音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco PGW 2200 ソフトスイッチ

Cisco PGW 2200 の無音コールのトラブルシューティング

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Cisco PGW 2200 PSTN Gateway(Cisco PGW 2200)の 1 方向でミュートされるボイスコールのトラブルシューティングについて説明します。 このドキュメントの情報は、Cisco PGW 2200 との組み合わせでメディア ゲートウェイ コントローラ(MGC)および Cisco AS5x00 ゲートウェイを使用する Cisco PSTN Gateway Solution にのみ適用されます。

はじめに

表記法

ドキュメントの表記法の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

前提条件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

プラットフォーム プラットフォーム名 Release
PGW 2200 ノード Cisco MGC 9.2(2) [パッチ S(29)] 9.3(2) から[パッチ S(7)] から 9.4(1)
PSTN ゲートウェイ AS5x00 12.2T またはより高く

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 対象のネットワークが実稼働中である場合には、どのような作業についても、その潜在的な影響について確実に理解しておく必要があります。

コールフロー

routing.mml によるカットスルーの異なる設定を理解することは Cisco PGW 2200 概念のための異なるコールフローを理解するのを助けることができます。

ANM のカットスルーとの典型的なコールフロー

ANM のカットスルーとの典型的なコールフロー(3)のような下記のように示されています:

Originating TDM Originating Gateway PGW Terminating Gateway            Terminating TDM
                       --------------IAM-------------> 
                                                    <-CRCX-- 
                                                 (M: inactive) 
                                                    --- OK----> 
                                                                                      ---CRCX-> 
                                                                                 (M: sendrecv) 
                                                                                       <--OK----- 
                                                                                      --------------------IAM---------> 
                                                                                       <---------------- ACM----------- 
                       <--------------ACM-------------- 
                                                    <-MDCX-- 
                                                (M: recvonly) 
                                                     --OK------> 
                                                                                       <-----------------ANM----------- 
                       <--------------ANM-------------- 
                                                      <--MDCX--- 
                                                (M: sendrecv) 
                                                     ----OK----> 
                                                                                         ----MDCX--> 
                                                                                  (M: sendrecv) [See note below] 
                                                                                         <---OK--[See note below]

注: 次のときだけオプションの MDCX は終端ゲートウェイにエコー 消去をつけるために送信 されます:

  • トランクグループ プロパティ「EchoCanRequired」は、設定 されます

  • 条件 TDM スイッチはエコー 消去を提供しませんでした(たとえば、条件 TDM からの ACM メッセージの Echo_control_device_indicator パラメータはゼロに設定されました)。

ACM のカットスルーとの典型的なコールフロー

ACM のカットスルーとの典型的なコールフロー(カットスルー等号のような 2)下記のように示されています:

Originating TDM Originating Gateway             PGW           Terminating Gateway            Terminating TDM 
                           --------------IAM-------------> 
                                                        <--CRCX--- 
                                                           (M: inactive) 
                                                        --- OK-----> 
                                                                                          ---CRCX---> 
                                                                                      (M: sendrecv) 
                                                                                           <--OK---- 
                                                                                           --------------------IAM---------> 
                                                                                            <---------------- ACM----------- 
                          <-------------ACM----------------- 
                                                          <---MDCX---- 
                                                           (M: sendrecv) 
                                                           ----OK----> 
                                                                                             ----MDCX--> 
                                                                                            (M: sendrecv) [OPTIONAL, see note 1] 
                                                                                             <---OK---[OPTIONAL, see note 1] 
                                                                                              <------------------ANM------------ 
                          <-------------ANM------------------ 

注: コールが使用中のかまたは発信者に遊ぶべき種類の発表があるとき両方向の音声パスを開く原因がありません。 考えれば報告された消音コールがありましたり、問題を理解するために送信 された パケットカウント ゼロとメッセージに、PGW 2200 の show call history voice 要約コマンド リンクされる show call history voice コマンドおよび Cisco Message Definition Language (MDL)トレースと組み合わせて起点 および 終端ゲートウェイの debug mgcp packet コマンドを発行します。 盗聴者トレースはまた問題を理解するのを助けます。 MDL トレースは完全な SS7 および Media Gateway Control Protocol (MGCP) コールフローを提供します。

Customers レポートによって消音されるコール

次の条件原因消音呼び出し(Delete Connection [DLCX]の間に)および platform.log の検出にフラグを付ける PGW 2200。 これらのログはゲートウエイ情報および CIC 情報がある呼び出しID が含まれています。

