音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity

シスコ テクニカル サポートへのリモート アクセス用の Unity 承認方法

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次

VNC

概要

このドキュメントでは、『Cisco Unity Maintenance Guide』に示されるリモート アクセス プロシージャに加えて、シスコのテクニカル サポートがシステムにリモートでアクセスするために使用する方式を示します。 これによって、システム問題を診断および解決するエンジニアの能力が大幅に向上します。 トラブルシューティングのために、何らかのアクセスを提供することが、必須ではありませんが、強く推奨されます。

それは必須 ソフトウェアを供給する顧客の責任です。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco Unity 3.x(x) およびそれ以降

  • PcAnywhere *

  • Citrix *

  • Virtual Network Computing (VNC) *

  • Windows ターミナルサービス((また Remote Desktop と呼ばれる) WTS) *

  • Cisco Unified MeetingPlace

* PcAnywhere、Citrix、VNC および WTS は Cisco によって供給されません。 Cisco Unity の前のバージョンは PcAnywhere アプリケーションが含まれていましたが、これは Cisco によってもはや供給されません。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

公認リモートアクセス メソッド

Cisco Unity

Cisco Unity リモートアクセスのその他の情報に関しては、Cisco Unity メンテナンス ガイドリモートアクセス章を参照して下さい。

PcAnywhere

インストール手順に関しては、Symantec PcAnywhere をインストールすることを参照して下さい。

Symantec PcAnywhere のサポート対象バージョンに関しては、Cisco Unity 4.0 システム要件およびサポートされた ハードウェア および ソフトウェアを参照して下さい。

PcAnywhere に関する詳細については、Symantec のサイトをleavingcisco.com 参照して下さい。

Citrix

公式に、Citrix は Cisco Unity と併用するためのサポートされません。 その他の情報に関しては Citrix サーバプロダクト FAQ が付いている Cisco Unity を参照して下さい。

VNC

VNC は互換性のために十分にテストされません。 ただし、多数のサイトは悪影響無しで VNC を使用しました。 この製品は問題を引き起こしていることを Cisco テクニカル サポートが判別すれば、顧客はそれを取除くことを依頼することができます。 詳細については、参照しま Virtual Network Computing バージョン 3.3.7 を使用します

VNC に関する詳細については、RealVNC サイトを参照して下さいleavingcisco.com

注意 注意: アップグレードを行ったらのに VNC をインストールしたが、それを使用するように計画しない場合サーバにリモートアクセスを防ぐためにそれをディセーブルにして下さい。 アップグレードの間に VNC およびユーザ/管理者アクセス権をサーバ ディセーブルにしない場合、アップグレードは失敗します。

WTS (リモート デスクトップ)

WTS はリリース 3.1(4) までの Cisco Unity のための公式のサポートを提供されたリモートアクセス ソリューションではないです。 従って Symantec PcAnywhere か別のソリューションがすべてのバージョンのための Cisco Unity サーバでより 3.1(4) 先にインストールされていることが、まだ必要となります。 詳細については、WTS を使用して Cisco Unity にリモートアクセスするための回避策を参照して下さい。

WTS 制限

WTS はこの表で示されて制限が Cisco Unity サーバの使用のために、サポートされます。

リモート 機能 Cisco Unity 4.0(1) 以上
Cisco Unity をインストールするか、またはアップグレードして下さい。 非サポート
レコード名およびメッセージの dB レベルを設定 するのに一定音量 ユーティリティを使用して下さい。 非サポート
異なるコーデックにレコード名およびメッセージを変換するのに一定 Wav 形式 ユーティリティを使用して下さい。 非サポート

WTS に関する詳細については、Microsoft の WTS サイトを参照して下さいleavingcisco.com

Cisco Unified MeetingPlace

MeetingPlace は Web 会議にテクニカル サポートによって使用するユニークなツールです。 それは HTTP によってシステムにアクセスを許可します。 Cisco Unity サーバからインターネットアクセスがある限り、これは好まれる方法です。

