コラボレーション : Cisco Unified Intelligent Contact Management Enterprise

Termination_Call_Detail テーブルの [CallDispositionFlag] フィールドは、ロガー データベースで何を表しているか

2013 年 8 月 21 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2005 年 8 月 11 日) | フィードバック


質問


概要

Termination_Call_Detail の表は、ロガーの中央データベースだけに存在します。 各レコードには、ペリフェラルでのコールの処理方法に関する情報が含まれています。 ペリフェラル ゲートウェイは、プライベート ネットワーク ルーティングを受信するか、変換ルートに送信される各コールの終了コール詳細データを生成します。 CallRouter プロセスは、ペリフェラル ゲートウェイから終了コール詳細データを受信するたびに Termination Call Detail 行を作成します。 CallDisposition と CallDispositionFlag は終了コール詳細レコードの 2 つのフィールドです。

Q. CallDispositionFlag フィールドは何を Termination_Call_Detail 表のロガー データベースで表しますか。

A. CallDisposition フィールドはコールがどのように終了するかコールの最終的な処理をまたは表します。 それは呼出し切断または放棄する イベントの周辺装置によって提供されます。 有効値は 1 〜 34 です。 詳細については、Cisco Intelligent Contact Management (ICM)ソフトウェア データベース スキーマTermination_Call_Detail 表を参照して下さい。 CallDispositionFlag フィールドは CallDisposition フィールドを補うためにその他の情報を提供するはずです。 それは Open Peripheral Controller (OPC)によって設定 されます。 コンポーネントがこのコードを使用しないので、0 に常に設定 されます。 CallDispositionFlag フィールドは Peripheral Gateway (PG)に周辺装置の Termination_Call_Detail レコードの配信を表す次の OPC ログの太字のテキストに示すように 0 に、設定 されます。

16:28:01 pg2B-opc Trace: Peripheral::SendTerminationCallDetail 
  - DateTime=04/26 15:28:00 
16:28:01 pg2B-opc Trace:     Periph=5004 Day=146577 RtrCallKey=29204 
  RtrCallKeySeq#=2 PeriphCallKey=6901 PeriphCallType=2 DBCD_PREROUTE_ACD_IN 
16:28:01 pg2B-opc Trace:     ICRCallKey=2985678, ICRCallKeyParent=-1 
  ICRCallKeyChild=-1 
16:28:01 pg2B-opc Trace:     CallDisp=13,DBCD_DROP_HANDLED_PRIMARY_ROUTE 
  NetworkTime=1 Duration=451 RingTime=3 DelayTime=3 
16:28:01 pg2B-opc Trace:     TimeToAband=0 HoldTime=0 TalkTime=365 WorkTime=8 
  LocalQTime=72 
16:28:01 pg2B-opc Trace:     BillRate=-1 SegmentTime=-1 NewTransaction=78 
  RouteID=5020 
16:28:01 pg2B-opc Trace:     AgentPeriphNum=4285(-5000470) 
  SkillGroupSkillTargetID=5014  (0x21) ServiceSkillTargetID=5039(244) 
16:28:01 pg2B-opc Trace:     SRCAgentPeriphNum=-1(-1) CallDispositionFlag=0 
16:28:01 pg2B-opc Trace:     DigitsDialed=35031 Var1=72405460965301327629 
  Var2=14657729204 
16:28:01 pg2B-opc Trace:     Var3=35107 Var4= Var5=724 5460 9653 0132 7629 
  Var6=MR JOHN DOE                 
16:28:01 pg2B-opc Trace:     Var7=MBS001 Var8=AODWYER Var9= Var10= 
16:28:01 pg2B-opc Trace:     NetworkTargetID=5044 TrunkGroupID=5000 (1) 
  InstrumentPortNumber=295 DNIS=35107 UserToUser= 
16:28:01 pg2B-opc Trace:     AnsweredWithinServiceLevel=N ConferenceTime=0 
  Priority=-1 Trunk=21 
16:28:01 pg2B-opc Trace:     ANI=01756748633 WrapupData= 
  ExpandedCallContextSize=0

注: 上記の値はスペース制限による複数の回線をカバーします。

CallDisposition フィールドの有効値は 1 〜 52 です。 それらは表 1.にリストされています

表 1: コール 開封

説明
1 ネットワークで放棄される
2 ローカル キューで放棄される
3 放棄されたリング
4 放棄された遅延
5 放棄された混流
6 放棄されたエージェント ターミナル
7 Short
8 ビジー(Busy)
9 ミリ秒 強制使用中
10 返事切らないで下さい/ドロップする
11 使用中切って下さい/ドロップする
12 接続解除/ドロップするは追加注文します
13 切って下さい/ドロップするによって処理されるプライマリ・ ルート
14 処理しました他を切って下さい/ドロップする
15 リダイレクトされる
16 通り過ぎて下さい
17 Intraflow
18 混流
19 Ring No Answer
20 代行受信するは追加注文します
21 代行受信する否定
22 時間を計られる
23 音声 エネルギー
24 検出する 非分類 エネルギー
25 通り過ぎ無し
26 U 打ち切る
27 壊れる aoftware
28 ブラインド転送
29 アナウンスされた転送
30 Conferenced
31 重複した転送
32 モニターされていないデバイス
33 応答機
34 ネットワーク ブラインド転送
35 ルータで放棄されるタスク
36 提供されるの前に放棄されるタスク
37 提供されるタスクによって放棄される whle
38 正常な終わりタスク
39 タスク ID を得ることができません
40 タスクの間にログアウトされるエージェント
41 超過する最大タスク ライフタイム
42 アプリケーション パスはダウン状態になりました
43 完全な ICM ルーティング
44 ディセーブルにされる ICM ルーティング
45 アプリケーション 無効 MRD ID
46 アプリケーション 無効 なダイアログ ID
47 アプリケーションはダイアログ ID を重複させます
48 アプリケーション 無効 な 起動する ID
49 アプリケーション 無効 なスクリプト セレクタ
50 アプリケーション 終端ダイアログ
51 アプリケーション init の間に終了するタスク
52 切られる被呼加入者

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 43621