  1. PGW 2200 は耐障害性モードで設定されます。

  2. コールは応答されました(コールは正常にカットスルー。だったでした)。

  3. 250 の OK メッセージは DLCX に応じてと(P:)受け取られました。

  4. Packet Sent (PS)は 0 または Packet Received (PR)等号 0 に匹敵します(P:)。

  5. 通話 時間は 1秒より多くでした。

追加呼び出し情報の収集

追加呼び出し情報を収集するために、次のステップを使用して下さい:

  1. ゲートウェイ as5xxx-1 に Telnet接続を作って下さい。

  2. platform.log からのエンドポイントおよび消音コール メッセージとリンクされる呼び出しID を見つけるために次のコマンドを再度発行して下さい:

    as5xxx-1 > show mgcp connection
    

    以下は Voice over IP (VoIP)接続のための show mgcp connection コマンドからの出力例です:

    Endpoint Call_ID(C) Conn_ID(I) (P)ort (M)ode (S)tate (C)odec (E)vent[SIFL] (R)esult[EA] 
    1. S0/DS1-0/1 C=103,23,24 I=0x8 P=16586,16634 M=3 S=4,4 C=5 E=2,0,0,2 R=0,0

VoIP のための show mgcp connection コマンドのフィールド記述は下記に示されています。

  • エンドポイント—スロット 番号(S0)およびデジタル 回線(DS1-0)のデジタル エンドポイント 命名規則で第(1)示されている各コールのためのエンドポイント。

  • Call_ID (C) — MGCP 呼び出しID はこのエンドポイントのための Call Agent、内部 コール 制御アプリケーション プログラミング インターフェイス(CCAPI)呼び出しID、およびピアコールレグのための CCAPI 呼び出しID によって送信 しました。 CCAPI はアプリケーションにコール制御 ファシリティを提供する API です。

  • Conn_ID (I) —ゲートウェイによって生成され、ACK メッセージで送信 される 接続ID。

  • (P) ort —この接続のために使用されるポート。 最初のポートはローカル User Datagram Protocol (UDP; ユーザ データグラム プロトコル) ポートです。 2 番目のポートは、リモート UDP ポートです。

  • (M)オード—、コール モード:

    • 0 - モードの値が無効であることを示します。

    • 1 —ゲートウェイがパケットしか送信しない必要があることを示します。

    • 2 —ゲートウェイがパケットしか受信しない必要があることを示します。

    • 3 —ゲートウェイがパケットを送信し、受信できることを示します。

    • 4 —ゲートウェイがパケットを送信する、受信する必要がないことを示します。 [非アクティブ]

    • 5 —ゲートウェイがループバック モードに回線を置く必要があることを示します。

    • 6 —ゲートウェイがテストモードに回線を置く必要があることを示します。

    • 7 —ゲートウェイがデータのネットワーク アクセスのために回線を使用する必要があることを示します。

    • 8 —ゲートウェイがネットワーク ループバック モードに接続を置く必要があることを示します。

    • 9 —ゲートウェイがネットワーク 連続性テスト モードに接続を置く必要があることを示します。

    • 10 —ゲートウェイが会議モードに接続を置く必要があることを示します。

  • (S) tate INFO —例: ローカル MGCP 呼び出し状態および第 2 整数はリモート MGCP 呼び出し状態を示すことを握りこぶし整数が示す S=4,4。

