IP : 簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)

SNMP を使用して TTY に接続しているユーザに関する情報を取得する方法

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2005 年 10 月 26 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Simple Network Management Protocol(SNMP; 簡易ネットワーク管理プロトコル)を利用して、シスコのデバイスで TTY 回線に接続しているユーザに関する情報を取得する方法について説明します。 また、可能性のあるすべての Object Identifier(OID; オブジェクト ID)、および SNMP で特定の TTY 回線をクリアする方法についても説明します。

前提条件

要件

このドキュメントの情報を使用する前に、次の要件を満たしていることを確認してください。

  • シスコ デバイスで TTY の情報を見る方法を理解している。

  • SNMP の walk、get、set コマンドの一般的な使用方法を理解している。

  • シスコ デバイスで SNMP を設定する方法を理解している。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、OLD-CISCO-TS-MIB をサポートする標準の Catalyst オペレーティング システム(OS)または Catalyst IOS が稼働しているシスコのルータとスイッチに適用されます。

OLD-CISCO-TS-MIB は、デフォルトでは NET-SNMP にロードされません。 Management Information Base(MIB; 管理情報ベース)がシステムにロードされていない場合は、オブジェクト名の代わりに OID を使用する必要があります。

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • 12.2(13a) が稼働するルータ c3640

  • NET-SNMP バージョン 5.0.6 は、http://www.net-snmp.org/ で入手できます。 leavingcisco.com

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

MIB 変数の詳細(OID を含む)

1.3.6.1.4.1.9.2.9.1 (OLD-CISCO-TS-MIB)
tsLines OBJECT-TYPE
                   SYNTAX  INTEGER
                   ACCESS  read-only
                   STATUS  mandatory
                   DESCRIPTION "Number of terminal lines on this device. Includes virtual lines."
                   ::= { lts 1 }


1.3.6.1.4.1.9.2.9.2.1.1 (OLD-CISCO-TS-MIB)
tsLineActive OBJECT-TYPE
                   SYNTAX  INTEGER
                   ACCESS  read-only
                   STATUS  mandatory
                   DESCRIPTION "Boolean whether this line is active or not."
                   ::= { ltsLineEntry 1 }


1.3.6.1.4.1.9.2.9.2.1.2 (OLD-CISCO-TS-MIB)
tsLineType OBJECT-TYPE
                   SYNTAX  INTEGER {
                        unknown(1),
                        console(2),
                        terminal(3),
                        line-printer(4),
                        virtual-terminal(5),
                        auxiliary(6)
                   }
                   ACCESS  read-only
                   STATUS  mandatory
                   DESCRIPTION "Type of line."
                   ::= { ltsLineEntry 2 }



1.3.6.1.4.1.9.2.9.2.1.21 (OLD-CISCO-TS-MIB)
tsLineTimeActive OBJECT-TYPE
                   SYNTAX  INTEGER
                   ACCESS  read-only
                   STATUS  mandatory
                   DESCRIPTION "The time in seconds since line was activated."
                   ::= { ltsLineEntry 21 }


1.3.6.1.4.1.9.2.9.2.1.18 (OLD-CISCO-TS-MIB)
tsLineUser OBJECT-TYPE
                   SYNTAX  DisplayString
                   ACCESS  read-only
                   STATUS  mandatory
                   DESCRIPTION "TACACS user name,if TACACS is enabled, of user on this line."
                   ::= { ltsLineEntry 18 }


1.3.6.1.4.1.9.2.9.4 (OLD-CISCO-TS-MIB)
tsMsgTtyLine OBJECT-TYPE
                   SYNTAX  INTEGER
                   ACCESS  read-write
                   STATUS  mandatory
                   DESCRIPTION "tty line to send the message to. -1 sends the messages to all tty lines."
                   ::= { lts 4 }


1.3.6.1.4.1.9.2.9.10 (OLD-CISCO-TS-MIB)
tsClrTtyLine OBJECT-TYPE
                   SYNTAX  INTEGER
                   ACCESS  read-write
                   STATUS  mandatory
                   DESCRIPTION "tty line to clear. Read returns the last line cleared.
																		 A value of -1 indicates no lines have been cleared."
                   ::= { lts 10 }

SNMP での TTY 情報の取得

手順説明

例で使用される値は次のとおりです。

  • デバイス ホスト名 = ponch

  • 読み取りコミュニティ = public

  • 書き込みコミュニティ = private

  1. 次のコマンドのコミュニティ文字列とホスト名を置き換えます。

    • 利用可能な TTY 回線(仮想回線を含む)の番号を検索するには、オブジェクト tsLines に照会します。

      snmpwalk -c public ponch tsLines
      cisco.local.lts.tsLines.0 : INTEGER: 135
      
    • アクティブな TTY 回線の一覧を取得するには、tsLineActive オブジェクトに照会します。 アクティブな TTY 回線は 1 を返します。

      snmpwalk -c public ponch tsLineActive
      cisco.local.lts.ltsLineTable.ltsLineEntry.tsLineActive.0 : INTEGER: 1
      cisco.local.lts.ltsLineTable.ltsLineEntry.tsLineActive.129 : INTEGER: 0
      cisco.local.lts.ltsLineTable.ltsLineEntry.tsLineActive.130 : INTEGER: 1
      …
      
