音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

Cisco CallManager クラッシュのトラブルシューティング

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Cisco CallManager のクラッシュに関する情報、および既知の不具合を識別する方法を説明します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

Cisco Unified CallManager クラッシュ説明

Cisco CallManager がクラッシュした場合がシステム イベント ログに、このメッセージ現われる時:

The Cisco CallManager service terminated unexpectedly.
It has done this 1 time. The following corrective action
will be taken in 60000 ms. Restart the service.

現時点で、Cisco Unified CallManager に登録されているゲートウェイおよび Cisco IP 電話のようなデバイスは登録を解除されます。 Cisco CallManagerサービスはこれらの原因の 1 つが原因でクラッシュできます:

  • 予想外イベントは Cisco CallManagerサービスに発生します。 このクラッシュは C:\Documents and Settings\All ユーザ\文書\ DrWatson フォルダの Dr.Watson ログおよび User.dmp ファイルを生成します。

  • Cisco CallManagerサービスに十分なリソースが、CPU またはメモリのような、機能するありません。 サーバの CPU稼働率は 100%に、その当時通常あります。

この資料はクラッシュが予想外イベントが原因で発生するそれらの状況だけ説明します。

Dr.Watson ログを読むこと

アプリケーション クラッシュがある時はいつでも、Dr.Watson ログは追加 されます。 Dr. Watson ログイン Notepad を開き、ファイルの下部のにスクロールし、アプリケーション例外を発生しました捜して下さい。 これは最新のクラッシュを示します:

Application exception occurred:
        App:  (pid=680)
        When: 3/8/2003 @ 14:01:06.978
        Exception number: e06d7363

述べられるクラッシュは同じ時間があることを確認するためにイベントログメッセージと日時を比較して下さい。 前例出力はクラッシュしたアプリケーションに 680 のプロセス識別子(PID)があったことを示したものです。 このトレースは PID のすべてをリストします:

PID  PROCESS
   8 System.exe
 212 SMSS.exe
 240 CSRSS.exe
 264 WINLOGON.exe
 292 SERVICES.exe
 304 LSASS.exe
 424 termsrv.exe
 520 svchost.exe
 560 msdtc.exe
 696 DLLHOST.exe
 736 Ipvmsapp.exe
 752 DLLHOST.exe
 824 AudioTranslator.exe
 848 RisDC.exe
 860 LogoutService.E.exe
 884 DCX500.exe
 936 svchost.exe
 980 LLSSRV.exe
1028 sqlservr.exe
1112 ntpd.exe
1140 rcmdsvc.exe
1172 regsvc.exe
1176 mstask.exe
1204 SNMP.exe
1244 WinMgmt.exe
1260 cpqnimgt.exe
1284 cqmgserv.exe
1296 cqmgstor.exe
1308 sysdown.exe
1372 cqmghost.exe
1524 aupair.exe
1552 sqlagent.exe
 276 svchost.exe
2400 inetinfo.exe
2412 explorer.exe
2752 sqlmangr.exe
2700 taskmgr.exe
2704 mmc.exe
 680 ccm.exe
 868 DRWTSN32.exe

PID (Cisco CallManagerサービスの ccm.exe は 680)あります。 クラッシュは ccm.exe によって引き起こされることをイベント ビューアの日時を確認した、確認する後、ワード FAULTIN のための検索 Dr.Watson ログ。 それはクラッシュを実際に引き起こした位置を示します:

function: RaiseException
        77eab2d4 85c9          test    ecx,ecx
        77eab2d6 740e          jz      GetVolumePathNameA+0x7e (77eb3fe6)
        77eab2d8 8d4801        lea     ecx,[eax+0x1]         ds:0751c41a=????????
        77eab2db 8d7dc4        lea     edi,[ebp+0xc4]        ss:0751c46a=????????
        77eab2de f3a5          rep  movsd ds:06cfeed8=06cfeef4 es:06cfee68=00000000
        77eab2e0 eb04          jmp     SetVolumeMountPointA+0x172 (77eb35e6)
        77eab2e2 8365c000      and  dword ptr [ebp+0xc0],0x0 ss:0751c46a=????????
        77eab2e6 8d45b0        lea     eax,[ebp+0xb0]        ss:0751c46a=????????
        77eab2e9 50            push    eax
        77eab2ea ff156414e877  call    dword ptr [77e81464]  ds:77e81464=77fb1130
FAULT ->77eab2f0 5f            pop     edi
        77eab2f1 5e            pop     esi
        77eab2f2 c9            leave
        77eab2f3 c21000        ret     0x10

エラーはクラッシュの異なる型のためにユニークです。 最初のカラムは変わることができる記憶域です。 この例では、エラーは 77eab2f0 にあります。 ただし、行の他は、5f pop EDI、このクラッシュ の タイプのため同じ常にです。

Cisco CallManagerパブリッシャ サーバはサービスを開始できません: DBL エラー

Cisco CallManagerパブリッシャ サーバはデータベースがアクセスすることができないのでサービスを開始できません。 データベース レイヤ モニタ サービスはまたデータベースにアクセスできません。

