コラボレーション : Cisco Unified Intelligent Contact Management Enterprise

Cisco ICM バージョン 4.6.2 は、Microsoft Windows 2000 Service Pack 3 をサポートしているか。

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


質問


概要

このドキュメントでは、Windows 2000 プラットフォーム上で実行している Cisco Intelligent Contact Management(ICM)サーバに Microsoft Windows 2000 Service Pack 3 を適用することが必要な理由について説明します。 また、Cisco ICM バージョン 4.6.2 が Microsoft Windows 2000 Service Pack 3 をサポートするかどうかについても説明します。

Q. Cisco ICM バージョン 4.6.2 は Microsoft Windows 2000 サービスパック 3 をサポートしますか。

A. Microsoft Remote Procedure Call (RPC) セキュリティー の 脆弱性に関しては、Microsoft Windows 2000 セキュリティ パッチを加えて下さい: Microsoft Windows 2000 プラットフォームのleavingcisco.com Cisco ICM 4.6.2 サーバーで実行に EP 脆弱性セキュリティ パッチを攻撃して下さいこのセキュリティ パッチは Windows 2000 のシステム サービスと関連付けられる RPC サーバの複数が十分に入力を検証しないというファクトと関連しています。 このセキュリティ パッチをインストールするための必要条件の 1 つは Microsoft Windows 2000 サービスパック 3 アップデートをロードすることleavingcisco.com です。Windows 2000 サービスパック 3 は次のエリアの修正の収集です: セットアップ、アプリケーションの互換性、オペレーティング システム信頼性およびセキュリティ上の問題。

Cisco ICM バージョン 4.6.2 は Microsoft Windows 2000 サービスパック 3.をサポートします。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 44683