音声 : H.323

Cisco マルチサービス IP 間ゲートウェイ機能を使用したローカル ネットワークからリモート ネットワークへの転送

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Cisco Multiservice IP-to-IP Gateway(IPIPGW)機能を使用したローカル/リモート間のネットワークの設定例を紹介します。 IPIPGW 機能は、ある IP ネットワークから別のネットワークへの H.323 Voice over IP(VoIP)コールをイネーブルにするメカニズムを提供します。

前提条件

要件

この設定を行う前に、次の要件が満たされていることを確認します。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.2(13)T またはそれ以降の 3 人の Cisco H.323 ゲートキーパー ルータ(Cisco 2610、Cisco 2611、Cisco 2612、Cisco 2613、Cisco 2620、Cisco 2621、Cisco 2650、Cisco 2651、Cisco 2691、Cisco 2610XM、Cisco 2611XM、Cisco 2620XM、Cisco 2621XM、Cisco 2650XM、Cisco 2651XM、Cisco 3620、Cisco 3640、Cisco 3660、Cisco 3725、Cisco 3745、Cisco 7200 シリーズ、または Cisco 7400 シリーズ)。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

Cisco マルチサービス IPIPGW 機能はゲートキーパー via-zone をもたらします。 Via-zone は IP-to-IP な ゲートウェイおよび via-zone 対応 ゲートキーパーが含まれているゾーンのための Cisco 条件です。 via-zone 対応 ゲートキーパーは via-zone を認識し、via-zone ゲートウェイにトラフィックを送信できます。 Cisco via-zone によって有効に される ゲートキーパーは via-zone Command Line Interface (CLI) コマンドが含まれています。

Via-zone は通常インターネットテレフォニー サービスプロバイダー(ITSP)ネットワークの端にあり、VoIP 指揮 転移 点、かトラフィックがリモートゾーン 宛先に方法で通じるタンデム ゾーンのようです。 このゾーンのゲートウェイは要求し、呼び出しを最終 宛先に再作成しますトラフィックを終わります。 Via-zone ゲートキーパーは非 IP に IP アプリケーションのためにいつも通り操作します。 H.323 バージョン 4 RAS メッセージのキャパシティ フィールドを使用して via-zone 支援資源リソース管理のゲートキーパー(たとえば、ゲートウェイ選択およびロード バランシング)。

設定

この項では、このドキュメントで説明する機能の設定に必要な情報を提供します。

注: このドキュメントで使用されているコマンドの詳細を調べるには、Command Lookup Tool登録ユーザ専用)を使用してください。

ネットワーク構成図

このドキュメントでは、次のネットワーク構成を使用しています。

/image/gif/paws/43230/ipipgwlr-1.gif

設定

このドキュメントでは、次の設定を使用します。

この例では、エリアコード 408 からの発信者はエリアコード 919 のパーティに問い合わせ、これらの操作は発生します:

  1. GW1.ITSPA は Z1.ITSPA に 919 ベースの数との Admission Request (ARQ) メッセージを送信 します。

  2. Z1.ITSPA は VZ.ITSP に 919 を解決し、VZ.ITSP に Location Request (LRQ) メッセージを送ります。

  3. Z1ITSPA ゾーンからの 919 の数のための LRQ は VZ.ITSP によって受け取られます。 VZ.ITSP は Z1ITSPA があるようにゾーン リモート 設定を確認し、ゾーン VZITSP が「invia」ゾーンで設定されることが分ります。 それは Z1.ITSPA にそして Location Confirm (LCF) メッセージを送り、919 コールのための宛先ゲートウェイとして HS.ITSP を規定 します。

  4. Z1.ITSPA は GW1.ITSPA に Admission Confirm (ACF)メッセージを送り、宛先ゲートウェイとして HS.ITSP を規定 します。

  5. GW1.ITSPA は 919 コールのための HS.ITSP にセットアップメッセージを送信 します。

  6. HS.ITSP によっては ARQ と着信コールを是認するために VZ.ITSP が(answerCall=true が含まれている)参照します。

  7. VZ.ITSP は ACF とコールを是認するために応答します。

  8. HS.ITSP に 919 プレフィクスのための RAS VZ.ITSP を規定 して いる ダイヤル ピアが(またはすべてのプレフィックスのために)あります、従ってプレフィクス 919 のための VZ.ITSP に ARQ を(偽に answerCall が設定されていると)送信 します。

  9. VZ.ITSP ゲートキーパーは Z2ITSPB ゾーンがゾーン プレフィックス 表をことを検知 することによってプレフィクス "919" を処理すること識別します。 それはそしてゾーン リモート 設定を使用し、自身のローカルゾーン VZITSP が「outvia」ゾーンで設定されることがわかっています。 それは Z2.ITSPB ゲートキーパーに他の IP-to-IP な ゲートキーパーへ LRQ を送信 するかわりにそれから LRQ を送信 します。

