音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

メディア リソース グループおよびグループ リストについて

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

Cisco CallManager 3.1x のリリース以降、管理者が特定のデバイスにメディア リソースを割り当てられるようにメディア リソース グループ(MRG)とメディア リソース グループ リスト(MRGL)が使用されるようになりました。 MRG と MRGL の最も一般的な使用は、地理的な基盤でメディア リソースの使用を制限することです。 たとえば、リモート サイトで会議リソースがある場合、ローカル会議ブリッジ リソースへのアクセスだけを許可するようにリモートサイトで IP フォンの MRGL を作成できます。 これにより、IP フォンがリモート サイトで作成する電話会議が同じサイト内での会議用に WAN 帯域幅を使用しないようになります。 リモート サイトの会議ブリッジがリソース切れまたは使用できない場合に別のサイトのリソースをバックアップとして使用できるように、MRGL を設定してセカンダリ、ターシャリ リソース(など)を指定することもできます。 他のメディア リソース(たとえば、保留音(MOH)サーバ、およびトランスコーディング リソース)に、MRG と MRGL を使用できます。

前提条件

要件

Cisco は Cisco Unified CallManager 基礎のナレッジがあることを推奨します。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco CallManager 3.1x およびそれ以降に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

メディア リソース グループおよびメディア リソース グループ リスト

MRGL は MRGs の優先順位をつけられたグループ化を提供します。 アプリケーションは必須メディア リソースを、MRGL で定義される優先順位に基づいて利用可能 なメディア リソース間のから MOH サーバのような、選択します。

メディア リソース リソース管理はクラスタのすべての Cisco Unified CallManager にメディア リソースにアクセスを提供します。 各 Cisco Unified CallManager はメディア リソース マネージャと呼ばれるソフトウェアコンポーネントが含まれています。 メディア リソース マネージャは機能を完了するためにメディア ストリームを接続するために必要なメディア リソースを見つけます(たとえば、MOH、会議、等)。 Cisco Unified CallManager はこれらのメディア リソースにインターフェイスするためにスキニー プロトコルを使用します。

/image/gif/paws/45525/mrgl-1.gif

  • CM1 および CM2 は同じクラスタに属します。

  • Cisco Unified CallManager はリソースを選択するために MRGL 概念を使用します。 選択はリソースの地理的な割り当てによって決まります。

メディア リソース マネージャ

メディア リソース マネージャはこれらのメディア リソース型を管理します:

  • MOH サーバ。

  • ユニキャスト コンファレンスブリッジ(CFB)。

  • メディアストリーミングアプリケーション アプリケ−ション サーバ(ソフトウェア Media Termination Point)。

  • トランスコーダ(XCODE)。

これらの原因はリソースがなぜ共有されるか説明します:

  • 両方のハードウェア および ソフトウェア デバイスが Cisco Unified CallManager の内で共存するようにするため。

  • Cisco Unified CallManager がクラスタの内で利用可能 なリソースを共有し、アクセスすることを可能にするため。

  • Cisco Unified CallManager が同じようなリソースのグループ内の負荷分散を行うことを可能にするため。

  • Cisco Unified CallManager がユーザ設定に基づくリソースを割り当てることを可能にするため。

Cisco Unified CallManager の初期化はメディア リソース マネージャを作成します。 メディア リソース マネージャのデータベース登録で定義される各 Media Termination Point、MOH、トランスコーダおよびコンファレンスブリッジ デバイス。 メディア リソース マネージャはデータベースおよび構造からの提供されたデバイスのリストを得、これらのリソースをトラッキングするために表を維持します。 メディア リソース マネージャは登録されているデバイスを検証するためにこの表を使用します。 メディア リソース マネージャはシステムで利用可能 な総デバイスを把握します。 メディア リソース マネージャはまた利用可能資源を備えているデバイスをトラッキングします。

メディア デバイスが登録するとき、Cisco Unified CallManager はこのデバイスを制御するためにコントローラを作成します。 デバイスが検証された後、システムはクラスタ全体のリソースをアドバタイズします。 このメカニズムはリソースがクラスタ全体共有されるようにします。

リソース予約は検索 基準に基づいて起こります。 ある特定の基準はリソースの種類および MRGL を提供します。 Cisco Unified CallManager がもはやリソースを必要としないとき、リソース割り当て解除は発生します。 Cisco Unified CallManager は各アロケーションおよび割り当て解除の後でリソース 表をアップデートし、同期します。

メディア リソース マネージャ インターフェイス

これらの主要コンポーネントが付いているメディア リソース マネージャ インターフェイス:

  • コール制御

  • メディア コントロール

  • Media Termination Point コントロール

  • ユニキャスト船橋操縦

  • MOH は制御します

コール制御 ソフトウェアコンポーネントはコール処理を行います、これにはセットアップが含まれ、接続の中断 します。 コール制御は機能 層と転送のようなサービスを、保持提供するために、会議、等相互に作用しています。 コール制御はメディア リソース マネージャと電話会議や MOH 機能を設定するためにリソースを見つける必要があるときインターフェイス接続します。