注: デフォルトで、Internet Explorer は既存のウィンドウの新しいリンクを開きます。 従ってリンクをクリックするとき、容易に Web 会議を失う場合があります。 Tools > Internet オプションで選り抜きこの Internet Explorer 動作を防ぐことは > 起動ショートカットのための再利用ウィンドウを進め、チェックを外します。

デスクトップを共有するために TCPポート 1627 を開いて下さい。 TCPポート 1627 がファイアウォールによってブロックされる場合、メッセージは TCPポート 80 によってトンネル伝送されます。 MeetingPlace はまた HTTPS (SSL)を使用してトンネリングをサポートします。 SSL は SSL 認証を必要とします。 SSL のためのサポートを有効に するために、ポート 443 はネットワークで開く必要があります。 Web 会議 アプリケーションの情報に関しては、Cisco Unified MeetingPlace Web 会議を参照して下さい。

注: Cisco CallManager サーバにターミナルサービス セッションを始めるとき、そこにから Cisco Unified MeetingPlace にブラウザを起動させ、デスクトップを共有し、次にこのターミナルサービス セッションを、テクニカル サポート フリーズとの Web 会議最小に して下さい。 Cisco はサーバコンソールからの Cisco Unified MeetingPlace にローカルPC からデスクトップを、ログオン直接共有するか、または Cisco Unified CallManager にターミナルサービス セッションを最小に しないことを推奨します。

追加製品情報に関しては、Cisco Unified MeetingPlace を参照して下さい。

テクニカルサポート エンジニアとのセッションを設定する必要がある場合 TAC MeetingPlace ページに行って下さい。

/image/gif/paws/43566/unity-remote-support-1.gif

このページから、テクニカルサポート エンジニアがこの会議に割り当てたユニークな会議 ID 番号を入力して下さい。 初めて ユーザである場合、互換性を確保するためにテスト ブラウザ リンクを選択して下さい。 まだそれらがあっていない場合、テスト ブラウザ ページはいくつかの Java コンポーネントをインストールするためにプロンプト表示します。 Cisco Unified MeetingPlace に接続する時次にこれが 1 時間プロセスで、必要となりません。

ゲストとして署名すれば、テクニカルサポート エンジニアとアプリケーションを共有し、エンジニア制御を許可することができます。

注: Web 会議のために Cisco Unified MeetingPlace を使用するとき、インターネットブラウザ プロセスは CPU リソースの部分を使用します。 これは正常な動作です。

ネットワーク接続を保護して下さい

顧客はアクセスのセキュア ネットワーク接続を担当します。 Cisco Virtual Private Network (VPN)接続は好まれる方法です。

VPN の使用方法

VPN は公衆 電話行使用するプライベート ネットワークです(または場合によってはケーブルモデムを)。 プライバシーはセキュアなプロトコルの暗号化および使用によって維持されます。 ファイアウォールによって Cisco Unity にアクセスするのに VPN を使用するときネットワークの中にあったように Cisco Unity を使用できます。

VPN がこのような状況で必要となります:

  • ネットワークファイアウォールの外部のリモートコンピュータからの Cisco Unity 管理者 Webサイト(http:// <Cisco ユニティサーバ name>/web/sa)にアクセスを必要とする時。

  • 記録するのにファイアウォールによって Cisco Unity サーバにリモートコンピュータを接続するのに Distributed Component Object Model (DCOM)の使用によって音声 名およびメッセージをメディア マスター コントロール バーを使用する必要がある時。

注:  リモートアクセスのために VPN を使用しない場合、ファイアウォールによってleavingcisco.com DCOM の設定の情報に関してはマイクロソフト社Webサイトを参照して下さい。

LAN 管理者と VPN のセットアップを論議して下さい。

支援ソフトウェアの情報に関しては、Cisco Unity 4.0 システム要件およびサポートされた ハードウェア および ソフトウェアを参照して下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 43566