA vsan 100
Zoneset activation initiated. check zone status
Switch#1(config)# exit
Switch#1# sh zoneset active vsan 100
zoneset name setA vsan 100
zone name zone1 vsan 100
pwwn 11:11:11:11:11:11:11:1a
pwwn 11:11:11:11:11:11:11:12b
Switch#1#

ゾーンおよびゾーン セットを作成します。 スイッチ 2 でアクティブ化します。

Switch#2# config t 
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
Switch#2(config)# vsan database
Switch#2(config-vsan-db)# vsan 100
Switch#2(config-vsan-db)# exit
Switch#2(config)# zone name zone2 vsan 100
Switch#2(config-zone)# member pwwn 22:22:22:22:22:22:22:2a
Switch#2(config-zone)# member pwwn 22:22:22:22:22:22:22:2b
Switch#2(config-zone)# exit

Switch#2(config)# zoneset name setB vsan 100
Switch#2(config-zoneset)# member zone2
Switch#2(config-zoneset)# exit

Switch#2(config)# zoneset activate name setB vsan 100
Zoneset activation initiated. check zone status
Switch#2(config)# exit

Switch#2# sh zoneset active vsan 100
zoneset name setB vsan 100
zone name zone2 vsan 100
pwwn 22:22:22:22:22:22:22:22
pwwn 22:22:22:22:22:22:22:2b
Switch#2#

この場合、始動はスイッチ間の ISL リンク ゾーニング 情報がマージするようにし。

ISL リンクを有効にして、スイッチ 1 でゾーンのマージを確認します。

Switch#1# config t 
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
Switch#1(config)# int fc1/5
Switch#1(config-if)# no shut
Switch#1(config-if)# exit
Switch#1(config)# exit

: VSAN 100 が ISL で認められることを確かめて下さい。

Switch#1# sh zoneset active vsan 100 
zoneset name setB vsan 100
zone name zone1 vsan 100
pwwn 11:11:11:11:11:11:11:1a
pwwn 11:11:11:11:11:11:11:1b
zone name zone2 vsan 100
pwwn 22:22:22:22:22:22:22:2a
pwwn 22:22:22:22:22:22:22:2b
Switch#1# sh zoneset vsan 100
zoneset name setA vsan 100  
zone name zone1 vsan 100
pwwn 11:11:11:11:11:11:11:1a 
pwwn 11:11:11:11:11:11:11:1b

ISL リンクを有効にして、スイッチ 2 でゾーンのマージを確認します。

Switch#2# config t 
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
Switch#2(config)# int fc2/5
Switch#2(config-if)# no shut
Switch#2(config-if)# exit
Switch#2(config)# exit

Switch#2# sh zoneset active vsan 100
zoneset name setB vsan 100
zone name zone1 vsan 100
pwwn 11:11:11:11:11:11:11:1a
pwwn 11:11:11:11:11:11:11:1b
zone name zone2 vsan 100
pwwn 22:22:22:22:22:22:22:2a
pwwn 22:22:22:22:22:22:22:2b


Switch#2# sh zoneset vsan 100
zoneset name setB vsan 100
zone name zone2 vsan 100
pwwn 22:22:22:22:22:22:22:2a   
pwwn 22:22:22:22:22:22:22:2b

ゾーン マージが、アクティブな zoneset 名前両方のスイッチの setB だった後ことに注意して下さい。 A = 65 および B = 小数点の 66。 ASCIIテーブルに関する詳細については、ASCIIテーブルおよび説明を参照して下さい。

未来の zoneset アクティベーション問題を回避するために、ゾーン コピー アクティブzoneset 全zoneset vsan 100 コマンドはスイッチでこの時点で発行する必要があります。 最初にコマンドが発行される、およびどのように新しいゾーニング 情報が処理される場合、検査する。 zone copy コマンドが実行されると、学習されたゾーン情報(この例ではゾーン 2)が実行コンフィギュレーションに追加されます。  メモリ内のゾーン 2 が実行コンフィギュレーションにコピーされていない場合、ゾーン 2 の情報はプッシュされません。

注意ゾーン copy コマンドはすべての fcalias 設定を削除します。

Switch1 の実行コンフィギュレーション

ゾーン コピー アクティブzoneset 全zoneset vsan 100 コマンドの前に発行されます:

Switch1# sh run | b 「vsan 100" のための活性領域データベース セクション
! vsan 100 のための活性領域データベース セクション
zone name zone1 vsan 100
     pwwn 11:11:11:11:11:11:11:1a
     pwwn 11:11:11:11:11:11:11:1b

zone name zone2 vsan 100
     pwwn 22:22:22:22:22:22:22:2a
     pwwn 22:22:22:22:22:22:22:2b

zoneset ネーム setB vsan 100
        メンバー zone1
        メンバー zone2


zoneset アクティブ化名前 setB vsan 100
クリア ゾーン データベース vsan 100 をして下さい
! vsan 100 のための完全なゾーン データベース セクション
zone name zone1 vsan 100
          pwwn 11:11:11:11:11:11:11:1a
         pwwn 11:11:11:11:11:11:11:1b

zoneset ネーム剛毛 vsan 100
           メンバー zone1

ゾーン コピー アクティブzoneset 全zoneset vsan 100 コマンドの後で発行されます:

Switch1# ゾーン コピー アクティブzoneset 全zoneset vsan 100
警告: このコマンドは完全な zoneset のよくあるゾーンを上書きするかもしれません。 続けたいと思いますか。 (y/n) [n] y