    MGCP_CALL_IDLE = 0、アイドル状態
    MGCP_CALL_SETTING = 1、PSTN からの着信コール
    MGCP_CALL_CONNECTING = 2、受け取った MGCP CRCX
    MGCP_CALL_CONFERENCING = 3 つは、接続されるコール CONF を待ちます
    MGCP_CALL_ACTIVE = 4、作成される会議
    MGCP_CALL_CONF_DESTROYING = 5、破棄会議
    MGCP_CALL_DISCONNECTING = 6、破棄される CONF 接続解除 コール
    MGCP_CALL_INACTIVE = 7、非アクティブ モードのコール
    MGCP_CALL_VOICE_CONNECTING = 8、テレフォニーコールレグだけを作成します
    MGCP_CALL_VOICE_ACTIVE = 9、作成されるテレフォニーコールレグ
    MGCP_CALL_CONF_DISSOCIATING = 10、破棄 CONF
    MGCP_CALL_CALLLEGS_DISSOCIATED =11、破棄される CONF コール discon 無し
    MGCP_CALL_HP_CONNECTING = 12、TDM ヘアピン コールレグの接続
    MGCP_CALL_HP_CONNECTED = 13、接続される 1 つの HP コールレグ
    MGCP_CALL_HP_CONFERENCING = 14、会議 TDM ヘアピン コールレグ
    MGCP_CALL_HP_ACTIVE = 15、TDM ヘアピン ACTIVE 状態
    MGCP_CALL_VOIP_CONF_DESTROY = 16 は、破棄される CONF HP コールを作ります
    MGCP_CALL_ERROR_STATE = 17、エラー状態のコール
    MGCP_CALL_CONNECTING_INACTIVE = 18、非アクティブ接続を作成します
    MGCP_CALL_CONF_DESTROYING_INACTIVE = 19、CONF 破棄する 非アクティブ conn
    MGCP_CALL_CONT_TEST = 20、AAL2/IP 連続性テスト(xrbk)
    MGCP_CALL_SETUP_WAIT = 21、待っているセットアップ情報
    MGCP_CALL_WAIT_NSE_SENT = 22、送信 される NSE イベントのための待機
    MGCP_CALL_TWC_ACTIVE = 23、TWC コール アクティブ
    MGCP_CALL_WAIT_STATE = 24 は、アプリケーション コール制御を待っています
    MGCP_CALL_HANDOVER = 25 は、アプリケーション支持します制御をつかんでいます
    MGCP_CALL_EM_DISCONNECTING = 26、接続解除 コール、E&M エンドポイント
    MGCP_CALL_MAX_STATE = 27

  • (C) odec INFO —例: C=1

    MGCP_CODEC_UNDEFINED 0
    MGCP_G711_U、 1 = G.711 mu-law
    MGCP_G711_A、 2 = G.711 A-law
    MGCP_G726_32K、 3 = G.726 32K
    MGCP_G726_24K、 4 = G.726 24K
    MGCP_G726_16K、 5 = G.726 16K
    MGCP_G729、 6 = G.729
    MGCP_G729_A、 7 = G.729-A
    MGCP_G729_B、 8 = G.729-B
    MGCP_G729_B_LOW_COMPLEXITY、 9 = G.729-B
    MGCP_G728、 10 = G.728
    MGCP_G7231_HIGH_RATE、 11 = G.723.1 高い率
    MGCP_G7231_A_HIGH_RATE、 12 = G.723.1 ANNEX A 高い率
    MGCP_G7231_LOW_RATE、 13 = 低率 G.723.1
    MGCP_G7231_A_LOW_RATE、 14 = 低率 G.723.1 ANNEX A
    MGCP_GSM_FULL_RATE、 15 = fullレート GSM
    MGCP_GSM_HALF_RATE、 16 = ハーフ・レート GSM
    MGCP_GSM_ENHANCED_FULL_RATE、 17 = GSM Enhanced Full Rate
    MGCP_GSM_ENHANCED_HALF_RATE、 18 = GSM 拡張 なハーフ・レート
    MGCP_CLEAR_CHANNEL = 128、 128 = Nx64 クリアチャネル
    MGCP_NSE = 129 NSE に関しては

  • (E)出口—例: E=3,0,2,3 はイベント フィールドとして読まれます: last_requested_app_event E=last_successful_mgcp_event、last_failed_app_event last_successful_internal_event

