コラボレーション : Cisco ICM Peripheral ゲートウェイ

"Sprint NIC システム マネージャ ガイド""の補足"

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Sprint サイト リモート プロセッサ(RP)および拡張サイト RP ネットワーク インターフェイスに固有の『System Manager Guide』の補足情報について説明します。

はじめに

表記法

ドキュメントの表記法の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

前提条件

このドキュメントの読者は次の項目に関する知識が必要です。

  • Cisco Intelligent Contact Management(ICM)

  • スプリント ネットワーク インターフェイス コントローラ(NIC)システムマネージャ 機能

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • すべての Cisco ICM バージョン

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 対象のネットワークが実稼働中である場合には、どのような作業についても、その潜在的な影響について確実に理解しておく必要があります。

概要

スプリント Intelligent Network Service 配信ファシリティは顧客に前提ベースの機器がスプリント ネットワーク N00-number に加わるようにします(たとえば: 700、800、900) 呼ルーティング。 スプリント ネットワークのサービスのセット 制御点(SCP)は呼ルーティング プロセスに関連するスプリント ネットワークと Customer Premises Equipment 間の通信機能(External ルーティング プロセッサと、または「SiteRP」を呼ばれる)提供します。

SCP は電話交換機からスプリント ネットワーク全体の届く N00番 コール 照会要求を処理する役割があるエンド ノードです。 SiteRP ノードは SCP が照会要求をリダイレクトするカスタマー サイトにあるエンド ノードです。 Cisco ICM は SiteRP のロールを担います。 ICM システムの SiteRP インターフェイスは ICM Central Controller で動作する Sprint NIC として知られている Microsoft Windows NT プロセスとして実装されます。 ICM はコール照会をから受け取り、Sprint NIC を通してスプリント ネットワークへの照会応答を返します。

SCP はスプリント ルーティング制御アプリケーションを使用して、スプリントと共に、N00-number ルーティング 計画を顧客作成し、維持します実行します。 N00-number ルーティング 計画は SCP からの SiteRP にコール 照会要求のフォワーディングを規定 します。

スプリント ネットワークはネットワーク ノードおよび通信リンクのためのフォールト トレランスを組み込みます。 現在、スプリント ネットワークに 5 つの地理的に分散した SCP があります。 5 SCP の 1 つはもし停止が発生すれば準備ができた 4 つのアクティブな SCP のどれのでもロードを仮定するバックアップです。 各 SCP はネットワークのルーティング ロードを共有し、SCP 停止を通って乗る予備キャパシティがあります。

SiteRP はによって 5 SCP のそれぞれに一般的にスプリント提供しました 56 キロビット Fibernet 回線を接続されます。 SCP 失敗の場合に、バックアップ SCP はロードを取ります。 SCP と SiteRP 間のリンク障害の場合に、スプリント Fibernet はデータ・リンクの自動再ルーティングを提供します。 各 SCP は代替パスを通って SiteRP と通信し続け、ロードの再配布が必要となりません。 国際電気通信連合電気通信 標準化セクタ (ITU-T) (各 SiteRP に各 SCP を相互接続するのに 1984) X.25 標準リンク プロトコルが使用されています。

スプリント ネットワーク アーキテクチャはリンク冗長性およびノード 冗長性を両方サポートします。 SiteRP からの SCP への冗長リンクは使用されるかもしれません。 冗長 な SiteRPs はサポートされます。 冗長 な SiteRPs のそれぞれは少なくとも 1 データリンクを使用して各 Sprint SCP に接続する必要があります。 冗長構成のすべての SiteRPs はロード シェアリング方法でスプリント SCP によって使用されます。 図 1 スプリント ネットワーク ルーティング アーキテクチャを描写します。

図 1: スプリント ネットワーク アーキテクチャ

NIC-SysMngrSupplement-1.gif

Cisco ICM オブジェクト マッピング すること

論理的なおよび物理インターフェイス コントローラ

Cisco ICM 用語では、Sprint NIC はスプリント ネットワークの SCP に ICM を接続する論理インターフェイス コントローラです。

信頼性の場合、Sprint NIC は二重にすることができます単一 Sprint NIC のジョブを行うのにたとえば、コンピュータのペアは利用されています。 各コンピュータは別途の物理インターフェイス コントローラです。 しかしコンピュータは両方とも同じ論理インターフェイス コントローラに、対応します。 スプリント ネットワークは SCP に冗長リンクとの単一 SiteRP としてこの設定を感知します。

単一 SiteRP は 1 人の論理インターフェイス コントローラおよびどちらかの 1-2 人の物理インターフェイス コントローラに対応します。

ルーティングクライアント

ルーティングクライアントは Cisco ICM によって処理されるルーティング要求のあらゆるソースのための抽象化です。 Sprint NIC はスプリント ネットワークに代わってルーティングクライアントとして動作します。 スプリント ネットワークでは、単一 SiteRP は(どちらかの 1-2 スプリント NIC で構成されている) ICM によって 1 ルーティングクライアントとみなされます。

