Cisco インターフェイスとモジュール : Cisco コンテンツ スイッチング モジュール

ハイブリッド モードのコンテント スイッチング モジュールのアップグレード

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

コンテンツ スイッチ モジュール(CSM)は、Catalyst スイッチのハイブリッド モードとネイティブ モードの両方でサポートされています。 Catalyst でハイブリッド OS を実行する場合、外部の TFTP サーバを使用して CSM をアップグレードすることはできません。 CSM をアップグレードする唯一の方法は、MSFC のブートフラッシュを使用する方法です。

この資料はハイブリッドモードの CSM をアップグレードするために情報を提供したものです。

前提条件

要件

この設定を開始する前に、次の要件が満たされていることを確認してください。

  • CSM リリース ノートを参照して下さい。 現在のバージョン メモのアップグレード手順は Native IOS のため(2004 年 3月 1 日現在で)、ハイブリッドです。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • MSFC および Policy Feature Card (PFC)のスーパバイザ 1A

  • MSFC2 のスーパバイザ 2

  • Supervisor 720

  • ハイブリッド サポートのための CSM バージョン 2.7 または 3.1.2 かより高い

  • CatOS 7.5

  • Cisco IOS(R) 12.1(13)E3

  • TFTP サーバ

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

主要なタスク

ハイブリッドモードの CSM をアップグレードすることは MSFC のブートフラッシュから実行する必要があります。 そこに CSM イメージを取り扱うブートフラッシュに利用可能空間が十分ある必要があります。 イメージは Cisco Cat 6000 から他のインテリジェントモジュール SW登録ユーザのみ)ダウンロード ページ ダウンロードすることができます。

タスク

この項では、このドキュメントで説明する機能の設定に必要な情報を提供します。

手順説明

次の手順を実行します。

  1. CSM イメージのための十分な余地があるかどうか判別するために現在 MSFC で保存されるイメージをチェックして下さい。

    Router#dir bootflash:
    Directory of bootflash:/
    
    1 -rw- 14862928 Feb 15 2004 21:50:38 +00:00 c6msfc2-jo3sv-mz.121-20.E2
    
    15204352 bytes total (341296 bytes free)
  2. 必要ならば、delete コマンドの発行によってファイルを削除して下さい。 永久にスペースを新しいイメージのために使用できるようにするために" deleted "としてタグ付けされるファイルを削除する squeeze コマンドを発行して下さい。

    Router#delete bootflash:c6msfc2-jo3sv-mz.121-20.E2
    Delete filename [c6msfc2-jo3sv-mz.121-20.E2]? 
    Delete bootflash:c6msfc2-jo3sv-mz.121-20.E2? [confirm]
    
    Router#squeeze bootflash:
    All deleted files will be removed. Continue? [confirm]
    Squeeze operation may take a while. Continue? [confirm]
    
    Squeeze of bootflash complete
  3. TFTPサーバからブートフラッシュにイメージをコピーして下さい。

    Router#copy tftp: bootflash: 
    Address or name of remote host []? 161.44.77.127 
    Source filename []? c6slb-apc.3-1-3.bin 
    Destination filename [c6slb-apc.3-1-3.bin]? 
    Accessing tftp://161.44.77.127/c6slb-apc.3-1-3.bin... 
    Loading c6slb-apc.3-1-3.bin from 161.44.77.127 (via Vlan178): !!!!!!!!!!!!!!!!!! 
    !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! 
    !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! 
    !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! 
    !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! 
    !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! 
    !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! 
    !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! 
    !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! 
    !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! 
    !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! 
    !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! 
    !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! 
    !!!! 
    [OK - 5025428 bytes] 
    
    5025428 bytes copied in 46.936 secs (107070 bytes/sec) 
  4. イメージを指すために MSFC の TFTPサーバを設定して下さい。

    Router(config)#tftp-server bootflash:c6slb-apc.3-1-3.bin
    
  5. CSM へのセッションはアップグレードを行い。

    Console> (enable) session 5  
    
    !--- 5 is the physical slot that the CSM is installed in.
    
    CSM> upgrade slot0: c6slb-apc.3-1-3.bin 
    

    注:  アップグレード slot0: CSM で TFTPサーバとして MSFC を使用してアップグレードすることはように基本的に手段(方法)紛らわしいようであるように(実際に slot0:から)。

    Upgrading System Image 1 
    CSM ExImage Mon Apr 14 13:36:16 2003 
    
    R\W|  Reading:lam_ppc.bin..DONE    Writing:lam_ppc.bin..DONE 
    Read 13 files in download image. (16,0,0) 
    Saving image state for image 1...done. 
    
    CSM> 
    
  6. 削除される MSFC にステップ 2 背部に必要なイメージを置いて下さい。

  7. 電源の再投入は CSM または Catalyst スイッチをリブートします。

確認

現在、この設定に使用できる確認手順はありません。

トラブルシューティング

現在のところ、この設定に関する特定のトラブルシューティング情報はありません。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 45345