    MGCP_APP_EV_ACK = -1、 MGCP ACK
    MGCP_APP_EV_CREATE_CONN = 0、 MGCP は接続メッセージを作成します
    MGCP_APP_EV_DELETE_CONN、=1 MGCP 削除接続メッセージ
    MGCP_APP_EV_MODIFY_CONN、=2 MGCP 修正する接続メッセージ
    MGCP_APP_EV_NOTIFY_REQ、=3 MGCP は要求メッセージを知らせます
    MGCP_APP_EV_ALERT、=4 CCAPI 警告イベント
    MGCP_APP_EV_CALL_CONNECT,=5 CCAPI コールはイベントを接続します
    MGCP_APP_EV_CONF_RDY,=6 準備ができた CCAPI 会議
    MGCP_APP_EV_CONF_DESTROY,=7 破棄される CCAPI 会議
    MGCP_APP_EV_CALL_DISCONNECT,=8 CCAPI 呼出し切断
    MGCP_APP_EV_CALL_PROCEED、=9 CCAPI コール設定受付
    MGCP_APP_EV_OFF_HOOK,=10 ind オフフック/コールセットアップ CCAPI
    MGCP_APP_EV_ON_HOOK、=11 切断されるオンフック/コール CCAPI
    MGCP_APP_EV_MEDIA_EVT,=12 MGCP メディア イベント
    MGCP_APP_EV_INT_EVT,=13 MGCP 内部 イベント
    MGCP_APP_EV_DISSOC_CONF,=14  
    MGCP_APP_EV_ASSOC_CONF,=15  
    MGCP_APP_EV_MODIFY_DONE,=16 CCAPI コール 修正するによってできている ev
    MGCP_APP_EV_VOICE_MODE_DONE,=17 音声 カットスルーは起こりました
    MGCP_APP_EV_NSE,=18 CCAPI NSE イベント
    MGCP_APP_EV_CALL_HANDOFF,=19 他のアプリケーションへのハンドオフ コール
    MGCP_APP_EV_MAX_EVENT  

  • (R) esult —例: R=0,0 は結果フィールドとして解読されます: R=Event_result は、(ブール)私達 ACK を送信 する必要がありますか。

