コラボレーション : Cisco Unified Contact Center Express

Cisco Agent Desktop for IPCC Express で DESKTOP_CFG の共有ドライブ マッピングを自動化できない

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、システム管理者が Cisco IPCC Express Edition 環境で Cisco Agent Desktop を使用して、エージェントに必要なドライブ マッピングの復元を自動化する方法について説明します。

この資料は Cisco Unified Contact Center Express サーバがデフォルト Microsoft Windows 2000 ワークグループ サーバ 設定にインストールされ、Cisco Agent Desktop が Windows ドメイン内のワークステーションとしてインストールされていることを仮定します。

前提条件

要件

これらの必要条件について詳しく知っているはずです:

  • Windows 2000サーバ 管理

  • Windows 2000 Professional 管理

  • Windows XP Professional 管理

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco IPCC Express 3.1(x) およびそれ以降

  • Cisco Agent Desktop

  • Microsoft Windows 2000 Professional

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 対象のネットワークが実稼働中である場合には、どのような作業についても、その潜在的な影響について確実に理解しておく必要があります。

背景理論

Cisco IPCC Express 環境では、ネットワーキングのためのサーバーの既定値インストールはスタンドアロン Windows 2000 ワークグループ サーバ 設定です。 正常な動作の一部として、Agents ウィンドウ ログオンは Cisco Agent Desktop ログオン前に復元する Cisco Unified Contact Center Express サーバの DESKTOP_CFG と指名される耐久性があるネットワーク 共有を必要とします。 このシェア マッピングはエージェントが Cisco Unified Contact Center Express サーバのローカルユーザアカウント 資格情報を備えている場合実現します。

ワークグループ サーバ インストールはこのローカルユーザアカウント 資格情報がエージェント団体ドメイン ポリシーと同期されないことを、意味しますパスワードを含んで。 管理を簡素化するために、すべてのエージェントは Cisco Unified Contact Center Express サーバの同じローカルユーザアカウント 資格情報をネットワーク共有へのアクセス権を得るのに使用できます。 それ以上の簡素化管理はこのネットワーク共有にマッピング するためにバッチファイルが Windows ログオン時に動作すれば、実現します。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

問題

Cisco Unified Contact Center Express 環境内の Cisco Agent Desktop を使用してエージェントのためのドライブマッピングは自動化されません。

解決策

この問題の解決方法を詳細に説明します。

Cisco IPCC Express サーバのローカルユーザアカウントを作成して下さい

  1. Cisco Unified Contact Center Express サーバで、Start > Programs > Administrative Tools > Computer Management の順にクリック して下さい。

  2. ユーザ フォルダを選択し、右クリックして下さい。

  3. 『New User』 を選択 して下さい。

  4. 下記のスクリーン ショットに示すように次を、入力して下さい。

    • ユーザ名

    • Password

    • パスワードを確認して下さい

    • ユーザはパスワードの変更できません

    • パスワードは決して切れません

    share-cad-ipccexp-1.gif

  5. > 密接『Create』 をクリック して下さい。

Cisco IPCC Express サーバのローカル グループを作成して下さい

  1. Cisco Unified Contact Center Express サーバで、Start > Programs > Administrative Tools > Computer Management の順にクリック して下さい。

  2. Computer manager から、ローカルユーザおよびグループを拡張して下さい。

  3. グループ フォルダを選択し、右クリックして下さい。

  4. 『New Group』 を選択 して下さい。

  5. New Group ウィンドウに示すように次を、タイプして下さい。

    • グループ名

    share-cad-ipccexp-2.gif

  6. [Add] をクリックします。

  7. Select Users または Groups ウィンドウでは、割り当てられた Cisco Agent Desktop ユーザ名を見つけ、『Add』 をクリック して下さい。

    share-cad-ipccexp-3.gif

  8. [OK] をクリックします。

  9. 終わるために、『Create』 をクリック して下さい。

DESKTOP_CFG 共有に権限を割り当てて下さい

  1. Cisco Unified Contact Center Express サーバ デスクトップで、マイ コンピュータを右クリックして下さい。

  2. 『Explore』 を選択 して下さい。

  3. Windows Explorer ウィンドウが開くとき、c:\Program Files\Cisco フォルダを開いて下さい。

  4. 下記に示されているように Desktop_Config フォルダを、右クリックして下さい。

  5. Properties を選択します。

  6. [Security] タブをクリックします。

  7. [Add] をクリックします。

    share-cad-ipccexp-4.gif

  8. 『Users』 を選択か Groups ダイアログボックスでは、適切なグループを見つけて下さい。

  9. 次のウィンドウに示すように、『Add』 をクリック して下さい。

    share-cad-ipccexp-5.gif

  10. Properties ダイアログボックスに戻るために、『OK』 をクリック して下さい。

  11. デスクトップ Config Properties ウィンドウに示すように完全 な 制御チェックボックスを、クリックして下さい。

    share-cad-ipccexp-6.gif

  12. [Apply] をクリックします。

  13. [Advanced] をクリックします。

  14. Permissions Entries ダイアログボックスで、適切なグループを、下記に権限 エントリの下で示されているように選択し、すべての子オブジェクトのこのオブジェクトおよびリセット許可に伝搬し、相続できる許可の伝搬を有効に する親からの割り当て相続できる許可があるようにボックスを確認して下さい。

    share-cad-ipccexp-7.gif

  15. [Apply] をクリックします。

  16. 閉じるために『OK』 をクリック して下さい。

Cisco Agent Desktop ワークステーションでバッチファイルを作成して下さい

  1. 常時接続次の構文のネットワークである Cisco Agent Desktop ワークステーションでテキストファイルを作成して下さい:

    net use <x>: \\<servername>\DESKTOP_CFG <pwd> /user:<user>
    凡例 説明
    <x> ドライブレター
    <servername> 物理サーバー名前
    <pwd> ユーザ向けのパスワード
    <user> ローカルユーザ名

  2. マシンの C でバッチファイルとしてこのファイルを保存して下さい: 、またはどこかにそれを見つけること容易駆動して下さい(たとえば: c:\WINNT\mapdrive.bat)。

ワークステーション グループ ポリシーを編集して下さい

  1. コマンド プロンプトを開いて下さい、Start > Run の順にクリック して下さい。

  2. Run ダイアログボックスでは、gpedit.msc をタイプして下さい

  3. Group Policy Editor ウィンドウ 表示する 『Enter』 をクリック して下さい。

    share-cad-ipccexp-8.gif

  4. ユーザコンフィギュレーションの下で、Expand ウィンドウ設定は『Scripts (Logon/Logoff)』 を選択 し。

  5. 右の Login アイコンをダブルクリックして下さい。

  6. 新しいログオン スクリプトに『Add』 をクリック して下さい。

  7. 上記のセクションで作成されるバッチファイルのために作成します下記に示されているように Cisco Agent Desktop のバッチファイルを、参照して下さい。

    share-cad-ipccexp-9.gif

  8. [OK] をクリックします。

    次のウィンドウのスクリプトリストに注意して下さい。

    share-cad-ipccexp-10.gif

  9. [OK] をクリックします。

  10. グループ ポリシー エディタを閉じて下さい。

  11. ワークステーションを再起動すればポリシーはそれ自身を適用します。

ネットワークに再度ログイン するとき、ドライブはマッピング する必要があります。

ネットワークが利用できない場合、ドライブはマッピング しません。


関連情報


Document ID: 45500