コラボレーション : Cisco Unified Contact Center Express

Cisco IPCC Express のスクリプトをデバッグする場合の RMI エラー

2015 年 10 月 23 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Cisco IP Contact Center(IPCC)Express 環境で Cisco Customer Response Application(CRA)Editor のスクリプトをデバッグする際の「Connection refused to host:[localhost:1099]; nested exception is: java.net.ConnectException: Connection refused(ホストへの接続が拒否されました:[localhost:1099]; ネストされた例外: java.net.ConnectException: 接続が拒否されました)」という Remote Method Invocation(RMI)のエラー メッセージについて説明します。 また、回避策についても説明します。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco CallManager

  • Cisco IPCC Express

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco IPCC Express 3.0.x および 3.1.x

  • Cisco CRA エディタ 3.0.x および 3.1.x

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

問題

Cisco CRA エディタが付いているスクリプトをデバッグするように試みるときこの RMI エラー ポップアップ ウィンドウは現われます

IPCCExp-RMIError-1.gif

解決策

エラーメッセージが表示するとき、Cisco CallManager サーバへの PING はリモートクライアント デスクトップから名指しで通りません。 これはクライアント デスクトップが Cisco Unified CallManager の名前を変換できないことを示します。 クライアント デスクトップに c:\Winnt\system32\ccn ディレクトリにあるこの問題を訂正するために ccndir.ini ファイルを確認して下さいおよび/または修正して下さい。 ここに示されているように LDAPURL プロパティのために Cisco Unified CallManager IP アドレスを、使用して下さい

IPCCExp-RMIError-2.gif

ccndir.ini ファイルが、下記に修正された後CRA エディタは再起動し、リモートクライアント デスクトップできます CRA エディタが付いているスクリプトをデバッグこと。

IPCCExp-RMIError-3.gif

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 45105