    MGCP_APP_EVR_NORMAL_OK = 0、 良く処理される MGCP 正常なイベント
    MGCP_APP_EVR_INVALID_OK、 良く処理される MGCP 無効 な イベント
    MGCP_APP_EVR_CALLP_REL、 コール レコードは発表されます
    /* MGCP プロトコルエラー */
    MGCP_APP_EVR_INVALID_CALL_ID = 10、 TGW 検索無効 呼び出しID
    MGCP_APP_EVR_INVALID_CONNECTION_ID、 TGW 検索無効 接続ID
    MGCP_APP_EVR_DUPLICATED_MESSAGE、 TGW 検索によって複写される SGCP メッセージ
    MGCP_APP_EVR_MGCP_ACK_FAILURE、 TGW は SGCP Ack メッセージを送信できません
    MGCP_APP_EVR_MGCP_DELETE_FAILURE、 TGW は SGCP 削除メッセージを送信できません
    MGCP_APP_EVR_MGCP_CREATE_ACK_FAILURE、 TGW は作成します Ack メッセージを送信できません
    MGCP_APP_EVR_MGCP_CREATE_ACK_MISSING、 TGW は SGCP Ack メッセージを送信 しません でした
    MGCP_APP_EVR_MGCP_DELETE_ACK_FAILURE、 TGW は削除 Ack メッセージを送信できません
    MGCP_APP_EVR_MGCP_NOTIFY_FAILURE、 TGW は知らせますメッセージを SGCP を送信できません
    MGCP_APP_EVR_INVALID_STATE、 間違った状態の TGW 検索イベント
    /* リソースの問題 */
    MGCP_APP_EVR_TGW_DOWN = 30、 正常 な シャットダウン モードの TGW
    MGCP_APP_EVR_TGW_NOT_READY、 イベントの準備ができなかった TGW
    MGCP_APP_EVR_CALL_VDB_FAILURE、 TGW は vdbptr を得ることができません
    MGCP_APP_EVR_PREV_RTP_PORT_LOCKED、 TGW は前の rtp ポートをロックされて検出します
    MGCP_APP_EVT_CONN_RECORD_MISSING、 TGW は conn レコードを見つけることができません
    MGCP_APP_EVR_ENDP_NOT_READY、 イベントの準備ができなかった TGW
    MGCP_APP_EVR_MEM_RSRC_ERROR、 TGW は一時 mem アロケーションを誤ってもらいます
    MGCP_APP_EVR_CALL_CAC_FAILURE、 GW に帯域幅がありません
    MGCP_APP_EVR_CONF_RSRC_ERROR、 GW は CONF リソースを得ることができません
    /* イベント失敗 */
    MGCP_APP_EVR_REQ_EVENT_FAILURE = 40、 TGW は要求されたイベントを処理できません
    MGCP_APP_EVR_INVALID_CCAPI_EVENT、 TGW は ccapi イベントを処理できません
    MGCP_APP_EVR_IGNORE_CCAPI_EVENT、 TGW は ccapi イベントを無視します
    /* シグナル障害 */  
    MGCP_APP_EVR_SIGNAL_FAILURE = 50、 TGW は場合を処理できません
    MGCP_APP_EVR_ABNORMAL_ONHOOK、 TGW 検索異常なオンフック
    MGCP_APP_EVR_INVALID_OFFHOOK、 TGW は無効をオフフック見つけます
    MGCP_APP_EVR_INVALID_COT、 TGW 検索無効折畳み式ベッド
    MGCP_APP_EVR_COT_FAILURE、 TGW は COT をしませんでした
    MGCP_APP_EVR_COT_DISABLE_FAILURE、 TGW は COT をディセーブルにしませんでした
    /* コールセットアップ障害 */
    MGCP_APP_EVR_CALL_SETUP_REQ_FAILURE = 60、 TGW はコール要求を設定できません
    MGCP_APP_EVR_CALL_SETUP_IND_FAILURE、 TGW はコール示す値を処理できません
    MGCP_APP_EVR_CALL_CONTEXT_FAILURE、 TGW はコンテキストを設定できません
    MGCP_APP_EVR_CALL_PEER_FAILURE、 TGW はピアを設定できません
    MGCP_APP_EVR_CALL_VOX_CALL_FAILURE、 TGW は voip/voaal2 コールを設定できません
    MGCP_APP_EVR_CALL_VOIP_CALL_FAILURE、 TGW は VOIPコールを設定できません
    MGCP_APP_EVR_CALL_DISCONNECT_FAILURE、 TGW はコールを切断できません
    MGCP_APP_EVR_CALL_MODIFY_FAILURE、 TGW はコール parm を修正できません
    MGCP_APP_EVR_CALL_ALERT_FAILURE、 TGW はコールを警告できません
    MGCP_APP_EVR_CALL_DELETE_FAILURE、 TGW はコールを削除できません
    MGCP_APP_EVR_CALL_UNKNOWN_FEATURE、 TGW は unknow 機能を処理できません
    MGCP_APP_EVR_UNSUPPORTED_CODEC、 TGW はサポートされていないコーデックを見つけます
    MGCP_APP_EVR_NO_DIGIT_MAP、 TGW は電話番号マップを見つけることができません
    MGCP_APP_EVR_IGNORE_DIGIT、 TGW はディジットを処理できません
    MGCP_APP_EVR_DIGITS_OVERFLOW、 TGW は余りにも多くのディジットを処理できません
    MGCP_APP_EVR_DIGITS_NOTIFY_FAILURE、 TGW はディジットを送出すことができません
    MGCP_APP_EVR_CODEC_NOT_MATCHED、 TGW コーデックは rmt TGW を一致する
    MGCP_APP_EVR_INVALID_CONN_MODE、 TGW は詐欺モードを理解する場合がありません
    /* ピア失敗 */
    MGCP_APP_EVR_PEER_MISSING = 90、 TGW 検索ピアを見つけないため
    MGCP_APP_EVR_PEER_NOT_READY、 準備ができなかった TGW 検索ピア
    MGCP_APP_EVR_PEER_IN_WRONG_STATE、 TGW は間違った状態のピアを見つけます
    MGCP_APP_EVR_PEER_DISCONNECT_FAILURE、 TGW はピアを切ることができません
    MGCP_APP_EVR_NO_CONFERENCE_ID、 TGW は会議 ID を見つけることができません
    MGCP_APP_EVR_CONF_CREATE_FAILURE、 TGW は会議を作成できません
    MGCP_APP_EVR_CONF_DESTROY_FAILURE、 TGW は会議を破棄できません
    MGCP_APP_EVR_UNKNOWN_CONN_TYPE、 TGW は詐欺型を処理できません
    MGCP_APP_EVR_INVALID_ENDPOINT、 TGW はエンドポイントに接続できません
    MGCP_APP_EVR_INVALID_NSE_EVENT = 100 つ、 無効 な NSE イベント
    MGCP_APP_EVR_NSE_RCVD_ON_WRONG_LEG、 NSE イベントは間違ったレグに来ます
    MGCP_APP_EVR_SEND_NSE_FAILURE、 NSE イベントを送信できません
    MGCP_APP_EVR_PLAY_TONE_FAILURE、 NSE 要求されたトーンを再生できません
    /* 一時的エラー */
    MGCP_APP_EVR_TRANS_ERROR = 110、 遷移状態の TGW エンドポイント
    MGCP_APP_EVR_MAX_RESULT  

考えられる 原因および推奨 処置

問題の概要および定義します

消音呼び出しはソフトウェア側の問題か他の問題にリンクされるかもしれません。 Cisco PGW 2200 の消音呼び出しをトラブルシュートし始めるのに次のステップを使用して下さい。