DBL エラー ソリューション

データベース レイヤ モニタは一連の DLL ファイルを通して DB をアクセス しました。 この問題、登録解除を解決し、次に Microsoft Windows オペレーティング システムからデータベースアクセス DLL を再登録するため。 これは Cisco によって提供される DLL によってデータベース呼び出しを再度作るコア アプリケーションを可能にします。

Cisco CallManagerサービスは停電の後で開始しません

Cisco CallManagerサービスは時々従って(NIC イネーブルになった) 2 ネットワーク インターフェース カードおよび割り当てられる 2 IP アドレスがあるサーバ 再度ブートするか停電の後で開始しません。 持っていますただサーバで一度に有効に なる 1 NIC を確認して下さい。 二重 NIC はサポートされません。 推奨事項は 2 NIC を持つことおよびフォールト トレランスとして 1 つを使用することですが 1 だけは一度に正常に動作しています。 第 2 NIC をディセーブルにする失敗は Cisco CallManager サーバに割り当てられる 2 IP アドレスという結果に終る場合があります。 2 IP アドレスが Cisco CallManager サーバに割り当てられるとき、によりサービスの損失を引き起こす場合があります。 1 NIC だけ有効に してもらわなければなりません(設定される) 1。 問題を解決するために使用されない 1 つをディセーブルにして下さい。

既知クラッシュおよび修正のリスト

このセクションは欠陥コードおよび利用可能 な修正との既知クラッシュを、リストします。 修正が Engineering Special (ES)で利用できる場合、パッチを得るために TAC Service Request Tool登録ユーザのみ)の Cisco テクニカル サポートとのケースをオープンして下さい。

Cisco バグ ID CSCdx42096

Cisco バグ ID CSCdx42096登録ユーザのみ)は MGCP ゲートウェイからのひどくフォーマットされていた Media Gateway Control Protocol (MGCP) メッセージによる Cisco Unified CallManager クラッシュを含みます。

これは Dr.Watson ログでエラーを示します:

77eab2e9 50               push   eax
        77eab2ea ff156414e877    call    dword ptr [77e81464] ds:77e81464=77fb1130
FAULT ->77eab2f0 5f              pop     edi
        77eab2f1 5e              pop     esi
        77eab2f2 c9              leave

この問題はこれらの Cisco CallManagerバージョンで解決されます:

  • 3.3(2)SpC

  • 3.2(2c)ES64

Cisco バグ ID CSCdx32456

H.323 コールが処理される間、Cisco バグ ID CSCdx32456登録ユーザのみ)は Cisco Unified CallManager クラッシュを含みます。

これはクラッシュを引き起こす場合がある Dr.Watson ログで 4 つの可能性のあるエラーを示します:

FAULT ->005783e7 f3a5
FAULT ->005777ea 8b00
FAULT ->0057784a 8b00
FAULT ->005790c7 8b5004

この問題はこれらの Cisco CallManagerバージョンで解決されます:

  • 3.2(2c)

  • 3.3(2)

Cisco バグ ID CSCdz69051

アレイが境界からあるので Cisco バグ ID CSCdz69051登録ユーザのみ)は Cisco Unified CallManager クラッシュを含みます。

これは Dr. Watson ログでエラーを示します:

77e989ca 50               push  eax
        77e989cb ff156414e877   call    dword ptr [77e81464]   ds:77e81464=77fb0f18
FAULT ->77e989d1 e978f80100     jmp     SetThreadContext+0x46 (77eb824e)
        77e989d6 8b4510         mov     eax,[ebp+0x10]         ss:06629f32=????????
        77e989d9 83f80f         cmp     eax,0xf

この問題はこれらの Cisco CallManagerバージョンで解決されます:

  • 3.2(2c)ES47

  • 3.3(2)SpB

Cisco バグ ID CSCea45057

Cisco バグ ID CSCea45057登録ユーザのみ)は予想外 H.225 場合の Cisco Unified CallManager 再始動を含みます。

これは Dr. Watson ログでエラーを示します:

00b7d363 8b45fc           mov   eax,[ebp+0xfc]                 ss:06d8839e=????????
        00b7d366 8b4d08         mov     ecx,[ebp+0x8]          ss:06d8839e=????????
FAULT ->00b7d369 894810         mov     [eax+0x10],ecx         ds:0081d5d2=208d8b52
        00b7d36c 8be5           mov     esp,ebp
        00b7d36e 5d             pop     ebp

この問題はこれらの Cisco CallManagerバージョンで解決されます:

  • 3.2(2c)ES66

  • 3.2(3)ES01

  • 3.3(2)SpC

Cisco バグ ID CSCdz25416

内部テーブルがきちんときれいにならないので Cisco バグ ID CSCdz25416登録ユーザのみ)は Cisco Unified CallManager クラッシュを含みます。

これは Dr. Watson ログでエラーを示します:

