音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

Cisco CallManager を使った、破損状態の CallManager SQL サブスクリプションの再確立

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

SQL データベースの複製は、Cisco CallManager クラスタのコア機能です。 データベースのマスター コピーを持つサーバをパブリッシャと呼び、そのデータベースを複製するサーバをサブスクライバと呼びます。

サブスクライバがパブリッシャからデータを複製することを止めれば、パブリッシャ および サブスクライバ関係を再製する必要があります。 これには、SQL サーバのデータベースの内部で、サブスクリプションを手動で再構築する作業が含まれます。

症状

サブスクライバがパブリッシャからの複製を停止した場合に、発生する可能性のある症状を一覧にします。

  • サブスクライバに登録されている電話機に、パブリッシャへの変更が反映されない。

  • サブスクライバに登録されている電話機からの発信コールが失敗する。 9 つにダイヤルするとすぐ、追加注文トーンを聞きます。

  • Call Forward All(CFwdALL; 全コール転送)ができない。

  • IP Phone に Error Database と表示される。

この資料は Cisco CallManager 3.3 との破損した Cisco CallManager Cluster SQL Subscription を再確立するために手順を説明したものです。 これはまた CallManager 4.x に適用します。

注: 詳細については Cisco CallManager クラスタでの切断された SQL サブスクリプションの DBLHelper を使用した再構築を参照して下さい。

前提条件

要件

この資料は SQL Administrator (SA) アカウントパスワードがパブリッシャおよびサブスクライバ両方のために利用可能であることを仮定します。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco Unified CallManager 3.3.x および 4.x に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

パブリッシャとサブスクライバ間の関係を再確立して下さい

2 つのシステム間の関係を再確立するためにこれらのセクションのステップを完了して下さい。 最初に、サブスクライバのためのサブスクリプションはパブリッシャ システムで再び行われる必要があります。 それから、サブスクリプションは加入者システムで削除され、再び行われる必要があります。

パブリッシャ上 の サブスクリプションを再び行って下さい

パブリッシャ上 の サブスクリプションを再び行うためにこれらのステップを完了して下さい。

  1. パブリッシャで、SQL Enterprise Manager を開始するために Start > Programs > Microsoft SQL Server > Enterprise Manager の順に選択 して下さい。

    reestablish-broken-sql-1.gif

  2. SQLServerGroup を右クリックし、Microsoft SQL Server の下で『New SQL Server Registration』 をクリック して下さい。

    reestablish-broken-sql-2.gif

  3. レジスタ SQL Server ウィザードが現われるとき、ウィザード チェックボックスを使用しないでチェックされない行い、『Next』 をクリック しことを今後は次の作業をたいと思うことをことを確かめて下さい。

    /image/gif/paws/46100/reestablish-broken-sql-3.gif

    Cisco Unified CallManager に常駐する他の SQL サーバは利用可能 な Servers リスト ボックスに現われる必要があります。

    reestablish-broken-sql-4.gif

  4. 追加された Servers リスト ボックスに移動するために望むサーバかサーバをそしてそれらを移動するためにクリックします Add ボタンを選択して下さい。

    reestablish-broken-sql-5.gif

  5. [Next] をクリックします。

  6. SQL サーバ ログイン情報をシステム アドミニストレータ(SQL サーバ 認証)オプション ボタンによって私に割り当てられたクリックし、『Next』 をクリック して下さい。

    reestablish-broken-sql-6.gif

  7. Next ダイアログボックスで、ログインを SQL サーバ アカウント情報 オプション ボタンを使用して自動的にクリックして下さい、加入者システムのための SA ログインネームおよびパスワードを入力し、『Next』 をクリック して下さい。