ラベル

ラベルは N00-number ルーティングツリー内の特定の終了かブランチと関連付けられる識別子です。 SCP は ICM にルート要求を送信 するとき、『Code』 を選択が含まれている応答メッセージを受け取ると期待します。 ラベルは複数の可能性のある 呼び出し終了型の 1 つを規定できましたりまたは現在のルーティング 計画の下で、代わりに、継続的実行を規定できます。

ICM によって定義された型ラベルは Sprint SiteRP によって定義された型『Code』 を選択のスーパーセットです。 ICM ラベルと SiteRP 選定されたコード間の関係は下記です。

注: SiteRP 有効な選定されたコードは有効な ASCII文字だけ含まれてい、長さが 10 文字を超過してはなりません。

Destination

Cisco ICM 宛先 ラベルは型「T」の SiteRP に直接、『Code』 を選択 します マッピング します。

発表

Cisco ICM は特別な発表 ラベルを、Sprint SiteRP インターフェイスのための @NPA ブロック化レコード、定義します。 この SiteRP への特別な発表 ラベル マップは型を、02 のリジェクト相違コードの R 『Code』 を選択 します。 SiteRP は型を、R N00-number コールを拒否するのに使用されています『Code』 を選択 します。 リジェクト相違コードは示す記録に、02 N00-number コールをダイヤルした、「エリアを呼出しているこれから呼出すことができない」送信します 型の SiteRP 選定されたコードへの他のすべての ICM 発表ラベル マップ、T。

ビジー

Cisco ICM は特別な使用中ラベルを、Sprint SiteRP インターフェイスのために、使用中 @Slow 定義します。 特別な使用中ラベル マップは SiteRP にこの型を、リジェクト相違コード 01R 『Code』 を選択 します。 リジェクト相違コード 01 はネットワーク使用中」ノードに N00-number コールを送信します。

リング

Cisco ICM リング ラベルは Sprint SiteRP インターフェイスでサポートされません。

後クエリ

SiteRP への Cisco ICM 後クエリ ラベル マップは型 T.を『Code』 を選択 します

DNIS 上書きする

ICM DNIS 上書きする ラベルは Sprint SiteRP インターフェイスでサポートされません。

Cisco ICM Network Interface Controller 設定

このセクションは Sprint NIC に特定のコンフィギュレーション必要条件を記述します。 あなた作成し、維持するコンフィギュレーションデータは Cisco ICM データベースで保存されます。 このデータは Configure_ICR ツールを使用して管理されます。 Cisco によって作成され、維持される追加コンフィギュレーションデータは Sprint NIC が常駐する ICM Central Controller の Microsoft Windows NT レジストリで保存されます。

Configure_ICR

このセクションは ICM データベースに Sprint NIC 特定の設定要素を追加するために Configure_ICR の使用を記述します。

論理インターフェイス コントローラ

Sprint NIC に次のパラメータ設定が必要となります:

パラメータ
コントローラのタイプ Network Interface Controller
クライアント の タイプ スプリント
設定パラメータ 不要

物理インターフェイス コントローラ

パラメータ設定によって必要とされる仕様は Sprint NIC へありません。

ルーティングクライアント

Sprint NIC に次のパラメータ設定が必要となります:

パラメータ
タイムアウト しきい値 500
遅いしきい値 400
タイムアウト制限 10
コンフィギュレーションパラメータ 不要

ローカルコンフィギュレーション データ

Sprint NIC のローカルコンフィギュレーション データは Cisco ICM Central Controller の Microsoft Windows NT レジストリで保存されます。 レジストリキーは選択される ICM CallRouter Device Setup with the Sprint NIC オプションの間に作成されます。 コンフィギュレーションデータは SiteRP ネットワーク インターフェイス、また内部 ICM パラメータのパラメータを規定 します。

ICM バージョン 4.1 のリリース前に、SCP エントリの正しいラベリングが有用であるが変更が必要となりませんでした。 ICM バージョン 4.1 のリリースから開始します、「SCP1CardNumbers から」開始する各 SCP のための新しい Windows NT レジストリエントリがあります。 カードによってが各 SCP ポート常駐する彼らは規定 します。 長いワードの個々のバイトは Eicon カード数を示します。 高位バイトは最低位バイトが SCP によって使用される第 4 ポートのカード 番号が含まれている間、SCP によって使用される最初のポートのカード 番号が含まれています。 デフォルト値は 1 つのポートだけ各 SCP によって使用されると、そして SCP によって使用される Eicon カードが数 1 から開始すると仮定します。