メディア コントロール ソフトウェアコンポーネントはエンドポイントのためのメディア ストリームの作成およびティアダウンを管理します。 デバイスの間で接続されるべきメディアのための要求が受け取られる時はいつでも、メディア コントロールはストリームを確立するためにエンドポイントの種類によって決まる適切なインターフェイスを設定します。

メディアは Media Termination Point を設定するためにそれがリソースを見つける必要があるときメディア リソース マネージャのインターフェイスを層にします。 Media Termination Point コントロールは着信 H.245 ストリームに発信 H.245 ストリームを繋ぐために機能を提供します。 Media Termination Point は接続されたエンドポイントからの流出が停止するとき H.323 エンドポイントの H.245 セッションを維持します。 Media Termination Point は現在 コーデックだけ G.711 サポートし、また mu-law に a-law をトランスコードすることができます。

データベースで定義される各 Media Termination Point デバイスに関しては Cisco Unified CallManager は Media Termination Point 制御プロセスを作成します。 この Media Termination Point 制御プロセスはメディア リソース マネージャと初期化するとき登録します。 メディア リソース マネージャはこれらの Media Termination Point リソースを把握し、クラスタ全体のアベイラビリティをアドバタイズします。

ユニキャスト船橋操縦は一組の合成出力 ストリームに一組の着信 ユニキャストストリームを混合するために機能を提供します。 ユニキャスト ブリッジはアド ホックに設定するためにリソースおよび Cisco Unified CallManager の Meet-Me 会議を提供します。 データベースで定義される各ユニキャスト ブリッジ デバイスに関しては Cisco Unified CallManager はユニキャスト 制御プロセスを作成します。 このユニキャスト 制御プロセスはメディア リソース マネージャと初期化するとき登録します。 メディア リソース マネージャはユニキャストストリーム リソースをトラッキングし、クラスタ全体のアベイラビリティをアドバタイズします。

MOH は可聴周波サーバにパーティを保留の状態でリダイレクトするために機能を提供します。 データベースで定義される各 MOH サーバ デバイスに関しては Cisco Unified CallManager は MOH 制御プロセスを作成します。 この MOH 制御プロセスはメディア リソース マネージャと初期化するとき登録します。 メディア リソース マネージャは MOH リソースをトラッキングし、クラスタ全体のアベイラビリティをアドバタイズします。 MOH はユニキャストおよびマルチキャスト両方オーディオ ソース サポートします。

メディア リソース グループ/メディア リソース グループ リストを設定して下さい

  • MRGs はメディア リソースの論理的なグループ化です。 単一 MRG はハードウェア 会議 の リソース、ソフトウェア 会議 の リソース、トランスコーダリソース、MOH サーバおよびソフトウェア メディアの停止ポイントが含まれている場合があります。 MRG にユーザが定義する順序がありません。 MRG のすべてのリソースは等しい考慮されます。 従って、各のリソース間の Cisco Unified CallManager 負荷共有は 1 MRG を打ち込みます。

  • トランスコードすることが会議と使用されるとき、トランスコーダはコンファレンスブリッジの MRGL に基づいて選択されます。

    注: 明示的に コンファレンスブリッジのための MRGL を設定できません。 従って次に、MRGL はデバイス プールと MRG デフォルト プールから最初に奪取 されます。

  • 電話が保留になるとき、(保留にしたデバイスの MRGL は保持されたデバイスにミュージックをするのにどの MOH サーバが使用されているか)判別します offnet 呼び出しのためのゲートウェイである可能性があります。

  • コンファレンスブリッジは会議 コントローラ(会議を始める)の MRGL に基づいていましたパーティ選択されます。

  • コールがゲートウェイを通って出かけ、Media Termination Point (MTP)が必要となれば場合。 ゲートウェイの MRGL がそれから MTP を選択するのに使用されています。

  • MRGLs は MRGs の規則正しく並べられたリストです。 1 MRG のすべてのリソースは Cisco Unified CallManager が同じ MRGL で別の MRG からのメディア リソースを使用するように試みる前に枯渇させる必要があります。

  • MRGLs は毎デバイス基礎で関連付けることができますつまりメディア リソースに特定のデバイス アクセスを個別に可能にすることができることを意味します。 第 2 MRGL はまたデバイス プール レベルで設定することができます。

    • デバイスにデバイス プール レベルで設定される MRGL があれば、またデバイス自体で、デバイス レベルで設定される MRGL はデバイス プールの MRGL によって、続かれて最初に検索されます。

  • 最後の MRGL はデフォルト MRGL です。 MRG に割り当てられないメディア リソースはデフォルト MRGL に自動的に割り当てられます。 デフォルト MRGL は常に検索され、リソースがデバイスベース MRGL およびデバイス プール MRGL で利用できないか、または MRGLs があらゆるレベルで設定されなければそれは最終的な解決策です。

