セキュリティ : Cisco Secure Access Control Server ソリューション エンジン

Cisco Secure ACS Solution Engine のシステム回復

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Cisco Secure ACS Solution Engine(ACS SE)のシステム リカバリについて説明します。

前提条件

要件

この資料の手順はこれらの状態を必要とします。

  • 手順を開始する前に、コンソールが ACS SE に正常に接続されていることを確認します。 「詳細については Cisco Secure ACS アプライアンスのインストールおよび設定でシリアルコンソール接続」を確立することを参照して下さい。

  • Cisco Secure ACS SE リカバリ CD がなければなりません。 リカバリ CD を入手するには、Cisco TAC にお問い合わせください。

    注: TAC ケースをオープンするために Cisco 有効な資格情報がある必要があります。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco Secure ACS SE バージョン 3.2.1 に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

システム 回復 プロシージャ

次の手順を実行します。

  1. Cisco Secure ACS SE リカバリ CD を CD-ROMドライブに挿入し、ACS SE をリブートして下さい。

  2. ACS SE リブート、CD からのハードディスク イメージを復元するタイプ 2 時。

    Cisco Secure ACS: 3.2.1.20
              Appliance Management Software: 3.2.1.20
              --------------------------------------
              Acs Appliance Recovery Options
                [1] Reset administrator account
                [2] Restore hard disk image from CD
                [3] Exit and reboot
              Enter menu item number: [ ]
  3. プロンプト表示された場合システム 回復のためのハード ドライブを消したいことを確認するために y を入力して下さい。

    This operation will completely erase the hard drive.
    Press 'Y' or 'y' to confirm, any other key to cancel.

    消去プロセスはおよそ 15 分かかります。

  4. プロンプト表示された場合リカバリ CD を CD-ROMドライブから取除き、再始動への Return を押して下さい。

    The system has been reimaged successfully
    Please remove this recovery CD from the drive, then hit RETURN to restart the system
  5. コンソールを使用して Cisco Secure ACS SE へのログインはネットワーク接続のためのデバイスを設定し。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 45422