  10. Z2.ITSPB はプレフィクス 919 次を自身のゾーン見、GW2.ITSPB に LCF をそのポイント戻します。

  11. VZ.ITSP は HS.ITSP に宛先ゲートウェイとして GW2.ITSPB を規定 する ACF を戻します。

  12. HS.ITSP は 919 コールのための GW2.ITSPB にセットアップメッセージを送信 します。

  13. GW2.ITSPB は Z2.ITSPB に ARQ を(answerCall=true が含まれている)送信 します。

  14. Z2.ITSPB は answerCall のための ACF を送信 します。

  15. HS.ITSP と GW2.ITSPB 間の H.323 コールは接続されます。 GW1.ITSPA と HS.ITSP 間の H.323 コールは接続されます。

起点となる ゲート キーパ(Z1.ITSPA)
origgatekeeper#show running-config 
 Building configuration...
 .
 .
 .
 gatekeeper
  zone local Z1ITSPA cisco 10.16.8.158
  zone remote VZITSP cisco 10.16.10.139
  zone remote Z2ITSPB china 10.16.8.139 1719
  zone prefix VZITSP 919*
 .
 .
 .
 !
 end 

Via-zone ゲートキーパー(VZ.ITSP)
vzgatekeeper#show running-config
 Building configuration...
 .
 .
 .
 gatekeeper
  zone local VZITSP cisco 10.16.10.139
  zone remote Z1ITSPA cisco 10.16.8.158 invia VZITSP
  zone remote Z2ITSPB china 10.16.8.144 1719 outvia VZITSP
  zone prefix Z2ITSPB 919*
 .
 .
 .
 !
 end

終えますゲートキーパー(Z2.ITSPB)を
termgatekeeper#show running-config
 Building configuration...
 .
 .
 .
 gatekeeper
  zone local Z2ITSPB china 10.16.8.144
 .
 .
 .
 !
 end

確認

ここでは、設定が正常に動作していることを確認します。

Output Interpreter Tool(OIT)(登録ユーザ専用)では、特定の show コマンドがサポートされています。 OIT を使用して、show コマンド出力の解析を表示できます。

注: これらの showコマンド出力は VZ.ITSP ゲートキーパーから得られました。

show running config を発行して下さい | ゲートキーパーコンフィギュレーションを確認する gatekeeper コマンドを始めて下さい:

gatekeeper
  zone local VZITSP cisco 10.16.10.139
  zone remote Z1ITSPA cisco 10.16.8.158 invia VZITSP
  zone remote Z2ITSPB china 10.16.8.144 1719 outvia VZITSP
  zone prefix Z2ITSPB 919*
      no shutdown

またゲートキーパーコンフィギュレーションを確認する show gatekeeper zone status コマンドを使用できます:

GATEKEEPER ZONES
                    ================
GK name      Domain Name   RAS Address     PORT  FLAGS
-------      -----------   -----------     ----- -----
VZITSP         cisco         10.16.128.40  1719  LSV  
  BANDWIDTH INFORMATION (kbps) :
    Maximum total bandwidth :unlimited
    Current total bandwidth :0      
    Maximum interzone bandwidth :unlimited
    Current interzone bandwidth :0      
    Maximum session bandwidth :unlimited
    Total number of concurrent calls :3      
  SUBNET ATTRIBUTES :
    All Other Subnets :(Enabled)
  PROXY USAGE CONFIGURATION :
    Inbound Calls from all other zones :
      to terminals in local zone hurricane :use proxy
      to gateways in local zone hurricane  :do not use proxy
      to MCUs in local zone hurricane  :do not use proxy
    Outbound Calls to all other zones :
      from terminals in local zone hurricane :use proxy
      from gateways in local zone hurricane  :do not use proxy
      from MCUs in local zone hurricane  :do not use proxy
          
Z1.ITSPA     cisco         10.16.10.139   1719  RS   
  VIAZONE INFORMATION :
    invia:VZ.ITSP,     outvia:VZ.ITSP
Z2.ITSPB     cisco         10.16.8.144    1719  RS   
  VIAZONE INFORMATION :
    invia:VZ.ITSP,   outvia:VZ.ITSP

コール キャパシティしきい値を表示する show gatekeeper status コマンドを発行して下さい:

Gatekeeper State: UP
    Load Balancing:   DISABLED
    Flow Control:     DISABLED
    Zone Name:        hurricane
    Accounting:       DISABLED
    Endpoint Throttling:        DISABLED
    Security:         DISABLED
    Maximum Remote Bandwidth:              unlimited
    Current Remote Bandwidth:              0 kbps
    Current Remote Bandwidth (w/ Alt GKs): 0 kbps

via-zone 統計情報を含む RAS 情報を、表示する show gatekeeper performance stats コマンドを発行して下さい:

Performance statistics captured since: 08:16:51 GMT Tue Jun 11 2002
RAS inbound message counters:
        Originating ARQ: 462262 Terminating ARQ: 462273 LRQ: 462273
RAS outbound message counters:
        ACF: 924535     ARJ: 0  LCF: 462273     LRJ: 0
        ARJ due to overload: 0
        LRJ due to overload: 0
RAS viazone message counters:
        inLRQ: 462273   infwdLRQ 0      inerrLRQ 0
        outLRQ: 0       outfwdLRQ 0     outerrLRQ 0
        outARQ: 462262  outfwdARQ 0     outerrARQ 0
Load balancing events: 0
Real endpoints: 3

次の重要な RAS via-zone フィールドは表示するで示されています:

  • inLRQ: — invia キーワードと関連付けられて。 invia がローカルゾーンである場合、このカウンターはローカル invia ゲートキーパーによって LRQs の数を終わりました確認します。

  • infwdLRQ — invia キーワードと関連付けられる。 invia がリモートゾーンならこのカウンターは LRQs の数を確認しますリモート invia ゲートキーパーに転送された。

  • inerrLRQ — invia キーワードと関連付けられる。 回数は LRQ invia ゲートキーパーID が見つけることができなかったので処理できませんでした。 通常誤まって綴られたゲートキーパー名前によりによって引き起こされて。

  • outLRQ — outvia キーワードと関連付けられる。 outvia がローカルゾーンである場合、このカウンターはローカル outvia ゲートキーパーによって LRQs の数を終わりました確認します。 このカウンターは invia ゲートキーパーが規定 されない コンフィギュレーションでだけ適用します。

  • outfwdLRQ — outvia キーワードと関連付けられる。 outvia がリモートゾーンである場合、このカウンターは LRQs の数を確認しますリモート outvia ゲートキーパーに転送された。 このカウンターは invia ゲートキーパーが規定 されない コンフィギュレーションでだけ適用します。

  • outerrLRQ — outvia キーワードと関連付けられる。 回数は LRQ outvia ゲートキーパーID が見つけることができなかったので処理できませんでした。 通常誤まって綴られたゲートキーパー名前によりによって引き起こされて。 このカウンターは invia ゲートキーパーが規定 されない コンフィギュレーションでだけ適用します。

  • outARQ — outvia キーワードと関連付けられる。 outvia がそのローカルゾーンである場合ローカル ゲートキーパーが処理する ARQ の発生の数を識別します。

  • outfwdARQ — outvia キーワードと関連付けられる。 outvia ゲートキーパーがリモートゾーンである場合、この数は outvia ゲートキーパーに送信 される LRQs という結果に終ったこのゲートキーパーによって受け取った ARQ の発生の数を識別します。

  • outerrARQ — outvia キーワードと関連付けられる。 回数は発生 ARQ outvia ゲートキーパーID が見つけることができなかったので処理できませんでした。 これは通常誤まって綴られたゲートキーパー名前によって引き起こされます。

進行中のコールの情報を表示する show gatekeeper circuit コマンドを入力して下さい:

                      CIRCUIT INFORMATION
                      ===================

Circuit       Endpoint   Max Calls Avail Calls Resources     Zone
-------       --------   --------- ----------- ---------     ----
ITSP B        Total Endpoints: 1
              hs.itsp    200       198         Available

注: ワード「呼び出し」はコマンドおよび出力のコールレグを示します。

エンドポイント登録の情報を表示する show gatekeeper endpoint コマンドを入力して下さい:

             GATEKEEPER ENDPOINT REGISTRATION
                    ================================
CallSignalAddr  Port  RASSignalAddr   Port  Zone Name         Type    Flags
--------------- ----- --------------- ----- ---------         ----    -----
10.16.10.140    1720  10.16.10.140    50594 vz.itsp         H323-GW
    H323-ID: hs.itsp
    H323 Capacity Max.= 200  Avail.= 198
Total number of active registrations = 1

トラブルシューティング

ここでは、設定に関するトラブルシューティングについて説明します。

トラブルシューティング手順

この設定に関連するトラブルシューティング情報を次に示します。 設定をトラブルシューティングするためにこれらのステップを完了して下さい。

IPIPGW を解決する手順は H.323 TDM-to-IP ゲートウェイの解決に類似したです。 通常、トラブルシューティング 努力はここに見られるように続行する必要があります:

  1. 壊れるシナリオを隔離し、再生して下さい。

  2. Debug および Show コマンド、コンフィギュレーション ファイルおよびプロトコル アナライザから関連情報を収集して下さい。

  3. プロトコル トレースまたは内部 デバッグ 出力の失敗の最初の示す値を識別して下さい。

  4. コンフィギュレーション ファイルの原因を探して下さい。

via-zone が接続失敗のもととして疑われる場合、問題 IPIPGW にか影響を受けた副機能の識別によってゲートキーパーを隔離し、その副機能に関する show および debug コマンドに焦点を合わせて下さい。