    注: 加入者システムのために SA アカウントおよびパスワードを使用して下さい。 このパスワードは、サブスクライバ システムがインストールされたときに選択されたものです。

    reestablish-broken-sql-7.gif

  8. Select SQL Server Group ダイアログボックスで、既存の SQL Server Groupオプション・ボタンへの追加を SQL サーバ クリックし、SQLServerGroup にグループ名を設定 して下さい。

    reestablish-broken-sql-8.gif

  9. Next ダイアログボックスで『Finish』 をクリック して下さい。

    reestablish-broken-sql-9.gif

    ウィザードは追加されたサーバまたはサーバのステータスを表示する、「登録に成功されるとしてそれらを示す必要があります」。

  10. [Close] をクリックします。

    /image/gif/paws/46100/reestablish-broken-sql-10.gif

    これに類似したウィンドウが開きます。

    reestablish-broken-sql-11.gif

    リストされている 2 つのサーバを表示できる場合パブリッシャによって認識され、データはそれらと共有することができます。

パブリッシャ上 の サブスクリプションを削除して下さい

パブリッシャ上 の サブスクリプションを削除するためにこれらのステップを完了して下さい。

  1. Enterprise Manager を使用する、SQL サーバ ツリーはナビゲート し、Microsoft SQL Servers > SQL Server Group の順に選択 することによって CCM0300 データベースのための出版物を > machine_name > データベース > CCM0300 > 出版物見つけます。

  2. 失敗する選択し、エントリを削除して下さい Cisco Unified CallManager サブスクリプションを。

    注意 注意: 下記の矢印によって示されている右のペインのサブスクリプションを選択して下さい。 リストされたサブスクリプション名前を右クリックし、『Delete』 を選択 して下さい。 左のツリー ペインの本アイコンを削除しないで下さい。

    reestablish-broken-sql-12.gif

  3. 示すサブスクリプションはパブリッシャでないサブスクライバで取除かれたことを警告ダイアログ ボックスは現われます。 サブスクライバに接続し、サブスクリプションをそこに削除したいと思う場合『Yes』 をクリック して下さい。

    reestablish-broken-sql-13.gif

  4. 次のメッセージはサブスクリプションが削除されたが、データが削除しないことを示します。 [OK] をクリックします。

    reestablish-broken-sql-14.gif

サブスクライバ上 の サブスクリプションを再び行って下さい

サブスクライバ上 の サブスクリプションを再び行うためにこれらのステップを完了して下さい。

  1. 削除のパブリッシャからこの資料のパブリッシャ上 の サブスクリプション セクションを削除したサブスクライバの SQL サーバ名前を選択して下さい。

    注: この設定では、パブリッシャは EVOICE-CM33-1 であり、サブスクライバは EVOICE-CM33-2 です。 EVOICE-CM33-2 サブスクリプションは EVOICE-CM33-1 パブリケーションからちょうど削除されました。

  2. EVOICE-CM33-2 (Windows NT) SQL サーバを選択し、パブリケーションを再サブスクライブするために CCM0300 データベースを選択して下さい。

  3. CCM0300 データベースを右クリックし、New > Pull Subscription の順に選択 して下さい。

    注: データベースのほとんどの最近のバージョンを常に選択して下さい。 (この例で、CCM0300 は唯一の利用可能 な データベースです。)

    reestablish-broken-sql-15.gif

  4. プル サブスクリプション ウィザードが現われると『Next』 をクリック して下さい。

    reestablish-broken-sql-16.gif

  5. Look for Publications ダイアログボックスで、一見を登録済みのサーバ オプション ボタンからの出版物でクリックし、『Next』 をクリック して下さい。

    reestablish-broken-sql-17.gif

  6. Choose Publication ダイアログボックスで、(リストされるはずである)パブリッシャ拡張し、CCM0300 データベースを選択し、『Next』 をクリック して下さい。

    注: Cisco Unified CallManager オペレーティング システム複数回をアップグレードする場合、データベース名は数高いより 0300 含むかもしれません(たとえば、CCM0302、CCM0303、等)。

    reestablish-broken-sql-18.gif

  7. Specify Synchronization Agent Login ダイアログボックスで、Use SQL Server Authenticationオプション・ボタンをクリックして下さい、必須ログインおよびパスワードを入力し、『Next』 をクリック して下さい。

