音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

すでに Exchange 2000 がインストールされている CallManager 用の Active Directory パッチ

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

Microsoft Exchange 2000 がすでにインストールされている場合に Cisco CallManager を Microsoft Windows 2000 の Active Directory(AD)に統合する際には、既知の問題があります。 この問題は、labeledURI の lDAPDisplayName を持つ labeledURI スキーマ オブジェクトが AD にすでに存在する場合に発生する可能性があります。

前提条件

要件

この設定を開始する前に、次の要件が満たされていることを確認してください。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco CallManager

  • Microsoft Windows 2000 AD

  • Microsoft Exchange 2000

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

関連製品

この設定は、次のバージョンのハードウェアとソフトウェアにも使用できます。

  • Exchange 2000 が付いている Cisco Unity

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

主なタスク

手順説明

設定を行うために次の手順に従って下さい:

これらのステップはまた存在 する Cisco Unified CallManager、および Exchange 2000 インストールが壊れる環境に Exchange 2000 が AD にインストールされている前に適用されます。

  1. netdom クエリ fsmo コマンドの発行によってスキーマ マスターを保持している Windows 2000 ドメインコントローラを判別して下さい。 スキーマの所有者のために戻る注意し、次にコマンド プロンプトを閉じて下さい値に。 スキーマの所有者で下記のタスクを行って下さい。

    exch-ccm-ad-patch1.gif

  2. W2k_iop_kit.exe ファイルを拡張し、次に C:\Inetorg にファイルを抽出して下さい。 C:\Inetorg フォルダを作成しなければならないことができます。

  3. ドメインコントローラとして動作している Windows 2000 サーバーベース コンピュータで、Start > Run の順に選択 し、そして ldp をタイプし、『Enter』 を押して下さい。

  4. LDP で、『Connection』 をクリック し、次に『Connect』 をクリック して下さい。 新しい Connect ウィンドウでは、サーバ名IP アドレスを入力し、389 としてポートを去って下さい。 コネクションレス型をチェックを外される残して下さい。

  5. rootDomainNamingContext 値を判別して下さい。

    exch-ccm-ad-patch2.gif

  6. Notepad の C:\InetOrg\Exchange.ldf を開いて下さい。 DC=X がある各行で、上で情報と X を取り替えて下さい。 この例ではそれは DC=rcdnevt、DC=com です。

  7. 資料を保存して下さい。

    exch-ccm-ad-patch3.gif

  8. driveis Windows がインストールされているドライブ、スキーマの所有者として動作しているドメインコントローラの drive:\Winnt\System32 フォルダに修正された Exchange.ldf ファイルをコピーして下さい。 Cisco ICS 7700 シリーズ統合通信システムで、フォルダは c:\w2ks\system32 です。

  9. 行き、ldifde を- i - f c:\winnt\system32\exchange.ldf コマンドはコマンド プロンプトに発行します。

    次に出力例を示します。

    exch-ccm-ad-patch4.gif

  10. 各 AD スキーマは個別に設定されます。 上述の例では、CN=ms-Exch-Assistant-Name、CN=Schema、CN=Configuration、既に存在 する DC=rcdnevt、DC=com および 5 exchange.ldf のラインはインポートすることができません。 その結果、セクションはラインで 5 始まる削除されました。 各セクションが dn から始まることに注目して下さい:。

  11. 出力は下記のコマンド ldifde を- i - f c:\winnt\system32\exchange.ldf -同じような出力においての、再度発行される v 示したものです。 エラーがラインに 6 あるので、ここに示されているようにラインで 6、開始するセクションを削除して下さい:

    exch-ccm-ad-patch5.gif

  12. 必要に応じてステップ 9 および 10 を繰り返して下さい。

  13. 正常なインポートの出力はここに示されています:

    exch-ccm-ad-patch6.gif

  14. AD と今 Cisco Unified CallManager を統合できます。

確認

プラグイン の インストールが失敗した場合、これら二つのファイルおよびそれぞれエラーメッセージをチェックして下さい:

  1. c:\DCDSrvr\log\at _schema_reject.txt

    # Error: DSA is unwilling to perform
    dn: cn=labeledURI,cn=Schema,cn=Configuration,dc=rcdnevt,dc=com
    changetype: add
    adminDisplayName: labeledURI
    attributeID: 1.2.840.113548.3.1.4.113
    attributeSyntax: 2.5.5.4
    cn: labeledURI
    isSingleValued: FALSE
    lDAPDisplayName: labeledURI
    distinguishedName: cn=labeledURI,cn=Schema,cn=Configuration,dc=rcdnevt,dc=com
    objectCategory: cn=Attribute-Schema,cn=Schema,cn=Configuration,dc=rcdnevt,dc=com
    objectClass: top
    objectClass: attributeSchema
    oMSyntax: 20
    name: labeledURI
  2. c:\DCDSrvr\log\ad _cfg_error.log

    ldap_add: DSA is unwilling to perform
    ldap_add: additional info: 000020BE: SvcErr: DSID-0326027D, problem 5003 (WILL_NOT_PERFORM),
     data 8382

トラブルシューティング

現在のところ、この設定に関する特定のトラブルシューティング情報はありません。


関連情報


Document ID: 44142