設定手順

メディア リソースを Cisco Unified CallManager の内で設定してもらった後 MRG/MRGLs を設定するためにこれらのステップを完了して下さい。

  1. Cisco CallManager Administration ページにログインし、> メディア リソース グループ Service > Media Resource の順に選択 して下さい。

    mrgl-2.gif

  2. 『Add a New Media Resource Group』 を選択 して下さい。

    /image/gif/paws/45525/mrgl-3.gif

    すべての設定されたメディア リソース ディスプレイのリスト。

    /image/gif/paws/45525/mrgl-5.gif

  3. MRGs の名前を入力して下さい。 この MRG と関連付け、『Insert』 をクリック してほしいリソースを選択して下さい。

    注: この例では、2 つ MRGs は作成されます。 メインサイト リソースのための 1 つおよびリモートサイト リソースのための 1。

    /image/gif/paws/45525/mrgl-6.gif

    mrgl-7.gif

  4. リモートサイト リソースのための別の MRG を作成して下さい。 この例では、コピーは最初のグループの撮られ、新しいグループを反映するために名前は変更されます。

    /image/gif/paws/45525/mrgl-8.gif

  5. すべての必要なリソースを選択し、『Insert』 をクリック して下さい。

    mrgl-9.gif

  6. > Media Resource Group リスト MRGL を MRG を関連付けるために作成するために Service > Media Resource の順に選択 して下さい。

    mrgl-11.gif

  7. 『Add a New Media Resource Group List』 をクリック して下さい。

    /image/gif/paws/45525/mrgl-12.gif

  8. 4 つ MRGLs はこの例で作成されます。

    1. メインサイト リソースのための MRG Dallas_MRGL。

      /image/gif/paws/45525/mrgl-13.gif

    2. リモートサイト リソースのための MRG SanJose_MRGL。

      /image/gif/paws/45525/mrgl-14.gif

    3. ダラス オフィス デバイスは砥石で研がれることサーバがダウン状態になる場合冗長性のための MRG Dallas_Redundant_MRGL。 メディア リソースがこのサイトで利用できない場合、呼び出しが失敗しないようにリモートサイト リソースへのフェールオーバー。

      /image/gif/paws/45525/mrgl-15.gif

    4. サンノゼ オフィス デバイスは砥石で研がれることサーバがダウン状態になる場合冗長性のための MRG SanJose_Redundant_MRGL。 メディア リソースがリモートサイトで利用できない場合、呼び出しが失敗しないようにメインサイト リソースへのフェールオーバー。

  9. Dallas_Redundant_MRGL に関しては、Dallas_MRG はリストの第 1 であり、SanJose_MRG は第 2 です。

    mrgl-16.gif

  10. SanJose_Redundant_MRGL に関しては、SanJose_MRG はリストの第 1 であり、Dallas_MRG は第 2 です。

    mrgl-17.gif

  11. メディア リソース グループ リストの検索を行うとき、作成される 4 つのリストをすべて見ます。

    /image/gif/paws/45525/mrgl-18.gif

  12. すべてのユーザ向けのデバイス プールとまたはデバイスの設定自体によって MRGL を関連付けて下さい。

    この例では、冗長 MRGL はダラス Location およびサンノゼ両方位置のために設定されます。

    mrgl-19.gif

    mrgl-20.gif

  13. 次 の 例はデバイスの MRGL の設定自体を示します。 MRGL がデバイスで直接設定されるとき、その MRGL はデバイス プール 設定に優先します。

    mrgl-21.gif

トラブルシューティング

問題

イベント ビューアにこのエラーメッセージが現れます:

Error: ConferenceNoMoreResourcesAvailable - No more Conference Resources available

解決策

すべてのハードウェア コンファレンス ブリッジが Cisco Unified CallManager に登録されているかどうか確認するためにこれらのステップを完了して下さい。

  1. 行き、> コンファレンスブリッジは CallManager管理ページに Service > Media Resource の順に選択 します。

  2. 『Find』 をクリック し、すべてのブリッジがリストされているかどうか確認して下さい。

注: デバイス プール 設定の下で最適方法のメディア リソースを配って下さい。

問題-ファースト ビジーの状態は遠隔地が呼出されるとき受け取られます

IP Contact Center (IPCC) 遠隔地を呼出すとき、電話は遠隔地で鳴りますが、ユーザが電話を取るとき、ファースト ビジーシグナルは受け取られます。

解決策

問題を解決するために、ソフトウェア トランスコーダリソースおよびハードウェア トランスコーダリソースのための別々のメディア リソース グループ(MRGs)を作成して下さいおよびハードウェア トランスコーダリソース MRG に Media Resource Group リスト(MRGL)で最優先があることを確かめて下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 45525