    ログインは sa であり、パスワードはパブリッシャ SA アカウントのためのパスワードです。

    reestablish-broken-sql-19.gif

  8. Initialize Subscription ダイアログボックスで、Yes をクリックして下さい、スキーマおよび Dataオプション・ボタンを初期化し、『Next』 をクリック して下さい。

    reestablish-broken-sql-20.gif

  9. Set Distribution Agent Schedule ダイアログボックスで、オプション ボタンを絶えずクリックし、『Next』 をクリック して下さい。

    reestablish-broken-sql-21.gif

  10. Next ダイアログボックスは SQLServerAgent サービスが実行されていることを確認します。 [Next] をクリックします。

    reestablish-broken-sql-22.gif

  11. Pull Subscription Wizard ダイアログボックスの完了で、『Finish』 をクリック して下さい。

    /image/gif/paws/46100/reestablish-broken-sql-23.gif

    ウィザードは下記に示されているようにサブスクリプションを、設定しました。

    reestablish-broken-sql-24.gif

    プロセスが完了するとき成功を示すメッセージが現れます。

    reestablish-broken-sql-25.gif

  12. サブスクリプションが作成された後同期のためのサブスクライバにデータを入手するために、スナップショットエージェントは実行する必要があります。

    パブリッシャ SQL サーバを選択し、レプリケーション モニター > パブリッシャ > machine_name > CCM0300 サブスクリプションにナビゲート して下さい。

    1. スナップショット エントリを右クリックし、『Start Agent』 を選択 して下さい。

      /image/gif/paws/46100/reestablish-broken-sql-26.gif

      スナップショット エージェントが実行はこの時点でタスクを完了する約 3 から 5 分かかり。 スナップショットエージェントが終われば、プル エージェントはサブスクライバにスナップショットを適用し始めます。 これはもう 3 から 5 分奪取 します。

      reestablish-broken-sql-27.gif

    2. プル サブスクリプションがパブリッシャで、完了したら、サブスクライバ SQL サーバを選択し、CCM0300 データベースのためのプル サブスクリプションを開いて下さい。 サブスクリプションは実行状態で、アップデートのために待機中となっています。

      注: 最後の操作が利用可能になるためにそれでも待っているスナップショットエージェントを読む場合画面をリフレッシュするために F5 を押して下さい。

      reestablish-broken-sql-28.gif

      この時点で、サブスクライバはパブリッシャと再同期されており、アップデートはローカル サブスクライバ SQL データベースに記録されている最中です。

注: ユーザデータベースへの多数の変更をバルクアドミニストレーションツールを使用する場合、(たとえば行なえば)、SQL サーバは同期の出かけることができます。 これは DC Directory ハングという結果に終る場合があります。 この問題を解決するために、すべての Cisco CallManager サーバの DC Directory サービスをリセットし、SQL エージェントを再実行して下さい。

SQL サブスクリプションがはたらくことを確認して下さい

SQL サブスクリプションがはたらくことを確認するためにこれらのステップを完了して下さい。

  1. データの伝搬をテストするために認識し易く、『Insert』 をクリック し易いパブリッシング サーバのデバイスを作成して下さい。

    注: デバイスを機能させる必要はありません。

    reestablish-broken-sql-29.gif

  2. Update and Close をクリックします。

    reestablish-broken-sql-30.gif

  3. SQL Enterprise Manager へ移動し、問題の SQL サブスクライバを展開し、データベース テーブルに新しいデバイスがあるか確認します。

    /image/gif/paws/46100/reestablish-broken-sql-31.gif

    デバイスがより認識可能なら、より容易見つけることです。

    reestablish-broken-sql-32.gif

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 46100