コラボレーション : Cisco Unified Contact Center Express

エンタープライズ データ スクリーン ポップの設定方法

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


質問


概要

このドキュメントでは、企業データの画面ポップアップを設定する手順について説明します。 この手順により、すでに存在するスクリプトに特定の手順を追加できます。

Q. 企業 Data 画面 pop を設定する方法

A. 企業 Data 画面 pop を設定するプロシージャは続きます:

  1. 示されていたページから 2-8 Cisco デスクトップ管理者ユーザ ユーザーズ ガイドのページからとして 2-3 企業 データを設定して下さい。 このステップはフィールド リストに Custom フィールドを追加するか、または現在の Custom フィールドを編集します。

    あらかじめ定義されたフィールドに 231-255 のインデックス番号があり、編集されないかもしれません。 Custom フィールドは 0-230 インデックス番号を使用し、編集されるかもしれません。

  2. 企業 データをぽんと鳴らすスクリプトを修正するために Cisco 応答アプリケーション スクリプト エディタを実行して下さい。

    図 1: 1 Set Enterprise Data ステップのザ・スクリプト

    /image/gif/paws/46023/QA-SetupScreenPOP-1.gif

  3. の前に指名されるラベルを「操作 Q」選択します図 1 に示すようにリソースを、および図 2.追加して下さい

    図 2: ラベル ステップの追加方法

    QA-SetupScreenPOP-2.gif

  4. Select Resource ステップを変更して下さいそうすればすぐに接続しません。 選択した出力 ブランチは Noオプション・ボタンを選択した後現われましたり、図 1 および図 3.見ます

    図 3: Select Resource ステップ

    QA-SetupScreenPOP-3.gif

  5. 図 1 および図 4.説明されるステップ 1 で設定 される 文字列変数およびフィールド インデックスの Set Enterprise Data ステップを追加して下さい

    図 4: Enterprise Server Data ステップを設定 して下さい

    QA-SetupScreenPOP-4.gif

  6. 追加一定企業 データ ステップを追加するために、必要に応じてステップ 5 を繰り返して下さい。

  7. 図 1 および図 5.示されている ResourceID 変数接続応答ステップを追加して下さい

    図 5: 接続応答ステップ

    QA-SetupScreenPOP-5.gif

  8. 壊れるステップでは、接続応答の下で、ステップ 3 で参照されて、図 1 および図 6.参照しなさいように、主力の「操作 Q」に主力のステップを追加して下さい

    図 6: 主力のステップ

    QA-SetupScreenPOP-6.gif


関連情報


Document ID: 46023