コラボレーション : Cisco Unified Contact Center Express

Cisco IPCC Express が Agent Desktop にログインできない

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Cisco IP Contact Center(IPCC)Express 3.0(3) のインストール後の Cisco Agent Desktop へのログインの失敗、およびこのログイン失敗の回避策について説明します。

この資料に説明がある問題は Cisco Unified Contact Center Express バージョン 3.0(4)で解決されます。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco CallManager

  • Cisco IPCC Express

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco IPCC Express 3.0(3)

  • サービスパック F およびそれ以降の Cisco Unified CallManager 3.2(2c)

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

問題

このエラーメッセージと Cisco Unified Contact Center Express 環境の Cisco Agent Desktop へのログイン、JTAPI エラー発生する時:

/image/gif/paws/45320/IPCCExp-LoginFails-1.gif

解決策

アプリケーションが開始するとき Cisco Unified Contact Center Express サーバにある Cisco Unified Contact Center Express エージェントデスクトップは jtapi.tar ファイルにアクセスする必要があります:

\\Program Files\Cisco\Desktop_Config\Desktop\Agentins\JTAPI\jtapi.jar

そこのエージェントデスクトップ 検出が Cisco IPCC Express サーバの jtapi.tar バージョンと jtapi.jar バージョン間のミスマッチである場合、エージェントデスクトップはそれ自身に jtapi.jaron を Cisco IPCC サーバ コピーする必要があります。 この資料に説明がある問題はエージェントデスクトップがこの機能を行わないエージェントデスクトップの jtapi.jarversion は手動でアップデートされる必要がありますと発生し。

手動で ファイルをアップデートするために、Cisco Unified Contact Center Express サーバからエージェントデスクトップ JTAPICLIENT フォルダに jtapi.jar ファイルをコピーして下さい:

\\Program Files\Cisco\Desktop\bin\CiscoJTAPIClient\Lib\jtapi.jar

関連情報


Document ID: 45320