コラボレーション : Cisco Unified Contact Center Express

Cisco IPCC Express トレースの設定、表示、収集

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

Cisco IPCC Express Edition は、次の内容をカバーする製品スイート プラットフォームです。

  • IP Interactive Voice Response(IP-IVR)

  • IP Integrated Contact Distribution (IP ICD)

  • IP 待 ち 行列管理 プログラム(IP-QM)

  • IP AutoAttendant

  • 拡張 サービス

それは別名 Customer Response Solutions (CRS)および Customer Response Applications (CRA)です。

この資料に Cisco Technical Assistance Center (TAC)から支援におけるトラブルシューティング問題の準備で Cisco Unified Contact Center Express のためのトレースを有効に し収集する方法を説明されています。

AVVID TAC ケースを参照して下さい: 特定の問題を解決するために有効に なるようにその他の情報のためのトラブルシューティング情報を収集しますトレース レベル。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Microsoft Windows 2000 管理

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco IPCC Express バージョン 3.x

  • Cisco 拡張 サービス 2.x および 3.x

  • Cisco Customer Response Application 2.x

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

2.x 環境のためのトレースを設定し、収集して下さい

Trace を有効にします。

次の手順を実行します。

  1. ブラウザを開いて下さい。

    Application Administration ページのための URL を入力して下さい。 次に、例を示します。

    http://10.10.10.1/appadmin
  2. 管理者 アカウントへのログイン。

  3. 『Engine』 をクリック して下さい。

    図 1 を参照してください。

    図 1 –アプリケーション 管理: 確認します。

    IPCCExp-SetUpTrace-1.gif

  4. Engine ページで『Trace Configuration』 を選択 して下さい。

    図 2 を参照してください。

    図 2 –アプリケーション 管理: トレース 設定

    IPCCExp-SetUpTrace-2.gif

    トレース 設定は生成されるファイルのファイル名 プレフィクス、拡張、サイズおよび数を定義するように要求します。 Cisco 駐在 技術 員によって指示されるようにだけ調整をして下さい。 ログは日付およびファイルの最大数に達する時間に基づいて最も古いファイルを上書きします。

  5. Trace Configuration ページの Alarm Tracing カラムのすべてのチェックボックスを選択して下さい。

    図 3 を参照してください。

    図 3 –非アクティブ トレース レベル オプション

    IPCCExp-SetUpTrace-3.gif

  6. Debugging カラムのすべての必要なチェックボックスを選択して下さい。

  7. ページの一番下に『Update』 をクリック して下さい。

    図 3 を参照してください。

    エンジンを新しい一組のトレースを生成するために再起動するように Engine ページのステータス ハイパーリンクをクリックして下さい。

  8. トレースファイルを表示するために『Trace Files』 をクリック して下さい。

    図 4 を参照してください。

    図 4 –アプリケーション 管理: トレース ファイル

    IPCCExp-SetUpTrace-4.gif

    Trace Configuration セクションで設定に従ってプレフィクスのファイルおよび拡張を見つけて下さい。

  9. ログを調べるためにファイルをクリックして下さい。

  10. ログを集めるためにマイ コンピュータを右クリックして下さい。

  11. 『Explore』 を選択 して下さい。

  12. > 詳細 『View』 を選択 して下さい。

  13. サブディレクトリ c:\Program Files\wfavvid を見つけて下さい。

    修正日時および日付に基づいてファイルを見つけて下さい。

3.x 環境のためのトレースを設定し、収集して下さい

Trace を有効にします。

次の手順を実行します。

  1. ブラウザを開いて下さい。

    Application Administration ページのための URL を入力して下さい。 次に、例を示します。

    http://10.1.1.1/AppAdmin

    図 5 を参照してください。

    図 5 – Ciscoアプリケーション 管理

    IPCCExp-SetUpTrace-5.gif

  2. 管理者 アカウントへのログイン。

  3. System > Engine の順に選択 して下さい。

  4. 『Trace Configuration』 を選択 して下さい。

    図 6.参照して下さい

    図 6 – Customer Response Applications 管理: トレース 設定

    IPCCExp-SetUpTrace-6.gif

    トレース 設定は生成されるファイルのファイル名 プレフィクス、拡張、サイズおよび数を定義するように要求します。 Cisco 駐在 技術 員によって指示されるようにだけ調整をして下さい。 ログはファイルの最大数に達する日時に基づいて最も古いファイルを上書きします。

  5. Trace Configuration ページで『Restore Defaults』 をクリック して下さい。

    これは Alarm Tracing カラムのすべてのチェックボックスをリセットします。

    図 7 を参照してください。

    図 7 –アクティブなトレース レベル オプション

    IPCCExp-SetUpTrace-7.gif

  6. 必要な Subfacilities に対して Debugging カラムのすべての必要なボックスを選択して下さい。

    図 7 を参照してください。

  7. ページの一番下に『Update』 をクリック して下さい。

    図 8 を参照してください。

    図 8 –デバッグ

    IPCCExp-SetUpTrace-8.gif

    エンジンを新しい一組のトレースを生成するために再起動するように Engine ページのステータス ハイパーリンクをクリックして下さい。

  8. トレースを表示するために『Trace Files』 をクリック して下さい。

  9. トレース コンフィギュレーションの設定に従ってプレフィクスのファイルおよび拡張を見つけて下さい。

  10. ログを調べるためにファイルをクリックして下さい。

  11. ログを集めるためにマイ コンピュータを右クリックして下さい。

  12. 『Explore』 を選択 して下さい。

  13. > 詳細 『View』 を選択 して下さい。

  14. サブディレクトリ c:\Program Files\wfavvid\log に行って下さい。

  15. 修正日時および日付に基づいてファイルを見つけて下さい。


関連情報


Document ID: 45344