  1. 顧客の問題の説明を理解して下さい。 消音コールは IP ルーティングおよびレイヤ1 問題のようなソフトウェアエラーにリンクされない他の項目と関連していることができます。 各根本的な原因のソリューションは頻繁に最初に解決される必要がある追加より低いレベルの問題を露出します。

  2. 24 時間モニタリングごとの顧客の場所で呼び出しを消音するために失敗したコールの比率を計算して下さい。

  3. 何パーセントの呼び出しがアラームである丁度定義する Avoid。

  4. この状況を問題の実質原因を理解するために再生することを試みて下さい。

PGW 2200 の CPU負荷のチェック

PGW 2200 の CPU負荷をチェックするために、次のコマンドを発行して下さい:

mml> rtrv-ne-health

このコマンドは情報の次の型を表示するものです:

MGC-01 - Media Gateway Controller 2003-02-14 15:36:50.788 GMT 
M RTRV 
"Platform State:ACTIVE" 
"Machine Congestion Level = MCL 0 (No Congestion)" 
"Current in progress calls = 83, call attempts = 2 cps" 
"CPU 0 Utilization = 1 % CPU 1 Utilization = 0 %" 
"CPU 2 Utilization = 2 % CPU 3 Utilization = 0 %" 
"Memory (KB):3715344 Free virtual, 8390328 Total virtual, 4194304 
Total rea" 
"Filesystem kbytes used avail capacity Mounted on" 
"/dev/dsk/c0t0d0s0 494235 47099 397713 11% /" 
"/dev/dsk/c0t0d0s4 10678328 5494165 5077380 52% /opt" 
;

Calls Per Second (CPS) 情報をチェックし、使用しているゲートウェイと組み合わせてこれを計算することを試みて下さい。 多分いくつかのゲートウェイに入る呼び出しの量による高CPU ロードがあります。 platform.log への次の結果ディスプレイはまたシステムのステータスを説明できます。

Fri Nov 13 10:18:28:119 2002 CET | engine (PID 14488) <Error>engMclMgrImpl::updateSystemMcl:
 System Mcl = 1, MclName = cpu, Load = 84 AvgLoad = 68

注: この例では、数分の内に減少させた高トラフィックによる CPU過負荷状態がありました。 これはピーク時間期間の結果としてあります。 その時、消音呼び出しとこの情報をリンクすることを試みて下さい。

ゲートウェイの CPU負荷のチェック

ある程度の時間にわたるステータスを得るために、次のコマンドを発行して下さい:

as5xxx-1> show proc cpu history

高CPU ロードはプロセス スイッチングにリンクされる項目の 1 つによって引き起こされる場合があります。 これをチェックするために、show running-config を発行して下さい | incl route コマンド

as5xxx-1> show running-config | incl route 

ゲートウェイの高CPU ロードを避けるために、コンフィギュレーションの次のコマンドを持たないで下さい:

no ip route-cache
no ip route-cache cef 

注: IPルートキャッシュip route-cache cef コマンドはゲートウェイで設定する必要があります。

上記のいずれかを見る場合、ファースト スイッチングの代りに可能性が高いプロセス スイッチングであり、システム 負荷は非常に高いです、呼び出しは失われるかもしれ音声クオリティは粗末です。 さらに、MGCP メッセージは(ACK)確認されるまたは生成されないかもしれません。

セカンダリ イーサネットで送信 されない RSIP メッセージ

ip host コマンドがゲートウェイで、それ設定される方法によってはセカンダリ イーサネットの RSIP メッセージを送信 しません。 ゲートウェイが前に第 2 IP アドレスに失敗する試みの第 2 円形のための最初の IP アドレスに送信 することを試みている原因は Cisco IOS にリンクされますか。 ソフトウェアコンフィギュレーション。 (no ip domain-lookup コマンドが設定されるとき) ip host コマンドを検知 するこれは DNS lookup 強制します。 これが発生すると、1 つ目の IP アドレスが返され、再度使用されます。 この動作を避けるために、MGCP プロファイルで次のコマンドを使用して下さい:

as5xxx-1> mgcp profile 
as5xxx-1> no max1 lookup 

注: 実施されるために no max1 lookup コマンド 設定のためのルータをリロードする必要があります。

消音コール トラブルシューティングの参考

ネットワークに追加問題があったかどうか確認するために次のステップを実行して下さい。

  1. 通話 時間が 10 秒より小さかったかどうか確認して下さい。

  2. Transmit (tx)パケットまたはレシーブ(Rx ことを)パケットがゼロだったかどうか確認して下さい。

    as5xxx-1> show mgcp connection 

    そしてこの例のための 3334373 である Call_ID のチェック。

    Endpoint            Call_ID(C)   Conn_ID(I)                                 (P)ort                 (M)ode (S)tate (CO)dec (E)vent[SIFL] (R)esult[EA] 
                1. S6/DS1-1/31 C=345F3D,3334373,3334374  I=0x197074  P=19544,18424  M=3  S=4,4 CO=6 E=2,0,0,2  R=0,0
  3. 次を使用して Call_ID をリンクすることを試みて下さい:

    as5xxx-1 > show call active voice brief | incl Call_ID
     
    Tele 0/0:0 (call_id): tx:0/0/0ms None noise:0 acom:0  i/0:0/0 dBm 
    
  4. この時点で、情報 Tx パケット、Tx バイト、Rx パケットおよび Rx バイト見つけるために Conn_ID でリンクされる show call active voice コマンドからの情報を見つけることができます。 この情報は送信 され、受け取ったパケットの数を告げることができます。

    Telephony call-legs: 1 
    SIP call-legs: 0 
    H323 call-legs: 0 
    Total call-legs: 2 
    0    : 482619719hs.1 +0 pid:0 Originate  active 
     dur 00:12:35 tx:42517/711257 rx:24197/661142 
     Tele 6/1:0 (3334373): tx:755060/278000/0ms g729r8 noise:-120 acom:90  i/0:-51/-12 dBm 
    0    : 482619719hs.2 +-1 pid:0 Originate  connecting 
     dur 00:00:00 tx:24192/660942 rx:42517/711257 
     IP 0.0.0.0:18424 rtt:1ms pl:280000/37390ms lost:347/1/0 delay:40/30/120ms g729r8 

    この場合、ローカルおよびリモートゲートウェイ 詳細を見つけることができます。

    as5xxx-1 > show voip rtp connections 
    VoIP RTP active connections : 
    No. CallId  dstCallId  LocalRTP RmtRTP LocalIP         RemoteIP 
    1   3334374 3334373    19544    18424  193.41.31.2     193.41.24.5
  5. 消音呼び出しのより大きいパーセントが全稼働期間の間に行われたかどうか確認して下さい。

まれな状況の場合、Cisco AS5400 によって送信されるパケットは Cisco AS5300 TDM インターフェイスによって受信されないかもしれません。 これが発生する場合、Cisco AS5400 DLCX ACK は Tx パケットを示しますが、Cisco AS5300 は Rx パケットを示しません。 ループバックインターフェイスは mgcp bind コマンドと組み合わせて MGCP 接続のために重要です。

注: MGCP 実装は送信元アドレスとして Call Agent と通信するのに MGC の最もよく利用可能 な IP アドレスを使用します。 メディア ストリームはもし設定するなら送信元アドレスとしてループバックアドレス、さもなければ最もよく利用可能 な IP アドレスを使用します。 この動作を変更する定義された方法がありません。 bind コマンドは制御およびメディア両方パケットのためのアドレスを『Source』 を選択 するための一層の柔軟性を提供します。

コマンドの動作を説明する少数の状況は下記に記載されています。 これらのケースすべてのために、適切な警告メッセージは状況によって表示する。

  • あるときアクティブ MGCP はゲートウェイで呼出します、bind コマンドは制御およびメディア両方のために拒否されます。

  • バインド インターフェイスがアップしない場合、コマンドは許可されますが、インターフェイスがアップするまで影響を奪取 しません。

  • IP アドレスがバインド インターフェイスで割り当てられない場合、bind コマンドは受け入れられますが、MGCP コールが稼働していれば有効 な IP アドレスが割り当てられる後やっとこの時間の間に、bind コマンド取除かれます実施されます。

  • バインドされたインターフェイスが手動が理由で、ダウン状態になるときインターフェイスで締めれば操作上失敗が理由で、バインド アクティビティはそのインターフェイスでディセーブルにされます。