  2. ルータの Command-Line Interface(CLI; コマンドライン インターフェイス)で、show users コマンドを使用して次の内容を確認します。

    ponch#sh users
        Line       User       Host(s)              Idle       Location
       0 con 0                idle                 15:32:49
    *130 vty 0                idle                 00:00:00 10.61.64.9
    
      Interface      User        Mode                     Idle     Peer Address
    
    • 回線の種類を取得するには、tsLineType オブジェクトに照会します。 ユーザの接続方法が示されます。

      • unknown(1)

      • console(2)

      • terminal(3)

      • 行printer(4)

      • auxiliary(6)

      snmpwalk -c public ponch tsLineType
      cisco.local.lts.ltsLineTable.ltsLineEntry.tsLineType.0 : INTEGER: console
      cisco.local.lts.ltsLineTable.ltsLineEntry.tsLineType.129 : INTEGER: auxiliary
      cisco.local.lts.ltsLineTable.ltsLineEntry.tsLineType.130 : INTEGER: virtual-terminal
      …
      
    • タイムラインがアクティブかどうかを判別するには、tsLineTimeActive オブジェクトに照会します。 これは、回線がアクティブになったときからの秒数です。

      snmpwalk -c public ponch tsLineTimeActive
      cisco.local.lts.ltsLineTable.ltsLineEntry.tsLineTimeActive.0 : INTEGER: 172351
      cisco.local.lts.ltsLineTable.ltsLineEntry.tsLineTimeActive.129 : INTEGER: 0
      cisco.local.lts.ltsLineTable.ltsLineEntry.tsLineTimeActive.130 : INTEGER: 9069
      …
      
    • TTY に接続しているユーザを確認するには、TACACS を通してデバイスに接続する必要があります。 ユーザ名を検索するには、tsLineUser オブジェクトに照会します。

      TACACS を通して接続していない場合は、tsLineUser は空です。

      snmpwalk -c public ponch tsLineUser
      cisco.local.lts.ltsLineTable.ltsLineEntry.tsLineUser.0 : DISPLAY STRING- (ascii):
      cisco.local.lts.ltsLineTable.ltsLineEntry.tsLineUser.129 : DISPLAY STRING- (ascii):
      cisco.local.lts.ltsLineTable.ltsLineEntry.tsLineUser.131 : DISPLAY STRING- (ascii): cisco
      …
  3. 次の出力例と、実際の CLI コマンド show users の出力を比較してください。

    ponch#sh users
        Line       User       Host(s)              Idle       Location
       0 con 0                idle                 15:32:49
    *131 vty 0     cisco      idle                 00:00:00 10.61.64.11
    
    
      Interface      User        Mode                     Idle     Peer Address
    
    

SNMP での VTY セッションのクリア

手順説明

SNMP を使用して、telnet(VTY)セッションをクリアできます。 Snmp コマンドは clear line VTY <number > コマンドの等量です。 回線をクリアするために使用するオブジェクトは tsClrTtyLine です。

  1. SNMP を使用し、次のコマンドで VTY 回線 132 をクリアします。

    snmpset -c private ponch tsClrTtyLine.0 integer 132
    cisco.local.lts.tcClrTtyLine.0 : INTEGER: 132

    または

    snmpset -c private ponch .1.3.6.1.4.1.9.2.9.10.0 integer 132
    enterprises.9.2.9.10.0 = 132
  2. 回線 132 をクリアする前にルータで次の内容をチェックするには、CLI で次のコマンドを発行します。

    ponch#show users
        Line       User       Host(s)              Idle       Location
       0 con 0                idle                 05:23:17
     130 vty 0                idle                    1d03h 144.254.7.118
     131 vty 1                idle                    1d01h 144.254.7.118
     132 vty 2                idle                 00:04:36 144.254.8.54
    *133 vty 3                idle                 00:00:00 144.254.7.53
    
      Interface      User        Mode                     Idle     Peer Address
    
  3. コマンドを発行した後、ルータをチェックして、回線 132 がクリアされたことを確認します。

    ponch#show users
        Line       User       Host(s)              Idle       Location
       0 con 0                idle                 05:26:42
     130 vty 0                idle                    1d03h 144.254.7.118
     131 vty 1                idle                    1d01h 144.254.7.118
    *133 vty 3                idle                 00:00:00 144.254.7.53
    
      Interface      User        Mode                     Idle     Peer Address
    
  4. 回線 132 はクリアされています。

    このコマンドは、警告なしにデバイスからユーザを切断する場合があるので、注意して発行してください。


関連情報


Document ID: 45281