コラボレーション : Cisco Unified Contact Center Express

Cisco CRS エージェントまたは Supervisor Desktop にログインできない

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、次の問題のトラブルシューティング手順をいくつか示します。

Cisco Agent Desktop or Supervisor can't login

Ciscoカスタマー 応答ソリューション(CRS)アプリケーションの新しいで頻繁にこのメッセージがかなりインストールします現れます。 ?ほとんどの場合、問題は見落されるコンフィギュレーションのステップです。

はじめに

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

前提条件

この文書に記載された情報を適用する前に、次の前提条件を満たしていることを確認してください。

  • Cisco CRS 設定

  • Cisco CallManager設定

  • イネーブル トレースおよびキャプチャ エージェント ログ

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco IP Contact Center (IPCC) Express 3.0 および それ以降

  • Cisco CallManager 3.0 およびそれ以降

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 対象のネットワークが実稼働中である場合には、どのような作業についても、その潜在的な影響について確実に理解しておく必要があります。

問題

Cisco CRS アプリケーションの新しいで頻繁にこのメッセージがインストールします現れます。 ?ほとんどの場合、問題はインストールの間に見落されるコンフィギュレーションのステップです。

Cisco Agent Desktop or Supervisor can't login.

解決策

第一歩は問題のクリア定義を得ることであり、もし可能なら、エージェントと共にエージェントデスクトップ エラーメッセージのスクリーン ショットは指摘を問題かエラーメッセージ 記録 します。 問題の隔離を助けることを頼むべきいくつかの質問はここにあります:

  1. この影響は 1 つのただエージェントすべてのか。

  2. 1 つのエージェントだけ、エージェントできたら問題が発生した前にログオンするためにか。

  3. エージェントデスクトップはオペレーティング システム Windows 2000 または Windows XP ですか。

  4. ユーザ ID かパスワードを入力するときエージェントは Caps ロックのですか。

  5. 特定のマシンに問題を隔離するように試みるように別の既知よいエージェント ユーザネームおよびパスワードをテストして下さい。

  6. Cisco Unified CallManager へ行くことによってエージェント ユーザネームおよびパスワードを確認して下さい。 ブラウザから、http://CallMgrIP/ccmuser に行って下さい。

    ユーザネームおよびパスワードが正しい場合、問題の解決を助けるように次 の ステップをチェックして下さい:

    1. エージェントデスクトップから CRS サーバの Desktop_cfg 共有ディレクトリにドライブをマッピング することを試みて下さいか。それが正常であることを確認して下さい。

    2. CRS サーバの Desktop_cfg \デスクトップ\ライセンス フォルダのエージェント PC からのファイルを(読み書きアクセスを持って下さい)作成できることを確認して下さい。

    3. 失敗された場合、皆をユーザ 権限リストに追加し、テストして下さい(ユーザはライセンス書けるディレクトリにはずで、エージェントはそれからログオンべきです)。

    4. これがはたらかない場合、トレースを設定 し、検討するために Cisco Technical Assistance Center (TAC)のためのログを収集するため。

エージェントデスクトップ トレース設定

上記のステップが問題を解決しないし、トレースを設定 し、検討するために Cisco TAC のためのログを収集すれば。

  1. このファイルの 204 にトレース レベルを設定 して下さい:

    c:\Program Files\Cisco\Desktop\config\fastcalllocal.ini
  2. agent.dbg トレース Size= 30000000 を設定 して下さい(デフォルトは 300000)あります:

    [Program Log]
    Path=..\log\agent.log
    Size=300000
    [Debug Log]
    Path=..\log\agent.dbg
    Size=30000000
    Level=204

変更はエージェントデスクトップがログオンするとき影響を奪取 します。 ログファイルは c:\Program Files\Cisco\Desktop\log フォルダにあります。 ログファイルはまた c:\Program Files\Cisco\Desktop\log\old\ フォルダに最大ファイルサイズが達するときコピーされます。 agent.dbg および agent.log ファイルを両方キャプチャ して下さい。


関連情報


Document ID: 45440