  • バインドが MGC で設定されないとき、IP アドレスは MGCP 制御のソースをたどるために使用し、メディアは推奨利用可能 な IP アドレスです。

呼び出しを消音するために関連する追加タスク

消音コールにフラグを付けるのに PGW 2200 が使用する基準の 1 つは ANM メッセージが発生 SS7 スイッチに PGW 2200 によって送る必要があることを従ってそれ意味しますコールが返事状態にあるはずであることです。 発生 SS7 スイッチへ ANM メッセージを送信 する前に、PGW 2200 は GW に Send-Recv にモードを設定 するために MDCX を送信します。 MDCX が接続か他の問題による GW によって確認されない場合コールは返事状態に達しません、それ故にので消音コール トラッキングされません。 その時、エラーログは platform.log ファイルにの選択しましたり/CiscoMGC/var/ログ 送信 されます。

送り直される Mgcp コマンド

Mgcp コマンド メッセージ(CRCX、DLCX、MDCX)がタイムアウト(たとえば PGW 2200 によって送信 される MDCX [sendrecv] 4 回)、ゲートウェイは ACK それが、コールは送り直された原因失敗し、PGW 2200 によって消音コールとはみなされないなら。 PGW 2200 は DLCX の間に消音コール(platform.log への消音メッセージ)にフラグを付けます:

  1. コールは、応答されました

  2. 250 の OK メッセージに接続パラメータ(P が:)、ありました

  3. PS か PRS は 0 のでした(P:)

注: これはリンクされない他の項目にように実質消音コール リンクすることができます。 被呼加入者返事が、このメッセージを見るときたとえば、コーリングパーティがハングアップすればそれは正しく。 しかしこれは消音コールではないです。 ヘアピン呼び出しに関しては(ヘアピニングはつけられる名前同一ルータかゲートウェイで起き、終端させる呼び出しにです)、DLCX に応じての 250 の OK メッセージに接続パラメータ(P がありません:)。 これらの呼び出しは消音としてフラグが付けられませんあります。

エラーログの概要

エラーは情報を送り直すために次の形式に書かれます:

mgcp_link_comp_id ioCcMgcpConnMgr: mgcpCmdRequestTimeout: Successfully resent txn:transaction_id msg:
 message cnt:no_of_retry remaning

例:

Tue Jul 16 11:05:46:219 2002 EST | mgcp-1 (PID 20828) <Error> 
00100001 ioCcMgcpConnMgr: mgcpCmdRequestTimeout: Successfully resent txn:1718 msg:DLCX 1718 s13/ds1-20/28@tasty-7 MGCP 0.1 
C: 72 
I: 16 
R: 
S: 
X: 6B5 
 cnt:1.

削除されるトランザクション

トランザクションが最大リトライ数の後で削除される場合、エラーは次の形式に書かれます:

MGCP Link Comp Id ioCcMgcpConnMgr: mgcpCmdRequestTimeout: type message type, cnt: <-1>,
 txn:transaction_id, connMsgPtr pointer to message

例:

Tue Jul 16 11:05:50:218 2002 EST | mgcp-1 (PID 20828) <Error> 
00100001 ioCcMgcpConnMgr: mgcpCmdRequestTimeout: type 5, cnt:-1, txn: 1718, connMsgPtr 0027b718

壊れる項目でチェックし、トランザクションがなぜ削除されたか理解することを試みる show mgcp stat コマンドを発行して下さい。

PGW 2200 の MDL トレースの収集

すべての項目が正しい場合、MDL トレースを実行し、GW の show log コマンドから詳細すべてを集めて下さい。 次のステップは MDL トレースを収集する方法を示します:

  1. 発生 SS7 SigPath 数か呼び出しが送信される TrunkGroup 数の発生を識別して下さい。

  2. 次のコマンドの発行から MDL トレースを開始して下さい:

    mml> sta-sc-trc:ss7sigPath name | orig
    		  trunkgroup number
    
    
  3. テストを行って下さい。

  4. 次のコマンドの発行によって MDL トレースを停止して下さい:

    mml> stp-sc-trc:all
    
  5. ゲートウェイの MGCP デバッグからの悪いコールの呼び出しID (C を:)識別して下さい。

  6. 読み取り可能な形式に MDL トレースを変換するには、次の手順を実行します。

    mml> get_trc.sh trace file name
    
    
  7. 悪いコールの MDL トレースに跳ぶためにプロンプトで呼び出しID を入力して下さい。

  8. トレースファイルを変換するために『option C』 を選択 して下さい。

  9. トレース ファイルは /opt/CiscoMGC/var/trace にあります。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 44183