00b598b6 8b45fc           mov   eax,[ebp+0xfc]                 ss:0576ca9e=00000000
        00b598b9 8b4d08         mov     ecx,[ebp+0x8]          ss:0576ca9e=00000000
FAULT ->00b598bc 8b5004         mov     edx,[eax+0x4]          ds:0081d5d6=fe808d8d
        00b598bf 3b5104         cmp     edx,[ecx+0x4]          ds:0576cb12=00000000
        00b598c2 753f           jnz     00b62403

この問題はこれらの Cisco CallManagerバージョンで解決されます:

  • 3.1(4b)SpD

  • 3.2(2c)SpH

  • 3.3(2)

Cisco バグ ID CSCea52097

Cisco バグ ID CSCea52097登録ユーザのみ)はゲートキーパーの Unexpected フィールドが外すと発生する Cisco Unified CallManager クラッシュを含みます。

これは Dr. Watson ログでエラーを示します:

00b53dd7 b916000000       mov   ecx,0x16
        00b53ddc 8d7530         lea     esi,[ebp+0x30]         ss:0656bece=????????
FAULT ->00b53ddf f3a5           rep movsd ds:05d4e92c=00000008 es:00000010=????????
        00b53de1 8b8d88000000   mov     ecx,[ebp+0x88]         ss:05d4e984=00000002
        00b53de7 51             push    ecx

この問題はこれらの Cisco CallManagerバージョンで解決されます:

  • 3.2(2c)ES67

  • 3.3(2)SpC

Cisco バグ ID CSCdy19452

Cisco バグ ID CSCdy19452登録ユーザのみ)は StationOutputSetRinger でアレイ例外による Cisco Unified CallManager 再始動を含みます。

これは Dr. Watson ログでエラーを示します:

77e989ca 50               push  eax
        77e989cb ff156414e877   call    dword ptr [77e81464]   ds:77e81464=77fb0f18
FAULT ->77e989d1 e978f80100     jmp     SetThreadContext+0x46 (77eb824e)
        77e989d6 8b4510         mov     eax,[ebp+0x10]         ss:0576bfba=????????
        77e989d9 83f80f         cmp     eax,0xf

この問題はこれらの Cisco CallManagerバージョンで解決されます:

  • 3.1(4b)SpA

  • 3.2(2c)SpC

  • 3.3(2)

Cisco バグ ID CSCtg41510

Cisco Unified Communications Manager サーバはカーネル パニックが原因でクラッシュできます。 このエラーはコンソールで観察されます。

<0>Fatal exception: panic in 5 seconds

この問題は CUCM バージョン 7.1.3 および CUCM バージョン 8.0 に影響を与える場合があります。

これらの回避策を試みて下さい:

  • 固定 MOH オーディオ ソースをディセーブルにして下さい。 これは IPVMS サービスが操業することを可能にしますが当然固定 MOH は可聴周波ソースとして選択可能ではないです。

  • クラスタで各サーバに USB MOH デバイスのプラグを差し込んで下さい、有効に なる MOH オーディオ ソースを固定した。

  • 固定 USB MOH デバイスを備えていない MOH サーバのための MOH Run フラグを消して下さい。 これは MOH が固定 USB MOH デバイスによってサーバだけで動作する一方 MTP、CFB および ANN のような他の IPVMS サービスが望まれるように動作することを可能にします。

Cisco バグ ID CSCts29293

HuntListCdrc コードは SDL ルータ スレッド失敗および終局 CCM コアに導く無限ループを入力します。

この行はコアまで導く期間のトレースファイルで印刷されるかもしれません:

12:29:49.199 |HuntListCdrc::SendCcNotifyReq with 
   transactioId=84180720|5,100,49,1.130009640

transactioId は無限ループ状態の原因となると同時に増加しません。

サーバが UCS プラットフォームで動作する場合、LRO をディセーブルにし、VMware ツールをアップデートして下さい。 ただし、問題はディセーブルにされる LRO がある CUCM システムで観察されました。 それ故に、確認された対応策は見つかりません。

MCS プラットフォームで、回避策がありません。

新しいクラッシュ

クラッシュが見つけられ、以前に記述されていたエラーのうちのどれも一致する、TAC Service Request Tool登録ユーザのみ)の Cisco テクニカル サポートとのケースをですこの情報を提供すること確実オープンして下さい:

  1. クラッシュの前後の 15 分からの Cisco CallManagerトレース。

    C:\Program Files\cisco\trace\ccm のこれらのトレースを見つけることができます。

  2. Signal Distribution Layer (SDL)はクラッシュの前後に 15 分からトレースします。

    C:\Program Files\cisco\trace\sdl\ccm のこれらのトレースを見つけることができます。

  3. システムおよびアプリケーション イベントログ ログ・ファイル。

    Start > Programs > Administrative Tools > Event Viewer でこれらを見つけることができます。

  4. Dr. Watson ログ。

    C:\Documents and Settings\All Users\Documents\DrWatson\Drwtsn32.log でこのログを見つけることができます。

  5. User.dmp ファイル。

    C:\Documents and Settings\All ユーザ\文書\の DrWatson このファイルを見つけることができます。


関連情報


Document ID: 44366