Switch1# sh run | b 「vsan 100" のための活性領域データベース セクション
! vsan 100 のための活性領域データベース セクション
zone name zone1 vsan 100
      pwwn 11:11:11:11:11:11:11:1a
      pwwn 11:11:11:11:11:11:11:1b

zone name zone2 vsan 100
      pwwn 22:22:22:22:22:22:22:2a
      pwwn 22:22:22:22:22:22:22:2b

zoneset ネーム setB vsan 100
          メンバー zone1
          メンバー zone2


zoneset アクティブ化名前 setB vsan 100
クリア ゾーン データベース vsan 100 をして下さい
! vsan 100 のための完全なゾーン データベース セクション
zone name zone1 vsan 100
        pwwn 11:11:11:11:11:11:11:1a
       pwwn 11:11:11:11:11:11:11:1b

zone name zone2 vsan 100
      pwwn 22:22:22:22:22:22:22:2a
     pwwn 22:22:22:22:22:22:22:2b

zoneset ネーム剛毛 vsan 100
       メンバー zone1

zoneset ネーム setB vsan 100
      メンバー zone1
      メンバー zone2

Switch2 の実行コンフィギュレーション

ゾーン コピー アクティブzoneset 全zoneset vsan 100 コマンドの前に入力されます:

Switch2# sh run | b 「vsan 100" のための活性領域データベース セクション

! vsan 100 のための活性領域データベース セクション
zone name zone2 vsan 100
        pwwn 22:22:22:22:22:22:22:2a
        pwwn 22:22:22:22:22:22:22:2b

zone name zone1 vsan 100
       pwwn 11:11:11:11:11:11:11:1a
       pwwn 11:11:11:11:11:11:11:1b

zoneset ネーム setB vsan 100
        メンバー zone2
        メンバー zone1


zoneset アクティブ化名前 setB vsan 100
クリア ゾーン データベース vsan 100 をして下さい
! vsan 100 のための完全なゾーン データベース セクション
zone name zone2 vsan 100
       pwwn 22:22:22:22:22:22:22:2a
       pwwn 22:22:22:22:22:22:22:2b

zoneset ネーム setB vsan 100

        メンバー zone2

ゾーン コピー アクティブzoneset 全zoneset vsan 100 コマンドの後で入力されます:

Switch2# ゾーン コピー アクティブzoneset 全zoneset vsan 100
警告: このコマンドは完全な zoneset のよくあるゾーンを上書きするかもしれません。 続けたいと思いますか。 (y/n) [n] y


Switch2# sh run | b 「vsan 100" のための活性領域データベース セクション
! vsan 100 のための活性領域データベース セクション
zone name zone2 vsan 100
     pwwn 22:22:22:22:22:22:22:2a
     pwwn 22:22:22:22:22:22:22:2b

zone name zone1 vsan 100
     pwwn 11:11:11:11:11:11:11:1a
     pwwn 11:11:11:11:11:11:11:1b

zoneset ネーム setB vsan 100
       メンバー zone2
       メンバー zone1


zoneset アクティブ化名前 setB vsan 100
クリア ゾーン データベース vsan 100 をして下さい
! vsan 100 のための完全なゾーン データベース セクション
zone name zone2 vsan 100
       pwwn 22:22:22:22:22:22:22:2a
       pwwn 22:22:22:22:22:22:22:2b

zone name zone1 vsan 100
      pwwn 11:11:11:11:11:11:11:1a
      pwwn 11:11:11:11:11:11:11:1b

zoneset ネーム setB vsan 100
         メンバー zone2
         メンバー zone1

設定の 3 つのエンティティに戻る参照では、それらはゾーン マージ前にゾーン 1 で次の通りです:

  • 保存されているコンフィギュレーション: ありません。copy run start コマンドを実行してゾーン情報が保存されていないためです。

  • 実行コンフィギュレーション: ゾーン 1 で構成されています。

  • 設定および学習された情報: ゾーン 1 で構成されています。

ゾーンのマージが完了すると、エンティティは次のようになります。

  • 保存されているコンフィギュレーション: 何も保存されていません。

  • 実行コンフィギュレーション: ゾーン 1 で構成されています。

  • 設定および学習された情報: ゾーン 1 とゾーン 2 で構成されています。

ゾーン 2 は、実行コンフィギュレーションに統合されていません。 ゾーン 2 は学習されて、アクティブなゾーンセットに含まれています。 zone copy active-zoneset full-zoneset vsan 100 コマンドを実行しなければ、学習されたゾーン 2 が実行コンフィギュレーションにコピーされて追加されることはありません。 このコマンドが実行された後のコンフィギュレーションは次のようになります。

注意ゾーン copy コマンドはすべての fcalias 設定を削除します。

  • 保存されているコンフィギュレーション: 何も保存されていません。

  • 実行コンフィギュレーション: ゾーン 1 とゾーン 2 で構成されています。

  • 設定および学習された情報: ゾーン 1 とゾーン 2 で構成されています。 

コマンド

デフォルトで、基本 モードのゾーンは 1.0.4 でアクティブな zoneset データベースだけを、このコマンド導入されました配ります。 SAN-OS はアクティブな zoneset および完全な zoneset データベースを伝搬させます:

zoneset distribute full vsan <vsan_id>

このコマンドは各スイッチの各々の仮想 な ストレージ エリア ネットワーク(VSAN)でゾーン アップデートか zoneset アクティベーションが基本的なゾーニングのファブリックのあらゆるスイッチで完了すれば明示的に 有効に する必要があります。 これはあらゆるスイッチで完了するファブリックのゾーニング変更前にゾーン コピーをする必要を省きます。 しかしそれはスイッチをリブートする前に NVRAM の完全な zoneset に保存するためにやはり必要 copy running start コマンドを発行するようにです。 このコマンドは zoneset アクティベーションの後でアクティブな zoneset および完全な zoneset データベースを自動的に配るのでゾーンで必要高めますモードをではないです。

関連情報



Document ID: 46202