トラブルシューティングを開始できる前にゲートウェイかゲートキーパーに最初に問題を隔離して下さい。 ゲートウェイおよびゲートキーパーはこれらのタスクに責任があります:

ゲートウェイ タスク:

  • メディア ストリーム処理およびスピーチ パス統合

  • DTMFリレー

  • Fax Relay およびパススルー

  • ディジット 変換およびコール処理

  • ダイヤル ピアおよびコーデック フィルタリング

  • キャリア ID 処理

  • ゲートウェイ ベースの請求

ゲートキーパー タスク:

  • ゲートウェイ選択およびロード バランシング

  • 呼ルーティング(ゾーン選択)

  • ゲートキーパー ベース請求

  • コール許可、セキュリティおよび帯域幅のコントロール

  • コール キャパシティの適用

トラブルシューティングのためのコマンド

Output Interpreter Tool(OIT)(登録ユーザ専用)では、特定の show コマンドがサポートされています。 OIT を使用して、show コマンド出力の解析を表示できます。

注: debug コマンドを使用する前に、『debug コマンドの重要な情報』を参照してください。

ゲートウェイ debug コマンド:

  • debug voip ipipgw —このコマンドは IP-to-IP な呼び出しの処理に関連情報を表示するものです。

  • debug h225 asnl —このコマンドは H.225 メッセージおよび関連イベントの asn1 一部の実際のコンテンツを表示するものです。

  • debug h225 events —このコマンドは H.225 メッセージおよび関連イベントの asn1 一部の実際のコンテンツを表示するものです。

  • debug h245 asn1 —このコマンドは H.245 メッセージおよび関連するイベントの asn1 部分の実際のコンテンツを表示するものです。

ゲートキーパー debug コマンド:

  • debug h225 asn1 —このコマンドは H.225 RAS メッセージおよび関連するイベントの asn1 部分の実際のコンテンツを表示するものです。

  • debug h225 events —このコマンドは H.225 RAS メッセージおよび関連するイベントの asn1 部分の実際のコンテンツを表示するものです。

  • debug gatekeeper main 10 —このコマンドは LRQ 処理、ゲートウェイ選択、許可要求処理、プレフィックス照合およびコール キャパシティのような主要なゲートキーパー機能を、追跡します。

  • debug gatekeeper zone 10 —このコマンドはゲートキーパー ゾーン由来の機能を追跡します。

  • debug gatekeeper call 10 —このコマンドはトラッキング コール参照値のようなゲートキーパー コール指向の機能を、追跡します。

  • debug gatekeeper gup asn1 —このコマンドはクラスタのゲートキーパー間の通信のための Gatekeeper Update Protocol メッセージおよび関連イベントの asn1 部分の実際のコンテンツを表示するものです。

  • debug gatekeeper gup events —このコマンドはクラスタのゲートキーパー間の通信のための Gatekeeper Update Protocol メッセージおよび関連イベントの asn1 部分の実際のコンテンツを表示するものです。

  • debug ras —このコマンドは RAS メッセージの送信 され、受け取った種類およびアドレッシングを表示するものです。

ゲートウェイ show コマンド:

  • 示して下さい h323 ゲートウェイ h225 を—このコマンドは H.225 メッセージおよびイベントの数を維持します。

  • show h323 gateway ras —このコマンドは送信 され、受け取った RAS メッセージのカウントを維持します。

  • show h323 gateway cause —このコマンドは接続されたゲートウェイから届く原因コードの数を示したものです。

  • show call active voice (brief) —アクティブな、クリアされた呼び出しについてのこれらのコマンド集約情報。

  • show crm —このコマンドは IPIPGW の IP 回線によって関連付けられるコール キャパシティ数を示したものです。

  • show processes cpu —このコマンドは詳しい CPU稼働率統計情報(プロセスごとの CPU 使用)を示したものです。

  • show gateway —このコマンドはゲートウェイの現在のステータスを表示したものです。

ゲートキーパー show コマンド:

  • show/clear gatekeeper performance stats —このコマンドは呼び出しの処理と関連付けられるゲートキーパー統計情報を表示したものです。

  • show gatekeeper zone status — ゲートキーパーに知られているローカルおよびリモートゾーンについてのこのコマンド リスト情報。

  • show gatekeeper endpoint — IPIPGWs を含むゲートキーパーに、登録されているエンドポイントについてのこのコマンド リスト鍵情報。

  • show gatekeeper circuit —このコマンドは複数のゲートウェイを渡る回線 利用についての情報を結合します。

  • show gatekeeper calls — ローカルゾーンで処理されるコールについてのこのコマンド リスト鍵情報。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 43230