次に、例を示します。 SCP1CardNumbers:REG_DWORD:0x1000000 は第 3 ポートがカード 2 に常駐する間、最初の SCP にカード 1 に常駐する第 1 及び第 2 ポートが付いている 3 つのポートがあることを SCP1CardNumbers:REG_DWORD:0x1010200 が示す間、最初の SCP にカード 番号 1 に常駐するシングル ポートがあることを示します。

サポートされていない Cisco ICM 機能

スプリント ネットワークは次の Cisco ICM 機能をサポートしません:

  • Customer Database Provided Digits (CDPD)

  • リング ラベル

  • DNIS 上書きする ラベル

ネットワーク インターフェイス必要条件

物理インターフェイス

スプリント ネットワークに 5 SCP があります。 二重にされた Cisco ICM 環境では、各 NIC は Sprint FiberNet ネットワークで提供される各 SCP に 5 つの 56 キロビット/秒ポイントツーポイント通信リンクを使用してスプリント ネットワークに、1 つ接続します。 5 つの通信リンクは専用 T1.5 回線から得られる 5 つの DS0 チャネルです。 2 つの T1.5 回線は Sprint FiberNet ネットワークで 5 スプリントに二重にされた ICM を SCP 接続するために使用されます。 二重にされた ICM の各側のためのスプリント Fibernet データ回線終端機器は TP7 と呼ばれるチャネル バンクそっくりのデバイスで構成されています。 着信側機器はスプリントによって提供されます。

各 Sprint NIC は 3 Eicon テクノロジー Dual-Port Network Adapter/PC (DPNA) カードが含まれています。 DPNA カードの 2 つのポートはポート 1 およびポート 2 としてポート 1 がカードの上端に最も密接なポートであり、ポート 2 がカードの PC コネクタ エッジに最も密接なポートであるところで、指定されます。 6 つの DPNA ポートの 5 つは SCP に接続するのに使用されています。 残りの DPNA ポートは使用されず無効になっています。 シンプレックス ICM 設定では、Sprint NIC が冗長リンクを通して SCP に接続される場合 5 DPNA カードが必要となります。

Cisco はそれぞれが V.35 インターフェイスを使用して DPNA ポートからスプリント データ回線終端機器に接続する 5 つの 9 フィート ケーブルを供給します。 ケーブルに DPNA カードにオス型 DB-26 コネクタおよびスプリント データ回線終端デバイスに規格オス型 34 ピン V.35 コネクタがあります。 通信リンクはスプリント ネットワークの SCP にルーティングされます。 二重にされた ICM 設定のための物理的 な ネットワーク インターフェイスは図 2.示されています

図 2: 二重にされた ICM 設定のためのネットワーク インターフェイス

/image/gif/paws/44200/NIC-SysMngrSupplement-2.gif

二重に対するシンプレックス

Cisco ICM は共存させたか、または地理的に分けられたコンフィギュレーションで配置されるかもしれません。 スプリント ネットワークへの物理接続は両方の ICM コンフィギュレーションに同じです。 論理的なおよび物理インターフェイス コントローラに言及されているように、ICM はスプリント ネットワークへの 1 単一 SiteRP として(どちらの設定でも)論理的に考慮されます。 共存設定では、ICM ノードは LAN を使用して接続されます。 地理的に分けられた設定では、ICM ノードは交信を行いま WAN を使用します。

共存設定では、ICM はシンプレックスまたは二重にされてかもしれません。 いずれにしても、ICM は冗長リンクを通ってスプリント ネットワークのすべての SCP に接続します。 10 の専用されていたポイント ツー ポイントリンクは図 2. シンプレックス ICM からの SCP に冗長リンクに示すように SCP に ICM を、推奨されます接続します。 シンプレックス ICM からの SCP へのシンプレックス リンクはまた、推奨はできないけれども、サポートされます。

地理的に分けられた設定では、Cisco ICM は合計 10 物理接続(各 Central Controller サイトからの 5)を使用してスプリント ネットワーク SCP に図 2.に示すように、接続します SCP はダイレクト接続リンク上の SiteRP にトラフィックを広げます。

PATH 環境変数を設定して下さい

始動に、Sprint NIC はアクティブなバーチャルサーキットのリストを入手するために Eicon カード 管理 コマンド ecmodule ステータスを(もしあれば)呼出し、それから前の実行からの長びく SVC を流し出すためにそれらの接続をハングアップします。 Eicon カード セットアップ プログラムが ecmodule のようなコマンド・ライン ユーティリティにパスを設定しないので、これは手動でする必要があります。

既に Microsoft Windows 2000 /NT で存在 する パス 環境変数。

  1. ユーザー定義変数のカテゴリから PATH変数を選択して下さい。

  2. [Edit] をクリックします。

  3. テキスト フィールドの端にカーソルを移動して下さい。

  4. Eicon カード 管理コマンドが常駐するディレクトリにそれを追加して下さい。

  5. パスを確保することは図 3.のようにコマンド ウィンドウから、実行します ecmodule ステータス x25 を、出力見える必要があります正しく設定 されます

    図 3: ecmodule ステータス x25 の出力

    /image/gif/paws/44200/NIC-SysMngrSupplement-3.gif

ネットワーク制限

次の Sprint SiteRP インターフェイス 機能は Sprint NIC の現在の実装によってサポートされません:

  • 一時停止する N00-Number 要求

  • レジューム N00-Number 要求

拡張 な SiteRP

拡張 な SiteRP はコール コンテキスト 情報に基づいてルーティングを送りました拡張 な照会メッセージ、Caller Entered Digits (CED)のような、また SiteRP すべてのルーティング機能をサポートします。

周辺装置変数

Sprint NIC は例外を除く周辺装置変数によってルータに CED が専用スクリプト ノードを通してアクセスされることコール コンテキスト 情報によって伝えられる照会メッセージを(高められた照会および照会両方)、運びます。 ザ・スクリプト エディタはユーザが望ましいブランチに周辺装置変数および直接スクリプト実行の値を検査することを許可します。 PeripheralVariable1 から PeripheralVariable10 に、定義される 10 の周辺装置変数があります。 便宜上、PeripheralVariableN は以降のセクションの PV#N として参照されます。

CED ルーティング

例についてはルーティングスクリプトで CED ノードが顧客によって入力されるディジットのさまざまな値を区別するのに図 4 見ます使用されています。

図 4: CED ルーティングスクリプト

NIC-SysMngrSupplement-4.gif

X25 ラベルルーティング

X25 ラベルは PV#1 に読み込まれます。 スクリプト「IF」ノードが PV#1 の値をチェックするのに使用されるかもしれません。 図 5 X25 ラベルルーティング スクリプトの例を示します。 X25 ラベルルーティングは拡張 な SiteRP と新しくないです。 先行するサポート SiteRP 同様に。

図 5: X25 ラベルルーティング スクリプト

NIC-SysMngrSupplement-5.gif

II ディジット(か機能 インジケータ)ルーティング

II ディジットおよび機能 インジケータは専らあります。 PV#2 は拡張 な照会メッセージが受け取られる表し、照会メッセージが受け取られるケースの機能 インジケータを表しますケースの II ディジットを。 形式が異なっているので、PV#2 の値の検査によってルーティングスクリプトの他からの 1 つを区別できます。

概要コール コンテキスト オブジェクト ルーティング

オブジェクトは周辺装置変数(「Type(2 文字の形式の PV#3 | PV#10)に(CED を除いて)プラス記号が実際にないところで、+ Nature(2 文字) + コンテンツ(≤ 35 文字) + \02"読み込まれます。 たとえば、オブジェクトに型 03h (DNIS のように)、性質 02h およびディジット「1111"あれば、対応した周辺装置変数は「が 03021111\0」として符号化されます。 そこの表記はオブジェクトと周辺装置変数間の固定マッピングではないです。 たとえば、PV#3 は DNIS か SSN を表すかもしれません。 オブジェクトは最初の 4 文字に従って識別することができます。 図 5 DNIS (型に基づいてルーティングの例を示します: 03h、性質: 02h)および SSN (型: 0Bh、性質: 02h)。 DNIS の最初の 3 ディジットが「111"であり、SSN の最初の 3 ディジットが「018"なら場合ラベル「SELCOD02」は戻ります; DNIS の最初の 3 ディジットが「111"であり、SSN の最初の 3 ディジットが「019"なら場合ラベル「SELCOD03」は戻ります; SelectCodeType 「E」は別の方法で戻ります。

制限事項

Sprint NIC はオブジェクトのコンテンツとして、最高で、35 文字を受け入れます(説明については次のメモを参照して下さい)。 無条件トレース メッセージを生成します過剰は切捨てられます。

注: 周辺装置変数に 40 文字の長さ制限があるので、この形式は Sprint NIC がオブジェクトのコンテンツとして、最高で、35 文字をなぜ受け入れるか説明します。 これが「型 + CED のための性質」のプレフィクスを生成しない間、35 文字制限はまた一貫性にそれに適用します。

Sprint NIC は利用可能 な 10 の周辺装置変数がある PV#1 および PV#2 は X25 ラベルおよび II ディジットのために(またはインジケータを特色にして下さい)それぞれ使用されますので図 6 に示すように CED を除く最高で 8 つのオブジェクトを、処理でき。 拡張 な照会メッセージが CED を除く 8 つ以上のオブジェクトが含まれている場合、Sprint NIC は過剰を廃棄し、無条件トレース メッセージを生成します。

図 6: DNIS オブジェクトおよび SSN オブジェクト ルーティングスクリプト

/image/gif/paws/44200/NIC-SysMngrSupplement-6.gif

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 44200